作品 鈴木亮平に関するニュース

大野いと、「Seventeen」時代の本音、卒業後の覚悟…20歳で訪れた転機を語る「結果を残したい」 モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2016年03月02日13時00分

その後は、映画「愛と誠」(2012年)、「ツナグ」(2012年)、連続ドラマ「山田くんと7人の魔女」(2013年、フジテレビ系)、「あまちゃん」(2013年、NHK)、初主演ドラマ「馬子先輩の言う通り」(2015年、フジテレビ系)、現在放送中の「ダメな私に恋してください」(TBS系)など数々の作品に出演。そして、3月4日から上演される宮本亜門演出「ライ王 [全文を読む]

映画『俺物語!!』の原作者・河原和音が、ヒット作を連発し続けるワケとは!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月12日06時30分

アラサー読者なら誰もが一度は耳にしたことがあるだろう『先生!』(1996~2003年)という作品で、別マの看板作家となった。 作品テーマは、基本的に学園青春ラブストーリー。突飛な設定はなく、いわゆる少女漫画の超王道なのだが、描く作品すべてをヒットさせてきた強者である。ヒット作を連発できる漫画家がそもそもごく少数なのに、20年以上にわたって第一線で活躍してる [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木亮平が描いた“ふなっしー”が凄すぎる。「首が無い体型に困った」とブログに苦労話も。

TechinsightJapan / 2015年03月13日17時30分

番組の放送中から“絵心ありすぎ”、“写実的”とツイッター上で話題になっていた作品で、収録当日の朝4時までかかったという力作である。 鈴木亮平といえば昨年、NHK連続テレビ小説『花子とアン』で共演した妻役の吉高由里子の肖像画を描いている。吉高が演じた花子の女学生姿を鉛筆で描き、彼女にプレゼントしたようだ。感激した吉高は自身のツイッター に「すごい上手な絵だよ [全文を読む]

『究極!! 変態仮面』実写映画化を祝し、伝説のマンガ家・あんど慶周 登場!「こんな時代だからこそ、自分に素直に生きるべきだ!」

週プレNEWS / 2013年03月23日06時00分

―自分の周りにも、この作品を好きな女のコがけっこういます。 あんど 意外といるみたいね。ボクは単にギャグマンガとして描いていたんだけど、女性は変態仮面の肉体美にドキドキしながら読んでたみたい。ボクらが親に隠れてコソッと永井豪先生の『けっこう仮面』を読んでいたような、秘めたる楽しみという感覚なのかな。 ―ちなみに、“おいなりさん”を強調したブリーフ姿で戦う [全文を読む]

柳ゆり菜、栗原類は「この人に自分を差し出してもいい」【インタビュー】

Woman Insight / 2016年10月14日20時00分

雅の役作りの原点は?原作ファンに人気の“まり子”を演じた柳さんの当時の思い出は? 最後は作品にまつわる一問一答などをお届けします。 Woman Insight(以下、WI) 撮影はいつ頃だったのでしょうか? 栗原類(以下、栗原) 2年前の夏に撮影したんですが、CGとかの編集をしてやっと出来上がったんです。 柳ゆり菜(以下、柳) 私は事務所に入って半年経たな [全文を読む]

石原さとみ、嵐・大野智主演映画で妻役決定に歓喜の声続々

モデルプレス / 2016年08月23日06時30分

「初めて大野さんがセリフを発した瞬間、皆が…無門だ!!と驚き鳥肌立ちました」と振り返り、「この作品は時代劇アクションであり、恋愛物語でもあります。幅広い世代の方に楽しんで頂ける作品になるよう最後まで丁寧に演じていきたい」と意気込んでいる。 ◆知念侑李、憧れの先輩・大野智と念願の初共演 また、伊賀・下山家の嫡男で、ある事件により忍びに失望してしまう下山平兵衛 [全文を読む]

石原さとみ、嵐・大野智主演映画で妻役に Hey! Say! JUMP知念侑李ら新キャスト発表<コメント到着>

モデルプレス / 2016年08月22日10時54分

「初めて大野さんがセリフを発した瞬間、皆が…無門だ!!と驚き鳥肌立ちました」と振り返り、「この作品は時代劇アクションであり、恋愛物語でもあります。幅広い世代の方に楽しんで頂ける作品になるよう最後まで丁寧に演じていきたい」と意気込んでいる。 ◆知念侑李、憧れの先輩・大野智と念願の初共演 また、伊賀・下山家の嫡男で、ある事件により忍びに失望してしまう下山平兵衛 [全文を読む]

是枝裕和×菅野よう子『海街diary』インタビュー

NeoL / 2015年06月16日16時56分

まったく違う作品のために書かれた曲なのに、まるで誂えたみたいにマッチしていた。パソコンの画面を眺めつつ、『うわー、こんなことってあるんだ』ってスタッフとびっくりしまして。これはもう、お願いするしかないだろうと」 菅野「そうだったんですね! 今、初めて知りました」 是枝「行き当たりばったりと思われると恥ずかしいので、お話ししてなかったんです(笑)」 菅野「実 [全文を読む]

鈴木亮平「またラブコメ挑戦したい」”タラレバ娘”続編熱望の声

dwango.jp news / 2017年03月23日10時57分

ファンからは”ラブコメ”への期待の声や、同作品の続編熱望の声が殺到している。 「踊れBoom Boom TOKYO GIRL♪」と題して更新されたアメブロでは、まだ同作品の最終回を見ていないファンのために「※ネタバレ注意」と綴り、「いやーついに終わってしまいました『東京タラレバ娘』!最後まで観ていただいた方々、本当にありがとうございました!」と視聴者へ感謝 [全文を読む]

男性のほうが繊細でロマンチスト?映画「永い言い訳」にまつわる男の魅力【西川美和監督インタビュー・前編】

Woman Insight / 2016年10月13日20時00分

■西川美和監督作品史上「最も私自身に近い」主人公。4年間向き合ってできた家族の物語 直木賞候補となった自身の小説『永い言い訳』(2016年10月14日公開)を映画化した、西川美和監督。『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』などで高い評価を得てきた彼女は、Woman Insightがもっとも尊敬し、注目する女性のひとりでもあります。 今回映画化を記念 [全文を読む]

フォーカス