余命 小林麻央に関するニュース

北斗晶が乳がん発症から1年経過を報告 誕生日会には豪華ゲストも

しらべぇ / 2016年07月09日07時00分

■明るいブログに励まされるちなみに、しらべぇ編集部がアンケートサイト「マインドソナー」を用いて行なった調査では、約7割の人が「自分がんになったときに、正直に余命を告知してほしい」と答えている。進行性のがんである場合、その時点で余命数ヶ月を宣告されることも少なくない。そのような辛い想いをしないためにも、日頃からの検査が大事だろう。北斗は1日に3~4回ブログを [全文を読む]

市川海老蔵が妻・小林麻央の「乳がん」を公表 記者会見で涙こらえる

しらべぇ / 2016年06月09日15時20分

・合わせて読みたい→もし自分が「がん」になったら? 余命宣告をしてほしい人は意外にも...(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤 取材協力/青木マダガスカル) [全文を読む]

【訃報】「最期は皮膚からがんが飛び出し──」市川海老蔵の妻・フリーアナ小林麻央さん亡くなる

日刊サイゾー / 2017年06月23日11時20分

芸能関係者は「余命が言い渡された中で夫である市川海老蔵さんは、麻央さんのために献身的に看病していました。在宅医療をしやすいように代官山近くから代々木に引っ越したり、体に良いと言われるものは全国から取り寄せたりと、ワラをもすがる思いだったようです」と話す。 死亡の一報が入る直前の22日の午前中には、海老蔵が「日々の戦い、まおは日々病と戦っています。支える側 [全文を読む]

退院した小林麻央が初めて主治医に尋ねたひとこと

NEWSポストセブン / 2017年02月02日07時00分

主治医から『全身療法が効けば生きられる』と言われたものの、自分が余命を聞いたことも、会話の内容も家族にはすぐに報告できなかったそうです。それでもその後、海老蔵さんの見舞いで元気が出た麻央さんはバナナ1本を必死に食べたそうで、『私は今、がんばるべき時』と改めて病魔と闘う覚悟をつづっていました」(芸能関係者) 子供たちは幼稚園の年少と年中。母として健やかに育 [全文を読む]

「余命半年」と告知された人の命を延ばした「魔法の言葉」

NEWSポストセブン / 2017年07月30日16時00分

小林麻央さんが最期に選んだ在宅医療──そこには病院に欠けている、得がたい体験があるという。訪問看護師として在宅医療に取り組み、「市ヶ谷のマザーテレサ」と呼ばれる秋山正子さんと、新著『なんとめでたいご臨終』が発売早々重版した日本在宅ホスピス協会会長の小笠原文雄さんが、在宅医療について語り合った。『なんとめでたいご臨終』には、小笠原さんや看護師など医療従事者が [全文を読む]

追悼・小林麻央 ブログに綴らなかった最期の自宅療養25日間(1)一時危篤で自宅療養を決意

アサ芸プラス / 2017年07月01日09時57分

「今年1月に麻央さんが出演した番組で、昨年6月の時点で余命が『夏までの3カ月』と告げられていたことを明らかにしていたほどで、容体は予断を許さなかった。ところが、ブログを始めた昨年9月から徐々に病状が安定し、年を越すのが難しいと見られていた病状も小康状態を保っていたんです。そこで、麻央さんのたっての希望もあり、海老蔵さんが自宅での緩和ケアを決意。バリアフリー [全文を読む]

「小林麻央さん死去」のニュースに思ったこと:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載161

ブッチNEWS / 2017年06月29日07時30分

アタシの親しい友人のおばあちゃんなんて、末期のがんで余命数カ月と診断された頃に、(とある事情でストレスから解放されたせいか)がんが消え、10年以上たった今もご存命とのこと。まあ、極端な例かもしれないけど、そんなケースも実際にあるので、どうかみなさん、あまり落ち込んだり、悲観的な気持ちになったりなさいませんように……! <水曜連載>※都合により木曜公開 おす [全文を読む]

梅と麻央ちゃん

クオリティ埼玉 / 2017年03月01日13時43分

その日、母の余命宣告を受けた。 毎年その梅はエアコンの風のせいか、花を咲かせず終わりを迎えていた。 でも今年は咲いたのだ。 咲かなかった花が咲いたのだ。 海老蔵の奥様、小林麻央も昨年3か月の余命宣告をうけながら、今も美しく生きている。そしてまた、春を迎えられる。 梅のように、麻央ちゃんのように、何が起きるかわからないのが人生だ。 そう、自分自身も、まわり [全文を読む]

がんの対応にもっと「こころ」の面のアプローチを/内藤 由貴子

INSIGHT NOW! / 2017年08月02日13時53分

余命いくばくもないと宣告され、自暴自棄になって深夜、病室を抜け出し、病院の屋上に佇んだ時の体験が書かれていました。 今となっては本が見つからず、確認できませんが、たぶん死にたいと思ったのだと思います。屋上の闇の中にいると、やがて夜が明けはじめ、太陽が昇り始める直前に、空気がふわっと動き出し、それに呼応するように小鳥が啼き始める…これは、この地球で、太古から [全文を読む]

最愛の家族との「別れ」どう向き合えばいいか 麻央さんから学ぶこと

J-CASTトレンド / 2017年07月03日12時51分

医師からは、肝臓への転移も指摘され余命1年の宣告を受ける。最適な抗がん剤を投与すれば、羊水が減ってしまうリスクは避けられない。「自分の命」を優先すべきか「新しい命」はどうなるのか、究極の選択を迫られる。そしてアメリカで報告例があった治療と出産を同時に進めるリスク覚悟の療法を、日本で初めて受けることにより、副作用に悩まされながらも、2010年12月に無事男児 [全文を読む]

小林麻央さん、ブログに書かれなかった“花咲き乳がん”の壮絶闘病生活とは? 皮膚を突き破る腫瘍の腐臭に涙の日々…

tocana / 2017年06月30日09時00分

マスコミの取材に識者が慎重に言葉を選んでいたのも、すでに余命宣告されていたと考えられていたからです」 専門家の間でも「年を越すのは難しいだろう」という見解が圧倒的だったが、麻央さんは家族や周囲の献身的な看病や励ましもあり、医療従事者も驚くほどの生命力を見せた。前出関係者の話。「ブログでは伝えることはできない部分もあったと思います。状況から察するに、早い段階 [全文を読む]

林葉直子 肝硬変告白から3年…前向き闘病にあった彼との死別

WEB女性自身 / 2017年06月23日06時00分

余命はこれくらいです』とか『移植しないと無理ですよ』とか言われると、私は『そんなの勝手に決めないで!』と思ってしまった。それでも私は生きています。通院は特にしていなくて、何かあったときに行くだけ。あとは、肝硬変の薬を飲んでいるくらいです。利尿作用はまだうまく働いていませんが、それも以前よりよくなっています。全然、大丈夫ですよ」 そう林葉は笑っていた。笑う [全文を読む]

病気の話と思わせてブログ開設?市川海老蔵・小林麻央に「重大発表詐欺」の声

アサ芸プラス / 2016年09月02日17時59分

もしや余命がわずかであることを明かすのではないかと、マスコミも緊張して待っていましたが、実際は麻央がブログを開設するという、なんとも微妙な発表でした」(週刊誌記者) 最初の投稿は「なりたい自分になる」と題されたもので、病気の陰に隠れるのではなくブログを通じて今の思いを伝えていきたいという意思が綴られている。 早くも1600を越すコメントが寄せられ、麻央の回 [全文を読む]

小林麻央さんが罹った乳がん、原因・治療法・生存率は?乳房切除手術が不可能の場合も

Business Journal / 2016年06月11日17時00分

なお乳がん検診は、いくら受けても余命は延びないことが示唆されています。それよりも女性ホルモン剤の常用、肥満、運動不足、大量飲酒が明らかに乳がんのリスクとなっていますので、すべての女性が生活習慣の改善に関心を向ける必要があるでしょう。 (文=編集部、取材協力=岡田正彦/新潟大学名誉教授) [全文を読む]

フォーカス