ウオッチ 妖怪ウォッチに関するニュース

転売業者終了!妖怪ウオッチが市場に潤沢に流通しはじめる!

秒刊SUNDAY / 2014年10月03日16時46分

ー妖怪ウオッチは2種類あります。おさらいしておきたいのが、妖怪ウォッチには2種類あるということ。「 DX妖怪ウォッチ」と「 DX妖怪ウォッチ タイプ零式」である。前者は旧作品で、後者は新作である。当然ながら新作のほうが高額で取引されており、市場にはあまり流通していない。つまり朝早く並んで抽選を行わなければ手に入れることができないというわけだ。ー案の定値下が [全文を読む]

マジか!Appleウォッチ「妖怪メダルセットオン!」に対応していると話題に

秒刊SUNDAY / 2015年05月09日15時46分

いえ、技術的というよりも大人の事情でいろいろ障壁があったのではないかと推測されますが、実は妖怪ウオッチ側も、アニメの中でAppleの新作発表会をオマージュした、ステイーブジョブズならぬ「: スティーブ・ジョーズ」という妖怪がいるのです。したがって両者意識はしあっているので割りとスムーズなのかもしれませんね。―iPhoneでも可能ちなみにiPhoneでも可能 [全文を読む]

あま無理ゲー過ぎる妖怪ウォッチタイプ零式を四回の抽選に並んだ結果

秒刊SUNDAY / 2014年10月25日11時55分

ちなみにヤフオクで転売すれば1万円弱で売れるのですが(元手:3400円)せっかくなので大の大人が妖怪ウオッチごっこをするために使いましょうねそうしましょうね。 ということで零式を入手できず残念トホホギスなお方、そろそろ零式も市場に潤沢に流通しはじめているので今がチャンスです。逆に言えばそろそろ新しい妖怪ウオッチがでるかもしれませんね。 (ライター:ユカワ [全文を読む]

音楽ライター宇野維正「妖怪ウォッチAKBのクソみたいな曲」発言が波紋!炎上!

秒刊SUNDAY / 2015年03月07日22時32分

―妖怪ウオッチのED歴史―ネットの反応・ 宇野維正ほど素敵な文章を書く人はいない・ 宇野維正さんて、あの界隈では比較的温厚なJPOPよりの人かと思ってたけど牙を向いてきたww・ 宇野維正が率いて 宗教団体でもやっておられるのかな?w・ 宇野維正さん、アケカスなんかブロックでいいよ。・ そもそも「ロッキング・オン」は音楽をまともに語らない雑誌だからなぁ・ 野 [全文を読む]

妖怪ウオッチに登場する「モグモグバーガー」のリアル店舗に行ってきた

秒刊SUNDAY / 2014年10月30日09時17分

人気アニメ「妖怪ウオッチ」に登場するファーストフード「モグモグバーガー」の実際の店舗がお台場に登場したということで早速行ってきた。この店舗はご察しの通り「妖怪ウォッチ」と「マクドナルド」のコラボレーション企画で、アニメと同様のコスチュームとなった店員が尾で迎えしてくれるほか、妖怪ウオッチにちなんだ数々の装飾がたのしめる。当日は多くの取材陣が駆けつけており、 [全文を読む]

ケンカ下手な石破茂には「妖怪ウォッチ」が足りない!? プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.59

東京ブレイキングニュース / 2014年09月02日17時10分

私もそれらの「オヤジジャーナル」(おっさんが発信しておっさんが受信)を楽しむようになって、「政局がそこにあるのなら、政局をウオッチする意味もあるのでは?」と思い直した。政局にこそあらわれるディテールがあると思うのだ。登場人物の話し方やふるまい、表情ひとつで何か感じるものが。器量さえもわかってしまう瞬間もあるかもしれない。 日本には「床屋政談」という言葉が [全文を読む]

“第九回 声優アワード”にて「妖怪ウォッチ」がシナジー賞、「Wake Up, Girls!」が特別賞を受賞

okmusic UP's / 2015年02月17日18時44分

<功労賞>長年に渡り外画も含め多くのジャンルに貢献された声優●大竹宏(おおたけ・ひろし) /所属:81プロデュース ママとあそぼう!ピンポンパン(カッパのカータン〈声・着ぐるみの操演〉) 怪物くん(ドラキュラ) もーれつア太朗(ニャロメ) パーマン(ブービー) 激走戦隊カーレンジャー(総長ガイナモの声)など●白石冬美(しらいし・ふゆみ) /所属:賢プロダク [全文を読む]

マクドナルド、昨年比減の売上にネット上は「妖怪ウォッチに変えられたポケモンの呪い」説

AOLニュース / 2014年12月10日18時00分

そんなマクドナルドの発表を受け、ネット上からは「妖怪ウオッチでもダメか・・・」「乗り換えられたポケモンの呪いwww」と、同社の惨状について実にさまざまな反応が巻き起こっている。 同社広報によると、今後は「季節感のある新メニューの投入で品ぞろえを強化し、巻き返したい」とのこと。来春にかけての捲土重来に、多くの人々からの期待が集まっている。 文・葛西敦規 ■ [全文を読む]

フォーカス