サッカー 豊田陽平に関するニュース

高校サッカー1年の総決算『2016高校サッカー年鑑』が2月10日(水)より発売!

ゲキサカ / 2016年02月09日20時46分

今回の表紙は高校サッカー史に残るであろう“あの”FK! 1977年度より刊行をはじめた歴史と伝統を誇る全国高等学校体育連盟サッカー専門部のオフィシャルブック『2016高校サッカー年鑑』(講談社)が、2月10日より発売されます。 本書は2015年度の高校サッカーの記録を全て凝縮。全国高校総合体育大会、国民体育大会、全国高校サッカー選手権は、決勝戦までの記録を [全文を読む]

『星稜高校サッカー部優勝への軌跡―北陸のサッカーを全国へと導いた河崎護の30年』発売中!

ゲキサカ / 2015年03月07日01時39分

第93回全国高校サッカー選手権は、星稜高(石川)の劇的な初優勝で幕を下ろした。その星稜を30年に渡って指導してきた河崎護監督の半生を軸に星稜の偉業を振り返る一冊が発売されている。『星稜高校サッカー部優勝への軌跡―北陸のサッカーを全国へと導いた河崎護の30年』(安藤隆人著、ベースボール・マガジン社)だ。 自チームだけでなく、石川県、北信越のサッカー発展に情熱 [全文を読む]

アギーレジャパン テレビ、新聞が報じないイレブンの白けた胸中

WEB女性自身 / 2015年01月07日06時00分

日本サッカー協会の大仁邦彌会長(70)が事情説明し、続いてアギーレ本人が冒頭のように説明した。じつは協会はすでに、メールで選手に事情を伝えていたが、指揮官と協会トップが直接説明するのは初めてのこと。 さらに、霜田正浩技術委員長(47)が選手たちに対し、「(疑惑について)記者から聞かれたら、『協会の人に聞いてほしい』というように」と通達するなど、異例の箝口 [全文を読む]

名将・尹晶煥監督の不可解な解任劇に、韓国では「韓国人に優勝させたくないのでは?」の声も……

日刊サイゾー / 2014年08月12日16時00分

サッカー業界の裏事情に詳しいライターは「これは、サガン鳥栖のビジョンが導いた成果」と語る。 「サガン鳥栖は、06年にユンを選手として獲得するのですが、単純に戦力としてだけ獲得したわけではない。ユンは00~2年間、セレッソ大阪でプレーしていたのですが、その真面目な性格から、指導者としての資質があると見る関係者が多かった。サガン鳥栖は、当時からユンにチームの将 [全文を読む]

釜本邦茂が日本の「S級戦犯」を名指しレッドカード!(2)ザック采配こそが“S級戦犯”

アサ芸プラス / 2014年06月27日09時57分

2010年秋の就任以来、ザッケローニ監督は、すばやいパス回しでボールを支配する「攻撃的サッカー」を標榜したが、最後まで日本らしさは影を潜める結果となった。その「S級戦犯」こそ、指揮官のザッケローニだったと釜本氏は指摘する。 「フィジカルで劣る日本人選手にとって、パワープレーによる空中戦は不得手と言っていい。それにもかかわらずコートジボワール、ギリシャ戦とも [全文を読む]

W杯初戦、わずか2分での逆転負け! ザックジャパン戦犯は誰だ!?

日刊サイゾー / 2014年06月16日16時00分

それが勝利のポイントです」 これはJFNのラジオ番組『SCHOOL NINE』でのサッカー評論家のコメントだが、多くのテレビ報道とは違い、何人かの評論家はザッケローニ監督の選手交代の手腕に疑義を抱いていた。その懸念材料が、現実的な問題として露呈されてしまった。 昨日行われた日本代表対コートジボワール戦。立ち上がりから香川真司のサイドを狙われ、リズムを作れな [全文を読む]

J1・サガン鳥栖「韓国旅客船事故に対する募金活動」わずか1日で打ち切りになった背景とは?

日刊サイゾー / 2014年05月02日19時00分

また「『多くの方々に、サッカーを通して夢や希望を与えていきたい』という願いから、サッカーボールの寄付等の資金に役立たせて頂きます」という運営側のコメントに、「募金の送り先が被害者ではなく韓国サッカー協会って、募金詐欺だろ?」 といった批判が相次いだ。 「サッカーボールの寄付等の資金」にしては十分な金額かもしれないが、大々的に行った活動の目標金額が10万円と [全文を読む]

サッカー日本代表チームオフィシャルライセンスソーシャルゲーム「サッカー日本代表イレブンヒーローズ」、iPhone版を配信開始

PR TIMES / 2013年11月07日16時39分

株式会社アクロディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堤 純也)は、ネイティブアプリであるサッカー日本代表チームオフィシャルライセンスソーシャルゲーム「サッカー日本代表イレブンヒーローズ」のiPhone版をApp Storeで配信開始いたしました。また、先行して9月2日から配信しているAndroid版は配信開始から約2カ月で登録者数18万人を突破いたし [全文を読む]

ザックジャパンに入れるべき新戦力は「中村俊輔らのベテラン選手」という声

週プレNEWS / 2013年07月20日06時00分

20日(土)からサッカーの東アジア杯が開幕する(~28日/韓国)。 今回、召集されたメンバーは国内組の23人。3戦全敗に終わった6月のコンフェデ杯で、W杯の予選突破が目的だったメンバーは一旦白紙に戻し、1年後のW杯本番で戦える選手を、ここから新たに発掘していくことになる。 そのメンバーには、FW柿谷曜一郎(セレッソ大阪)、FW豊田陽平(鳥栖)、MF山口蛍( [全文を読む]

【鳥栖vs神戸プレビュー】鳥栖はエース豊田陽平が3試合連続ゴール…神戸はカウンターやサイドなど攻撃の形が多彩

サッカーキング / 2017年04月21日20時07分

その言葉どおり、神戸はDFからFWまでをコンパクトに保ち、ボールを奪ってカウンターを仕掛けるという狙いどおりのサッカーができていた。結果的に敗れたものの、試合内容は悪くなかった。その点はポジティブな要素と言えるだろう。 攻撃のバリエーションに関しても、前半は右サイドハーフの中坂勇哉がボールを保持しながらうまく起点を作った。中坂が抜けた後半は速いカウンターか [全文を読む]

フォーカス