六角精児 ドラマに関するニュース

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

学生劇団のポテンシャル! 学生演劇から・・・という流れは意外に多く、厚木高校が母体の「劇団扉座」は、『相棒』でおなじみ六角精児さん、山中崇史さんが所属。早稲田大学の「第三舞台」(2012年解散)には筧利夫さん、勝村政信さん、仮面ライダーウィザードで白い魔法使い・ワイズマンを演じた池田成志さんも所属していました。同じく早稲田大学は「カムカムミニキーナ」など [全文を読む]

六角精児ら“ダメダメ三兄弟”の活躍をネットで! メ~テレドラマ「三人兄弟」 動画配信がスタート

PR TIMES / 2016年02月22日11時43分

メ~テレドラマ「三人兄弟」は、長男・六角精児、次男・今野浩喜、三男・波岡一喜の三人兄弟が、名古屋の喫茶店を舞台に奮闘する姿をコメディスタイルで描いたドラマです。六角精児さん演じる長男・金一の子供時代を、人気子役・鈴木福くんが演じたことでも話題になりました。名古屋を舞台に、個性派キャストによる「三人兄弟」が織りなすヒューマン・ドラマを、ぜひこの機会にお楽しみ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】木村文乃、佐藤二朗を「とても忘れられない」“ドラマに欠かせない名脇役”に挙げる

TechinsightJapan / 2017年04月14日19時53分

■20代~40代女性に聞いた「ドラマに欠かせない名脇役」TOP10(カギカッコは選んだ理由と年齢) 1位 ムロツヨシ「脇役なのに存在感があって面白い 27歳」 2位 遠藤憲一「顔は渋いのにお茶目なところもあるギャップがかわいい 37歳」 3位 温水洋一「気弱な役を演じさせたら天下一品 38歳」 4位 大杉漣「いろんなドラマでお父さん役をやってるイメージ [全文を読む]

「乗り鉄」「撮り鉄」…次のブームは「呑み鉄」?! 俳優・六角精児がおすすめする新しい鉄道旅の楽しみ方。

PR TIMES / 2016年07月29日18時40分

8月4日発売『六角精児「呑み鉄」の旅』 このたび世界文化社文化より、俳優・六角精児の鉄道旅エッセイ『六角精児「呑み鉄」の旅』を8月4日に発売いたします。 [画像1: http://prtimes.jp/i/9728/182/resize/d9728-182-361872-0.jpg ] 「鉄道ファン」というと、以前は一部の熱狂的な男性がほとんどだったが、最 [全文を読む]

メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車」 2016年2月1日(月)~2月4日(木) 深夜0:20~深夜0:50 4夜連続放送!

PR TIMES / 2016年01月15日18時12分

※放送エリア:東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重) [画像: http://prtimes.jp/i/14977/44/resize/d14977-44-504092-1.jpg ] <脚 本> 菊原共基 <監 督> 神道俊浩(メ~テレ) <プロデューサー> 大池雅光(メ~テレ) 【出演】 松井玲奈 六角精児 大杉 漣 石野真子 吹越 満 松下由樹 いと [全文を読む]

『相棒』でおなじみの俳優・六角精児さんの痛快エッセイ第2弾!

PR TIMES / 2014年03月24日09時18分

石ころのように転がる個性派の人生とは? 株式会社講談社(本社:東京都文京区)は、人気俳優・六角精児さんのエッセイ集『少し金を貸してくれないか 続・三角でもなく 四角でもなく 六角精児』を発売いたしました。 著者である六角精児さんは、自身がエッセイに書いているように、まともに仕事をするようになったのは40歳を過ぎてから。それまでは、競馬、競輪、パチンコと、ギ [全文を読む]

玲奈ちゃんまたまた電車の系統板に登場!毎年おなじみの「名古屋行き最終列車」のPRで名古屋鉄道の系統板に松井玲奈さんバージョンが掲出されます!

PR TIMES / 2017年01月17日20時09分

【系統板掲出実施概要】 ■掲出期間 2017年1 月16日(月)~2 月9 日(木) ■掲出車両 6000系車両1編成 ■掲出箇所 車両前面部(前後2箇所) ■運行エリア 名鉄小牧線・瀬戸線を除く全線 【番組概要】 ■タイトル 開局55周年記念番組メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2017」 ■番組内容 名古屋鉄道を舞台に、名古屋へ向かう最終列車で繰り広 [全文を読む]

松井玲奈主演ドラマPRの特製系統版 名鉄で運行開始

dwango.jp news / 2017年01月17日18時44分

<系統板掲出実施概要> ■掲出期間 2017年1月16日(月)~2月9日(木) ■掲出車両 6000系車両1編成 ■掲出箇所 車両前面部(前後2箇所) ■運行エリア 名鉄小牧線・瀬戸線を除く全線 <番組概要> ■タイトル 開局55周年記念番組メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2017」 ■番組内容 名古屋鉄道を舞台に、名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられ [全文を読む]

呑み鉄・六角精児が語る、日常から離れた場所で飲む“酒の魅力”

週プレNEWS / 2016年09月13日06時00分

ドラマや映画、舞台には欠かせない名バイプレイヤーとして活躍中の俳優・六角精児(ろっかく・せいじ)。30代で鉄道にハマって以来、“乗り鉄”として全国を旅するのが趣味だという。 旅の供はもちろん、愛してやまない酒。クロスシートにどかりと座って車窓を眺め飲んだり、ぶらり下車した町で飲み歩いたり。『六角精児「呑み鉄」の旅』を上梓した六角氏の“呑み鉄”っぷりに迫る! [全文を読む]

小雪、第3子出産後初のドラマ主演 鈴木保奈美と“女のバトル”勃発

モデルプレス / 2016年04月23日05時00分

◆豪華キャスト陣が描く“濃厚”人間ドラマ さらに共演には、村上弘明をはじめ、駿河太郎、伊武雅刀、六角精児、矢野浩二、MEGUMI、山本學、吉行和子ら、ベテラン勢が集結。それぞれ思惑を秘めた個性的な人物を熱演し、ドラマに深い厚みをもたらす。 また、全員の身長が180cm以上の8人組男性音楽グループSOLIDEMOの新曲『Landscape』のカップリング曲 [全文を読む]

フォーカス