トラック 佐川急便に関するニュース

物流崩壊の危機?経済全体に大打撃も 深刻なドライバー不足、救世主に浮上の貨物列車

Business Journal / 2015年02月13日06時00分

インターネット通信販売がすっかり定着した昨今、物流業者の重要性は高まっているが、その一方で、物流の現場ではトラックドライバー不足が深刻化している。全日本トラック協会が公表しているデータによると、トラックドライバーの平均年齢は43.1歳、勤続年数は12年。年齢の割に経験年数は短い。「これまで、トラックドライバーの労働環境は、お世辞にもいいとはいえませんでした [全文を読む]

絶対にマネしてはいけません?車に関する「お・ま・じ・な・い」5+5選

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年05月21日18時00分

私は幸せになりたい! もはや、よく分からない… 佐川急便トラックの「ふんどし」を触ると恋が叶う or 幸せになる 1991年から1994年頃まで、爆発的に人気があったおまじないが「佐川急便」のトラックに描かれている飛脚のふんどしを触ると恋が叶う、というなんだかユニークなおまじない。 片思いの女の子が、飛脚の股間を触っていたら、幻滅しませんかね? 絵とは言 [全文を読む]

「第1回 SGホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014」環境大臣賞受賞作品をデザインしたラッピングトラックの出発式を、2月24日(火)に受賞者が通う小学校で開催しました

PR TIMES / 2015年03月04日14時17分

SGホールディングス株式会社(本社:京都市南区、代表取締役会長兼社長:栗和田榮一)は、当社グループが主催した小学生対象の環境絵画コンクール『SGホールディングス/佐川急便 第1回エコ絵画コンクール2014』(後援:環境省)において、環境大臣賞を受賞した2作品をデザインしたラッピングトラックの出発式を、2月24日(火)に受賞者が通う埼玉県三郷市立新和小学校で [全文を読む]

トラガール倍増計画 女性運転手には過酷すぎる3K職場の実態

NEWSポストセブン / 2014年07月09日07時00分

しかし、不規則な勤務時間で、ときに長距離運転も強いられるトラック運転手となれば話は別だ。 国土交通省は働く女性のわずか2.4%、2万人しかいない女性トラック運転手を、2020年までに倍の4万人まで増やす目標を掲げた。同省のホームページでは“トラガール(トラック+ガール)”専用のサイトを立ち上げ、現役女性ドライバーの経験談などを紹介していくという。 また、「 [全文を読む]

都内最大級の物流施設で「物流の最前線」を体験!

PR TIMES / 2013年03月30日10時18分

参加者からは「会長はどのような仕事をするのですか?」「海外にはどれくらい会社があるのですか?」といった質問や「天然ガスのトラックを使うなど環境に配慮していることを初めて知った」「佐川急便は荷物だけではなく真心も運んでいるのだと思った」といった感想が多くありました。 FIFは2006年の設立以来、職業体験や出張授業などを行っており、今回のイベントで通算51回 [全文を読む]

JR貨物、悲願の株式上場に立ちはだかる障壁 鉄道ついに黒字化、物流の存在感も高まるが

東洋経済オンライン / 2017年05月11日08時00分

■1990年代はトラックにシェアを奪われる1960年代半ばあたりまで、国内における陸上輸送の主役は鉄道だった。しかし、モータリゼーションの流れに抗しきれず、鉄道は主役の座から滑り落ちた。単純に輸送量だけ比較すれば鉄道はトラックなど自動車の100分の1にすぎない。長距離輸送という鉄道の強みに着目し、輸送量に輸送距離を掛け合わせた「輸送トンキロ」で比較しても、 [全文を読む]

高効率天然ガストラックの実証走行を開始 モニター車の出発式をガスの科学館で4月24日開催

@Press / 2017年04月14日11時00分

一般社団法人日本ガス協会(会長:岡本 毅、以下 日本ガス協会)は、高効率天然ガストラックの実証走行を、2017年4月から2019年3月まで2台のモニター車で本格的に実施いたします。つきましては、4月24日(月)にガスの科学館「がすてなーに」(東京都江東区)で出発式を執り行い、佐川急便株式会社・新潟運輸株式会社へモニター車を引き渡します。【高効率天然ガストラ [全文を読む]

キャリア教育イベント「物流の最前線」

PR TIMES / 2015年08月06日11時50分

当日は抽選で選ばれた小学5、6年生20名が佐川急便の制服を着用し、トラックの乗車体験のほか、物流施設「佐川東京ロジスティクスセンター」で荷物の自動仕分け機などを見学しながら宅配便が届くしくみを学習し、荷物の配達実習を行いました。また、リーダーシップや働くことについてより深く考えてもらえるよう、佐川急便株式会社 栗和田榮一 会長(SGホールディングス株式会 [全文を読む]

宅配業者が週休3日制を導入…しかし、待遇改善で解決するほど物流問題は簡単じゃない?

citrus / 2017年06月07日12時00分

米国では小売り大手のウォルマートが、通常は専用トラックで配送するオンラインショップでの注文品を、小売店の店員が帰宅途中に配送するプログラムを試験的に始めたという。もちろん店員は配送料をもらえる。この発想はウーバーなどのライドシェアに通じるところがある。筆者も米国で何度か利用したことがあるライドシェアのドライバーも、やはり空いている時間を使って自家用車で他人 [全文を読む]

宅配便が限界 「大幅な価格上昇起きる可能性あり」との予測

NEWSポストセブン / 2014年12月14日16時00分

さらに、技術革新が進めば、将来的にトラックではない輸送手段も出てくるかもしれない。角井氏がいう。 「アメリカではアマゾンが、タクシーや無人航空機を使ったりする配送を、グーグルは自律走行車を活用した配送を試験運用しています。人材育成と共にこうした技術革新が進めば、宅配サービスはまだまだ発展するはずです」 ※週刊ポスト2014年12月19日号 [全文を読む]

キャリア教育の場「物流の最前線」

PR TIMES / 2014年04月14日11時19分

当日は抽選で選ばれた小学6、中学1年生17名が佐川急便の制服を着用し、トラックの乗車体験のほか、都内最大級の物流施設「佐川東京ロジスティクスセンター」で荷物の自動仕分け機などを見学しながら宅配便が届くしくみを学習し、荷物の配達実習を行いました。また、リーダーシップや働くことについてより深く考えてもらえるよう、佐川急便株式会社 栗和田榮一 会長(SGホール [全文を読む]

佐川急便で1日職業体験3月28日(木)開催

PR TIMES / 2013年02月01日11時44分

参加者は佐川急便の制服を着て荷物の配達実習やトラックの乗車体験をするほか最新鋭の物流センターを見学し、佐川急便の栗和田榮一会長と意見交換会を行います。 応募はFIFサイト(http://fif.jp/)にて受付いたします。締切は3月3日必着です。 フューチャー イノベーション フォーラム(略称:FIF、代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フュ [全文を読む]

ヤマト、「アマゾン貧困」で利益なき繁忙…ドライバーの過酷労働を犠牲にアマゾン急成長

Business Journal / 2017年04月07日06時00分

宅配トラックの走行距離のうち4分の1は再配達だ。午前中、昼、夜と3回訪ね、そのうち2回は不在ということもある。ドライバーは毎日21時までの業務が常態化して、長時間労働の温床となっている。 ヤマトホールディングス(HD)が置かれている状況は厳しい。17年3月期、子会社のヤマト運輸の国内宅急便個数は18.7億個、宅急便単価が556円と予想している。13年3月期 [全文を読む]

小学5、6年生のキャリア教育イベント 『物流の最前線』

PR TIMES / 2016年08月02日15時21分

当日は抽選で選ばれた小学5、6年生19名が参加し、佐川急便の制服を着用して荷物の配達実習を行ったほか、大型物流施設「佐川東京ロジスティクスセンター」や様々なトラックの見学をとおして物流のしくみを学習しました。またグループの海外展開やIT化の一環である電子サインについても学びました。 最後はリーダーシップや働くことについて考えてもらえるよう、佐川急便株式会 [全文を読む]

小学5、6年生参加者募集! 佐川急便で『物流の最前線』を体験しよう!

PR TIMES / 2016年06月01日14時24分

参加者は佐川急便の制服を着て荷物の配達実習を行うほか、トラックの見学・乗車体験や大型物流施設「佐川東京ロジスティクスセンター」の見学などをとおして、物流のしくみを学びます。また佐川急便の海外事業やIT戦略、企業の物流課題を解決する取組みについて学習します。 FIFは2006年に設立し、今年1月に10周年を迎えました。設立以来、企業のトップや社員との対話を重 [全文を読む]

深刻な人手不足と価格競争の末にシステムが崩壊した宅配便

NEWSポストセブン / 2015年09月25日07時00分

それで、影の部分も書いてみようと思いました」 現場の空気を知るため、下請け業者の軽トラックや長距離幹線輸送のトラックの助手席に乗せてもらい、荷物を仕分けする基地にも潜入した。 「今回は潜入取材をするつもりはなかったんですけど、ヤマト運輸がなかなか取材を受けてくれなくて。万策つきたときに、10年以上前にアマゾン取材で使った手法をやってみることにしたんです」 [全文を読む]

小学5、6年生参加者募集!佐川急便で『物流の最前線』を体験しよう!

PR TIMES / 2015年06月03日11時51分

参加者は佐川急便の制服を着用し、物流施設「佐川東京ロジスティクスセンター」で荷物の自動仕分け機などを見学するほか荷物の配達実習や天然ガストラックの見学、乗車体験を行い、物流のしくみを学習します。 今回は過去に本プログラムに参加し、現在、高校・大学生へと成長した子どもたちがボランティアスタッフとして参画します。お互いの成長を確かめ合い、将来の進路やキャリアに [全文を読む]

『SGホールディングス/佐川急便 第1回エコ絵画コンクール2014』 環境大臣賞受賞作品をデザインしたラッピングトラックの走行を開始 2月9日から順次全国各地で走行

PR TIMES / 2015年02月12日12時16分

SGホールディングス株式会社(本社:京都市南区、代表取締役会長兼社長:栗和田榮一)は、当社グループが主催した小学生対象の環境絵画コンクール『SGホールディングス/佐川急便 第1回エコ絵画コンクール2014』(後援:環境省)で、環境大臣賞を受賞した2作品をデザインしたラッピングトラックの走行を、2月9日から開始いたしました。本コンクールでは、「大切にしたい、 [全文を読む]

「第1回 SGホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014」入賞作品全52点が決定!

PR TIMES / 2014年11月11日09時58分

環境大臣賞受賞作品2点は、佐川急便のトラックのラッピングデザインとして採用 SGホールディングス株式会社(本社:京都市南区、代表取締役会長兼社長:栗和田榮一)が開催する小学生対象の環境絵画コンクール「第1回 SGホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014 」の入賞作品が決定いたしました。 SGホールディングスグループでは、環境にやさしい低公害車 [全文を読む]

宅配便トラックもEVに!? 日産と佐川急便がEVトラックの実証運行を実施

clicccar / 2014年09月27日08時03分

今年の夏、2か月間にわたり佐川急便が実証運行させた日産の「e-NT400テストトラック」は、佐川急便が取り組んでいる環境負荷低減の取り組みの一環。 「e-NT400テストトラック」は、小型トラック「アトラス」がベースで、リーフのコンポーネント(モーター、バッテリー)を最大限活用したEVシステムを搭載。 排ガスを一切出さないことから、都心部のエンジン車乗り [全文を読む]

フォーカス