高校 又吉直樹に関するニュース

三重県初開催!約4年に一度のお菓子の祭典開催まであと1ヶ月!「お伊勢さん菓子博2017」

PR TIMES / 2017年03月25日10時35分

「お伊勢さん菓子博2017」では、100人以上の三重県内の菓子職人が制作に関わった「巨大工芸菓子」の展示、「老舗和菓子メーカー6社による共同開発のパフェ」や「赤福餅 祝盆(いわいぼん)」などの菓子博限定商品の販売、菓子博史上初の試みとなる高校・専門学校生による工芸菓子展示など多彩な企画が催されます。 また、全国の菓子工業組合によるサンプリングイベントや三重 [全文を読む]

又吉直樹、第2弾小説で“恋愛”を描いた理由 作家、ピースとしての夢とは

モデルプレス / 2017年05月09日08時00分

高校卒業後、芸人を目指して上京し吉本総合芸能学院(NSC)に入学。2003年、同期の綾部祐二とお笑いコンビ・ピースを結成。2010年、キングオブコントで準優勝、M-1グランプリで4位に輝く。芸人として活躍する一方で、エッセイや俳句など文筆活動も行う。2015年1月、文芸誌「文學界」にて「火花」を発表し純文学デビュー、第153回芥川賞を受賞。 [全文を読む]

トーハン 平成28年度『朝の読書』の人気本調査結果発表 ~小学校・中学校・高等学校の児童・生徒に人気の本~

DreamNews / 2017年05月01日13時00分

中学・高校ではその年のベストセラーやメディア化作品など、世間で話題になった作品やライトノベルが支持される傾向が見られます。映画化で話題となった、有川浩氏「植物図鑑」や、衝撃的なタイトルで話題を集め若い世代を中心に人気を博した青春小説、住野よる氏「君の膵臓をたべたい」もランクインしました。また、芥川賞受賞で昨年大きな社会現象を巻き起こした又吉直樹氏「火花」 [全文を読む]

トーハン 平成27年度『朝の読書』の人気本調査結果発表 ~小学校・中学校・高等学校の児童・生徒に人気の本~

DreamNews / 2016年05月24日15時00分

中学・高校ではその年のベストセラーやメディア化作品など、世間で話題になった作品やライトノベルが支持される傾向が見られます。今回はお笑い芸人で初めて芥川賞を受賞し、大きな社会現象を巻き起こした又吉直樹氏「火花」が上位に入り、2015年本屋大賞で話題の上橋菜穂子氏「鹿の王」もランクイン。世間で注目を集めた作品が朝の読書の現場でも選ばれています。映画化で話題とな [全文を読む]

ピース・又吉直樹 太宰治とダウンタウンに衝撃を受けた過去

NEWSポストセブン / 2015年03月29日07時00分

高校はサッカーの強豪校に進み、インターハイの大阪府代表になるなどプロへの道も開けていたが、高校卒業と同時に、胸に秘めてきた芸人になるという意志を貫いた。 「でも、本当は芸人じゃなくてもよかったんです。この小説の中で神谷(主人公の芸人・徳永の先輩芸人)が“何かになろうと思ったら永遠になられへん”と言っていて、それ、わりとぼく、ほんまに思ってること。目的がある [全文を読む]

ピース又吉、初の恋愛小説『劇場』を発売 相方・綾部は「『読まなきゃな』と言っていた」

エンタメOVO / 2017年05月11日16時12分

『劇場』は、高校卒業後に、演劇の成功を夢見て上京し、幼なじみと劇団を立ち上げた劇作家の永田と、女優を夢見て上京した女子大生の沙希の2人を描く。 自身の恋愛経験との関連を尋ねられた又吉は「『僕の話です』と言ったらうそになる。でもどんな話でも、もちろん僕の経験や、見てきたものが入っているので、どちらとも言えない。全く知らん話をかいたわけでもない。主人公は僕で [全文を読む]

吉本興業、沖縄でスクール事業のシンポ実施

映画.com / 2017年05月04日08時00分

会場の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハには、業界関係者のほか高校生、高校教員らも参加。モデレーターは中村伊知哉慶應義塾大学大学院教授。パネラーとして、漫画「北斗の拳」などを生み出した堀江信彦コアミックス代表取締役社長、又吉直樹の大ヒット小説「火花」の映像化を担うプロデューサーである古賀俊輔ザフール代表取締役、地元沖縄の下地芳郎琉球大学観光産業科学部教授 [全文を読む]

星野源の初主演ドラマを手がけた異才が語る“こじらせ少年”の末路 「東京に出てきてからずっと途方に暮れている」

週プレNEWS / 2017年02月07日10時00分

せきしろ 大学も辞めてるし、高校もあんまり行ってなかったし。公園とかにいましたね。当時は若かったんで、行ってないのがカッコいいかなって思ってたんですよ。 ―公園で何してたんですか? せきしろ 大半はエロい妄想でした(笑)。『プレイボーイ』が川岸に落ちてたら乾かして読むとか、そういう時代です。ちなみに、小学生のとき初めて拾ったエロ本に、女のコが洋館に閉じ込 [全文を読む]

手越祐也、山崎賢人…旬の若手イケメンをはじめ芸能界にはサッカー経験者が多数

日本タレント名鑑 / 2016年05月02日13時55分

その後、高校を卒業するまで続け、ポジションはFW。点取り屋として鳴らし、最高で一試合で一人13点とったことがあったそう。高校は強豪校に在籍しましたが、高3の選手権予選はベスト4で敗退。また愛知県選抜には小5から中1まで入っていて、現在ドイツ・ブンデスリーガで活躍する宮市亮選手とチームメイトだったことも。 レイソルのユースに所属していたナオト・インティライミ [全文を読む]

マンガ大賞受賞で話題 『響~小説家になる方法~』の魅力5つ

しらべぇ / 2017年03月29日16時30分

(※娯楽小説ではない、芸術としての小説ということ)出版不況の影響を真正面から受ける中、天才的な文芸の才能を持つ15歳の天才高校生・鮎喰響(あくいひびき)が現れ、文学界を変えていく。......と、あらすじだけを書いてしまうと「真面目でお硬い作品なのかな?」と思ってしまう人もいそうなので、ここでは本作品の魅力ポイントを5つ紹介したい。(1)響の「圧倒的天才感 [全文を読む]

フォーカス