食生活 北斗晶に関するニュース

重大病が見つかるチェックリスト「前立腺がん」

アサ芸プラス / 2015年10月14日17時55分

「前立腺がん」が急増している背景には、(1)日本人の寿命が延びた、(2)食生活の変化、(3)PSA検査の開発・普及、の3点があげられます。 前立腺がんは進行が比較的遅く、俗に「高齢者のがん」と言われるように、年齢を重ねるごとに発見率が上昇します。他のがんでも同様ですが、高齢になればなるほど細胞ががん化しやすいからです。 また、日本人の食生活が、戦前の炭水化 [全文を読む]

なんと女性の12人に1人が罹患!「乳がん」予防のカンタン生活習慣4つ

WooRis / 2015年12月26日20時00分

食生活やライフスタイルの欧米化のためか、最近は日本でも女性が乳がんにかかる確率が増加してきています。『がん情報サービス』の2011年のがん統計によると、乳がんの生涯罹患率はなんと女性の12人に1人!最近ではタレントの北斗晶さんの罹患と手術の話題もあり、一気に身近に感じられるようになった乳がん。もう人ごとではなく、きちんと予防対策を考えなければなりません。そ [全文を読む]

発症率が上がっちゃう!こんな人が危ない「乳がん」発症リスク5つと予防策

WooRis / 2015年10月21日21時00分

(5)生活習慣の乱れ タバコ、アルコール、運動不足、不健康な食生活など、生活習慣の乱れはリスクを増加させます。 ■がんを防ぐ生活習慣まとめ いかがでしょうか。「ヤダ、当てはまってるわ……」という場合、リスクを少しでも下げるための努力をしたいものですね。 乳がん予防に効果的な食品については、「30歳過ぎたら毎日食べたい!“乳がん予防”に取り入れたい身近な食 [全文を読む]

食の欧米化で乳がんリスク高まる 閉経後の肥満には要注意

NEWSポストセブン / 2015年10月14日07時00分

逆に、身体活動量が多い女性でリスクが低下するとされています」(岩崎さん) 南雲さんもまた、食生活など生活習慣の重要性を説いている。 「食の欧米化が、乳がんのリスクを高めています。糖質の摂りすぎは肥満を招き、肥満ががんリスクにつながる。特に閉経後の肥満は要注意です。がん細胞は女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けて増殖しますが、閉経後、このエストロゲンは卵 [全文を読む]

北斗晶の発症した乳がん、「ノーブラ」予防法が意外と有効?

まぐまぐニュース! / 2015年10月05日03時07分

食生活では、大豆および魚の摂取が乳がん予防に有効であることが知られています。 また、意外に有効なのが「ノーブラ健康法」です。 ハーバード公衆衛生大学院が発表したデータによるとブラを着用しない女性は、着用する女性に比べて、乳ガンの罹患率が半分にとどまったそうです。 大ざっぱに言って、体を締め上げると、その部分にガンができやすくなると考えていいでしょう。体を締 [全文を読む]

「がん」になりにくい食生活はあるのか?米国研究でわかった新説

まぐまぐニュース! / 2015年10月01日20時00分

そこで今日は、食生活とがんの発症率との間に強い相関関係がある、というお話3題です。 いずれも全米癌学会(American Associationfor Cancer Research meeting)国際シンポジウムに発表されたものです。 1.幼少期に多量の大豆を摂取した女性は、乳癌発症リスクが低い これは、米国立癌研究所(U.S. National Ca [全文を読む]

発症リスクが大幅ダウン!がんをしっかり予防する生活習慣10項目

WooRis / 2015年10月16日21時00分

また、運動をすると、食生活や生活習慣などをよりヘルシーに変えようとする自覚も生まれますよね。過去記事「たった30分でこんなに違う!エクササイズは“朝にすべき”嬉しい理由4つ」でお伝えしましたが、早起きして朝日を浴びながらエクササイズをすると健康効果アップ! [全文を読む]

国によって違うの?日本人女性が特に注意すべき「がんの種類」とリスク要因

WooRis / 2015年10月08日07時00分

■乳がん、大腸がん、胃がんリスクを確実に高める要因日本人が要注意の乳がん、大腸がん、胃がんは、どういった習慣や食生活でリスクが上がってしまうのでしょうか? 国立がん研究センターの情報を参考にまとめますと、(1)乳がんリスクを“確実に”高める要因妊娠・出産経験がない、高齢出産だった、授乳歴がない、経口避妊薬(ピル)を使用している、閉経後のホルモン補充療法を受 [全文を読む]

“ウギャル”のLie 若者の魚離れによる消費量減少を残念がる

NEWSポストセブン / 2012年05月26日16時02分

それに泥だらけで農作業をした後のご飯がとにかくおいしい! それまで体形を気にしてほとんどご飯抜き&ジャンクフードばっかりの食生活だったけど、そのとき食べ物のありがたさを実感できたんです」 そして、自分にできることを考えた結果、小さいころから大好きな魚じゃないかという結論になった。運営スタイルはノギャルをまねた。モデル仲間に声をかけると、面白そうと三々五々に [全文を読む]

フォーカス