単行本 又吉直樹に関するニュース

SmartNews、初版30万部の又吉直樹第二作『劇場』の発売前試し読みを提供

MarkeZine / 2017年05月10日18時30分

『劇場』を試し読みしてもらい、単行本の購読につなげる狙いだ。 SmartNewsは同サービス内の「読書チャンネル」にて、又吉直樹氏の新作小説『劇場』の冒頭約5,600字を5月10日から11日までの期間限定で提供する。なお、『劇場』の書店での発売日は5月11日。発売元の新潮社は初版を30万部としている。同社はSmartNewsの読書チャンネルで『劇場』を試し [全文を読む]

又吉直樹、第2弾小説で“恋愛”を描いた理由 作家、ピースとしての夢とは

モデルプレス / 2017年05月09日08時00分

芥川賞を受賞した『火花』に続く長編小説第2作『劇場』の単行本が5月11日、発売。自身初の恋愛小説に挑んだ又吉が、今作に込めた思いや、作家として、ピースとしてのこれからについて話を聞いた。今作を一挙掲載した『新潮』4月号は、緊急重版分を含めて文芸誌としては異例の5万部を発行。発売日当日に売り切れる書店が続出し、重版分も数日で完売状態となった。 早くも話題を呼 [全文を読む]

又吉直樹、待望の第2作「劇場」は初の“恋愛小説”

Entame Plex / 2017年02月13日21時00分

単行本化された「火花」は、単行本253万部、文庫30万部で、累計283万部の大ベストセラーとなり、昨年は動画配信サービス:Netflixにてドラマ化され現在も配信中。そして、同ドラマは2月26日(日)よりNHK総合にて毎週日曜夜11時より(連続10回)放送が開始となるなど、今もなお話題となっている。 そんな又吉による待望の小説第2作が、3月7日(火)発売の [全文を読む]

又吉直樹、待望の新作は恋愛小説「劇場」

Smartザテレビジョン / 2017年02月13日03時00分

単行本化された「火花」は、単行本253万部、文庫30万部で累計283万部のベストセラーとなり、動画配信サービス「Netflix」ではドラマ化。さらにNHK総合でも2月26日(日)からオンエアされることも決定している。 新作「劇場」は、原稿用紙300枚もの長編で、又吉にとって初挑戦となる“恋愛小説”だという。 また、本作の発表に先駆けて、執筆中の又吉に密着 [全文を読む]

今年最も売れた電子書籍は『火花』! ブックリスタ年間ランキング2015発表

PR TIMES / 2015年12月21日12時23分

芥川賞受賞後、単行本の増刷が間に合わず、全国的に品薄になった時も、品切れのない電子版は大きく売上げを伸ばしました。またこの作品は、Reader storeさんで非常によく動きました。”老舗”の電子書店の実力を見せつけられた感があります。来年もこのようなインパクトのある作品の電子化を推進していきたいと考えています。ありがとうございました!文藝春秋電子書籍編集 [全文を読む]

トーハン調べ「2015年 年間ベストセラー」発表

DreamNews / 2015年12月01日09時00分

東野作品は毎年多くの作品がランクインしますが、今年も単行本1点、文庫4点の合計5作品がランクインし、変わらぬ人気ぶりです。 【集計ジャンル】 ●総合●文庫総合●単行本(文芸書/ ノンフィクション・教養書他 /ビジネス書/ ゲーム攻略本/ 児童書/ 実用書)●新書(ノベルス /ノンフィクション)●全集----------------------------- [全文を読む]

又吉直樹「『火花』が多くの皆様に届くことが嬉しい」 驚異の200万部突破で喜びのコメント

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月05日17時30分

これは文藝春秋刊行の単行本では、R・J・ウォラー『マディソン郡の橋』(256万5000部/1993年刊)に次ぐ、歴代第2位の発行部数となる。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 200万部突破に対して、又吉も喜びのコメントを寄せている。 「ありがとうございます。『火花』が多くの皆様に届くことが嬉しいです。僕も、この夏はたくさん本を読もうと思っています [全文を読む]

累計42万部の大ベストセラー、ピース又吉、初の本格小説『火花』6月11日、待望の電子書籍版発売!

@Press / 2015年06月10日09時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、6月11日、単行本『火花』(又吉直樹著)を電子書籍化して発売します。 発行部数42万部。純文学の世界に衝撃を与えた『火花』は、発表されるとたちまち評判となり、掲載された雑誌「文學界」は創刊以来初の大増刷。 書籍『火花』は3月11日の発売からわずか1週間で35万部を突破し、純文学というス [全文を読む]

「あほが書いた小説です」ピース又吉『文學界』初の大増刷に導いた話題作『火花』発売決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月30日16時50分

『文學界』2月号を史上初の大増刷に導いた話題作『火花』の単行本が2015年3月11日(水)に発売することが決定した。 又吉効果『文學界』史上初の増刷! 『火花』はお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が初めて書いた本格的小説。芸人である「僕」を語り手に、才気あふれる先輩芸人と過ごした濃密な青春を描いた、お笑いの世界の魅力と怖さが存分に表現された作品だ。 ●又吉直 [全文を読む]

ピース又吉、初の恋愛小説『劇場』を発売 相方・綾部は「『読まなきゃな』と言っていた」

エンタメOVO / 2017年05月11日16時12分

それを受け、きょう発売される単行本の初版部数は、村上春樹作品に次いで新潮社の単行本では歴代2位の「30万部」と決定した。 この異例の初版部数に又吉は「書いた人間としては本当にうれしい。多くの人に手にとっていただけたら」と笑顔。発表からは約2カ月経過しているが「全体的には『面白く読んだ』という感想が多い」と明かすと「登場人物に対して本気で怒っている人や、『自 [全文を読む]

フォーカス