彼女 高畑裕太に関するニュース

【エンタがビタミン♪】二階堂ふみ “彼女に払わせる”高畑裕太の感覚に「同世代として恥ずかしい」

TechinsightJapan / 2016年06月21日19時50分

女優の二階堂ふみがバラエティ番組で共演した俳優・高畑裕太から、学生時代に彼女から飲み代を出してもらった経験を聞いて「同世代として恥ずかしい」と口にする場面があった。ちょうど「デートの割り勘」が話題となっており二階堂は「どちらかと言えば出したい」方だと主張していたのだが、高畑の度が過ぎる感覚には呆れてしまったようだ。 6月20日放送のバラエティ特番『中居正広 [全文を読む]

高畑淳子 初めて語った怒りの胸中「裕太の人生が台無しよ!」

WEB女性自身 / 2017年04月28日06時00分

彼女は周囲を警戒しながら愛車に乗り込み、自らの運転で都内にある老人ホームへ。 「その施設には、淳子さんのお母さんが入ってらっしゃるんです。週に2回ほど、通っていらっしゃいますよ」(老人ホーム関係者) 4月下旬、一家の近況を尋ねようとこの日も老人ホームから出てきた彼女を本誌は直撃した。「裕太くんは今、どうされていますか?」と聞くと「申し上げるつもりはありませ [全文を読む]

高畑裕太、今後は母の劇団で裏方に?「青年座は高畑淳子に誰も強く言えない……」

日刊サイゾー / 2016年09月17日11時00分

というのも、西田敏行さんがやめて以降は、彼女が青年座の“顔”で、今でもCMを引っ張ってこられるのは彼女くらいですから」(芸能事務所関係者) 気になる示談金やその内容は不透明ながら、“無罪請負人”と呼ばれる弘中惇一郎弁護士の事務所を担当につけるなど、あくまで息子をかばう姿勢を見せている淳子。 「これまで親子で共演するときは、司会者やMCだけでなく、共演者の楽 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高畑裕太と『侠飯』で共演 内田理央のつぶやきに「だーりお大変な事になってますよ!」の声

TechinsightJapan / 2016年08月24日20時50分

(高畑裕太のツイッターアカウントは現在非公開) 報道で事件を知る前に彼女がツイートしたことから「だーりお高畑くん大変な事になってますよ!」「高畑裕太容疑者になっちゃたよ」と情報を知らせるコメントがあり、「とても複雑だろうけど気を取り直してお仕事頑張ってね」などの励ましも見受けられる。 高畑裕太の出演予定だった第1話~5話はすでに放送を終えており、テレビ東京 [全文を読む]

2017年上半期のスクープは3パターン!不倫と二世とブラックと

WEB女性自身 / 2017年06月16日00時00分

現在は美容系商品を連続投稿しており、謝罪の色を全く感じさせない彼女に二世タレントの悪い部分を感じる方も多いようです(この場合二世は関係ないのですが)。 そして彼女が書類送検された約1週間後に、神田沙也加さん(30)が村田充さん(39)との結婚を発表しました。神田沙也加さんの両親は、言わずもがな松田聖子さん(55)と神田正輝さん(66)。大物の娘という重圧に [全文を読む]

高畑淳子「救われたの…」高島礼子の言葉に流した感謝の涙

WEB女性自身 / 2016年09月13日00時00分

9月24日からは、主演舞台『雪まろげ』が始まる彼女は、息子の釈放当日も都内のスタジオで稽古に励んでいた。 『雪まろげ』は、故・森光子さんの代表作のひとつ。高畑が森さんから主役を受け継ぐ、華々しい舞台になるはずだったが、息子の逮捕で舞台の先行きには暗雲も――。 しかし、舞台関係者は本誌にこう話す。 「彼女は稽古場にすっぴんで来ているんですが、眠れていないのか [全文を読む]

高畑裕太強姦致傷事件で“2世批判”の上沼恵美子にブーメラン!?「息子を事務所に雇い入れ……」

日刊サイゾー / 2016年09月12日13時00分

彼女自身、“七光り”と“コネクション”の人なんです」(放送作家) 上沼にとって長男の離婚はこたえたようで、収録中に泣きだすなど、情緒不安定な面を見せることもあったという。それでも、彼女に対する視聴者の信頼は厚い。 「彼女のスタンスは、相手を印象で決めつけて、歯切れのよい言葉でズバズバとたたみかけるもの。言葉は悪いですが、思い切り“くさす”ものです。ただ、年 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岡田結実×高畑裕太 「注目の2世」のツーショット

TechinsightJapan / 2016年08月05日12時10分

映画の撮影は8月1日にクランクアップとなり、彼女は「悔しいです本当にもっと『静』になりきれたんじゃないかって…表現する力がまだ不足しててとてつもなく悔しい」と振り返っており、女優としても今後の成長が楽しみだ。 今や、バラエティ番組で“2世タレント”を特集するほどその数は多いが、神田沙也加や杏、関根麻里などそのイメージを超えて人気を確立したケースもある。岡田 [全文を読む]

「わからないことだらけ」高畑裕太強姦致傷事件“無罪主張”の意図を弁護士が解説

日刊サイゾー / 2016年09月21日11時00分

しかし、高畑氏と被害女性は初対面で、彼女は勤務中であったと思われることから、この状況において、彼女が性交渉を本当に望んでいたのかは、客観的に疑問が残る。高畑氏側が、裁判で説得力をもって立証活動できるとは考えにくいです」(同) それでも、弁護士サイドが無実の主張をしたのはなぜだろうか? 実際、高畑の担当弁護士は、被害女性の話を聞いていないとするにもかかわらず [全文を読む]

高畑の逮捕には地元警察の焦りを指摘する声も

NEWSポストセブン / 2016年09月16日16時00分

この知人男性とは相当な信頼関係があったということなんでしょうね」 彼女が相談した「知人男性」とはどんな人物だろうか。地元関係者が語る。 「年齢は60代で、地元の繁華街では顔の広い事情通として知られます。土木関係の仕事も請け負っているそうです。女性が襲われるようなトラブルが起きたときの対処法をよく知っている男性なので、彼女が頼ったんじゃないでしょうか」 事件 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高橋真麻、夜中に“お一人様”で高級ステーキ店へ 坂上忍から責められた後で

TechinsightJapan / 2016年09月08日12時23分

連れがいないと入りにくいお店のようだが、彼女は構わず一人で利用したという。 9月7日の『高橋真麻オフィシャルブログ「マーサ!マーサ!タカハシマーサ!」』に投稿された店内の様子や料理に使われているお皿の写真から、彼女が利用した店がどこなのかすぐにわかった読者もいるくらい有名な高級ステーキレストランのようだ。「このお店でお一人様ですか!?」と驚かれているが、高 [全文を読む]

高畑裕太逮捕で土屋太鳳に深刻被害!毎日更新していたブログもストップ

アサジョ / 2016年09月04日09時59分

高畑容疑者が逮捕された日には、彼女が2013年から毎日続いていたブログの更新がストップしたほどです。いまでは土屋さんも気丈に振る舞っていますが、そのショックは計り知れません」「まれ」での共演以降、高畑容疑者と親交があったという土屋だが、友人の逮捕である以上に仕事上のダメージが甚大だと前出の芸能関係者は指摘する。「『まれ』には続編の制作も噂されていたんですが [全文を読む]

高畑淳子謝罪会見、裕太容疑者の“性癖”を詰問したフジテレビ『グッディ!』大村正樹アナに非難轟々

日刊サイゾー / 2016年08月26日17時00分

1時間以上、立ったまま報道陣の質問に応じた彼女は、関係者に手を添えられながら、フラフラと会場を後にした。 会見中、『スッキリ!!』(日本テレビ系)、『白熱ライブビビット』(TBS系)、『とくダネ!』(フジテレビ系)、『モーニングショー』(テレビ朝日系)と、全民放キー局が中継を生放送。この間、Twitter上では「高畑淳子さんがかわいそう」と同情する声のほか [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松嶋尚美、高畑裕太容疑者の自供に驚愕 ピーター「動物と同じ」

TechinsightJapan / 2016年08月25日19時28分

何より彼女が驚愕したのは、警察の調べに対して「女性を見て欲求を抑えられなかった」と話したとされる高畑容疑者の自供だという。「そういう時って、あるんや。そういう時って…」と言葉が続かない。そして「女性には無いやん、突き動かされるって」と後方に座る森泉に同意を求める。 すると「それって動物じゃない? やっぱり人間は知性が無いと」と、ゲスト出演者のピーターが松嶋 [全文を読む]

高畑裕太がトイレまで執拗に追いかけ…“マナカナ”三倉茉奈も襲われる寸前だった!

アサ芸プラス / 2016年08月25日15時00分

彼女はバラエティ番組にて高畑の印象を聞かれた際、はっきり『嫌い』と発言していました。清水によると高畑は、現場で体を触ってきたり、ロケ弁当を食べている時、彼女が髪に落としたご飯粒を取り上げ、そのまま食べるなどのハラスメント行為が目立っていたため、不快と感じていたとのことです」(テレビ誌記者) 高畑容疑者の逮捕後、ネットでは清水のこの発言が話題となり、「彼女[全文を読む]

“乱交疑惑”NEWS・小山慶一郎が『24時間テレビ』メイン司会! 新たな流出で高畑裕太の二の舞いも!?

日刊サイゾー / 2017年04月17日17時00分

「SNSで小山との交際を匂わせ続けていた太田ですが、小山も太田とお揃いのグッズをメディアで紹介したり、作詞を手掛けたソロ曲に『希望』と彼女の名前を入れるなど、ニュースキャスターとは思えない“バカップルぶり”でファンを呆れさせた。『24時間テレビ』は昨年、パーソナリティとして出演予定だった俳優・高畑裕太が放送直前に逮捕され、ドラマの撮り直しが行われるなど、 [全文を読む]

「裕太が怖い…」高畑家のヤバすぎる現状! 母・淳子の行き場のない感情とは?

tocana / 2017年03月13日13時30分

さすがに殴ったりはしていないでしょうが、彼女は周囲に『裕太が怖い…』とこぼしているとか。息子が何を考えているかわからないそうです」(同)という。 仕事と家庭の両面で休まる場所がない淳子もまた、心身に支障をきたしており「現場でも沈んだ目をしている」「喋らなくなった」という話が報告されている。行き場のない感情がマスコミに爆発したのなら、それも致し方ないのかもし [全文を読む]

高畑淳子の逆ギレ・恫喝の裏に、“息子は被害者”のヤバすぎる本音! ニート裕太の近況も

tocana / 2017年03月07日09時00分

しかし、彼女のマスコミに対しての態度に悪評が出ている。 「当然、これだけの騒動を起こしたわけですから、いまだにマスコミの取材も激しいのは当たり前。にもかかわらず強気な姿勢でいるのは印象が悪い。高畑の自宅の前には記者が多く張り込んでいて、特に復帰番組の後は数十人の報道陣が駆けつけた。近隣の住民からもクレームが入り、高畑も焦ったのか報道陣を恫喝し【こんな取材 [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.5(3)“親の七光り”俳優・荒木一郎の逮捕

アサ芸プラス / 2016年12月30日09時53分

後に示談で告訴は取り下げられたが、彼の母はテレビで活躍する青年座の看板女優・高畑淳子で、裕太は彼女の仕込みでテレビ番組に入れ込まれていた“親の七光り”俳優として有名だった。 同じような事件が約半世紀前にもあった。 歌って、演技もこなせる俳優として強烈な存在感を放っていた荒木一郎。彼の母も文学座の看板女優で舞台や映画で活躍しており、一郎は“親の七光り”で文学 [全文を読む]

週刊文春の記事はでたらめ!?高畑裕太事件の被害者が語った「あの日の絶望」

アサ芸プラス / 2016年10月19日17時58分

彼女は高畑に頼まれ、歯ブラシを届けるために1人で部屋に向かい、ドアを開けた瞬間、強引に引きずり込まれたと話しています」(芸能記者) また高畑側の言い分に依拠しているという「週刊文春」の記事では、当日の女性の服装は、エプロン姿にジーパンと記載されていた。しかし、今回女性は「勤務中にジーパンはありえない」とし、警察に提出したという当日の制服写真を証拠として掲載 [全文を読む]

フォーカス