成宮寛貴 子供に関するニュース

「IQ246」織田裕二と成宮寛貴が激突!

Smartザテレビジョン / 2016年11月05日07時00分

そして、11月13日(日)の第5話では、成宮寛貴の出演が決定した。互いに第一線で活躍し続けている織田と成宮だが、今回が初共演となる。 成宮は、第5話で沙羅駆(織田)が訪れたアートギャラリーのプレオープニングセレモニーで出会う新進気鋭のアーティスト・千代能光一(ちよのこういち)役として登場。 千代能は、アートユニットを組んでいたパートナーの番田要(ばんだかな [全文を読む]

成宮寛貴が見せた「お茶目な一面」が話題に 「イケメンなのに親しみやすい」「もはや最強」

AOLニュース / 2016年01月20日12時00分

1月19日に放送された『火曜サプライズ』(日本テレビ)に登場した、俳優・成宮寛貴の意外にお茶目な一面が視聴者の間で話題となっている。 番組では成宮が子供の頃に過ごしたという東京・麻布十番界隈を散策。自身の懐かしいエピソードを交えつつ思い出の場所を中心に訪ね歩き、幼き日によく遊んだという自宅近くの公園を訪問した。成宮は滑り台を見つけるなり、「俺、この滑り台、 [全文を読む]

成宮寛貴の“疑惑写真”でネット民が「バーキン」以外に気になったものとは?

アサジョ / 2016年12月13日10時15分

12月9日に写真週刊誌「フライデー」が俳優の成宮寛貴の“薬物疑惑”を続報。同日、成宮は元所属事務所を通じて芸能界引退を発表するという急展開を見せた。成宮は書面で、「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」と、綴っている。 2日にフライデーが初めて薬物疑惑を報じた直後には、疑惑の真偽にも当然注目が集まったが、それ以上に突撃 [全文を読む]

成宮寛貴と橋本マナミが割りきった大人の恋愛に挑む

Smartザテレビジョン / 2016年03月21日05時00分

4月29日(金)にスタートする栗山千明主演ドラマ「不機嫌な果実」(テレビ朝日系)に、成宮寛貴と橋本マナミの出演が決定した。 同作は、林真理子の同名不倫小説を約20年振りにドラマ化した、'16年版ならではの新たな物語。結婚して5年になる麻也子(栗山)は、夫・航一(稲垣吾郎)から女性として扱われず、職場でも冷遇され、日々不満を募らせていた。そんな中、麻也子は運 [全文を読む]

速水もこみち 撮影合間にオムライス作り子役のママの心掴む

NEWSポストセブン / 2015年09月27日07時00分

総勢100人を超えた出席者で賑わう会場には、桃子を演じた蓮佛美沙子(24才)や、彼女を巡って恋の火花を散らした成宮寛貴(33才)や速水もこみち(31才)をはじめ、藤木直人(43才)や水野美紀(41才)、トリンドル玲奈(23才)の姿も。 最終回では成宮が蓮佛との恋を実らせたが、この日の主役はもこみちだった。 「パーティーは午後6時から始まったんですが、もこ [全文を読む]

水川あさみドッキリ発言!?「恋していた」

Smartザテレビジョン / 2015年09月17日16時52分

成宮寛貴と水川あさみが日本語吹き替え版声優を務める映画「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり」のアフレコ会見が9月17日、都内で行われた。 同作品は感動のピーター・パン誕生秘話が、色鮮やかな映像美で描かれるファンタジー超大作。2人はピーター・パンが成長していく過程でキーパーソンとなる重要なキャラクターの声優を務める。 ピーターとかつて仲間だったという驚きの [全文を読む]

蓮佛美沙子が髪を35cm以上切り、民放連ドラ初主演

Smartザテレビジョン / 2015年06月10日23時19分

不器用な桃子の成長を温かく見守りながら支える上司・朝比奈を成宮寛貴、訪問型病児保育・リトルスノーの顧客でシングルファーザーの篠原を速水もこみち、マニュアル重視の鉄仮面上司・柳を藤木直人、仕事に高いプロ意識を持つ先輩保育士・めぐみを水野美紀、桃子の過去に暗い影を落とす実家・杉崎家の母・富美子を浅野温子が演じる。 蓮佛は「私の演じる杉崎桃子はとても不器用だけど [全文を読む]

松浦亜弥歌手復帰に歓迎ムードも「道重さゆみの復活が霞む」不満の声

しらべぇ / 2017年03月03日19時00分

成宮寛貴(34)、江角マキコ(50)、堀北真希(28)、ももちこと嗣永桃子(24)も6月の芸能界引退を発表するなど、現在は数多くの引退報道が続いている。現時点では「いつ復帰するか」「ほんとうに復帰できるのか」など不明瞭な点は多いが、復帰の明るいニュースをファンは待ち望んでいるに違いない。・あわせて読みたい→ももちが芸能界引退を発表!「有力なアイドルが消える [全文を読む]

堀北真希「引退」の裏に親密すぎる「嫁姑関係」

NEWSポストセブン / 2017年03月01日07時00分

芸能界に未練なく引退を決めた彼女に「山口百恵さんを思い出しました」(スポーツ紙記者)という声もあがるが、成宮寛貴(34才)、江角マキコ(50才)、清水富美加(22才)に続く、この急展開にはやはり“伏線”があった──。 「この春で現在の所属事務所との契約が切れて継続はしないということをもっての引退報道ですが、まぁ、ちょっと、円満とはまず言えないようですよ」 [全文を読む]

視聴率低迷でテコ入れ必至?反町隆史『相棒』降板説で崖っぷちに

デイリーニュースオンライン / 2017年02月21日08時05分

高額なギャラもネックの反町は、いよいよ叩き売りされそうな状況です」(テレビ局関係者) 『相棒』といえば、成宮寛貴(34)の電撃引退や、及川光博(47)の不倫騒動など、かつての出演者のスキャンダルが相次いでいる状況だ。反町もその呪縛から逃れられないというのだろうか。 ■妻の松嶋菜々子とは広がる一方の収入格差 『相棒 season15』を迎えた際には、妻の松嶋 [全文を読む]

他にも隠された真実が?清水富美加が”記者会見”に応じないワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月15日10時33分

色んな事柄が絡み合っていて、引退理由をウヤムヤにしたという意味では、昨年末の成宮寛貴(34)に似ている。会見を開いて、不用意な言動や予期せぬ報道陣のツッコミで、隠された事実が暴かれるのを、恐れているのかもしれない。それでもすでにこれだけ混乱が起きている。本人の誠意ある対応が望まれる」(前同) 約8年間にわたって芸能生活を続けてきた清水。本当に、他に方法はな [全文を読む]

不倫どころじゃない!? 江角マキコに“爆弾スキャンダル”の影「引退くらいじゃ済まない……」

日刊サイゾー / 2017年01月28日19時00分

これにはコカイン使用報道の成宮寛貴と同様の逃亡劇とみる向きもある。「芸能活動を引退させていただく所存であることは事実です。30年エンターテイメント業界において活動させていただきましたことについては、とても感謝しております。ただ、子供の誕生も成長も、仕事をしながら歩んでまいりましたので、今は一度立ち止まり、子供達のために、今私にしかできないことを選択し専念す [全文を読む]

江角マキコ芸能界引退で不倫追及を避けるも、夫は不倫確信「離婚」に言及で泥沼か

messy / 2017年01月25日00時00分

元俳優の成宮寛貴の薬物使用疑惑からの突然の引退騒動もそうだったが、すぐさま芸能界を去るのは、「一般人に戻るのだから、これ以上の追及は止めてほしい」という意志の表れだろう。 しかし「女性自身」の詳細を見ると、江角が引退したからといって、騒動が収束するわけではないのでは……と思わされる。夫・平野氏側は、15年1月から妻と別居状態にあること、その原因は江角の不倫 [全文を読む]

2016年、女性週刊誌でもっとも売れた号の重要トピックは?

NEWSポストセブン / 2017年01月15日07時00分

彼女らしい潔い決断でした」 そして2016年最後に飛び込んできたビッグニュースは俳優・成宮寛貴(34)の薬物使用疑惑による芸能界引退だ。報じたのは『FRIDAY』だった。 「薬物使用に関しては“事実無根”としながらも、突如として芸能界を引退したことは様々な憶測を呼んだ。成宮さん自身は引退理由について“セクシャリティな部分”を暴露されたからだとコメントしたが [全文を読む]

俳優ソン・ジュンギ、「APAN STAR AWARDS」大賞受賞…「太陽の末裔」も最多受賞

Wow!Korea / 2016年10月03日09時59分

大賞=ソン・ジュンギ(太陽の末裔)中編ドラマ女性最優秀演技賞=ハン・ヒョジュ(W-二つの世界-)中編ドラマ男性最優秀演技賞=チョン・ジヌン(シグナル)長編ドラマ女性最優秀演技賞=キム・ソヨン(家和萬事成)長編ドラマ男性最優秀演技賞=アン・ジェウク(子供が5人)グローバルスター賞=イ・ビョンホン今年の特別俳優賞=國村隼今年のドラマ賞=太陽の末裔演出賞=シン・ [全文を読む]

松ケン、菜々緒の入浴シーンに「うちの子もくぎ付け!」

Smartザテレビジョン / 2016年09月12日11時26分

9月17日(土)よりWOWOWプライムにて放送が始まる「連続ドラマW ふたがしら2」の完成披露試写会が行われ、松山ケンイチ、早乙女太一、成宮寛貴、菜々緒らメインキャスト陣と、入江悠監督が登壇した。 本作はオノ・ナツメの同名漫画を原作に、盗賊一味の活躍を描いた痛快時代劇。昨年放送された第1弾では、松山演じる弁蔵と早乙女演じる宗次の2人の盗賊が、自分たちの一味 [全文を読む]

反町隆史の「相棒」続投決定で惜しまれて消えた「仲間由紀恵5代目相棒プラン」

アサ芸プラス / 2016年05月23日17時59分

反町には1本200万円の高額ギャラが約束されており、ホッと一安心といったところ」(テレビ雑誌記者) 初代相棒の寺脇康文、2代目・及川光博、3代目・成宮寛貴に次ぐ4代目として反町が選ばれた。最終的に水谷の鶴の一声で決まったという。実は4代目には、唯一の女性候補として仲間由紀恵の名前があった。「同性人気が高いことから浮上しました。しかし、昨秋から今年1月末まで [全文を読む]

ドラマ『相棒』、相棒本命・仲間由紀恵が再びNGの公算の事情…また不評の反町か

Business Journal / 2016年04月15日07時00分

にもかかわらずチャラい演技も多く、役柄と合っていないとの厳しい声も上がっていました」(同) 10月からはseason15が始まる予定だが、過去に成宮寛貴、及川光博と次々と相棒のチェンジが発生しているだけに、関係者の間では再び仲間の名前が浮上している。スケジュールの問題もクリアし、今回こそ仲間の抜擢に支障はないはず――。 ●またしてもハードルが しかし、また [全文を読む]

フォーカス