転移 北斗晶に関するニュース

現在の乳がん治療は「切る」「切らない」の二択ではない

NEWSポストセブン / 2016年06月27日16時00分

しかし、神戸海星病院乳腺外科の河野範男先生は「乳房以外にがんが転移している場合、手術をしないことが多い」と話す。 「治療を始める際、手術をするか抗がん剤治療をするかを手術前に判断します。切るか切らないかをすぐに決めるとは限りません。極端にいうと、乳房にがんがあっても死にません。それよりも、乳がんが転移しやすい肺や肝臓、骨は生きていくために重要な臓器ですか [全文を読む]

川島なお美さん訃報に際し考える がんの早期発見・治療は本当に正しいのか?

Business Journal / 2015年10月09日06時00分

前者を「浸潤」、後者を「転移」といいます。その場で大きくなっても通常は命に別状ないのです。たとえば妊娠中の方はお腹に3キログラムの赤ちゃん、そして胎盤などを抱えていますが、元気ですね。そんな悪さをしないが大きくなるものは、がんではなく良性腫瘍とも呼ばれます。もちろん妊娠は腫瘍ではありません。 さて、これからが問題で、顕微鏡で組織を見ると、いままでの経験から [全文を読む]

北斗晶さん「乳がん」をブログで告白。

秒刊SUNDAY / 2015年09月23日19時11分

http://ameblo.jp/hokuto-akira/entry-12076321816.html―病状と今後ブログによると現在転移の可能性があり、抗がん剤治療が始まるという。残念ながら、私の癌は胸だけでなく脇のリンパにまで転移している可能性がある様です。これから長い闘病生活が始まります。術後ほどなく抗がん剤治療が始まり。1ヶ月後くらいには髪も抜け始 [全文を読む]

北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情

アサジョ / 2016年12月02日10時15分

今後についても『薬で治していくので、あと5年、10年かな』と長いスパンで対応していくことを語っていました」 北斗は2015年9月に乳ガンを公表、同24日に右乳房全摘出手術を、同29日に転移した腋のリンパ摘出手術を受け、10月3日の会見を最後に長期休養に入った。その後は自身の公式ブログで情報を発信。11月28日のブログによると、先日の術後1年の全身検査で転移 [全文を読む]

乳がん手術 全摘と同時再建を保険適用で選択する患者が増加

NEWSポストセブン / 2015年10月20日11時00分

元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48才)が乳がんで手術し、その後、リンパ節への転移と「5年生存率は50%」と宣告されたことを明かした。 手術をする場合、乳房を全て摘出する「全摘」手術か、患部のみを切除する「温存」手術があるが、乳がんの種類や進行度などによってその方法は変わってくる。どの治療法を選択するか医師と相談することになる。乳房全摘と聞くと不安に [全文を読む]

重大病が見つかるチェックリスト「前立腺がん」

アサ芸プラス / 2015年10月14日17時55分

転移がなくステージBくらいまでであれば、前立腺全摘除術によって完全に治る可能性が高いと言われています。しかし術後、一部の人に尿失禁が見られたり、性機能障害が起きたりすることもあります。 前立腺がんは、1つのがん細胞ができて、それが増殖し、治療を要するようになるまで一般的に40年近くかかるとされています。つまり、年齢を重ねるごとにがん細胞の数がゆっくりと増 [全文を読む]

北斗晶 検査していたのになぜ?医師語る確率5%の落とし穴

WEB女性自身 / 2015年09月29日00時00分

にもかかわらず気付いたときには腫瘍が直径約2.5センチ大になっており、脇のリンパ節に転移するほど成長していた。なぜ、がんは検診をすり抜けたのだろうか。乳がん検診の落とし穴について、岩手医科大学の乳腺専門外科医・柏葉匡寛さんはこう語る。「早期発見には、やはり北斗さんのような定期的な検診が重要です。一般的にがん検診は2年に1度。北斗さんは毎年受診されていたそう [全文を読む]

がん代替治療:小林麻央さんと北斗晶を分けたものは何だったのか|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年09月02日13時00分

結局は転移のない状態で早期発見されたがんを適切に切除処置するか、手術が困難でも適切な化学療法や放射線治療と、一部にはホルモン療法を行うことで5年以上延命できる可能性が高まる、ということになります。これを標準治療と言います。 逆に言えば、早期発見できても適切な標準治療が受けられなければ亡くなってしまうリスクが高いわけです。 今回、若くして亡くなった小林麻央さ [全文を読む]

乳がん 麻央さんのように切らない選択する人の治療法

NEWSポストセブン / 2017年07月10日07時00分

「前提として、がんが他の臓器や骨などに転移していて、手の施しようがない場合には、そもそも“切れない”ということになります。『姑息的手術』といって、痛みがあったり日常生活に支障がある場合に手術することはありますが、あくまでがんを治すための手術ではありません」 昨年10月、麻央さんはQOL(生活の質)向上のための手術を受けている。これも、痛みを取るために行われ [全文を読む]

心身ともに強い人ほど危ない! 北斗晶さんのがん闘病

プレジデントオンライン / 2017年03月04日11時15分

術後1年の検査で、ほかの部位にがんの転移が見られなかったことから復帰を決意されたので、希望につながり、前向きになったのでしょう。 それでも一昨年前の9月に手術を終えてから翌年4月まで抗がん剤治療、さらに放射線治療を行い、現在もホルモン治療をされているため、無理のない範囲で元気な姿を見せてくれれば、と思っています。少しでもつらいと思えば無理は禁物です。これは [全文を読む]

小林麻央ほか「乳がんと闘う」女性の“過酷な闘病生活”

日刊大衆 / 2016年10月11日19時00分

その後、小林麻央は自身のブログで検査の結果、肺や骨に転移していることを告白。過酷な治療の中、毎日、前向きな言葉がつづり続けられるブログには、応援の声が多く寄せられている。 最近増えているとされるのが、日本人女性の乳がん罹患率。50年前は50人に1人だったのが、現在は14人に1人の割合で乳がんにかかるともいわれている。もはや乳がんは身近な病なのだ。当然、乳が [全文を読む]

梅宮辰夫、十二指腸がんだった…すでに手術済みで自宅療養中

しらべぇ / 2016年09月07日17時25分

1974年には睾丸腫瘍の診断を受け、がん細胞が肺まで転移。これを抗がん剤で治癒しているのだ。しかし、そんな梅宮もすでに78歳。今年2月に肺炎にかかり、そこから8つの合併症になっていた...という衝撃の事実を6月にバラエティ番組で告白している。■辛坊治郎氏も罹患→克服今回、梅宮が罹患した「十二指腸がん」は、過去にニュースキャスターの辛坊治郎も罹患・克服してい [全文を読む]

乳がん、卵巣がん、子宮がんは手術すべきなのか?

NEWSポストセブン / 2016年08月20日07時00分

乳がんを放置しておくと、骨や肺などに転移したり、皮膚の表面からがんが顔を出す“花咲きがん”になり、出血や細菌で悪臭を放つことがあります。 どうしても手術が嫌な場合、ラジオ波で焼く、凍結するなど、手術以外の治療もないわけではありませんが、臨床試験の段階です。また、取りきれたかどうかの確認が顕微鏡でできないので、切除が原則です」(明石さん) 乳がんの手術では、 [全文を読む]

北斗晶が乳がん発症から1年経過を報告 誕生日会には豪華ゲストも

しらべぇ / 2016年07月09日07時00分

これはその分類上、もっとも進行した状態で、遠隔臓器への転移も見られる。また、『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ)のお姉ちゃん役の声優で知られる水谷優子さんは、5月に51歳の若さでこの世を去っている。ここ最近、耳にすることが多い話題だが、それだけ誰にとっても無縁ではないということだ。■明るいブログに励まされるちなみに、しらべぇ編集部がアンケートサイト「マインド [全文を読む]

海老蔵会見で分かったリポーターの「質」

NewsCafe / 2016年06月22日15時05分

腫れ物に触るようにビクビクしながら質問したせいで、病状の基本的な確認ができなかったんです」(医療ジャーナリスト) 「基本的な確認」ってたとえばどんなこと? 「一番重要なのは、『腫瘍ができたのは左右どちらの乳房か』『乳がんは体の他の部位に転移しているのか』の2点です。この内容さえ聞いていれば、『麻央はホスピスに入ったんじゃないか?』などの憶測がネットに流れる [全文を読む]

海老蔵は気丈に対応も……小林麻央の“病状”聞けない芸能レポーター陣に大ブーイング!

日刊サイゾー / 2016年06月13日18時00分

海老蔵さんは彼らの質問に言葉を選びながら丁寧に回答してくれましたが、芸能リポーター陣の質問が腰が引けていて、病状の基本的な確認ができなかったんです」(テレビ局関係者) この関係者が指摘する「基本的な確認」とは、「腫瘍ができたのは左右どちらの乳房か」「乳がんは体の他の部位に転移しているのか」「手術はいつごろの予定か」など。これまでのがん公表会見では当然によう [全文を読む]

つらい副作用 母が語る北斗晶の壮絶闘病生活

NEWSポストセブン / 2016年04月28日16時00分

「胸の周りとリンパも全部取ったんだけど、転移があったら怖いから。強い薬を使ったんです。副作用がすごくってね。髪の毛がどんどん抜け落ちて…。でも、あの娘は“かあちゃん、心配しないでいいよ~”って。髪のなくなった頭を触りながら、無理して笑うんです。もう胸が痛くて、見ていられなかった。今だって、代われるもんなら代わってやりたいです」 副作用は脱毛だけではなく、 [全文を読む]

読売テレビ清水健アナ 妻が亡くなってから見つかった日記

NEWSポストセブン / 2016年02月11日07時00分

その後リンパ節への転移と「5年生存率は50%」と宣告されたことを明かし、女性たちに衝撃を与えた。 ただ一言に乳がんといっても、進行度合いを示す「ステージ」とは別に、増殖が活発か比較的おとなしいかなどを示す、主に4つの「タイプ」がある。「ホルモン受容体」と「HER2」がそれぞれ「陰性」か「陽性」かで、タイプは大きく分類される。日本乳癌学会乳腺専門医のナグモク [全文を読む]

北斗晶がまたもや乳ガン患者の気持ちを逆なで、「病院は刑務所じゃない!」

アサ芸プラス / 2015年11月10日19時59分

患者さんは希望をもって入院しているのに、まったく逆の印象を持たれてしまいます」 乳ガンに限らずガン患者は手術後も、転移のチェックや抗ガン剤治療、放射線治療などのために、入退院を繰り返すケースが多い。北斗の入院も経過観察が目的であり、患者は誰しも少しでも長く生き抜くため、そして回復するために病院に足を運んでいる。そんな希望の場所で北斗は、病院でやってはいけな [全文を読む]

北斗晶告白による乳がん検診ブームは危険?不必要に乳房全摘や抗がん剤治療の恐れも

Business Journal / 2015年10月27日22時00分

北斗さんは毎年欠かさず検査を受けていたにもかかわらず、気づいたときには腫瘍が直径約2センチになっており、さらにはリンパに転移している可能性もあると言われたという。それで、右乳房を全摘出する手術を受けることになった。●有効性を示すデータはない? 今の日本のがん治療は、乱暴な言い方をすれば、早期だろうと後期だろうと、「切り取る」「抗がん剤で小さくする」「放射線 [全文を読む]

フォーカス