大学 又吉直樹に関するニュース

ピース・又吉も絶賛した、オードリー・若林の完全版エッセイが重版決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月20日17時30分

2013年5月発売のオードリー・若林正恭のエッセイ『社会人大学人見知り学部 卒業見込』が、2015年12月25日(金)に文庫版となって刊行された。これで単行本版と合わせて、累計10万部を突破。しかし好評につき即売り切れとなり、年が明けても入手困難な状態が続いたことを受け、このたび重版が決定。2016年1月20日(水)には、全国書店で流通開始になるという。「 [全文を読む]

星野源の初主演ドラマを手がけた異才が語る“こじらせ少年”の末路 「東京に出てきてからずっと途方に暮れている」

週プレNEWS / 2017年02月07日10時00分

せきしろ 大学も辞めてるし、高校もあんまり行ってなかったし。公園とかにいましたね。当時は若かったんで、行ってないのがカッコいいかなって思ってたんですよ。 ―公園で何してたんですか? せきしろ 大半はエロい妄想でした(笑)。『プレイボーイ』が川岸に落ちてたら乾かして読むとか、そういう時代です。ちなみに、小学生のとき初めて拾ったエロ本に、女のコが洋館に閉じ込 [全文を読む]

90年代生まれの中国の若者に日本文学が大ブーム 又吉が現地ルポ

J-CASTテレビウォッチ / 2017年06月30日09時12分

東野圭吾さんや京極夏彦さんら、特定のジャンルに限らず、幅広く人気を集めている」(日本文学の中国語翻訳などを手がける毛丹青・神戸国際大学教授) こうした日本文学をよく読んでいるのが「90后(ジョウリンホウ)」と呼ばれる1990年代生まれの10代、20代の若者だという。 又吉直樹「火花」すでに2万部発行 そして芸人で作家の又吉直樹さんもいま、中国の若者に熱狂的 [全文を読む]

大谷大学文藝塾調べ “読み書き”を学びたい文芸人ランキング 作家部門1位「村上春樹さん」、2位は「又吉直樹さん」

@Press / 2017年04月12日18時00分

大谷大学は作家やコピーライター、編集者など“書く仕事”を目指す学生のための「文藝塾」を開設し、主体的に自己表現ができる高度な文章作成能力を身につける機会と場所を提供しています。そこで、大谷大学「文藝塾」では、ビジネスパーソンが“読む力・書く力”をどの程度身につけているのか、どの程度必要なものと考えているのか探るべく、2017年3月9日~3月10日の2日間、 [全文を読む]

小説の才能があると思う芸人は?今後の作家デビューに期待の声も

しらべぇ / 2016年12月29日20時00分

ダ・ヴィンチで、人見知りを卒業するまでエッセイを書籍化した『社会人大学人見知り学部 卒業見込』は、又吉の「泣ける」というオススメもあり、好評を得ている。もうひとりは、コントやフリップネタなど、独特のセンスを持つバカリズム。竹野内豊が主演を務めた『素敵な選TAXI』をはじめ、最近では『黒い十人の女』が話題となった。まだ、脚本のみだが、バカリズムならではの世界 [全文を読む]

又吉直樹インタビュー「芥川賞の選評が僕の物差しだった」 #2

文春オンライン / 2017年08月15日11時00分

僕は後輩2人と同居しているのですが、一人は父親が大学教授で、地元の優良児童だったようなやつだし、もう一人はヒップホップのグループで活動していたようなやつで、そこに僕が加わる。普通に就職して生活していたら、きっと出会わなかった3人です。でも芸人の世界は誰でも目指していい広い場所で、楽屋に行ってみると暴走族の元総長がいれば、東大出身者や医師免許を持ったやつもお [全文を読む]

初対面の人と一瞬で深くつながる「季語」の力

プレジデントオンライン / 2016年12月10日11時15分

國學院大学卒。第2回北斗賞、第36回俳人協会新人賞、第11回日本詩歌句随筆評論大賞、平成27年度・和歌山県文化奨励賞受賞。 平成28年度・NHK俳句選者。東京経済大学非常勤講師。著書に句集『熊野曼陀羅』、小説『いるか句会へようこそ!』、『富士百句で俳句入門』、作家・又吉直樹への俳句入門講義をまとめた『芸人と俳人』、漫画家・ねこまきとの共著『ねこのほそみち』 [全文を読む]

「外枠を作ってくれたのが西野亮廣さんで、中身を作ってくれたのが又吉直樹さん」 最強の布陣で挑んだ空前のヒットを飛ばす歴史本の作者・房野史典って何者?

AOLニュース / 2016年11月04日18時00分

――ものすごく詳しく、そしてわかりやすい著書ですが、大学などで歴史の勉強はされたんですか? あ、経済学部なんで勉強するタイミングもなく...。小学校くらいから歴史がただただ好きだったんですけど。――好きこそものの上手なれで、大成したんですね。 最初は2010年か2011年あたりだったと思うんですけど、好きだからという理由だけで、ライブをやることにしてしゃべ [全文を読む]

芥川賞・直木賞作家が思わず嫉妬する作家が書いた初めての技術論!

PR TIMES / 2016年10月12日10時33分

エッセイが大学入試に使われるなど確かな文章力に定評があり、数々の芸人にコント脚本を提供するなど、独自のユーモアを生み出すせきしろの表現力の秘密を教えてくれる一冊です。又吉直樹氏「この本は、急患が出た飛行機に偶然乗り合わせた名医、いや、 すりおろしリンゴを食べさせてくれる母のようだ」西加奈子氏「この本は、実家でしか出ない大好きなあの料理のようだ」「たとえる」 [全文を読む]

ピース又吉直樹さんがナビゲート!『はじまり、美の饗宴展』六本木で開催

anan NEWS / 2016年01月01日14時15分

ぜひ公式サイトもチェックしてみて! イベントデータ: 『はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション』 会期:2016年1月20日(水)~4月4日(月)※休館日は毎週火曜日 時間:10:00 ~ 18:00(金曜日は20時まで開館) ※入場は閉館の30分前まで 会場:国立新美術館 料金:一般 1,600円/大学 1,200円/高校生 800円/中 [全文を読む]

羽田圭介「母にとって芥川賞は“最高の名刺”という感じみたいです」

WEB女性自身 / 2015年10月30日06時00分

中山「羽田さんは大学を卒業してから、1度就職されているんですよね?」 羽田「1年半だけ会社員生活をしていました。いきなり専業作家になるほうが現実的に難しいと思ったんです。親や親戚などが反対するだろうし、説明するもの面倒くさかったので、とりあえず就職してしまえば、そういうゴタゴタを回避できるなと」 中山「なるほど。日常の平穏のために」 羽田「小説家として生 [全文を読む]

ピース・又吉より異色? 直木賞受賞作家・東山彰良を直撃!「自分の価値観を持っていれば人種差別なんかしないですよ」

週プレNEWS / 2015年08月29日06時00分

僕は福岡の大学で語学の講師をしているんですが、本名の中国語名で教えているので、東山彰良という筆名で小説を書いていることを生徒たちは知らなかったんです。ニュースで見て初めて気づいたらしく、受賞決定後の授業の際に女子生徒から花束をもらったりしました。 あとは、街を歩いているとおばちゃんから声をかけられたり。でもワイドショーで見かけた程度なのか、「あらアンタ! [全文を読む]

「男前ランキング」発表で気になるイケメン芸人の意外な素顔(1)パンサー・向井が山Pにライバル心

アサ芸プラス / 2015年03月29日17時58分

まず今年1位の向井は、子供っぽい見た目と裏腹に明治大学卒のインテリ芸人でもある。「しかも、父親は大学教授で高名な農学者というまさにインテリな家系です。ちなみに、明治大学ではジャニーズの山下智久と同期であり、学内でも大人気の山Pを見て、『俺もいつかは!』と奮起していたそうです」(芸能ライター) その向井と仲が良く、かつての“キモキャラ”から文豪芸人にジョブ [全文を読む]

行く行く詐欺の声も?ピース綾部祐二の”日本残留”に賛否両論

デイリーニュースオンライン / 2017年07月12日08時06分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

渡米断念の理由を模索中?ピース綾部に”電撃ドタキャン説”が浮上

デイリーニュースオンライン / 2017年02月24日11時40分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

文化人になりたい?押切もえが生き残りをかけ”キャラ変”を模索

デイリーニュースオンライン / 2016年09月19日12時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

『教団X』で話題の芥川賞作家・中村文則の安倍政権批判、改憲阻止の決意に震えた! この危機感を共有せよ!

リテラ / 2016年01月19日20時00分

〈僕の大学入学は一九九六年。既にバブルは崩壊していた。 それまで、僕達の世代は社会・文化などが発する「夢を持って生きよう」とのメッセージに囲まれ育ってきたように思う。「普通に」就職するのでなく、ちょっと変わった道に進むのが格好いい。そんな空気がずっとあった〉 1977年生まれの中村は、俗に言う"ロスジェネ"、バブル崩壊後の「失われた10年」に就職活動期がぶ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】土屋太鳳の純粋さに癒される大人たち「良い子に育ったね~」

TechinsightJapan / 2015年12月04日19時55分

「まず大学の学費。自動車学校で免許を取って…あと、ふるさと納税」という邪心の無い言葉に「良い子に育ったね~」と一同癒される。 そんな彼女が“ゴチバトル”では岡村隆史、矢部浩之と3人まで残ってしまう。矢部から「土屋さん、ナンバーワン料理を食べてるから。(最後まで)残るわ!」とプレッシャーをかけられるなか、「5位は土屋さんです!」と発表されて抜け出せた。安堵感 [全文を読む]

「私を忘れないで下さい」新たに発見された太宰治の芥川賞懇願の手紙、その人間らしさに驚きの声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月11日17時30分

その後、大学卒業の見込みがないため新聞社を受けるも不合格。昭和13年、井伏鱒二の紹介で御坂峠の天下茶屋に入り、その年、石原美知子と結婚、甲府での生活を始めた。短編集『富嶽百景』などを始め年間の作品発表数が増加。翌14年には東京都三鷹市に引っ越し、昭和16年には長女が誕生した。三鷹の地では、『走れメロス』などを発表している。 昭和19年、小説『津軽』を執筆。 [全文を読む]

異色の直木賞作家・東山彰良は『NARUTO』ノベライズも執筆。「『To LOVEる』も僕が…なんてどうでしょう」

週プレNEWS / 2015年08月30日06時00分

―では、どの時点で文学の世界に傾倒したんでしょう? 東山 旅行が好きだったので、大学生の頃、英語を勉強するために原書でレナードを読み始めたんです。それから海外文学を中心に読むようになったので、日本の小説はあまり読んできていないんです。文学よりもオートバイの方が好きだったし(笑)。 ―当時は、どんなところを旅して? 東山 お金がなかったので、東南アジアを回 [全文を読む]

フォーカス