手術 北斗晶に関するニュース

乳がん 麻央さんのように切らない選択する人の治療法

NEWSポストセブン / 2017年07月10日07時00分

しこりを中心に周囲の組織を取る部分的な手術を受けるも2012年と2013年に再発し、3度目の手術で右乳房を全摘出した。 北斗晶(49才)は2015年9月、48才で右胸が乳がんに侵されていることを告白。全摘出手術を受け、その後抗がん剤の投与やホルモン治療を続け、現在は仕事復帰している。南果歩(53才)は2016年2月、52才でステージIの乳がんと診断された。 [全文を読む]

原千晶 自身が受けたがん告知時の状況と治療後の後悔を語る

NEWSポストセブン / 2015年11月29日07時00分

しかし、その段階ではがんかどうかはわからないということで、大学病院で円錐切除手術を受けました。その病理検査の結果、がんだとわかったんです。 告知を受けた時は本当に青天の霹靂でした。医師には「この間手術で取った部分はがんでした」とストレートに言われました。母と2人で聞いたのですが、「えっ? 何?」「自分のこと?」という感じで本当に頭が真っ白になりました。子宮 [全文を読む]

乳がん早期発見でも手術必要な例も 切らずに治すは検討段階

NEWSポストセブン / 2015年10月15日07時00分

さらに、即手術で右乳房全摘出を言い渡されたという点についても、女性たちに衝撃を与えた。 検診を受けていても、遺伝でなくとも、乳がんにはなる。最近では乳房を切除しなくても、乳癌の治療はできると聞いていたけれど、どうやらそんなこともないよう…。 乳がんの最新治療とはいかなるものなのだろうか。遺伝でなくても、生活習慣に気をつけていても、完全にがんを予防できるとは [全文を読む]

現在の乳がん治療は「切る」「切らない」の二択ではない

NEWSポストセブン / 2016年06月27日16時00分

タレントの北斗晶(48才)は、2cmと大きな腫瘍が見つかり、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。女優の南果歩(52才)は早期の乳がんで手術を受け、フリーアナウンサーの小林麻央(33才)は、1年8か月前から乳がんの治療を受けていることがわかった。 これまで乳がんの治療は「切る」ことを前提に「どのタイミングで」「どこまで」「いつ切るか」と議論されてきた。 し [全文を読む]

12人に1人がかかる乳がん 進行度、悪性度で治療法異なる

NEWSポストセブン / 2016年05月02日07時00分

昨年9月24日に右乳房の全摘手術を受けた北斗晶(48才)。約6か月、計9回にわたる抗がん剤治療がようやく終わった。薬の影響でパンパンにむくみ、結婚指輪はまだはめられずにいる。全身の毛が脱け、しばらくは帽子が手放せない生活。「これが本当に最後でありますように…」──北斗は夫で元プロレスラーの佐々木健介(49才)ら家族とともに祈っている。 そしてもう1人、南 [全文を読む]

近年の乳がん治療 全摘出乳房再建が主流で精神的苦痛も減少

NEWSポストセブン / 2015年12月28日16時00分

乳がんのタイプや病状に応じて、手術、放射線治療、抗がん剤治療などがある。女性ホルモンが影響しているタイプのがんでは、乳がん細胞に対する女性ホルモンの作用をブロックするホルモン治療を5~10年間行って再発を防止するなど、治療法はさまざまだ。濱岡ブレストクリニックの濱岡剛院長はこう語る。 「早期でしこりが小さい場合は、乳房を部分切除して温存するケースが多いで [全文を読む]

克服芸能人が明かした“ガンからの生還”「元ゆーとぴあ・ホープの場合」

アサ芸プラス / 2015年10月21日17時57分

3度のガン手術を経てなお、生き延びていた。「大腸に始まって、症例の少ない小腸でもガンをやった。左の肺は全部取っちゃったし、胃も大部分を摘出したから、内臓が半分になった感覚だよ(笑)」 最初のガン手術は07年。自覚症状はなく、たまたま受けた検査で大腸に8個のポリープが見つかった。だが当人は落ち込むどころか大ハシャギだったという。「たまたま保険に入っていたから [全文を読む]

アンジー、アグネス、邦子、希林… 乳がんと闘った女性たち

NEWSポストセブン / 2015年10月02日07時00分

乳がんに侵され、右乳房摘出手術を受ける前日のこと。 七夕の夜に胸の細胞からがんの陽性反応があり、セカンドオピニオンでも乳がんは陽性。それから彼女の葛藤が始まった。「元気な埼玉のおばちゃんだから仕事があるのに…」と病気のことを秘密にしようと考えたが、主治医に「胸の事より今は5年先、10年先を生きることを考えましょう」といわれ、「私だからこそみんなが乳がんの話 [全文を読む]

日本も整形大国!? 韓国ネットユーザーが「日本人は整形したことを隠す」と指摘

メンズサイゾー / 2012年04月22日13時00分

「整形大国」といわれる韓国では、芸能人の多くが整形手術を受けているといわれ、整形を公表したタレントも少なくない。 人気アイドルグループ「KARA」のメンバー・ハラは目と鼻を整形し、歯列矯正もしたことを告白。日本でも話題になったドラマ『逆転の女王』に主演した女優キム・ナムジュは「美しくなろうと思う女性の欲求は当然のこと。整形手術は罪でもないのに、なぜ隠さなけ [全文を読む]

小林麻央ほか「乳がんと闘う」女性の“過酷な闘病生活”

日刊大衆 / 2016年10月11日19時00分

腫瘍のある部分を切除する乳房温存手術を受けるも、二度の再発に見舞われ、結局、右胸の全摘手術を行った。その後、乳房の再建手術を受けた彼女は、9月に安倍晋三首相が主宰する「働き方改革実現会議」の有識者メンバーに起用されることが発表された。これは乳がん発覚後も治療しながら女優業を続けた経験から、がん患者が働きやすい環境整備に意見を反映させるため、といわれている。 [全文を読む]

乳がん 増殖の活発さを示す4つのタイプで治療法も異なる

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

見つかった腫瘍は2cmと大きく、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。一方で女優の南果歩(52才)は人間ドックを受診して異常が見つかり、2016年3月に早期の乳がんで手術を受けた。女優の生稲晃子(48才)は43才で乳がんにかかり、その後計5回の手術を受けて乳房を再建している。 そんななか歌舞伎俳優・市川海老蔵(38才)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(3 [全文を読む]

乳がん治療は日々進歩、樹木希林の元気ぶりがその証明

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

見つかった腫瘍は2cmと大きく、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。 一方で女優の南果歩(52才)は人間ドックを受診して異常が見つかり、2016年3月に早期の乳がんで手術を受けた。女優の生稲晃子(48才)は43才で乳がんにかかり、その後計5回の手術を受けて乳房を再建している。このように女性にとって「乳がん」は、決して他人事ではない。 そんななか歌舞伎俳優 [全文を読む]

注目高まる乳がん検診 マンモグラフィー効果は多様な見解

NEWSポストセブン / 2016年06月18日16時00分

治療法もさまざまで、腫瘍部分を取る「部分切除」や乳房全体を切除する「全摘」など手術にもいくつか種類があるが、併せて抗がん剤やホルモン治療などを行うのが一般的だ。乳腺外科・ベルーガクリニックの富永祐司院長が話す。「抗がん剤でがんを小さくしてから手術をするケースが多いですが、手術まではだいたい半年前後。1年8か月もの間、手術に踏み切っていないとすれば転移の可能 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】「アキラホクトのオッパイは世界を救った」乳がん検診5倍の病院も。

TechinsightJapan / 2015年09月27日19時45分

過去にも女性芸能人が乳がんを発症し手術を受けたことがわかると、テレビの情報番組でも特集を組み、専門家らは検診の重要性を訴えていた。また40代以降になると、周囲にも乳がんを患う人が出てきたりする。それでも乳がん検診の平成25年度受診率は、全国で17.5%(対象年齢は40歳から69歳 政府統計の総合窓口より)である。このように芸能人や知人で乳がんを患うケースを [全文を読む]

心身ともに強い人ほど危ない! 北斗晶さんのがん闘病

プレジデントオンライン / 2017年03月04日11時15分

それでも一昨年前の9月に手術を終えてから翌年4月まで抗がん剤治療、さらに放射線治療を行い、現在もホルモン治療をされているため、無理のない範囲で元気な姿を見せてくれれば、と思っています。少しでもつらいと思えば無理は禁物です。これは北斗さんのように心身ともに強い人ほど、闘病の闇に呑み込まれやすい、と思えてならないからです。 私は仕事柄、何度かがんの名医を取材 [全文を読む]

女性とがん 女性の尊厳取り戻すために変化とどう向き合うか

NEWSポストセブン / 2016年05月07日16時00分

今、こうして元気でいられるのは手術のおかげだけど、胸を失ったつらさが消えることはない。お風呂あがりに自分の全身を鏡で見ることはできません」 4年前に乳がんで全摘手術を受けた東京在住の派遣社員・石井知子さん(仮名・48才)のように乳房の全摘手術は、経験した人にしかわからない精神的苦痛を与える。 2年前に手術を受け、退院して夫との暮らしに戻った後の悩みを、栃木 [全文を読む]

つらい副作用 母が語る北斗晶の壮絶闘病生活

NEWSポストセブン / 2016年04月28日16時00分

北斗が乳がん手術を公表してから半年。術後治療にひと段落ついた彼女は今、自宅で夫・佐々木健介(49才)と2人の息子と過ごしている。 「心配させたくないからって、あの娘は私の前では一切弱音を吐かないんです。今だって不安で、つらいだろうに…。見えないところでしか泣かない。強い娘だから」(母親) 副作用に苦しんだ壮絶な闘病生活、北斗を支え続けた健介の献身…。母親 [全文を読む]

闘病告白、生稲晃子に軍配

NewsCafe / 2015年11月23日16時00分

一方の生稲は、全摘後に乳房再建手術を受けたことを明かした。 「北斗に関しては、9月に右の乳房と転移した脇の神経まで取り除いたことを涙ながらに報告。仕事の代役を佐々木が務めていることで、『乳がん商法』などと陰口をたたかれました」 仲がよいことで知られる夫婦だけに、夫が代役を務めることに違和感はないと思えるが? 「アンチも多いですから。テレビ番組のロケで家族で [全文を読む]

「北斗晶礼賛」が既存の乳がん患者を傷つける恐ろしさ

アサ芸プラス / 2015年10月16日05時59分

手術からわずか2週間で力仕事だなんて考えられません! 患者さんの中には手術後の痛みが原因で寝られず、睡眠薬に頼る人もいるほど。北斗さんは人並み外れて頑健なんでしょうけど、こんなニュースが広がれば、手術後すぐに普通の生活に戻れるという誤解も生まれかねません。北斗さんにはどうか、症例も体力も他の患者とは違うことを理解してほしいです」 こういった声を聞いてもな [全文を読む]

【乳がん】北斗晶を襲った日テレ「24時間テレビ」の呪縛

デイリーニュースオンライン / 2015年10月02日12時00分

乳がんを患っていることを公表し、9月24日に右乳房の全摘手術を受けた北斗晶(48)。人気タレントのがん告白は世間に衝撃を与えたが、多くの共演者から愛される北斗晶だけに、芸能界からもエールが相次いでいる。手術後、北斗晶は親交のある近藤真彦(51)から直筆の手紙と空気清浄機が送られたことをブログで明かし、また小倉優子(31)はさっそく乳がん検診を受けることを報 [全文を読む]

フォーカス