演技 北野武に関するニュース

「監督・北野武」その男、鬼才につき(2)信頼ゆえの充実感と緊張感

アサ芸プラス / 2012年10月10日12時59分

世界にまず俺のアップというのは、やりがいを感じました」 それだけに、演技には力が入った。 六平いわく、「役者はよく監督がどういう演技を求めているかを考えすぎてしまうことがある」という。例えば伊丹十三監督だったら、テキパキ動きながらもセリフが言えるような芝居、深作欣二監督だったら、風格、オーラのあるようなヤクザの芝居といったイメージだ。役者の習性なのだろう。 [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(1)六平直政が体感した「テスト1回」の本番主義

アサ芸プラス / 2012年10月09日10時59分

演技指導? 『六平さん、とりあえず御飯食べてて』。それだけ。それ以外、何も言われなかったね(笑)」 初めて体感した北野監督は、とにかく「本番主義」だった。テストを1回ぐらいやったら、すぐ撮影に入ったという。「はい、本番!」の声とともに、六平は言われたとおり丼飯をムシャムシャと食べた。 「あっ、カットカット! やっぱりアングラ(出身)だからムシャムシャ食べる [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(5) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性

アサ芸プラス / 2012年10月12日10時59分

とにかく出ているのは、無名な俳優さんばかりだけど、今まで見たこともないリアルな演技をしていた。なぜ無名の俳優がこんなにもキラキラと輝くのか? 出られなくてもいい、どういうふうに作っているのか、現場だけでも見たい。そんな気持ちがすごくあったんです」 経営者夫人の言葉を聞いてから、津田はプロフィールを用意し、北野監督が来店するのをひたすら待った。 喫茶店は、ス [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

『相棒』に限らず、ドラマを支えるバイプレイヤー、名脇役と言われる演技の上手な役者さんが出演されていると、安心してみることができます。 バイプレイヤーは悪役が多い? 元号が平成になったことで一躍時の人となった平泉成さん(70)は、大映ニューフェイスでデビュー。大映倒産後は刑事ドラマや時代劇で悪役をされていました。スター俳優の中村雅俊さんの付き人だった自由劇場 [全文を読む]

【NewsCafe調査】「多才」だと思う男性芸能人ランキング

NewsCafe / 2013年06月15日15時00分

[男性/10代/学生]■多才なだけでなく、外見まで素晴らしいから!![女性/30代/会社員]■歌も演技も素敵。ラジオでのトークも面白い! ギャップがあるから魅力的に感じます。[女性/30代/その他]【3位】片岡鶴太郎(10.6%)■たけしさんと迷ったけど、絵も書道もできるらしいし。[女性/40代/会社員]■鶴太郎さんの描く絵はやわらかな雰囲気で好きだ。[女 [全文を読む]

北野監督、芝居の指導は「棒読みっぽくやってみて」

アサ芸プラス / 2012年10月23日10時54分

「北野監督は静かな演技を好んでましたね。そして、俺は声を張る演技ってのができないんですよ。ボソボソと普通にしゃべる感じでね。だから、ほとんどNGがなかった。『ガチガチに気を入れないで、抜いた演技をしてください』と言われたぐらいで、演技指導もされてないんです。清弘という役のイメージそのままだったみたいで。逆にベテランの俳優さんは、声を張って演技するんで、北 [全文を読む]

山田孝之、丸刈り&肉体改造“全身全霊”で対決

モデルプレス / 2017年02月20日06時00分

その演技は期待通り、狂気や痛いほどの凄烈さに満ちている」と山田の演技に太鼓判を押す田淵プロデューサー。「視聴者の皆さんも画面を通じてその“誰にも真似のできない力強さ”そしてその裏側にある“いとおしいまでの弱さ”を確かめてほしい。きっと驚くはずだ」と呼びかけた。 なお、2人を取り巻く共演者は後日発表予定。(modelpress編集部) ■山田孝之コメント ― [全文を読む]

Twitterも話題!夏帆の彼「新井浩文」死んだ目俳優の歴代彼女と経歴

VenusTap / 2016年05月18日21時40分

年下の女性が好きで目つきの鋭い塩顔の演技派俳優……という面では、事務所の先輩である浅野忠信と共通点を感じますね。原作・金城一紀の直木賞受賞小説を、2001年に宮藤官九郎脚本で映画化した『GO』で俳優デビュー。主演は、主人公の在日韓国人高校生・杉原を演じた窪塚洋介で、第25回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しています。以降、『赤目四十八瀧心中未遂』、『 [全文を読む]

安田顕 過去にはTVで泥酔事件も今は役者として注目の理由

NEWSポストセブン / 2015年05月17日07時00分

イケメンなルックスながら素顔は三枚目――個性的な演技で、今、映画やドラマなど話題作に引っ張りだこなのが俳優・安田顕(41才)だ。主演ではなくても、脇役としても放たれる独特の存在感に今、注目が集まっている。 最近の出演はとにかく話題作ばかりだ。北野武監督の最新作『龍三と七人の子分たち』では、詐欺集団のボスを演じきったかと思えば、話題の映画『ビリギャル』では、 [全文を読む]

日本映画支えるVシネ出身者 阿部寛、遠藤憲一、香川照之等

NEWSポストセブン / 2014年07月06日07時00分

ブレイク後も、「演技の基礎体力を鍛えてくれる場所。出演するたびに何かが磨かれる」とVシネをこよなく愛し、『実録 広島やくざ戦争外伝 義兄弟山口英弘の半生』シリーズ(2008年)『BLACK MAFIA絆』(2008年)などに出演している。 香川照之(48)は、『静かなるドン』シリーズ(1991~2001年)で、夜はヤクザの2代目、昼は下着メーカー社員という [全文を読む]

フォーカス