インタビュー 白鵬に関するニュース

<「一発でKOしました!」とアナが叫ぶ相撲実況>ルール違反でないなら何でもありか?横綱白鵬

メディアゴン / 2016年06月05日07時40分

横綱同士の優勝決定の一番で、立ち合いで変化するという横綱としては考えられない相撲に観客の怒りはすさまじく、優勝インタビューは白鵬が泣きべそ気味に言い訳をするような異常事態となりました。勝負が決まった後の駄目押し、張り手の多様とケガ人の続出、猫騙し、髷掴み、相手に無礼なガッツポーズ、俵で足裏の汚れ落とし、審判批判などなど。昨今は、もう白鵬のケンカ相撲など見た [全文を読む]

運動を科学する「スポーツバイオメカニクス」で横綱・稀勢の里の強さを分析

GIZMODO / 2017年05月12日17時00分

今日から「大相撲」の見方が変わるかも? 2017年3月場所での涙の優勝インタビューが記憶に新しい、横綱・稀勢の里。2016年度は年間最多勝を獲得、日本出身力士として19年ぶりの横綱昇進、さらには新横綱としては貴乃花以来となる22年ぶりの2場所連続優勝など、ここ最近の稀勢の里は本当に強い! いまでは勝負所での安定感もグッと増し、まだまだ強くなる可能性を秘めて [全文を読む]

白鵬「5月場所で引退をチラつかせる強硬手段」との衝撃情報

NEWSポストセブン / 2015年04月29日07時00分

「春場所後、『週刊ポスト』が報じた貴乃花親方と北の湖理事長のインタビュー記事で、理事長が改めてモンゴル人親方の可能性を否定したことは大きかった。白鵬が協会へプレッシャーをかけるために、この5月場所で“引退”をチラつかせる強硬手段に出るのではないかといわれています」 実は、白鵬は初場所千秋楽の優勝インタビューでも引退を匂わすような発言をしている。「もう目標 [全文を読む]

大相撲の伝統を継承しているのは誰なのか? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年05月27日12時41分

29回目の優勝を果たした横綱の白鵬関は、優勝決定のインタビューには応じたものの、恒例となっている「優勝から一夜明けた時点でのインタビュー」について、拒否の姿勢を示しました。 何とも異例な対応であり、人物としても大人であるという評価が確立している白鵬関のことですから、「もしかしたら余程のことなのかもしれない」という見方が出るのは自然だと思います。 この「会 [全文を読む]

暴れん坊健在! 朝青龍、舞の海氏を「虫」呼ばわりも“序の口”の「過激Twitter」全容

日刊サイゾー / 2016年03月28日20時30分

白鵬の優勝インタビューでも「恥ずかしくないのか!」とヤジが飛んでいた。 これに対し朝青龍は「優勝インタビュー中いらん事飛ばす客腹立つ!! なら相撲見に来るな!!」と野次った観客をSNSで批判し「外人こそ国技守る!!」と挑発。 さらに矛先は「解説者」にも向かう。「舞の海がまたいらん口出したらしいな!あいつ誰や?身体が虫見たい」(原文ママ)と、大相撲解説者の舞 [全文を読む]

<琴奨菊が初優勝>10年ぶり!日本人力士の大相撲優勝

メディアゴン / 2016年01月28日07時20分

北出幸一[相撲記者・元NHK宇都宮放送局長]* * *優勝インタビューで見せた笑顔千秋楽、豪栄道を破って14勝1敗の成績で初優勝を果たした琴奨菊。その優勝は日本出身力士の優勝を10年間待ち続けた大相撲ファン悲願の優勝だった。モンゴル出身の旭天鵬が日本に帰化して平成24年夏場所に優勝しているが、日本出身としては平成18年初場所の栃東以来で10年ぶりとなる。初 [全文を読む]

白鵬、会見キャンセルのナゼ……原因は「家族に関すること」だった!?

日刊サイゾー / 2014年06月02日13時00分

NHKの優勝力士インタビューには応じたが、囲み取材では口数が極端に少なかった」という。 一体何があったのか――。 あるスポーツライターは「29回目の優勝は果たしたが、相撲は危ない場面もあり、内容に満足できなかったためかもしれない。また土俵下控えで白鵬自身が物言いをつけたことなど、土俵の内外でも何かと話題になった場所だった。心中穏やかではなく、冷静に受け答え [全文を読む]

稀勢の里が語る「我慢」と「辛抱」でつかんだ快進撃

文春オンライン / 2017年03月18日11時00分

自らのことを「実はおしゃべり野郎」とも語る、稀勢の里へのインタビューから、新横綱の素顔と勝利の舞台裏に迫った。 ◆◆◆ 2017年、大相撲初場所。千秋楽、満員札止めの両国国技館で、稀勢の里は地鳴りのような大歓声のなかにいた。 「ずいぶん長くなりましたけど、いろんな人の支えがあってここまで来られたと思っています」 溢れ出る涙を隠さず、真っ赤なタオルで目頭を拭 [全文を読む]

「日本人」が親方の条件、優勝36回、モンゴル出身の横綱白鵬に立ちはだかる「国籍の壁」

Record China / 2016年04月03日21時40分

在日経験が数年でもテレビのインタビューなどで極めて流ちょうに受け答えする。母国とは全く違う厳しい世界で生き残ってきた「適応能力」の高さをうかがわせる。 力士の「寿命」は短く、遅くとも30歳代後半には現役を引退する。その後、相撲協会に親方として残り、部屋を持ったりするには幕内在位場所数などの条件をクリアした上で、105ある「年寄名跡」の一つを取得しなければな [全文を読む]

大相撲九州場所「注目の力士」

日刊大衆 / 2016年11月22日21時30分

しかも、初土俵から94場所目での達成は、千代の富士より24場所、魁皇より40場所早い、ダントツの最速記録です」(前同) 大記録を打ち立てた白鵬は、取組後のインタビューで心境を聞かれ、「最高です」と答え、続けて「いろいろな道のりを乗り越えて達成できた。一味も二味も違う」と語っている。 「先場所を右足親指などのケガで全休。07年に横綱になってから初の全休でした [全文を読む]

フォーカス