入院 北斗晶に関するニュース

『24時間テレビ』が隠蔽? 北斗晶のヒザ故障とチャリティーマラソンの関係性

サイゾーウーマン / 2013年08月28日13時00分

放送から約半年後、北斗がヒザの治療のために芸能活動を休止したことが話題になっていましたが、これはチャリティーマラソンが原因だったそうなんです」(制作会社スタッフ) 北斗の入院は1カ月半に及び、ブログでは手術の様子についてもすべて明かされていた。そして、今年の『24時間テレビ』にも北斗は出演し、元気な姿を見せていたが…… 「北斗は最初、長年にわたるヒザの不調 [全文を読む]

北斗晶がまたもや乳ガン患者の気持ちを逆なで、「病院は刑務所じゃない!」

アサ芸プラス / 2015年11月10日19時59分

だったらガンになることは犯罪なんですか? 乳ガン患者は犯罪者なんでしょうか? これでは再入院する乳ガン患者に対し、世間の人は『かわいそう』という哀れみを感じかねません。患者さんは希望をもって入院しているのに、まったく逆の印象を持たれてしまいます」 乳ガンに限らずガン患者は手術後も、転移のチェックや抗ガン剤治療、放射線治療などのために、入退院を繰り返すケース [全文を読む]

つらい副作用 母が語る北斗晶の壮絶闘病生活

NEWSポストセブン / 2016年04月28日16時00分

「乳がんだって聞かされたのも、手術で入院する前日でしたから。“かあちゃん、明日から入院するわ”って。どこが悪いのかと思ったら、まさかがんだなんて…。この世で健介だけですよ。娘から全てを打ち明けられていたのは」(母親) ※女性セブン2016年5月12・19日号 [全文を読む]

北斗晶も罹患…「乳がん」リスクを最小限に抑える方法とは?

Woman Money(ウーマンマネー) / 2015年10月02日20時45分

がんになってしまったら、精神的なダメージも大きく、治療費や入院費などのお金もかかります。 また、家族にも大きな負担がかかります。思うように仕事ができなくなったり、場合によっては、職を失う事になるかもしれません。 今までの生活が一変してしまうでしょう。 ■まずは早期発見 乳がんに限らず、がんの治療で大切なのは早期に発見することです。 その為にも年に一回は必 [全文を読む]

【乳がん】北斗晶を襲った日テレ「24時間テレビ」の呪縛

デイリーニュースオンライン / 2015年10月02日12時00分

「北斗は2013年2月より、両ひざの治療のために長期入院生活を送っていました。現役時代から膝の痛みと戦ってきた北斗ですが、今後歩けなくなる可能性が出てきたとして、緊急手術を受け1ヶ月半ほどの入院生活を送っていました」(スポーツ紙記者) 当時もネット上で物議を醸していたものだが、この入院には日本テレビの『24時間テレビ 愛は地球を救う』が影響していたという [全文を読む]

小林麻央の乳がん闘病を説明した市川海老蔵「麻央という存在の大きさを痛感」

messy / 2016年06月10日00時30分

深刻なので、これだけ時間がかかっているということ」「手術に向けて入院し抗がん剤治療を受けてきた。最近は通院での抗がん剤治療に切り替えている」など、海老蔵は報道陣を前に、詳細に報告した。 芸能界では、北斗晶(48)が昨年9月、乳がんであることを公表。現在も治療を続けている。麻央の姉である小林麻耶(36)は、北斗の乳がん公表を受け、ブログで「皆さんは、乳がん検 [全文を読む]

乳がん わが子に伝えるか伝えないかの年齢目安は10才

NEWSポストセブン / 2016年05月10日16時00分

あと1週間で入院だが、何を教えればいいのか」「子供の保育園にはどう言えばいいのか」といったもの。坂本さんは「当院での平均的な入院期間は約2週間です。まずは、その期間を乗り切る、という目標で考えるとよいでしょう」とアドバイスする。 「最低限、着替えの場所とごみの日を伝えて、ご飯は一時的にコンビニ弁当ですませてもらう。“妻や母としての役割を果たせていない”“家 [全文を読む]

自分の細胞でがんを治す「免疫細胞治療」とは? 最先端の治療を医者に聞いた

ウートピ / 2015年11月25日07時00分

基本的に2週間おきに採血をして免疫細胞を培養して増やし、それを点滴で体内に入れていくので、入院の必要はなく、通院で治療ができます。1980年代に米国国立がん研究所のローゼンバーグ博士が開発し、一気に世界中の注目を集めるようになったことで盛んに研究が行われました。日本では1999年に我々、瀬田クリニックが日本初の免疫細胞治療の専門医療機関として開院しました。 [全文を読む]

本当に理想の夫? 北斗晶の闘病で株を上げた佐々木健介の“ウラの顔”

デイリーニュースオンライン / 2015年11月04日12時00分

半年間に約8回ほどの治療を受けるといい、北斗晶は同日に再入院した。北斗晶の闘病は各メディアで大きく取り上げらているが、それに伴って世間で株を上げているのが夫で元プロレスラーの佐々木健介(49)だ。 最近は北斗に代わってメディア露出し、妻を献身的にサポートする“良き夫”としての顔がクローズアップ。いつもニコニコ笑顔で子煩悩というキャラによって、巷の女性の間で [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】北斗晶宅に千秋、黒沢かずこら集合。「コストコ行きたい」思い吐露も。

TechinsightJapan / 2015年10月17日23時09分

今月末には抗がん剤治療のため再入院が予定されているので、「体調が許せば買い物や旅行に行きたい」と北斗はブログで述べている。 『北斗晶オフィシャルブログ「そこのけそこのけ鬼嫁が通る」』 によると10月16日には、千秋や黒沢かずこ(森三中)といったいつもバラエティ番組で北斗と共演しているたくさんの仲間が、彼女の自宅に遊びに来たという。料理上手の“ピカ子”ことメ [全文を読む]

北斗晶さん「乳がん」をブログで告白。

秒刊SUNDAY / 2015年09月23日19時11分

―明日右乳房全摘出手術乳がんを患い、現在入院中の北斗さん。明日には「右乳房全摘出手術」という大きな手術をうけるのだという。1番初め違和感を感じたのは、うつ伏せで胸を圧迫した事で右胸にチクッとする痛みを感じたという。今年のはじめ頃だが、その後進行が早く2センチぐらいの腫瘍になったそうだ。現在の進行状況(ステージ)などを聞かされ主治医から、胸の事よりも今は5年 [全文を読む]

「ランナーのギャラは2,000万円」!? 最大のタブー、『24時間テレビ』のギャラ事情

サイゾーウーマン / 2014年08月24日09時00分

また13年2月に北斗晶が右膝の靭帯損傷の手術を受けるため入院しましたが、この原因は、チャリティーマラソンだったそうです。しかも局側は、前年のマラソンで負傷したことを連想させないため、入院時期を意図的に遅らせるよう指示したという情報も出ています」(週刊誌記者) [全文を読む]

法的手段も!松居一代と上沼恵美子の「遺恨の深層」

アサジョ / 2017年06月29日18時14分

また、乳がん治療で入院中だったタレント・北斗晶を見舞い、自身の本を贈ったことをブログに綴っていた。 これら松居の言動に対し上沼は、自身が司会を務める番組で、本の宣伝としてもエゲツナイと非難し「感じの悪い人」とバッサリ切り捨てていた。 芸能ジャーナリストは、松居の怒りはこの一件だけではないという。「船越の不貞を疑うあまり、携帯を3回折り鍋でも煮た。不貞防止の [全文を読む]

小林麻央が“笑顔のテレビ出演”で隠した「乳がん」闘病の過酷な現実

アサジョ / 2017年01月08日18時15分

収録は4日、入院している病室で行われた。「番組は海老蔵ドキュメンタリー特番の第4弾で、麻央はインタビューを受けた経緯について『結婚前からずっと密着していただいており、私たち家族にとって思い入れのある番組』とブログで明かしています。彼女は黒いショートヘアのウィッグ姿で、黒いリボンがついた上着姿。うっすらアイメークも施し、笑顔で取材に応じています」(テレビ誌ラ [全文を読む]

乳がん 増殖の活発さを示す4つのタイプで治療法も異なる

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

現在再入院して治療中の彼女と家族の闘いから、私たちは多くのことを気づかされる──。 一般的に、35才未満での乳がんは乳がん患者の3%に満たないといわれている。かまくら乳がんセンター長・土井卓子先生がその特徴を説明する。 「一般には45才から50才くらいに罹患率は高くなりますが、20代から30代前半でも乳がんにかかる人はいます。理由の大半は、このがんの成長が [全文を読む]

乳がん治療は日々進歩、樹木希林の元気ぶりがその証明

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

現在再入院して治療中の彼女と家族の闘いから、私たちは多くのことを気づかされる―― 乳がんの治療は日々進歩している。2005年に「乳がん」であることを明かした女優の樹木希林(73才)は、2012年から病巣にピンポイントに陽子線と呼ばれる放射能を当てがんを小さくする「陽子線治療」を受けている。その後も、新しい薬の開発や、免疫療法などさまざまな新しい治療法が出て [全文を読む]

佐々木健介 闘病中の北斗を案じ食欲不振でやせていた

NEWSポストセブン / 2016年04月29日16時00分

入院中はできる限り娘のそばにいてくれました。仕事であっちこっち行って、また娘の病院に戻って。本当に夫婦仲がいいんです。彼の支えに娘は救われていました。大変な時期でも、私ら両親のことも気遣ってくれる。外食に連れて行ってくれたりね」 健介は仕事の合間を見つけては病室に通った。衣類や食べ物を差し入れ、花瓶の花を替え、北斗の体をふき、時間が許す限り話し相手にな [全文を読む]

乳がん検体取り違え事故 書き間違えや人手不足原因か

NEWSポストセブン / 2016年01月16日16時00分

個人の名前や病名が漏れるのを防ぐため、近年、外来受付などで名前の代わりに番号を呼ぶ病院が増え、入院病棟の病室にネームプレートを掲げない病院も多い。番号管理であるがゆえに、病院が番号と氏名の照合確認を怠れば、ミスに直結する。 千葉県がんセンターの場合、さらにミスを誘発する原因があった。資料によると、同センターでは、患者から採取した検体を、氏名や数字8桁のID [全文を読む]

あのCMの営業妨害?北斗晶が松居一代の「投資指南」騒動に“沈黙”する理由

アサ芸プラス / 2015年10月29日17時58分

松居は入院中の北斗を見舞ったことを自身のブログで書き、発売したばかりの自署を持参し、投資家指南を買って出たと明かしたのだ。そのうえ、出版記念の会見でも北斗から投資の勉強がしたいことを相談されたと話した。さらに一部週刊誌にはその時のいきさつを、北斗からのメールまで見せて事細かに語ったのだ。 これには“北斗の病気を自分の商売に利用するな”との批判が殺到した。 [全文を読む]

克服芸能人が明かした“ガンからの生還”「元ゆーとぴあ・ホープの場合」

アサ芸プラス / 2015年10月21日17時57分

ウン百万っていう現金を持って入院して、1カ月くらいで退院できた」 肺ガン治療からわずか半年後、またもやホープの体に異変が生じる。「どんどん体重が落ちて、いくら食べても痩せる一方。金がなかったから『栄養失調じゃない?』と周囲に言われたけど、小腸に大きな腫瘍ができていて、それが栄養の吸収を全てせき止めていたんだよ」 検査の結果、胃にも大きなガンが見つかった。体 [全文を読む]

フォーカス