父親 尾野真千子に関するニュース

「純と愛」の悪夢再び?尾野真千子主演ドラマの壮絶ラストに視聴者ドン引き!

アサジョ / 2016年09月20日17時59分

そして終盤、彼女の子供の父親が誰だったのかが明かされたのですが、なんとその正体は志田が演じた女性の実の父親。つまり近親相姦によって生まれた子供という事実が明かされたのです。この衝撃的すぎる展開に視聴者からは『ゴールデンタイムのドラマで近親相姦オチって引くわ』『なんで実父なんだよ! 気持ち悪すぎる』『ドン引きの最終回だった』と、驚きの声が殺到しました」(前出 [全文を読む]

2016年夏ドラマあらすじ一挙紹介 今クールの注目作は?

モデルプレス / 2016年07月11日07時00分

ところが、高校生のころに父親が病気で他界。歩は、苦しくなった家計の助けになるよう、アルバイトをしながら囲碁の勉強を続けることになる。しかし、日本のプロ棋士採用試験は23歳未満しか受けられない年齢制限がある。22歳になった歩は、アルバイトも辞め、不退転の決意で囲碁に励んだのだが…。 『そして、誰もいなくなった』7月17日スタート(毎週日曜よる10時30分、日 [全文を読む]

堺雅人主演で贈るパンドラシリーズ最新作

PR TIMES / 2014年02月04日09時29分

突然現われた姉の息子との生活になじめず、経済的な事情もあり、なつみは病院で出会った父親を名乗る鈴木に新児を預ける。だが、鈴木の新児への執着に違和感を覚え、なつみも同行を決意。一方、めぐみの死は他殺と思われ、捜査一課の警部補・黒岩忠嗣(高橋克実)も鈴木に着目する。鈴木に関する聴取で黒岩と面会した榊原は、新児の存在を知り驚愕。新児は、鈴木が発見した技術を使っ [全文を読む]

尾野真千子主演「サザエさん」誕生ドラマ、豪華キャストが決定

モデルプレス / 2013年09月20日08時00分

炭鉱の技師をしていた父親はオシャレで、なによりも家族を大事にする人、町子はそんな父親が大好きだった。しかし、昭和9年、町子14歳の時、他界。一家は東京へ行くことを決意する。決断の早い母は、漫画が好きという町子に15歳にして田河水泡への弟子入りを進め実現させ、それがきっかけで町子は漫画家デビューを果たすのだった。内弟子として順風満帆な生活を送っていたが、戦局 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月22日付)

ガジェット通信 / 2017年06月22日21時30分

ルーマニアで働く女性と、彼女を心配してドイツから訪ねてきた風変わりな父親との触れ合いを見つめる。メガホンを取るのは『恋愛社会学のススメ』などのマーレン・アデ。テレビドラマ「ヘリ」シリーズや『ヒランクル』などのペーター・ジモニシェック、『ピノキオ』などのザンドラ・ヒュラーらが出演する。ユーモラスなタッチ、父と娘がこれまでの関係を見つめ直す姿に魅せられる。 ■ [全文を読む]

佐藤浩市の長男・寛一郎、俳優デビュー決定に「すでに風格」「やっぱりカッコいい」の声

モデルプレス / 2017年03月04日05時30分

◆寛一郎「『いい俳優』と言われるような俳優になりたい」 今作で俳優デビューするにあたり、寛一郎は「17か18歳の時に、俳優を目指そうと決意し、その後、そのことを父親に伝えた時は、『そうか』と一言でしたが、色々な意味が含まれた言葉で、今も鮮明に心に残っています」と回顧。親のことを言われることについては「正直嬉しくはない」と率直な思いを明かしたが、「注目して [全文を読む]

佐藤浩市の息子が俳優デビュー Hey! Say! JUMP山田涼介らと共演<本人コメント>

モデルプレス / 2017年03月03日08時00分

◆寛一郎「『いい俳優』と言われるような俳優になりたい」 今作で俳優デビューするにあたり、寛一郎は「17か18歳の時に、俳優を目指そうと決意し、その後、そのことを父親に伝えた時は、『そうか』と一言でしたが、色々な意味が含まれた言葉で、今も鮮明に心に残っています」と回顧。親のことを言われることについては「正直嬉しくはない」と率直な思いを明かしたが、「注目して [全文を読む]

小栗旬が父親視点で語る『ミュージアム』

Movie Walker / 2016年11月11日10時00分

自身も子を持つ父親として、沢村と自分自身を重ねてしまうこともあったそうだ。「結婚して子どもが産まれることに対して、なかなか現実に身を置くことの難しさはあっただろうし、仕事に逃げている部分もすごくあるとは思います。家庭的な部分は全部妻の遥(尾野真千子)に任せてしまい、仕事という自分の得意分野に没頭することで現実逃避している部分があるのではないかと。『わかるわ [全文を読む]

小栗旬「こんなに追い詰められたことはない」【映画「ミュージアム」インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年10月28日14時00分

WI たとえば現実の世界でいうと……? 小栗 結婚して子供ができると、多くの父親はその現実に自分の身を置くことの難しさを感じるんです。それで、仕事に逃げているところがある。僕も、そうです。今回演じた沢村も、本当は向き合わなくちゃいけない家族との時間を、妻の遥(尾野真千子)に任せてしまっている。仕事という唯一の得意分野に没頭することで、現実逃避しているんで [全文を読む]

尾野真千子&江口洋介らに新たな試練 “衝撃の第2章”の幕開け

モデルプレス / 2016年08月17日07時00分

その部屋には複数の男性が出入りしており、父親の特定は難しいことのみ。しかし、美奈と信次がハジメと一緒に暮らし始めて3カ月、“試し行動”や“赤ちゃん返り”など、親と子の絆を築くための壮絶な過程を乗り越え、ようやく母として、父として、そして2人に愛される子どもとして歩み始めたばかりの梅田家に突如現れたのは、なんとハジメの生みの親とその家族だった。 「特別養子縁 [全文を読む]

フォーカス