成宮寛貴 檀れいに関するニュース

『相棒』に及川光博と六角精児が再出演!ファンから期待の声

しらべぇ / 2017年02月01日20時00分

■テコ入れ策への布石?長年高視聴率ドラマとして君臨してきた『相棒』だが、3代目の成宮寛貴(甲斐享)がじつはダークナイト(犯罪者)だったというストーリーが大不評。4代目の反町隆史(冠城亘)シリーズも評価が分かれており、他のドラマと比較すると高い視聴率ではあるものの20%を記録することがほとんどなく、人気が低迷気味だ。ちなみに、しらべぇ編集部が全国20代〜60 [全文を読む]

「逆転裁判」アニメ化決定&キャスト発表で「とっても嬉しいキャスティングです!」とファンもご満悦

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月02日15時00分

「ヤッターマン」や「クローズZERO」の三池崇史が監督を務め、2012年に公開された映画版では、主人公・龍一を成宮寛貴、冷徹な天才検事の御剣怜侍を斎藤工が華麗に演じた。ほか、桐谷美玲をはじめ檀れい、余貴美子、石橋凌、小日向文世など、豪華すぎる俳優陣が多数出演。 そして2016年4月、「逆転裁判」が満を持してTVアニメとなる。ゲームで展開されるコミカルな掛け [全文を読む]

ジャニーズ、7月新ドラマは「イケメン&EXILEに惨敗」! “ジャニーズ枠”廃止の痛手

サイゾーウーマン / 2015年05月31日09時00分

7月にスタートするゴールデン・プライム帯の夏ドラマは、福士や『デスノート』の2人、EXILE・AKIRA主演『HEAT』(フジテレビ系)など若手のイケメン俳優がメインで起用されるほか、西内まりや主演『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)には三浦翔平、杏主演『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)は成宮寛貴が第2話から準レギュラーとして登場する。 すでに発表さ [全文を読む]

及川光博『相棒』映画で再登板も「出番は冒頭5分だけ…」

WEB女性自身 / 2013年07月14日07時00分

現相棒の成宮寛貴さんと及川さんはそれまで面識がなかったようで、2人の間に水谷さんが入って、場を仕切っていました」 及川の見せ場が気になるところだが――。「冒頭のシーンで、及川さん演じる神戸が、特命係の2人に上層部からの密命を伝達するんです。及川さんの登場はその1シーンのみ。長さにして5分ほどです」 及川にとって待望の復帰と思いきや、出番はたったの5分だけ… [全文を読む]

水谷 豊「テレビ朝日の絶対暴君」化が止まらない!

アサ芸プラス / 2012年11月20日10時00分

10月末に刑事役で出演している俳優の川原和久の披露宴は、『相棒』の関係者が勢ぞろいする中、寺脇がいなかったのも偶然ではありません」(前出・ドラマ関係者) 今回の相棒である成宮寛貴(30)のキャスティングにしても水谷の承認なしにはありえなかったという。「最終的なキャスティングはもちろん水谷さんが口を出すが、そんなに扱いにくい人ではない。今回500名近いオーデ [全文を読む]

寺脇康文『相棒』降板の裏「水谷さんに気持ち届かなかった」

NEWSポストセブン / 2012年11月08日07時00分

媒酌人を務めた水谷豊(60才)のほか、及川光博(43才)・檀れい(41才)夫妻、成宮寛貴(30才)、岸部一徳(65才)、六角精児(50才)ら、『相棒』のキャストが顔を揃えたが、約9年間も水谷とパートナーを組んでいた初代“相棒”の寺脇康文(50才)の姿はなかった。 そもそも水谷に憧れて芸能界に入ったという寺脇。1991年放送の『刑事貴族2』(日本テレビ系)で [全文を読む]

水谷豊 女優の娘・趣里の熱愛発覚も彼氏とは会っていない

NEWSポストセブン / 2012年11月06日07時00分

成宮寛貴(30才)を“新相棒”に迎えて、10月10日にスタートしたドラマ『相棒 season11』(テレビ朝日系)は初回視聴率19.9%を記録して、今クールNo.1の好発進となった。 そんな絶好調ドラマの主演・水谷豊(60才)だが、ちょっとした心配事が…。それは長女・趣里(22才)のことだった。 趣里は4才からバレエを習い、高校生のときにはロンドンに留学す [全文を読む]

美女たちの桃色ミサイル(3) 黒木メイサ 掟破りの「デキ婚」がもたらした大損害「ビールCM起用にイメージが・・・」

アサ芸プラス / 2012年05月09日11時00分

ドラマ準主演は頓挫し、新相棒は成宮寛貴(29)に落ち着いた。さらに―─。 「もう一つ、ボツにしていた仕事があるんです」 こう話すのは、広告代理店関係者だ。「サッポロビールが、生ビールのCMに起用を考えていたんですよ。ところが、代理店が企画書を書いた段階でデキ婚が浮上。妊婦にビールというのはNGだし、しかも中出しだけに、代理店は『生じゃ、イメージが悪いからな [全文を読む]

フォーカス