仕事 佐川急便に関するニュース

佐川が2年連続パンクの可能性 宅配便の仕組み崩れる凶兆か

NEWSポストセブン / 2015年01月23日16時00分

ある佐川急便の関係者は、「清水の舞台から飛び降りるつもりで、アマゾンの仕事を請け負った。それくらい運賃は安かった」と話す。 しかし利益の急減に危機感を抱いた佐川急便は、2012年に入り、それまでのシェア至上主義から、利益の追求に方針を切り替えた。安い荷物の運賃の荷主には、値上げを要請し、値上げを断った荷主との取引から手を引いた。 その結果、佐川急便は201 [全文を読む]

日本一の雨漏り職人が断言!「“嫌われ仕事”こそ新しい商売のチャンスだ」

週プレNEWS / 2013年02月21日06時00分

だけど自分の好きな仕事になかなか就けない。あるいは、自分がどんな仕事を好きなのか、自分でもわからない。(実はとても多いはずの)そんな人たちに、唐鎌謙二さんのメッセージは、「発想の大転換」をもたらしてくれるはずだ。 彼は日本一の「雨漏り職人」として、業界で知られる存在だ。が、そもそもの話だけど、「雨漏り」って今でもそんなにたくさん起きている話なの? 「公的な [全文を読む]

都内最大級の物流施設で「物流の最前線」を体験!

PR TIMES / 2013年03月30日10時18分

また、体験を通じて「物流のしくみ」を学ぶだけではなく、より早い段階で働くことや仕事について考えてもらえるよう、佐川急便株式会社 会長 栗和田 榮一氏(SGホールディングス株式会社 代表取締役会長兼社長)との質疑応答の場を設けました。参加者からは「会長はどのような仕事をするのですか?」「海外にはどれくらい会社があるのですか?」といった質問や「天然ガスのトラッ [全文を読む]

ヤマト・佐川の現場は明らかに疲弊、消費者にも応分の負担を

NEWSポストセブン / 2017年03月23日07時00分

佐川急便関連のニュースとしては、ドライバーが仕事中に駐車違反の切符を切られたが、自分では出頭せず、家族や知人を身代わりに出頭させたというものがある。昨年9月、東京営業所に家宅捜索が入った。全国紙の社会部の記者はこう語る。「駐車違反という微罪で警察の家宅捜索が入るのは極めて異例だ。組織的な犯行の疑いがあるとみて捜査に踏み切ったが、佐川急便全体の犯行を立証す [全文を読む]

トップ3の寡占進む宅配業界 過酷な価格競争の消耗戦展開中

NEWSポストセブン / 2015年01月03日07時00分

同社はこれまで宅急便の個数を元に、社内で需要予測を立て、仕事量を予測して、作業の手配をしてきた。しかし、シェア獲得競争のため、サイズという概念が抜け落ちてしまった。同社の長尾常務は次のように説明する。「これまでは、大きな荷物であっても(運賃が一番安い)六〇サイズで計上することが少なくなかった。そのため、取り扱い容量が把握できなくなっていた。それが、クール [全文を読む]

宅配業界に女性の雇用が増加中の背景 顧客にとって安心感も

NEWSポストセブン / 2015年12月21日16時00分

だけど女性も男性と変わらず重い荷物を運ぶので、キツい仕事だと思います。また、2~3時間のパート勤務で時給は1000円程度。長く続けられる仕事かというと、それは疑問が湧きますね」(横田さん) 家計の足しになればと、時間限定で働ける“配達レディ”を選んだ、静岡県に住む50才の女性がその経験を話す。 「お中元やお歳暮の時期は、荷物も重いし、夜間指定が多くて回りき [全文を読む]

宅配業者が週休3日制を導入…しかし、待遇改善で解決するほど物流問題は簡単じゃない?

citrus / 2017年06月07日12時00分

しかしライドシェアのようなマッチングアプリの登場で、登録さえしていれば好きな時間に仕事ができるというビジネススタイルが可能になった。シェアリングエコノミー先進国でもある米国ではさまざまな分野で実用化されている。日本でもウーバーが、デリバリースタッフを持たないレストランが作った料理を一般のサイクリストやモーターサイクルのライダーが出前する「ウーバーイーツ」と [全文を読む]

「スタンバイ」が主婦アルバイト積極採用企業ランキング2016夏を発表!1位 ローソン 2位 佐川急便 3位 あきんどスシロー

@Press / 2016年08月25日10時00分

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)が運営する地図で仕事が探せるアプリ「スタンバイ」(https://jp.stanby.com/)は、同サイトの「主婦アルバイト積極採用企業ランキング(2016夏)」を発表しました。このランキングは、同サイトにアルバイト・パートの求人が掲載されている企業を対象に、掲載して [全文を読む]

佐川急便、連日夜中2時に大騒音で作業に近隣住民が大激怒!苦情入れても無視される

Business Journal / 2016年06月04日06時00分

「12時間ほとんど立ちっぱなしで荷物を仕分け続けなくてはならず、社員のドライバーにも怒鳴られ、本当に辛い仕事。オススメはしない」 「とにかく苛酷。深夜の仕分けはバイト中心だけど、すぐにみんな辞めてしまう。給料も安いし、当然だと思う」 こうした声からは、一部の運輸会社の末端スタッフが過酷な労働を強いられている実態が伺えるが、さらに迷惑しているのが、それら営 [全文を読む]

「熱いアラフィフ」は需要なし!?織田裕二がドラマ界からついにリストラ?

アサ芸プラス / 2016年05月17日05時59分

「織田は長男が生まれてから仕事をセーブしているのは事実ですが、実は俳優として使い勝手が悪いために仕事が減っているんです。織田はアラフィフですが、同年代の江口洋介が演じるような父親役が似合いません。かといって、同じく同年代の吉川晃司が演じるような会社の重役も似合わない。ハマる役といえば、織田が現在キャラクターを務めている『佐川急便』や缶コーヒーのCMで演じて [全文を読む]

キャリア教育イベント「物流の最前線」

PR TIMES / 2015年08月06日11時50分

【実施概要】 日 時:2015年7月29日(水)10:00~16:00 会 場:佐川急便株式会社 東京本社(江東区新砂2‐2‐8) 参加者:小学5、6年生20名 プログラム: 1.佐川急便の仕事や宅配便が届くしくみについて学習 2.荷物の配達実習 3.大型物流センターの見学 4.トラックの見学・乗車体験 5.佐川急便株式会社 栗和田会長との質疑応答 協 [全文を読む]

マイナンバー制度導入で需要増…「個人情報管理士」育成事業の仕掛け方

デイリーニュースオンライン / 2015年05月20日14時50分

しかし、自由さと引き換えに営業、事務などもすべて独力で行わなければならず、また仕事量、収入の不安定さというデメリットも存在する。IT業界において、そうしたフリーランスのデメリットをサポートすべく立ち上げられたのが、首都圏コンピュータ技術者株式会社(MCEA)だ。 MCEAの起業は1989年、15名のIT系エンジニアたちによる組合という形でスタートした。当 [全文を読む]

【宅配便サービスに関するアンケート調査】直近1年間に宅配便を受け取った人は96%、発送した人は68%。宅配便サービスの利用目的は、「ネット通販・オークションの品物の受け取り」がトップ

PR TIMES / 2015年02月05日10時42分

本調査での宅配便サービスの利用は、仕事以外での利用を前提として聞いています。調査結果をお知らせします。【調査結果】 http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=19810──<< TOPICS >>────────────────────────────────■直近1年間に宅配便を受け取った [全文を読む]

2015年は宅配業界のサービス充実年だったが業者に過度な負担

NEWSポストセブン / 2015年12月20日16時00分

「昼間は私も夫も仕事で家にいないので、いつも20~21時の時間指定で配達してもらっています。いつもお願いしているから担当者の人も在宅時間を大体覚えてくれていて、午前中に時間指定しても、家を出る8時前までに届けてくれるから助かるんです」(都内在住の30代女性) 日本の宅配が大きく“サービス競争”へと舵を切ったきっかけは、2000年にアマゾンジャパンが“配送 [全文を読む]

郵政上場 日本郵便はヤマト運輸との全面対決で「奪還営業」

NEWSポストセブン / 2015年11月07日16時00分

* * * 2013年春に佐川急便がアマゾンとの取引から撤退したのと相前後して、日本郵便がアマゾンからのメール便の仕事を請け負った。さらに、2014年4月には、通販企業への営業を担当するソリューション企画部を本社に作った。陣容は約50人。 同年6月には、法人向けの1キロ以下の荷物を扱う判取り不要の〈ゆうパケット〉と〈クリックポスト〉を発売した。狙いは、ヤ [全文を読む]

アマゾンがつくりだした「宅配業界」の過酷すぎる労働環境! 拘束14時間、年100万円分のサービス残業...

リテラ / 2015年10月05日08時00分

仕事が始まるのは朝の7時すぎ。ヤマト運輸の宅急便センターで菊池は自分の軽トラックにその日配達する荷物を積み込んでいく。報酬は運んだ荷物の数によって決められ、その額は「1個150円強」だという。菊池が働くセンターでは、1日に100個程度の荷物が回ってくるとのことで、単純計算すると日当は1万5000円ということになる。「菊池がこの日、3回の配達で合計100個 [全文を読む]

深刻な人手不足と価格競争の末にシステムが崩壊した宅配便

NEWSポストセブン / 2015年09月25日07時00分

潜入取材というのは30代ぐらいまでの若い人がやるもんですね(笑い)」 かつて、「仕事はきついが、佐川で3年働けば家が建つ」と言われたが、それは1990年代までの話だという。今は給与も抑えられ、人出不足が慢性化している。その裏には、送料値下げの価格競争がある。 「アマゾンが日本に進出するとき、本は値引きができないから代わりに送料無料というのをやったんです。日 [全文を読む]

アマゾンの配達 佐川急便が手を引きヤマトが引き受けた理由

NEWSポストセブン / 2015年03月01日07時00分

「佐川の場合、住宅地に配る宅配荷物の多くは、下請けの軽四トラックに一個百数十円で委託するので、なかなか儲けが出なかったのですが、ヤマトの場合、自社のドライバーが運べば、外注費が発生しないためアマゾンの仕事を引き受けることができたんです。その分、ヤマトのドライバーの負担は重くなるのですが」 つまり荷物増とサービス向上の裏で、ヤマト運輸のドライバーの負担が増 [全文を読む]

トラガール倍増計画 女性運転手には過酷すぎる3K職場の実態

NEWSポストセブン / 2014年07月09日07時00分

仕事はあっても働く人がいない――。飲食、販売、サービスなどあらゆる業界で深刻な人手不足に陥っている日本経済。その解決策として重用されているのが女性たちだ。 近年、女性が働く職種の垣根はなくなりつつある。佐川急便が1万人の主婦パートを募集する計画を発表するなど、これまでガテン系で「オトコの仕事」と思われてきた運送業界も、すすんで未経験の女性を採用する時代とな [全文を読む]

キャリア教育の場「物流の最前線」

PR TIMES / 2014年04月14日11時19分

【実施概要】 日 時:2014年4月4日(金)10:00~16:00 会 場:佐川急便株式会社 東京本社 (江東区新砂2‐2‐8) 参加者:小学6、中学1年生17名 プログラム :1.佐川急便の仕事や宅配便が届くしくみについて学習 2.荷物の配達実習 3.都内最大級の物流施設を見学 4.トラックの見学・乗車体験 5.佐川急便株式会社 栗和田会長との質疑応 [全文を読む]

フォーカス