演歌 八代亜紀に関するニュース

K-POP歌手の母親がモンスター・ステージママと化し、日本で荒稼ぎを目論む

messy / 2016年10月30日17時00分

日本で演歌歌手としてデビュー「理由はステージ・ママのオ・ミンジョン氏にあるといっていいでしょう。実の母親の彼女は息子のために事務所を立ち上げ、ムダに口を出したがります。口出しする以上、ディレクション能力があればいいのですが、んなわけはないので、現場は混乱するだけ。それが遠因となって、息子の日本デビューも手こずったのです」(韓流雑誌編集者) オ・ミンジョンは [全文を読む]

八代亜紀、伊東ミキオ率いるニューバンド結成で今夏ブルースツアー開催

okmusic UP's / 2016年03月01日16時00分

ジャズにブルースにそして演歌と、ジャンルを超越したシンガー、八代亜紀。「aiuta」から「AIUTA」へと成長し更なる深みを増す「哀歌」の世界を、ニューバンドとともに是非とも堪能してほしい。 なお『哀歌-aiuta-』は、3月1日よりiTunesほかストアでの単曲配信も開始している。■【八代亜紀 コメント】哀歌のライブを、東京以外のファンの皆様にもどうして [全文を読む]

【宮尾たか志の司会で歌う カラオケ決定盤シリーズ】 アルバム10タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2016年09月14日10時00分

発売商品■宮尾たか志の司会で歌う 演歌カラオケ決定盤 収録曲:1. 昔の名前で出ています 2. おまえに 3. そんな女のひとりごと 4. くちなしの花 5. おゆき 6. やすらぎ 7. そんな夕子にほれました 8. 津軽海峡・冬景色 9. 北の宿から 10. なみだの操 11. 女のみち 12. なみだ恋 13. 昭和枯れすゝき 14. 旅の終わりに [全文を読む]

コブシが唸るJポップ、実力派演歌歌手による至極のカバーコンピが発売

Entame Plex / 2014年11月18日22時11分

日本の伝統的歌謡曲ジャンルの1つである演歌の新たな形、2008年に生まれた演歌歌手によるJポップカバーのコンピレーション「エンカのチカラ」。そのシリーズ最新作「エンカのチカラ プレミアム」が11月19日に発売となる。 2008年の誕生以来、これまで計10タイトルがリリースされ、シリーズ累計売上6万枚を突破した「エンカのチカラ」。そこでは実力派演歌歌手たちが [全文を読む]

演歌歌手がJ-POPを歌う“エンカのチカラ"、最新作となる青盤・赤盤が登場!

okmusic UP's / 2014年11月18日16時30分

実力派演歌歌手によるJ-POPカバーアルバムとして2008年の第1弾リリース以来、これまでにシリーズ10タイトル(1タイトルはテイチクより発売)、累計売上6万枚を突破した異色の人気シリーズ“エンカのチカラ"。その最新作『エンカのチカラ プレミアム(青盤)』と『エンカのチカラ プレミアム(赤盤)』が11月19日に発売される。【その他の画像】八代亜紀この企画の [全文を読む]

八代亜紀「ロックやポップ歌手は表現者、演歌歌手は代弁者」

NEWSポストセブン / 2013年12月31日16時00分

今年の紅白歌合戦では北島三郎が大トリを務めるが、1979年と1980年の2年連続で紅白の大トリを務めた“演歌の女王”八代亜紀(63才)が当時を振り返りながら、演歌の魅力を語ってくれた。 「『雨の慕情』は、1980年のレコード大賞もいただきました。授賞式では、8000人のお客さんの前で、“雨々ふれふれ♪”を振りつけしながら、みんなで大合唱したのを覚えてます」 [全文を読む]

デビュー前は生意気だった? “八代亜紀”誕生秘話

anan NEWS / 2015年11月18日12時00分

ジャンルが細分化された現在も、演歌にとどまらずジャズやロック、ポップスなどあらゆる音楽を「八代節」で歌い上げる彼女が、初のブルースアルバム『哀歌 -aiuta-』をリリース。プロデューサーに寺岡呼人さんを迎え、日米の名曲カバーだけでなく世代の異なる個性豊かなミュージシャンが新曲を提供した充実の内容だ。ブルースの魂が八代さんに脈々と息づいていることを感じさ [全文を読む]

五木ひろしがノリノリ 田原俊彦の曲をタップ踏みながら熱唱し番組カオス状態に

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月10日06時28分

五木ひろしを司会に据え、演歌勢を中心に2時間たっぷり、歌で魅せる番組だ。そもそも、“五木ひろし司会の演歌番組”という発想自体、地上波のゴールデン帯では生まれない。もしも会議で、「五木ひろしの司会で、レギュラーの歌番組をやりましょう」と提案したら、空気は凍り付き、桜庭あつこがリングに上がったときのような罵声が飛び交うだろう。この番組には、BSらしさが存分に現 [全文を読む]

NHK『紅白』人事の癒着構造、極まれり! “芸能界の大物”がプロデューサーを接待漬けに……

日刊サイゾー / 2012年11月05日09時00分

今年のNHK『紅白歌合戦』の出場者発表が迫ったが、紅白に影響力を持つ“芸能界の大物”に、紅白担当プロデューサーと演歌担当プロデューサーが毎週のように高級料理店で接待漬けにされているという情報が寄せられて愕然とした。 今年の紅白は元事務所幹部の“泥沼解任騒動”で芸能界から総スカンを食った小林幸子と、ジャズアルバムの大ヒットで11年ぶりの紅白返り咲きを狙ってい [全文を読む]

東京ガス「エネファーム」 八代亜紀のド演歌流すCMに違和の声

NEWSポストセブン / 2012年03月31日16時00分

* * * 「何にもできない私でもガツンと節電できるのね~ 発電 節電 発節電~」 八代亜紀のド演歌が流れるCMをご存じでしょうか。ハスキーボイスで喉を鳴らし、歌い上げる演歌。ガスを使って燃料電池で発電する、東京ガスの「エネファーム」の宣伝です。 CMは、衣装から化粧、振り付けから節回しまで、コテコテの演歌尽くし。息子役の三浦春馬は、演歌を歌う母を脇から [全文を読む]

当たり障りのない「黒い噂」ばかり もっと新鮮なネタを! 〈訂正させてください〉(フジテレビ)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月04日12時00分

この日は「演歌界の黒い噂を徹底検証」と題し、山本譲二、瀬川瑛子、伍代夏子の3人が自身の噂を検証するものだった。 たとえば山本譲二の場合、「みちのくひとり旅」はもともと師匠・北島三郎のために作られたものだったが、新曲を受け取りに行った山本が音楽プロデューサーに「自分にくれ」と頼み込んで貰ったという噂や、両耳の聴力を失いかけているのでは? という噂について。瀬 [全文を読む]

八代亜紀が、“スペシャル・ジャズ・ボーカリスト”としてゲスト出演決定!

PR TIMES / 2016年10月18日16時02分

演歌に勝るとも劣らぬ豊かなジャズの表現力と歌声を持つ」と北村が大絶賛する八代亜紀さん。どのようなステージが展開されるのか、期待が膨らむ。[画像1: http://prtimes.jp/i/20716/10/resize/d20716-10-440941-0.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/20716/10/resize/d2 [全文を読む]

肝臓に直接作用することに特化した新タイプの胃腸薬が誕生!「タナベ胃腸薬ウルソ(R)」 3月14日に新発売

PR TIMES / 2016年03月08日12時04分

[画像3: http://prtimes.jp/i/18047/1/resize/d18047-1-371028-6.jpg ]哀愁と希望の入り交じったメロディーが印象的なオリジナルソング「もたれちまった悲しみに」は、歌手の八代亜紀さんが、演歌からポップス、ブルースまで幅広いジャンルで磨きをかけた深みのある声で歌い上げています。 [全文を読む]

八代亜紀の魅力を全て詰め込んだジャンルレスな異色シングル発売!

okmusic UP's / 2013年10月23日18時00分

【その他の画像】八代亜紀この作品は、演歌歌手としての枠を超え、今やジャンルレスなシンガーとして活躍する八代亜紀の魅力を全て詰め込もうと企画されたシングルで、4曲それぞれ「ロック」「ジャズ」「ザ・演歌」「ポップス」というジャンルに分けられている。1曲目の「ロック」では、10月20日に行われたメタルフェス「LOUD PARK2013」での共演も記憶に新しい、マ [全文を読む]

世界108カ国を訪れたイモトアヤコがビビる!衝撃の海外グルメとは

しらべぇ / 2017年09月06日12時00分

(八代亜紀)一方、初海外がハワイだった八代は、「石原裕次郎さんの別荘に連れて行ってもらい、美味しい日本食をきゅうりのお新香と一緒に出していただいたのが良い思い出」と、演歌界の大御所らしい発言に、イモトも「エピソードがデカいっす…」と呟き、会場を沸かせた。■イモトもビビった海外グルメ©sirabee.com珍獣ハンターなどの仕事を通じ、海外渡航歴は250回以 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】保田圭“パンチあり過ぎ”衣装で中森明菜の『TATTO』 指原莉乃「圧がエグかった」

TechinsightJapan / 2016年10月05日21時33分

やAKB48グループ、E-girlsから80年代アイドルに演歌の大御所まで世代を超えたアーティストがコラボした。そんななかで見る者の目を釘付けにしたのが保田圭の大胆な衣装とパフォーマンスだ。 10月4日にTBS系で放送された音楽特番『UTAGE!秋の祭典2時間スペシャル』は前川清と高橋愛、指原莉乃、柏木由紀、渡辺麻友によるラッツ&スター『め組のひと』や松本 [全文を読む]

若者人気に嫉妬? 「ラスボス」小林幸子の『紅白』復帰を妨害する勢力とは

日刊サイゾー / 2016年07月24日09時00分

「アルスマグナとのコラボ曲は、6月上旬からレコード会社が強く推して営業をかけていたんですが、これを受けた情報番組のディレクターが両者の出演を取りつけようとしても、逆に小林さんのスケジュール調整が困難という状況だったそうですからね」(同) その小林の活動の集大成となる『紅白』は、年々“演歌枠”が縮小傾向にあり、自ら“卒業”として背を向けるベテランも続出。今 [全文を読む]

八代亜紀、どうなる真夏のロックフェス!? 開催直前インタビュー

Entame Plex / 2016年07月21日12時00分

そこで今回、Entame Plexでは「FUJI ROCK FESTIVAL」の開催を前に本人に直撃!今年は「FUJI ROCK FESTIVAL」の他にも「RISING SUN ROCK FESTIVAL」や「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」など様々なフェスに参加し、近年ではジャズアルバム「夜のアルバム」やブルースアルバム「哀歌 -aiuta [全文を読む]

八代亜紀がブルースバンドで『RISING SUN ROCK FESTIVAL』に出演

okmusic UP's / 2016年05月17日19時30分

ジャズにブルースそして演歌と、ジャンルを超越したシンガー八代亜紀から目が離せない。■【八代亜紀 コメント】初のRSR出演、今からとっても楽しみです。 こう見えても八代は屋外ライブが大好き。 8月の北海道は気持ちがいいでしょうね。 AIUTAツアーのスペシャルバンドと共にブルースを歌いに行きます。 この日のために特別な歌も用意しているのでお楽しみに。■『八 [全文を読む]

美空ひばり・石原裕次郎・天童よしみ・八代亜紀・坂本冬美 日本の心“演歌”をレコード会社・レーベルの枠を超えて収録「演歌あっぱれ!」本格販売開始

PR TIMES / 2016年04月07日11時55分

「ショップジャパン」を運営する株式会社オークローンマーケティング(本社:愛知県名古屋市東区、代表取締役社長:ハリー・A・ヒル)は、ユニバーサル ミュージック合同会社(本社:東京都港区、社長兼最高経営責任者:藤倉尚)と共同開発した演歌のベスト盤CD集「演歌あっぱれ!」を2016 年4月7日(木)から本格販売開始いたします。 「演歌あっぱれ!」は、懐かしい日々 [全文を読む]

フォーカス