さん 八代亜紀に関するニュース

ビートたけし「おいらの居酒屋に突然やって来た」――生誕80年・美空ひばりとわたし

文春オンライン / 2017年06月25日07時00分

長嶋(茂雄)さんや(高倉)健さんもそうだけど、時代を背負っていた。無理やり売り出したわけじゃなく、自然と、時代から生れ落ちるように現れた。 今もスターはいるけど、「誰々の時代」と言われるには、エンターテインメントの種類が多すぎる。あの頃のスターのような影響力を持てない。長嶋さんの時代は野球と相撲ぐらいしかなかったからこそ、あれだけの光を放つことができた。今 [全文を読む]

<2015メディアゴンはこう考える①本気で考える架空の企画>2015年だから書きたい2年先くらいの「テレビショウ」

メディアゴン / 2015年01月01日00時01分

下谷の上司も来て口説かれたが、それは、プロデューサーの常畑さんがあしらってくれた。だから、「大人気R」は編成局では扱いにくい目の敵だ………だから視聴率は15%を取り続けなければならない。番組はタイトルがあけて「マイ・フェイバリット」のコーナーが始まった。このコーナーはあらゆる世界の人が自分のお気に入りを持ってきて話すトークショウだ。このコーナーを最初に常畑 [全文を読む]

意外と知らない!?聞いてびっくりしてしまうような芸能人の前職!【前編】

日本タレント名鑑 / 2015年12月09日09時55分

そんな中、おのののかさんがその珍しい名前の響きや、「元ビールの売り子」としての話題性も大きく人気となりました。 おのさんは週3日3時間のアルバイト勤務で月収30万円という、夢のような労働スタイル&収入だったそう。もしかしたら時給換算したら今より良いかもしれません。 このお仕事はあくまで、タレント業が軌道に乗るまでの生活のためでしたが、そのお仕事がタレント [全文を読む]

市場から仕入れた海鮮が楽しめる「海鮮焼き」

ぐるなび / 2017年08月28日13時10分

お店に訪れた中山秀征さん、中川翔子さん、徳重聡さん、八代亜紀さんはテーブル席に運ばれてきた「ホタテ焼」(500円~)を目にして、「わぁ~、美味しそう!最高!」「美味しそう、焼きたて!」と歓声をあげた。貝に焼いたホタテを盛りつけた「ホタテ焼」を食した中川翔子さんは「おいしー!北海道すさまじい!なんて美味しいんだ!この旨み!」と絶賛。続いて八代亜紀さんが「プ [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」大トリは山口百恵

アサ芸プラス / 2012年11月14日11時00分

ついにちあきなおみさんが20年ぶりに表舞台に帰ってまいりました。 白組 こちらはついに初登場! 井上陽水さんです。 「ちあきなおみは『喝采』で72年にレコード大賞を受賞、井上陽水は73年に出した『氷の世界』が史上初のミリオンセラーアルバムを達成しています。当時を知る世代にはたまらない対決でしょう」 ゆっくりと上がる幕の向こうに、ちあきなおみの姿が。歌唱力は [全文を読む]

「イモトのWiFi」新CM発表会イベントレポート

PR TIMES / 2017年09月07日11時17分

「イモトのWiFi」宣伝部長のイモトアヤコさん&名古屋のイケメンアイドル集団「MAG!C☆PRINCE」さんが登場!新CMソングを八代亜紀さんが生歌ライブで初披露!エクスコムグローバル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:西村誠司)は、海外用モバイルデータ通信サービス「イモトのWiFi」の新CMを2017年9月6日(水)より放送開始いたしました。こ [全文を読む]

【速報】押切もえ、二科展に初入選!「恋の花は●分咲き」

Woman Insight / 2015年09月02日16時57分

9月2日(水)六本木・国立新美術館にて行われた、第100回記念二科展にて モデル押切もえさんの初出展・初入選の報告会見が行われました。 二科展とは、二科会が毎年秋に開催する美術展で、今年100周年を迎える歴史ある公募展。 作品は絵画・彫刻・デザイン・写真の4部門があり、絵画部門の今年の応募総数は3043点。過去には歌手の工藤静香さんをはじめ、俳優・石坂浩二 [全文を読む]

故・高倉健さんが『レコ大』の特別栄誉賞受賞で「便乗商法だろ!」との声も

日刊サイゾー / 2014年11月23日09時00分

日本を代表する映画スター・高倉健さんが亡くなり、日本中が悲しみに包まれている。テレビ各局では追悼番組の放送が決まり、また政府は国民栄誉賞を授与することを検討しているとも報じられ、その存在の大きさを示している。 そんな中、日本作曲家協会が主催する『第56回輝く!日本レコード大賞』の各賞が19日に発表され、高倉さんに「特別栄誉賞」が贈呈されることが決まった。ス [全文を読む]

渡辺淳一お別れ会で 黒木瞳と川島なお美鉢合わせ心配された

NEWSポストセブン / 2014年08月01日07時00分

7月28日、4月30日に前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 この日、渡辺さんとの最後の別れを惜しんで、文壇をはじめ映画、出版、芸能界から約850人が会場に駆けつけた。その中には、渡辺作品の映画『愛の流刑地』で主演を務めた豊川悦司(52才)や渡辺作品11本に出演した津川雅彦(74才)、『 [全文を読む]

“日本一黒いグラドル”が帝王・松崎しげると熱く語る日焼けのデートプラン「やっぱり黒い男性に惹かれます!」

週プレNEWS / 2017年08月13日15時00分

夏本番! 今年の夏こそモテたいならば、失敗続きのこれまでとはアプローチを変えてみるべき? そこでオススメしたいのは“日焼け”――美白ブームの真っ只中でクロい肌をアピールすれば、ライバルたちに差をつけられるハズ!? そこでご教示を賜(たまわ)りたい方といえば、“クロ肌界の重鎮”松崎しげるさんをおいて他にいないだろう。 CMソングの帝王として知られ、『愛のメモ [全文を読む]

マツコ×井筒監督 ニッポンをしばき倒し“アホか、お前らDX”(3)「いまの紅白を見る必要なんてあるのか?」

アサ芸プラス / 2015年12月30日09時57分

井筒 そういえば今年、「五番街のマリーへ」の高橋真梨子さんとサシで話す機会があったのよ。マツコ 監督、いいネタ持ってるじゃないのよ~。井筒 デビュー前の福岡時代のバリバリの逸話とか聞かせてくれたけど、ええ女やったねぇ。隣に旦那さんがいるのに大興奮したわ!マツコ ウハハハ。高橋真梨子さんで興奮する人は、ちょっとやそっとの女じゃもの足りないわよ!井筒 あたぼう [全文を読む]

月島名物・グーなもんじゃ焼き

ぐるなび / 2015年09月28日12時10分

9月27日放送の「さんぽサンデー」(テレビ朝日系、午前10時00分~)では、二組のペアがそれぞれ一駅手前から赤羽を目指す寄り道旅を行い、八代亜紀さんと国生さゆりさんが「月島もんじゃ・わらしべ」(東京都中央区)を訪れた。 お隣の食器店に紹介してもらった同店は月島名物のもんじゃ焼きが味わえるお店。メニューが豊富で、その数はなんと50種類にも及ぶという。 席につ [全文を読む]

TBSラジオ 追悼特別番組 ~銀幕の巨星逝く~ ありがとう 高倉健さん

PR TIMES / 2014年12月01日20時14分

放送日時:12月7日(日)夜7時~8時 司 会:大沢悠里・小川知子(TBSアナウンサー) TBSラジオでは、11月10日に悪性リンパ腫のため、83歳で亡くなった俳優・高倉健さんの追悼特別番組を放送します。 「網走番外地」シリーズや「幸福の黄色いハンカチ」「鉄道員」など、日本映画史に残る名作に数多く主演し、「健さん」の愛称で親しまれた名優の功績をじっくりと振 [全文を読む]

泉谷しげる×八代亜紀(3)男って嫉妬深くて誇大妄想だからね

アサ芸プラス / 2013年08月23日09時59分

──八代さんとのデュエット曲に「夜につまずき」を選んだ理由は? 泉谷 これは(所属事務所の社長でもある)八代さんの旦那と相談して決めたんだよね。さっきも言ったけど八代さんは世間を気にしないから(笑)、旦那さんに全て任せてるところがあって、そこがおもしろいんだけどさ。八代さんにとっての“世間の目”が旦那さんなんでしょ? 八代 そうです(笑)。 泉谷 で、最初 [全文を読む]

ピース綾部と交際報道の若貴の母・藤田紀子さん「困るわ、ウフ」

NEWSポストセブン / 2012年08月17日07時00分

お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(34)と、“若貴の母”藤田紀子さん(64)の交際が明らかになった。年齢差30歳という驚きのこのカップル。週刊ポストは藤田さんを直撃した。以下はそのやりとりだ。――『週刊ポスト』です。「ピース」の綾部さんと親密なお付き合いをされている?「え? ウソよ。あの方とは一度番組で共演しただけですよ。親密なんてウソよ、ウソ」――共演し [全文を読む]

阿久悠さん未発表詞が続々と楽曲化 いきもの水野良樹がETV特集で足跡取材

ORICON NEWS / 2017年09月07日00時00分

生前5000曲以上の詞を手がけ、「UFO」「勝手にしやがれ」「津軽海峡・冬景色」など数え切れないほどのヒット曲を残して2007年8月に他界した稀代の作詞家・阿久悠さん(享年70)。没後10年、作詞活動50年、生誕80周年のメモリアルイヤーに、『阿久悠未発表詞105080プロジェクト』として未発表詞がさまざまな形で楽曲化されることが明らかになった。 【番組写 [全文を読む]

うにやいくらに海老など、小樽の海鮮を楽しめます

ぐるなび / 2017年08月28日13時10分

ごはんの上にぎっしりと、うにといくらが載っている「生うにいくら丼」(2,916円)を注文した徳重聡さんと中川翔子さん。中川さんは「生うにいくら丼」を見ながら、「ごはんが見えないくらい!いくらがルビーみたい。綺麗、幸せ!無限に食べられる」と興奮気味だ。それを食べた徳重さんは「いくらとうにって、こんなに合うんですね」と再確認した様子。中川さんは「まろやかに溶 [全文を読む]

本年度洋画N0.1大ヒットスタート! 『ファインディング・ドリー』をガジェ通の記者はこう観た

ガジェット通信 / 2016年07月19日19時00分

日本語吹替版の謎の八代亜紀祭りは、本作をピクサー史上N0.1のカルト作にした! 最初に言っておきますが、筆者は八代亜紀さんが好きです。 日本国内のピクサー/ディズニー作品No.1の興行収入(110.0億円)を記録しているという『ファインディング・ニモ』。てっきり一位は『トイ・ストーリー』だと思っていたので、これもビックリでしたが、でも確かに公開された13 [全文を読む]

日高四元豚の黒酢ソース

ぐるなび / 2017年04月17日15時10分

4月16日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、ゲストと自由が丘でショッピングをする特集で、中山秀征さん、中川翔子さん、八代亜紀さん、清水ミチコさんが「China・Table・エムクローバー(チャイナテーブルエムクローバー)」(東京都目黒区)を訪れた。 東急東横線自由が丘駅から徒歩4分の位置にある、店先の英国風ガーデニングが目印の [全文を読む]

紅白歌合戦“ドラマチック歌姫”の60年史!【<73年第24回>「ひなげしの花」アグネス・チャン】

アサ芸プラス / 2015年12月05日17時57分

天地真理さん、小柳ルミ子さん、森進一さん、ザ・ピーナッツさん、布施明さん、沢田研二さん‥‥大スターの方々と初めて顔合わせしました。── まさしく全盛期のナベプロ帝国ですね。アグネス そこで皆さんに紹介されて、社長に「お前も頑張れば皆のように紅白に出られるから」って言われて。なぜかその場は大爆笑になっていました。── それを聞いて「紅白が目標!」という感じに [全文を読む]

フォーカス