レシピ 北斗晶に関するニュース

「黒焦げ餃子」はなかったことに!? ビッグダディ元妻・美奈子の料理本が話題に

日刊サイゾー / 2014年03月13日00時00分

ビッグダディ・林下清志氏の元妻でタレントの美奈子が、初のレシピ本『らくちん美奈子レシピ 4週間の献立 食材を上手に使い回しておいしい家族ごはん』(講談社)を11日に発売した。 同書では、調理師免許を持つという美奈子が、4週間分の朝と夜の献立を紹介。美奈子の子どもたちも、コック姿で登場している。収録レシピには、「豚肉のりんご巻き」「トマ納豆」といった変わり種 [全文を読む]

ローラは5位!ホームパーティーで「料理とトークを堪能したい」芸能人1位はアノ人!

Woman Insight / 2015年12月03日20時00分

芸能人とホームパーティーは夢のまた夢かもしれませんが、彼らのレシピなら真似することは可能。 “ ○○のレシピパーティー ” といったように、芸能人オリジナルのレシピにチャレンジして、レパートリーを広げてみるのも楽しいかもしれませんね♪(白鳥優香) <調査概要> 【調査実施時期】2015年10月3日~2015年10月5日 【調査対象者】全国の20~59歳まで [全文を読む]

妻が残念!な男たちが欲しがる○○妻とは?

週プレNEWS / 2015年02月18日01時00分

たぶん、レシピを忠実に作らないから想像を絶する仕上がりなんですね。その最たるものが白米ですよ。水加減を適当にするから、いつもパサパサかベチョベチョのどっちか。1ヵ月に一回くらい、ちょうどいい感じで炊きあがるレベルっす。 オオサコ いわゆる飯マズ妻、略して“飯マ妻”ですね! うちのはズバリ“汚(きたな)妻”っす。使った食器は2、3日平気でそのままだし、部屋が [全文を読む]

北斗晶 ギャルママ料理「だし入スイーツ」に「想像できない」

NEWSポストセブン / 2012年03月07日16時10分

6日、全国のギャルママたちから寄せられたオリジナルレシピによる料理実演が行われた。これは『作ってアゲる↑↑ 食べてアガる mamaごはん200Recipe』(インフォレスト)の発売イベントで、作り手は、3名のカリスマギャルママモデルたち。審査員は彼女たちの子どもと、元女子プロレスラーの北斗晶が務めた。 ギャルママモデルたちが披露した料理は、ケータイサイト「 [全文を読む]

主婦歴22年!北斗晶、プロのシェフに物申す!?

Smartザテレビジョン / 2017年03月28日13時50分

北斗の愛情とアイデア満載のレシピはもちろん、主婦の心を代弁し、一流シェフに対して物申す場面なども見どころだ。 【北斗晶コメント】 私は調理免許を持っているわけではないですが、主婦歴22年の経験を生かし、プロのシェフからテクニックを教わるとともに、残り物で簡単にできる副菜をご紹介していきたいと思っています! ちなみに、私の得意料理はみそ汁。子どもたちが一番好 [全文を読む]

スーパーの野菜売場にいたら子どもが野菜好きになるはず!な有名人、3位は平野レミ、1位は…

Woman Insight / 2016年10月17日07時00分

では<理想の野菜売り場の店員>は? Q.子どもを野菜好きにしてくれそうな「理想の野菜売場の店員」のイメージに合う有名人は? 1位 速水もこみち 2位 ギャル曽根 3位 平野レミ TVで料理コーナーを担当したり、レシピ本も出している速水もこみちさんが1位に。優しい口調と、イケメンっぷりに子どもも野菜嫌いが直るかも? ギャル曽根さんも料理上手で有名。しかも自 [全文を読む]

美と健康の秘密はコレ?保田圭ほか芸能人の「勝負朝食」3選

アサジョ / 2016年07月19日17時58分

北斗さんのような「とろろ納豆」に、トマトが見え隠れして、さらには不思議な液体が…そのレシピやいかに? 芸能人たちの勝負朝食、美と健康の秘密はこんなところにあるのかもしれませんね。 [全文を読む]

キャラ放棄の小倉優子、没個性で“ママタレ界“を独走中!?

メンズサイゾー / 2015年03月06日20時30分

元宝塚歌劇団の遼河はるひ(39)にアレンジレシピを教える「お料理の達人が直伝! プチ手間レシピ 芸能人SP」に挑戦した。 着慣れない割烹着に身を包んだ遼河とは対照的に、小倉はグレーのファーコートをゆったりと着こなしてカメラの前に登場。一児の母である小倉の様子はいかにも落ち着いており、共演者の関ジャニ∞・横山裕(33)も「こりん星の面影が全然ないわ」とポツリ [全文を読む]

適度な幸せ感で炎上とは無縁…小倉優子、“カリスマ主婦”路線が大成功

メンズサイゾー / 2014年02月05日12時00分

「日刊ゲンダイ」では、小倉のレシピ本はあわせて20万部を超えるヒットとなっており、ブログも月間1億PVを記録するなど、その勢いを伝えている。その背景には小倉の努力があるようで、料理の腕を上げるために週6日は料理教室に通って猛勉強をしたり、パンが好物の夫のためにパンアドバイザーの資格を取ったりしているという。 いまやヒット本を生み出すカリスマ主婦となった小 [全文を読む]

抗がん剤の副作用 免疫力の低下や味覚障害など

NEWSポストセブン / 2016年05月06日07時00分

「ご自身の食事はがん患者さん向けのレシピ本を活用するといいですね。治療中は酢の物が味わいやすいようです。家族の分に関しては途中まで調理して、味つけは家族にお願いするのも手です」(坂本さん) ※女性セブン2016年5月12・19日号 [全文を読む]

『ぐりとぐら』のカステラは子どもたちに向き合う中で生まれた―中川李枝子がおくるお母さんたちへの温かなメッセージ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月20日14時20分

幸いにも今はインターネットが発達し、すぐにあのカステラのレシピを検索して作ってあげることだってできる。ぐりとぐらよりもおいしいカステラを食べたぞ、と子どもたちに喜んでもらえたら、きっと自分まで嬉しくなるに違いない。 [全文を読む]

なんてったって「ママドル」男は知らない最新勢力図 ! 金持ち妻の「セレブ力」

アサ芸プラス / 2012年09月26日10時59分

「鬼嫁のイメージばかりが先行していますが、レシピ本を出したり、子育て本を出したりと、ママタレとしても認知されています。『24時間テレビ』(日本テレビ系)のチャリティマラソンで母親としての印象も強めましたから、ますますママタレとして需要が高まるでしょう」(前出・芸能レポーター) いやはや、ママタレたちの辣腕ぶりは実にたくましいのである。 【関連記事】 なん [全文を読む]

フォーカス