作品 鈴木亮平に関するニュース

映画『俺物語!!』の原作者・河原和音が、ヒット作を連発し続けるワケとは!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月12日06時30分

アラサー読者なら誰もが一度は耳にしたことがあるだろう『先生!』(1996~2003年)という作品で、別マの看板作家となった。 作品テーマは、基本的に学園青春ラブストーリー。突飛な設定はなく、いわゆる少女漫画の超王道なのだが、描く作品すべてをヒットさせてきた強者である。ヒット作を連発できる漫画家がそもそもごく少数なのに、20年以上にわたって第一線で活躍してる [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月29日付)

ガジェット通信 / 2017年06月29日21時00分

本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです ■【6月29日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:6月26日(月)〜7月2日(日)劇場公開作品 嵐の大野智が主演する『忍びの国』が第1位! ジョニー・デップが海賊ジャック・ス [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木亮平が描いた“ふなっしー”が凄すぎる。「首が無い体型に困った」とブログに苦労話も。

TechinsightJapan / 2015年03月13日17時30分

番組の放送中から“絵心ありすぎ”、“写実的”とツイッター上で話題になっていた作品で、収録当日の朝4時までかかったという力作である。 鈴木亮平といえば昨年、NHK連続テレビ小説『花子とアン』で共演した妻役の吉高由里子の肖像画を描いている。吉高が演じた花子の女学生姿を鉛筆で描き、彼女にプレゼントしたようだ。感激した吉高は自身のツイッター に「すごい上手な絵だよ [全文を読む]

『究極!! 変態仮面』実写映画化を祝し、伝説のマンガ家・あんど慶周 登場!「こんな時代だからこそ、自分に素直に生きるべきだ!」

週プレNEWS / 2013年03月23日06時00分

―自分の周りにも、この作品を好きな女のコがけっこういます。 あんど 意外といるみたいね。ボクは単にギャグマンガとして描いていたんだけど、女性は変態仮面の肉体美にドキドキしながら読んでたみたい。ボクらが親に隠れてコソッと永井豪先生の『けっこう仮面』を読んでいたような、秘めたる楽しみという感覚なのかな。 ―ちなみに、“おいなりさん”を強調したブリーフ姿で戦う [全文を読む]

柳ゆり菜、栗原類は「この人に自分を差し出してもいい」【インタビュー】

Woman Insight / 2016年10月14日20時00分

雅の役作りの原点は?原作ファンに人気の“まり子”を演じた柳さんの当時の思い出は? 最後は作品にまつわる一問一答などをお届けします。 Woman Insight(以下、WI) 撮影はいつ頃だったのでしょうか? 栗原類(以下、栗原) 2年前の夏に撮影したんですが、CGとかの編集をしてやっと出来上がったんです。 柳ゆり菜(以下、柳) 私は事務所に入って半年経たな [全文を読む]

是枝裕和×菅野よう子『海街diary』インタビュー

NeoL / 2015年06月16日16時56分

まったく違う作品のために書かれた曲なのに、まるで誂えたみたいにマッチしていた。パソコンの画面を眺めつつ、『うわー、こんなことってあるんだ』ってスタッフとびっくりしまして。これはもう、お願いするしかないだろうと」 菅野「そうだったんですね! 今、初めて知りました」 是枝「行き当たりばったりと思われると恥ずかしいので、お話ししてなかったんです(笑)」 菅野「実 [全文を読む]

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

日本タレント名鑑 / 2017年06月14日07時30分

「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」、古くは「西部警察」や「太陽にほえろ!」などなど名作と呼ばれるドラマ作品にも、刑事ものはたくさんあります。このドラマに出てくる数々の名刑事たち。作品の中での上下関係は分かりますが、作品を飛び越えた階級の比較っていまいち分かりません。 そこで今回は、刑事ドラマ(一部アニメ)に出てくる刑事たちを、階級で比較してみました。あ [全文を読む]

鈴木亮平「またラブコメ挑戦したい」”タラレバ娘”続編熱望の声

dwango.jp news / 2017年03月23日10時57分

ファンからは”ラブコメ”への期待の声や、同作品の続編熱望の声が殺到している。 「踊れBoom Boom TOKYO GIRL♪」と題して更新されたアメブロでは、まだ同作品の最終回を見ていないファンのために「※ネタバレ注意」と綴り、「いやーついに終わってしまいました『東京タラレバ娘』!最後まで観ていただいた方々、本当にありがとうございました!」と視聴者へ感謝 [全文を読む]

男性のほうが繊細でロマンチスト?映画「永い言い訳」にまつわる男の魅力【西川美和監督インタビュー・前編】

Woman Insight / 2016年10月13日20時00分

■西川美和監督作品史上「最も私自身に近い」主人公。4年間向き合ってできた家族の物語 直木賞候補となった自身の小説『永い言い訳』(2016年10月14日公開)を映画化した、西川美和監督。『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』などで高い評価を得てきた彼女は、Woman Insightがもっとも尊敬し、注目する女性のひとりでもあります。 今回映画化を記念 [全文を読む]

白石隼也と鈴木亮平、W主演作を「とってもお金をかけたB級映画」

Woman Insight / 2016年10月05日15時00分

シリーズ累計 700 万部を誇るベストセラーコミック、松本光司による「彼岸島」の実写映画作品『彼岸島 デラックス』。日本のどこかにある絶海の孤島・彼岸島を舞台に、吸血鬼やその変異体である邪鬼(おに)と呼ばれる巨大モンスターと人間の激闘を繰り広げる、「ハァハァ」必至のアクション・ホラー。 彼岸島に渡り帰らぬ兄を探しに来た“明”を演じた白石さんは「2年前に撮 [全文を読む]

鈴木亮平 「東京タラレバ娘」は吉高由里子との”3年越しの夢”だった!「またラブコメ、挑戦したい」

Smartザテレビジョン / 2017年03月23日19時46分

「踊れBoom Boom TOKYO GIRL♪」と題して更新されたアメブロでは、まだ同作品の最終回を見ていないファンのために「※ネタバレ注意」と綴り、「いやーついに終わってしまいました『東京タラレバ娘』!最後まで観ていただいた方々、本当にありがとうございました!」と視聴者へ感謝の気持ちを伝えた。 さらに鈴木が演じるドラマプロデューサー・早坂哲朗がある決 [全文を読む]

なぜ? 岡田准一と安倍首相が食事!『海賊とよばれた男』アカデミー賞の事前運動か、愛国映画製作の相談か...

リテラ / 2017年03月01日12時30分

だが、本サイトが以前指摘したように、『海賊とよばれた男』は極右思想をもつ実業家が戦後日本の復興を国に報ずる熱意で支えたとして礼賛する"愛国ポルノ"作品。また、岡田は同じく百田尚樹原作で安倍首相のお気に入り作品である『永遠の0』でも主役を演じている。実に3時間半を超えたという会食では、さぞかし気持ち悪い愛国ポルノ話で盛り上がったのだろうか。 そういう意味で [全文を読む]

売れっ子なのに、なぜその役を引き受けた!?罰ゲーム俳優TOP5

しらべぇ / 2016年12月06日06時30分

世の中には売れっ子でありながら、「喜々として、ヘンな役を引き受ける」「過酷な撮影に身を投じる」「爆死必至な作品に出演する」などして、映画やドラマ好きの一部から「あれは○○の罰ゲームだ」と言われる俳優がいる。そんなコメントをする人の中には「あの罰ゲームをやったから、こっちの作品に出られたんだな」と、まるで「罰ゲーム・バーター」が存在するかのような発言をする人 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木亮平 『HK 変態仮面 2』のQ&Aが熱い「ただの変態じゃないよ。正義の変態だよ」

TechinsightJapan / 2016年05月14日21時17分

他にも「安田顕の変態要素」について、「被り心地の良かったパンティー」「パンティーを被る時や外す時のコツ」を図解入りで細かく答えるなど作品への思いが伝わってくるようだ。 5月11日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)にゲスト出演した彼は、専門家に言われるまま筋トレ運動を見せてくれたが、キレのある動きはアスリートのようだった。その鈴木亮平が「一部フ [全文を読む]

鈴木亮平主演で続編!パンティかぶる『リアル変態仮面』は何割か調査

しらべぇ / 2016年02月24日07時00分

前作の『HK 変態仮面』のスマッシュヒットを受けて制作された今作品では、主演の鈴木が持ち前の役作りを実行。肉体改造を経て、前作以上のムキムキボディを手に入れたそう。本作品はパンティをかぶることで変身するヒーローが主人公の、まさに変態的な作品だが、「完コピ」とも称される鈴木の徹底的な役作りに今から注目が集まっている。■「リアル変態仮面?」はどれくらいいるのか [全文を読む]

“独断と偏見”で選ぶ!年末年始にまとめてみたい2015年お薦めドラマたち

日本タレント名鑑 / 2015年12月26日09時55分

この原作は、実は俳優の上川隆也さんがずっと舞台化を希望していた作品との事。上川版もいつかみてみたいですね。 日曜劇場と並ぶドラマ枠といえば、最近人気急上昇中のテレビ朝日の木曜ドラマ枠。先日終了した『遺産争族』も非常に重厚で見応えがありました。まっすぐな善人役や、軽いノリの男性役の多い向井理さん。『遺産争族』ではダークサイドに転じるシーンもあり、また役者とし [全文を読む]

「日本を代表する俳優になりたい」鈴木亮平語る役者業への熱

WEB女性自身 / 2014年09月22日09時00分

その一方で、筋肉美を披露する作品が多く、肉体派なのかと思いきや、本人は英語がペラペラの知性派だ。 興味をもつと、とことん追究する性格で、世界遺産検定1級の資格を取得。珍獣に関心をもち、思い立ったら動物園へーー。興味の振り幅と同様に、彼の役の振り幅は広い。そこで、今までに出演した映画の中から4作品をピックアップ!本人に作品への思いを語ってもらった。『シュアリ [全文を読む]

鈴木亮平 主演ドラマ最終話迎え「とても思い出深いシーン」明かす

dwango.jp news / 2017年07月18日18時48分

その先の何かにまで必死に手を伸ばさずにはおられないのが、この作品の賢治なのです。なんというか、そういう意味で、僕の中ではあのシーンが「宮沢賢治の食卓」を象徴する、思い出深い大切なシーンとなりました。」と振り返った。 ドラマを観てくれた視聴者に向けて感謝の気持ちと、「皆さんにとって、何年後かに『ああ、あのドラマ良かったなぁ』と思い出してもらえるような、そんな [全文を読む]

ゆるくて、笑えて、感動も!『忍びの国』がエンタメ全開で面白い理由!

Spark GINGER / 2017年07月05日10時59分

時代劇ということで、作品的には気になるけど何だか難しそう・・・と敬遠してしまう方がいたら、それはもったいないです。とにかく、万人が楽しめるように演出されているので、興味をのある方はぜひ映画館に足を運んでください。 魅力2:大野智さんの“らしさ”が全開で魅力満載!嵐の大野智さん。嵐のファンの方だけにとどまらず、幅広い層から愛されているのが方ですよね。 大野 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木亮平、山崎育三郎の“ピアノの弾き語り”に「ちょっと惚れかけた」

TechinsightJapan / 2017年06月15日21時06分

鈴木は「5話まで見終えたときに5年後、10年後にふと『ああ、あのドラマよかったな』と思い出してもらえる心に残る温かい作品になっている自信がある。5話最後まで見届けてほしい」と胸を張って呼びかけた。 同作は6月17日(土)スタート。毎週土曜夜10時よりWOWOWプライムにて放送(全5話)第1話無料放送。 (TechinsightJapan編集部 関原りあん [全文を読む]

フォーカス