週刊プレイボーイ 吉岡里帆に関するニュース

“下半身”が泣きどころ!? ブレーク中の女優・吉岡里帆、事務所の「悩みの種」とは?

日刊サイゾー / 2017年08月10日09時00分

「『週刊プレイボーイ』(集英社)では異例の40ページぶち抜きグラビア特集が組まれ、フォトブックの発売も決定。グラビアの仕事も喜んでやっているかと思いきや、なぜか自分の腰回りが太いと思ってるらしく、かなりコンプレックスを抱えている。以前はOKだったビキニ水着はNGで私服のショットはふんわりしたワンピースばかり。さらには、同年代のタレントと腰回りを比較される [全文を読む]

『ごめん、愛してる』のヒロイン・吉岡里帆に舞台裏を直撃!「もう緊張はしません。してもいいことないって、最近わかったんです」

週プレNEWS / 2017年07月22日11時00分

彼女が表紙を飾り、40ページの吉岡里帆大特集を掲載した7月10日発売の『週刊プレイボーイ』30号は、全国の書店、コンビニで売り切れが続出し、電子版の売れ行きも絶好調。 前回、週プレNEWSで配信したロングインタビュー前編・後編に続き、全国の週プレ読者が待ち望んだ、彼女の晴れ舞台の裏側に潜入した! * * * 「ヒロインって重みが違いますね。台本を読んで大 [全文を読む]

女性誌の方がエロい!? 吉岡里帆、Eカップ谷間チラリの大胆露出に男性ファンから絶賛の声

メンズサイゾー / 2017年07月13日18時00分

吉岡は今月10日発売の「週刊プレイボーイ」30号(集英社)で表紙に登場し、さらに週刊誌では異例となる40ページという大ボリュームのグラビアが掲載。2014年に同誌で初グラビアを披露したことをきっかけに男性人気が沸騰し、女優としてもブレイクするに至った彼女の"凱旋大特集号"だ。新規の水着カットこそないものの、ロリータテイストの貴重なツインテール姿や鳥取砂丘 [全文を読む]

『カルテット』 目が笑ってない店員役・吉岡里帆がかわいすぎ

しらべぇ / 2017年01月31日07時00分

2人らしくずっとずっと一緒に... #ゼクシィ吉岡里帆さん(@riho_yoshioka)が投稿した写真 – 2016 8月 22 3:24午前 PDTまた『週刊プレイボーイ』などではフレッシュな水着姿も披露。清楚でスレンダーな肉体とは不釣り合いな、バインバインボディで男性人気も急上昇中だ。谷間はプロが作ります。 自分を過大評価しない、それが鉄の掟。 今 [全文を読む]

若手人気女優・吉岡里帆、スポーティーな水着で細巨乳ボディ披露!

メンズサイゾー / 2016年10月20日20時30分

吉岡は14年の「週刊プレイボーイ」(集英社)で水着グラビアデビューしているが、清楚な顔立ちには似つかわしくない豊満なバストで、まずネット上で人気に火がついた。以降、結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)のCMやNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』などで一般的な知名度を上昇させ、バラエティ番組や情報番組に立て続けに出演したことで本人のキャラクターもお茶の間 [全文を読む]

絶賛ブレイク中の女優・吉岡里帆、抜群のプロポーションで話題に...Eカップバストに驚きの声

メンズサイゾー / 2016年06月09日10時00分

先月発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)でも表紙を飾り、誌面では撮り下ろしグラビアを披露した。 こういったグラビアが改めて「まとめ系サイト」などで取り上げられ、男性ユーザーから「こんなにスタイルが良かったとは驚きだ」「グラドル顔負けのセクシーさ」「素晴らしいプロポーション」などと絶賛されている。女優としての姿では胸の大きさに気づかなかった人も多いようだが、 [全文を読む]

グラビア人気も高い注目女優・吉岡里帆、『あさが来た』抜擢で大ブレイク秒読み!?

メンズサイゾー / 2016年01月25日10時00分

週刊プレイボーイ」(集英社)などでは表紙にも起用されており、抜群のプロポーションを生かした活動に期待を寄せるファンも多い。 「このところの芸能界では、佐野ひなこさん(21)や武田玲奈さん(18)といった注目の美少女たちが、女優業と並行してグラビア人気を高めるケースも多い。吉岡さんもそのひとりと言えそうですが、学生時代から演劇にのめり込み、独学で芝居を学ん [全文を読む]

研修医役に挑戦の吉岡里帆が現場では女子会、オフはあの人と美術館?

週プレNEWS / 2016年10月11日06時00分

◆『週刊プレイボーイ』創刊50周年スペシャルコンテンツ「BEST of 週プレnet 2000~2016」にて、吉岡里帆ちゃんをはじめ歴代登場者の女のコによる撮り下ろしメッセージムービーを、週プレnetの会員のみなさまに期間限定で配信中! そのほか、17年分の貴重なコンテンツの詳細はこちらから。 (取材・文/本誌ニュース班) [全文を読む]

フォーカス