ステージ 北斗晶に関するニュース

小林麻央ほか「乳がんと闘う」女性の“過酷な闘病生活”

日刊大衆 / 2016年10月11日19時00分

がんが見つかったのは、会見より1年8カ月前のことで、ステージについては明言を避けたものの、「深刻」と説明した。その後、小林麻央は自身のブログで検査の結果、肺や骨に転移していることを告白。過酷な治療の中、毎日、前向きな言葉がつづり続けられるブログには、応援の声が多く寄せられている。 最近増えているとされるのが、日本人女性の乳がん罹患率。50年前は50人に1人 [全文を読む]

小林麻央の壮絶闘病で知りたい「乳がん治療最前線」(1)白血病よりも多い乳がん

アサジョ / 2017年03月11日06時00分

妻である小林麻央の乳がんを公表し、がんのステージについての問いには「簡単に治らない」との説明に終始したものだ。 後に小林自身がブログで、「ステージIV」であることを告白。今なお闘病中の姿を世間に向けて発信している。 乳がんといえば、元女子プロレスラー・北斗晶の例も記憶に新しい。胸の腫瘍、さらには脇のリンパへの転移を取り除くための手術が行われ、右の乳房を全摘 [全文を読む]

【速報】小林麻央さん「進行性乳がん」1年8か月ほど前判明!

秒刊SUNDAY / 2016年06月09日15時16分

本日の15:00の記者会見で市川海老蔵さんからの発表となったが、ステージ等は「深刻ということで」ということだ。進行性ということもあり、現在は予断を許さない状態であることがうかがえます。―1年8か月前ほど前に判明小林麻央さんの乳がんについては1年八か月ほど前に判明したという。市川海老蔵さんは、ご自身のブログで「いってきます」と元気な様子を見せていたが、 麻央 [全文を読む]

12人に1人がかかる乳がん 進行度、悪性度で治療法異なる

NEWSポストセブン / 2016年05月02日07時00分

南の場合は「ステージI」。当時撮影中だったドラマのクランクアップを待って告知から約1か月後に手術を受けた。濱岡ブレストクリニック院長の濱岡剛さんが説明する。 「乳がんは大きく分けて、極めて早期の非浸潤がんと、血液やリンパ液を通じて全身にがんが転移する可能性のある浸潤がんの2種類に分けられます。治療法としては、患部のみの摘出手術から全摘手術、さらに抗がん剤治 [全文を読む]

重大病が見つかるチェックリスト「前立腺がん」

アサ芸プラス / 2015年10月14日17時55分

前立腺がんの治療方針は、がんの病期(ステージ、進行度)、組織学的分化度(悪性度)、患者さんの年齢、合併症の有無などによって選択されます。最終的には医師と患者さんが話し合い、合意・納得のうえで決定されます。いくつかの治療を組み合わせて行うこともあります。 手術には、前立腺全摘除術と精巣除去術または除睾術があります。 前立腺全摘除術は、がんを含めた前立腺、精 [全文を読む]

モノマネ芸人みかん、TVでは見せないマニアックなものまねを披露!

Woman Insight / 2014年06月11日19時57分

「私、リンメル大好きなんですー!」を連呼し、ステージを左右に行ったり来たり。 “椿鬼奴さん”のものまね、初めて拝見! ちなみに、最前列の男性をターゲットにロックオンしたようで、最後までみかんさんにイジられておりました(笑)。 お次は、“北斗晶さん”。こちらも初めて見ましたが、こんなものまねもできるんですね。 顔マネではなく声マネに近いので、見た目は似ていま [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】北斗晶、長男の留学準備のため一緒に出発 カナダで息子のために駆けずり回る母の幸せ

TechinsightJapan / 2017年04月25日16時50分

ブログには「小さい頃からブログで見てきたので、我が子の様な気分で一緒に送り出した気になってます」「読んで感動、さっそく泣きました」「24時間テレビのマラソンで走ったときの、頼もしかった健ちゃんの姿が思いだされます」、「次のステージに立った健ちゃん! 頑張ってきてね」と健之介くんの新しい門出を祝う応援コメントが続々と届いている。 出典:http://ame [全文を読む]

北斗晶 検査していたのになぜ?医師語る確率5%の落とし穴

WEB女性自身 / 2015年09月29日00時00分

北斗さんの腫瘍は2センチ以上でリンパへの転移が見られるならば、ステージ2b以上でしょう。それでもきちんと治療をしていけば、再発リスクをかなり抑えることができる。根気よく治療を続けていくことが重要です」 [全文を読む]

北斗晶さん「乳がん」をブログで告白。

秒刊SUNDAY / 2015年09月23日19時11分

現在の進行状況(ステージ)などを聞かされ主治医から、胸の事よりも今は5年先、10年先、生きることを考えましょうと勧められたという。【またね】と言わせて下さい。http://ameblo.jp/hokuto-akira/entry-12076321816.html―病状と今後ブログによると現在転移の可能性があり、抗がん剤治療が始まるという。残念ながら、私の癌 [全文を読む]

矢沢永吉 キャロル40 周年でジョニー大倉との“ケンカ再燃” 「ドロ沼金銭トラブルで絶対に共演できない」

アサ芸プラス / 2012年09月18日10時59分

“キャロル復活”のサプライズにオールドファンは歓喜したが、かつての盟友の姿はステージになかった。 * 「ウッチャンと一緒にやれてホントうれしいです!」 キャロル時代の大ヒット曲「ファンキー・モンキー・ベイビー」など2曲を元メンバーでリードギター担当の内海利勝(58)とともにセッションした矢沢は、永ちゃん節を炸裂させて喜びをあらわにした。 ベテラン音楽ライタ [全文を読む]

摘出手術をしない「乳がん新薬」! 小林麻央さんが通った代替医療クリニックは業務停止に

ヘルスプレス / 2017年07月27日08時00分

女優・南果歩さんは、2016年にステージIの乳がんと診断され、部分切除手術後、抗がん剤の投与やホルモン治療をしつつ舞台に復帰。 [全文を読む]

乳がん 麻央さんのように切らない選択する人の治療法

NEWSポストセブン / 2017年07月10日07時00分

南果歩(53才)は2016年2月、52才でステージIの乳がんと診断された。部分切除手術をした後、抗がん剤、ホルモン治療をしながら舞台に立っている。 その他、多くの乳がん経験者に共通するのは「切った」ことだ。元国立がんセンター中央病院院長の土屋了介氏が説明する。「前提として、がんが他の臓器や骨などに転移していて、手の施しようがない場合には、そもそも“切れない [全文を読む]

小林麻央さん、切除手術遅れの背景に「3人目」への強い意志か

デイリーニュースオンライン / 2017年06月30日07時50分

14年10月当時の麻央さんの乳がんは、所見からステージⅠかⅡだったとみられ、切除手術を施せば5年以内生存率は90%以上に上るはずでした」(週刊誌記者) タレントの北斗晶(49)や生稲晃子(49)など、がん手術によって病を克服し、復帰を果たしたケースも多い。だが、麻央さんはなかなか手術に踏み切れず、左胸のがん摘出手術を受けたのは16年9月末にもつれてしまった [全文を読む]

小林麻央が“笑顔のテレビ出演”で隠した「乳がん」闘病の過酷な現実

アサジョ / 2017年01月08日18時15分

ステージIVの麻央さんの場合、抗がん剤やホルモン剤の投与が主となる。薬物療法による処置となる場合、闘病生活は過酷の一言です。ホルモン療法の場合、副作用として、更年期のような症状が出ます。体温が上がり、汗が大量に出る。常にイライラしてしまい、お見舞いに来た家族に対してアタリ散らしてしまったりするなど、非常に厳しい精神状態に陥ることがあります。さらに、髪が抜 [全文を読む]

椿鬼奴・友近・ミッツ‥‥芸能人が「明菜ディナーショー」に感涙!

アサ芸プラス / 2016年12月23日17時59分

6人ごと136班、全816人の観客席順が貼り出されていましたが、ステージ前方は芸能人ばかり。鬼奴は番組内で友近とミッツ・マングローブの3人で行ったと言っていましたが、KABA.ちゃんも一緒でした。他にも真矢みき&西島数博夫妻、北斗晶&佐々木健介夫妻、GLAYのリーダーでギタリストのTAKUROとモデルの岩堀せり夫妻、ローラ、写真家のレスリー・キーと実に見事 [全文を読む]

梅宮辰夫、十二指腸がんだった…すでに手術済みで自宅療養中

しらべぇ / 2016年09月07日17時25分

早期発見のため、ステージは1~2だったそう。12時間にわたる外科的手術(十二指腸、胆のうなどの切除)を受け、2週間で退院し、現在は自宅療養中。自分で料理を作るまで回復し、来週には釣りに行く予定だという。■今年に入ってから体調不良が続いていた俳優や実業家・料理人として活躍している梅宮だが、過去にもがんに侵されたことがある。1974年には睾丸腫瘍の診断を受け、 [全文を読む]

乳がん 増殖の活発さを示す4つのタイプで治療法も異なる

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

進行度合を表す「ステージ」とは別に増殖が活発か、それともおとなしいのかを示す4つのタイプがある。 【乳がんの4タイプ】 ・ルミナルAタイプ(ホルモン受容体陽性、HER2陰性) ・ルミナルBタイプ(ホルモン受容体陽性、HER2陽性) ・トリプルネガティブ(ホルモン受容体陰性、HER2陰性) ・HER2陽性(ホルモン受容体陰性、HER2陽性) 「乳がんになる人 [全文を読む]

注目高まる乳がん検診 マンモグラフィー効果は多様な見解

NEWSポストセブン / 2016年06月18日16時00分

乳がんのステージは大きく初期の0期~IV期までの4つに分類され、生存率はがん腫瘍の悪性度によって変わるため一概にはいえない。治療法もさまざまで、腫瘍部分を取る「部分切除」や乳房全体を切除する「全摘」など手術にもいくつか種類があるが、併せて抗がん剤やホルモン治療などを行うのが一般的だ。乳腺外科・ベルーガクリニックの富永祐司院長が話す。「抗がん剤でがんを小さく [全文を読む]

海老蔵は気丈に対応も……小林麻央の“病状”聞けない芸能レポーター陣に大ブーイング!

日刊サイゾー / 2016年06月13日18時00分

「海老蔵さんは会見で病状のステージを聞かれ、明言はしなかった。質問に対してどこまで公表するかは、海老蔵さんサイドの意向があるからもちろんそれでいい。問題は、なぜ芸能リポーター陣が基本的なことを質問しなかったのかということ。病状の確認をおろそかにして、あるリポーターは、海老蔵さんが得度(出家)したのは麻央さんのがんが理由だったのかと聞いている。海老蔵さんは [全文を読む]

小林麻央の乳がん闘病を説明した市川海老蔵「麻央という存在の大きさを痛感」

messy / 2016年06月10日00時30分

「人間ドックを受け、何回か診断を受けた」「進行具合はかなりスピードが早いもので、なかなか大変なものだと医者に言われた」「ステージについては、すべて聞いてはいる。麻央も自身の病状を把握している。深刻だということをご理解いただければ。深刻なので、これだけ時間がかかっているということ」「手術に向けて入院し抗がん剤治療を受けてきた。最近は通院での抗がん剤治療に切り [全文を読む]

フォーカス