映画 鈴木保奈美に関するニュース

『東京ラブストーリー』から今、有森也実が語る後悔と解放「女の幸せも味わってみたかったな…」

週プレNEWS / 2017年05月13日17時00分

5月13日公開の映画『いぬむこいり』(片嶋一貴監督)が話題を呼んでいる。4時間という長時間のこの作品は、まさに“怪作”だ。 ストーリーは、突然「神様のお告げ」を聞いたイケてない小学校の女教師・梓(有森也実)が衝動に従い学校を辞め、宝探しの旅に出るところから始まる。梓の一族には「敵の大将の首を獲った犬がお姫さまと結婚する」という謎の言い伝えがあった。そんな伝 [全文を読む]

比嘉愛未、ミムラ、佐々木希、「心の傷」を語る【インタビュー】

Woman Insight / 2016年10月02日20時30分

自分たちの傷に向き合いながら母の過去を辿り、未来への一歩を踏み出そうとする、3姉妹の愛と葛藤を描く家族再生の物語・映画『カノン』。Woman Insightでは、3姉妹を演じた比嘉愛未さん、ミムラさん、佐々木希さんにインタビューを行いました。映画のお話のほかに、皆さんの「心の傷」への思いや、家族の秘密などをお届けします。 Woman Insight(以下、 [全文を読む]

乃木坂46の齋藤飛鳥「初めてで刺激的」

Woman Insight / 2016年09月16日17時30分

9月15日、東京・神楽座にて、映画『闇金ウシジマくん Part3』試写会が開催され、りな役で乃木坂46の白石麻衣さんが出演の縁もあり、ウシジマ初体験の乃木坂46から秋元真夏さん、衛藤美彩さん、北野日奈子さん、齋藤飛鳥さん、高山一実さん、堀未央奈さんが、同じく初体験の一般女子と共に鑑賞し、トークショーを行いました。 皆さん、グループ活動で見せる姿とは違い、キ [全文を読む]

比嘉愛未、まさかのアレで鈴木保奈美の地雷を踏んだ!?

Woman Insight / 2016年09月15日19時00分

9月14日、東京・神楽座にて、映画『カノン』の完成披露試写会が行われ、キャストの比嘉愛未さん、ミムラさん、佐々木希さん、鈴木保奈美さんと、雑賀俊明監督が登壇しました。 祖母が遺した手紙により死んだはずの母が生きていたことを知らされた三姉妹が、自分たちの傷に向き合いながら母の過去を辿り、未来への一歩を踏み出そうとする、女性たちの愛と葛藤を描く家族再生の物語の [全文を読む]

鈴木保奈美、大人のエロ発言で“美しき40代ブーム“に乗れるか

メンズサイゾー / 2015年03月26日22時00分

鈴木保奈美(48)が25日に行われた映画『間奏曲はパリで』のプレミアム試写会イベントに出席。"大人のエロ"をすすめる発言をして話題となっている。 大きな花束を持って華やかにイベントに登場した鈴木は、子育てを終え、夫との倦怠期を迎えた主婦がパリから来た青年との出会いをきっかけに大胆な行動に出るという映画について「大人の美しい"エロ"って感じ」と表現。さらに「 [全文を読む]

80年代黄金ヒロインたち 洞口依子

アサ芸プラス / 2012年05月25日10時54分

映画の最初から最後まで出ずっぱりのタイプでもない。それでも、洞口依子は鮮烈な印象を残し、熱烈な信奉者を持つ稀有な女優である。魅入られたのは劇場に集う観客だけでなく、幾多の監督や名優もまた然りだった。 1人でポルノ館に入って鑑賞 〈女は男の性のはけ口じゃないのよ!〉 鈴木保奈美演じる貴子は、人気ドラマとは思えないほど苛烈な言葉を吐いた。洞口依子(47)が扮し [全文を読む]

中国人を夢中にさせた鈴木保奈美、モニカ・ベルッチら登場!―北京国際映画祭

Record China / 2017年04月24日10時40分

2017年4月23日、第7回北京国際映画祭がフィナーレを迎え、伊女優モニカ・ベルッチ、鈴木保奈美らがレッドカーペットに登場した。鳳凰網が伝えた。 今年で7回目を迎えた北京国際映画祭が23日、国家中影映画デジタル製作基地でクロージングセレモニーと授賞式を行い、レッドカーペットには国内外の女優たちが華やかに登場した。 カーペットで特に観客の目を引いたのが、映画 [全文を読む]

再浮上の行方は......!? かつての"超高視聴率女優"山口智子と鈴木保奈美の明と暗

日刊サイゾー / 2012年07月21日08時00分

実際、昨年以降、ドラマだけでなく映画のオファーもあったようなのですが......」(テレビ局関係者) 実はそれらのオファーに対し、鈴木のほうから断りを入れているのだという。「どれも"主演"ではなく、脇役でのオファーだったようです。彼女自身、『私は主役しかやらない』という考えのようですが、今のところ主演の話はなく、"開店休業"といった状態のようです。休業前は [全文を読む]

福士蒼汰、やっぱり“低視聴率男”!? 日テレ『愛してたって、秘密はある。』同枠史上ワースト発進の大爆死

日刊サイゾー / 2017年07月20日18時00分

その後、福士は映画に軸足を置いたため、連ドラ主演は『お迎えデス。』以来、1年3カ月ぶりとなったが、初回からいきなりの大コケで、“低視聴率男”のイメージ払拭には険しい道のりとなりそうだ。 ネット上でも、「シリアスモノなのに、演技力がないとコントみたいに見える」「効果音、BGMが多すぎて集中できない」「福士、川口の棒演技にすっかり見る気が失せて、いつの間にか [全文を読む]

周防正行監督×本木雅弘主演作品を2週連続で放送

Smartザテレビジョン / 2016年12月15日15時54分

千葉テレビでは、周防正行監督、本木雅弘主演の映画を2週連続で放送する。 12月15日(木)夜7時からは、周防監督の長編映画デビュー作であり、本木の初主演作となる映画「ファンシイダンス」が登場。 岡野玲子の同名漫画を原作に、坊さん生活のあれこれを楽しく紹介しつつ、そこでの青春の息吹を巧みに描出していく青春コメディー。 本木はロックバンドを組み、ボーカルとして [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐々木希は末っ子気質「天真爛漫で甘え上手」

TechinsightJapan / 2016年09月14日20時48分

モデルだけでなく女優としてもドラマ・映画に活躍している佐々木希(28)が14日、都内で開催された出演映画の完成披露試写会に登壇した。劇中でも実生活でも3人きょうだいの末っ子の佐々木を、共演した女優・比嘉愛未(30)がズバリ分析した。 佐々木希が出席したのは、映画『カノン』(10月1日公開)完成披露試写会。共演の女優・比嘉愛未、ミムラ(32)、鈴木保奈美(5 [全文を読む]

比嘉愛未、ミムラ、佐々木希が三姉妹に

Smartザテレビジョン / 2016年08月25日19時27分

比嘉愛未、ミムラ、佐々木希が三姉妹を演じる映画「カノン」が10月1日(土)から全国公開される。 富山、金沢、東京を舞台に、幼少期に母親・美津子(鈴木保奈美)から受けた虐待の影響でコンプレックスを抱えて生きてきた藍(比嘉)、紫(ミムラ)、茜(佐々木)の三姉妹が、祖母・辰子(多岐川裕美)の死をきっかけに母親と再会する。 別れて生きてきた19年間、母親に何があっ [全文を読む]

女優復帰で亀裂!? 鈴木保奈美と石橋貴明に“離婚”のウワサ

メンズサイゾー / 2013年06月23日12時00分

2011年から『江~姫たちの戦国~』(NHK)や『リセット~本当のしあわせの見つけ方~』(TBS系)などでドラマ界に返り咲き、『のぼうの城』『プラチナデータ』などの映画にも出演している。 「今年1月から放送されたWOWOWの連続ドラマ『女と男の熱帯』でのドタキャン騒動はありましたが、復帰後の歩みは順調。トレンディードラマで一世を風靡した当時と変わらぬ雰囲気 [全文を読む]

あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(2)<清純派の一大決心>安達祐実は映画「花宵道中」で…

アサ芸プラス / 2017年09月20日17時57分

「70年代の日本映画界は、撮影に入ったら撮影所のルールに従うというのが鉄則。今みたいに、CM契約を気にして、所属事務所が内容に口を出すということは皆無でした」(秋本氏) それを証明したのが、竹下景子(63)が出演した「祭りの準備」(75年、ATG)だ。当時の竹下は「クイズダービー」(TBS系)で“3択の女王”と呼ばれ、また「お嫁さんにしたい女優No.1」と [全文を読む]

『愛ある』福士蒼汰の怪演も…結末に「残念すぎる」の声殺到

しらべぇ / 2017年09月18日16時00分

しかし、「無意味な惑わし、回収できない(する予定もない)伏線は入れない」というのは、この手の映画におけるある種のマナーでもある。また、「二重人格オチ」は、ミステリにおいて新しくもなんともないのもまた事実。「作り手と受け手の知恵比べ」という性質のあるこのジャンルにおいて、鑑賞歴の長い目の肥えた視聴者が落胆してしまうのも、ある意味仕方のないことだろう。■福士蒼 [全文を読む]

福士蒼汰『愛ある』今夜最終回 ツッコミどころ満載な本作を総ざらい

しらべぇ / 2017年09月17日07時00分

内容的にも、「映画や2時間ドラマのほうが合っていたのでは」と感じてる人も少なくないよう。愛してたって秘密はあるそこそこ楽しく見てるんだけど、2時間映画ぐらいにまとめられそうな— でじぞう (@digitalzanmai) September 3, 2017話が進まずに謎ばかり散らして、同じ事をダラダラ繰り返してて爽快感の全くない「愛してたって、秘密はある。 [全文を読む]

『わろてんか』ヒロイン葵わかなの「変顔エクササイズ」

NEWSポストセブン / 2017年09月15日07時00分

2017年の映画『サバイバルファミリー』、「アート引越センター」のCMに出演。『わろてんか』では2378名の応募者の中から主演に選ばれた。映画『ミッドナイト・バス』が2018年新春に公開予定。 ◆撮影/菅野パンダ、取材・文/渡部美也 ※週刊ポスト2017年9月22日号 [全文を読む]

「辞書」から「えん罪」まで ドキュメンタリー界の“異端児”佐々木健一とは何者か?

文春オンライン / 2017年07月09日07時00分

大学は早稲田だったんですけど、『ゆきゆきて、神軍』の監督・原一男さんの授業に勝手に潜り込んだりして、なんとなく「ドキュメンタリー映画を作りたいな」と思うようになったんです。で、大学時代にハンセン病の元患者の方たちのドキュメンタリー自主映画を作って、ちょうどその頃にNHKエデュケーショナルという会社が制作した『最後の晩餐・ニューヨークをゆく 僕たちが挑むレオ [全文を読む]

「東ラブ」に翻弄された有森也実 続編あればやると明言

NEWSポストセブン / 2016年11月14日16時00分

「ずっとドラマや映画に出続けていますが、昨年の映画『天空の蜂』以降、再び江口ブームが来ていると思います。もともとロン毛のイメージで遊び人風に捉えられがちですが、本人はものすごく優しく真っ直ぐな人。大人の色気とその優しい雰囲気がマッチして人気なんでしょう」(テレビ局関係者) ちなみに、『東ラブ』の企画段階でカンチ役は緒形直人(49才)、三上役は本木雅弘(5 [全文を読む]

渡 梓、映画主題歌2曲を収録するアルバム『WATARI AZUSA』でメジャーデビュー

okmusic UP's / 2016年08月15日12時00分

そして今回、実力派俳優が多数出演する映画「カノン」の雑賀監督が彼女の切ない歌声と歌に感銘を受け、楽曲制作と歌唱を依頼。主題歌抜擢へとつながった。メジャーデビュー作となる『WATARI AZUSA』には、「カノン」とヒューマンタッチ系短編映画「それでもみんな生きていく」といった2つの映画主題歌を含む全8曲が収録。 人はなぜ懐かしいものに遭遇すると泣けてくる [全文を読む]

フォーカス