出演 北野武に関するニュース

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』『仮面ライダー響鬼』に、イブキ / 仮面ライダー威吹鬼 役等を務めの数々の作品に出演して来たイケメン俳優の渋江譲二が自ら企画・主演・脚本も一部兼務した。本作はイケメン俳優と言う肩書きを払拭する様な「シュールレアリスム【超現実】」にこだわったコメディ作品に仕上がった。 シュールとはシュルレアリスム芸術の形態、主張の一 [全文を読む]

再現VTRのステータスを上げた!? “スカッとジャパン”の個性派キャラ

日本タレント名鑑 / 2016年04月12日10時55分

『下町ロケット』などのドラマや多数の映画に出演、嫌味なキャラクターをやらせれば右に出る者はいないと言われてきた俳優・木下ほうかさん(52)が、そのキャラクターを徹底的に極めた“イヤミ課長”役で人気者になっている番組が『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系/月曜午後7時57分~)。 番組から生まれた『はい!論破』は昨年の流行語大賞にノミネートさています [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

プレシーズン1話から出演しているライバル刑事役の川原和久さん(53)、プレシーズン2話から監察医・その後は鑑識として出演されている六角精児さん(52)などは、スピンオフ映画が作られるほどの人気になりました。 他にも山西惇さん(52)、神保悟志さん(52)なども印象が強いですよね。『相棒』に限らず、ドラマを支えるバイプレイヤー、名脇役と言われる演技の上手な役 [全文を読む]

「福山よりショック」結婚していたイケメン俳優・安藤政信 姿を消した理由と復活のワケ

日刊サイゾー / 2015年09月30日20時30分

映画賞を総ナメにして一気にスターダムにのし上がり、映画『バトル・ロワイアル』『サトラレ』(01)など多数の映像作品に出演して不動の人気を獲得しました。しかしその後、テレビドラマは2001年以降12年もの間出演せず、映画も08年から11年まで国内作品には一切顔を出さないなど、表舞台から姿を消していたんです。もともと『日本の業界のスタイルが合わない』『ルーティ [全文を読む]

【ウラ芸能】西島秀俊、「巨匠」へのアピールは成功?

NewsCafe / 2015年06月12日15時00分

で、何があったの?」記者「映画には、ビートたけし(68)が事件を裏で操るダルマ役で出演しているのですが、テレビドラマではイラストだけのキャラクターだったのが、映画には大物起用を…とたけしの出演を西島が制作サイドに訴えて実現したそうです」デスク「西島とたけしって、つながりあるの?」記者「たけしが、北野武として撮った映画『Dolls(ドールズ)』(2002年公 [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(1)六平直政が体感した「テスト1回」の本番主義

アサ芸プラス / 2012年10月09日10時59分

以後、5作の「北野映画」に出演する常連となったが、当時をこう回想する。 「芸能界をはじめ、各界の大物たちが集まった麻布のバー『ホワイト』で、俺と中村勘三郎(当時・勘九郎)さんが飲んでたんだよね。そしたら、たけしさんが店に入ってきたんですよ。勘三郎さんがたけしさんと親友だから、たけしさんを席に呼んで3人で飲むことになった」 北野監督が初対面の六平に語りかけて [全文を読む]

大杉漣、愛猫&愛犬を大公開!壮絶夫婦ゲンカも…「おしゃれイズム」

CinemaCafe.net / 2017年05月28日16時00分

5月28日(日)放送回に俳優の大杉漣が出演。“強面俳優”として知られる大杉さんの素顔に番組MCの上田晋也、藤木直人、森泉が迫る。 大杉さんといえば『ソナチネ』の暴力団幹部・片桐役をはじめとした“強面”のイメージが強いが、一方でそれとは正反対の刑事役から真面目なサラリーマン、狂気に満ちたサイコなキャラクターまであらゆる役柄をこなす日本が誇る演技派俳優の1人で [全文を読む]

日本映画支えるVシネ出身者 阿部寛、遠藤憲一、香川照之等

NEWSポストセブン / 2014年07月06日07時00分

そんな時代を脱するきっかけとなったのが、東映ヤングVシネマ第1弾『2人のマジカル・ナイト』(1991年)への出演だった。以降、『悪党図鑑』(1994年)でハード・バイオレンス作品に挑み、『拳鬼』(1995年)で格闘アクションを経験するなど、Vシネで役者としての幅を広げた。 高校中退後、18歳で役者の道に入った遠藤憲一(53)もまた、四畳半風呂なしアパート [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(5) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性

アサ芸プラス / 2012年10月12日10時59分

しかしこれが、そののちに数々のドラマや映画に出演し、映画「模倣犯」でブルーリボン賞助演男優賞を受賞するなど、個性派俳優としての地位を確立した、役者・津田寛治誕生の瞬間だった。 【関連記事】 「監督・北野武」その男、鬼才につき(6) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性 「監督・北野武」その男、鬼才につき(7) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリ [全文を読む]

アウトレイジ新作場面のはずが... 「孤独のグルメ」にしか見えない、と話題

J-CASTニュース / 2017年04月18日19時39分

過去作出演のキャストも期待 「アウトレイジ」シリーズは、裏社会の男たちの抗争を描いたバイオレンス・エンターテイメント。2010年の「アウトレイジ」と2012年の「アウトレイジ ビヨンド」を合わせ、シリーズ累計で22億円超の興行収入を誇る人気作だ。 前作に引き続き出演する、主演のビートたけしさん、西田敏行さん、塩見三省さん、名高達男さん、光石研さん、松重豊 [全文を読む]

フォーカス