清水富美加 写真集に関するニュース

悲しき男のサガ……清水富美加が“嫌がった”水着DVD&写真集が激売れ中!

日刊サイゾー / 2017年02月22日18時00分

芸能界を引退し、「幸福の科学」への出家を表明した女優・清水富美加が、所属事務所レプロエンタテインメントと泥仕合を繰り広げているが、その清水の水着DVDや写真集がとんでもない勢いで激売れしているのだ。 2月21日午後7時現在、国内最大手の通販サイトAmazonの売れ筋ランキングによると、「女性アイドルDVD」部門で、清水の1st DVD『ミスマガジン2010 [全文を読む]

清水富美加の水着写真集がお宝価格に急騰、電子版まで登場する人気ぶり

アサ芸プラス / 2017年02月22日09時59分

引退騒動のさなか、水着仕事が嫌だったと激白した清水富美加。その発言がきっかけとなったのか、清水の水着写真集やイメージDVDが爆発的な人気を集めているようだ。グラビア誌のライターが驚いた様子で語る。「13年5月に発売された写真集『SHIMIZU FUMIKA 1st Photobook』はネットで価格が暴騰。定価3240円が中古本で8000円前後、未開封の新 [全文を読む]

清水富美加はコスプレ時代のニューヒロインなのか?! 仮面ライダーフォーゼ。

インフォシーク / 2012年06月05日19時00分

城島ユウキ役の清水富美加だ。ライダーシリーズの公式なヒロイン。だがそんな彼女、フォーゼの中で江戸時代の魚屋の格好はするわ、ちょんまげはするわ、小惑星探査機「はやぶさ」に変装するわ、演技が元気でやたらにオーバーだわ。まっすぐにぶっ飛んでいる。お父さんお母さんのヒロイン像は、彼女によって今、粉々に打ち砕かれ始めている。第38話(6月3日放映)の彼女に至っては、 [全文を読む]

清水富美加だけじゃない!綾瀬はるか、乙葉……「水着仕事が嫌だった」女優たち

日刊サイゾー / 2017年02月26日19時00分

2月12日に宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した清水富美加を巡る一連の騒動は、いまだ収束の気配すら見えない。そんな中、彼女が芸能界引退を決意した理由として「水着仕事が嫌だった」と発言したことで、過去の水着写真集やイメージDVDの価格が暴騰しているという。出版関係者が語る。 「2013年に発売された写真集『SHIMIZU FUMIKA 1st Photo [全文を読む]

清水富美加が芸能活動を再開も「激太り」にファンの悲鳴が!

アサ芸プラス / 2017年05月29日09時59分

女優の清水富美加が芸能活動を再開させた。これは前所属事務所との専属契約が5月20日に終了したためで、清水は新聞社のインタビューに答えるなど少しずつではあるが、仕事復帰を果たしている。6月2日には大川隆法総裁との対談をまとめた本を発刊するという。どのような形であれ、彼女が復帰することにファンは喜んでいるかと思いきや、本音はちょっと違うようだ。「芸能活動を休止 [全文を読む]

前所属事務所からNG通達?清水富美加の”水着シーン”使用でひと悶着

デイリーニュースオンライン / 2017年02月16日19時05分

清水富美加(22)の引退騒動に揺れる芸能界。だが、当初の報道からある“変化”が起きている。「清水の所属事務所・レプロエンタテインメントから各メディアに対し、『彼女の水着シーンを使うな』との通達があった」(スポーツ紙記者)といい、ひんしゅくを買っているという。 「清水は2月12日に『幸福の科学』への出家が報じられると、団体を通じて『お仕事の内容に、心が追いつ [全文を読む]

女優は奴隷なのか? 清水富美加の引退・幸福の科学専念が補強した能年玲奈独立の言い分

messy / 2017年02月13日20時00分

若手女優・清水富美加(22)が、芸能界からの引退と宗教法人「幸福の科学」への出家を発表し、大騒動となっている。2月11日、レギュラー司会を務める生放送『にじいろジーン』(フジテレビ系)を体調不良で欠席した清水は、同日18時47分にTwitterに新アカウント@sengen777を開設。その新アカウントで「私以外に私の本当の事を語れる人なんていないことを、今 [全文を読む]

つゆだく「2017年上半期“艶”大賞」発表!<写真集&グラビア篇>片山萌美が写真集で遂に!

アサ芸プラス / 2017年07月04日17時57分

さらに、清水富美加の発言を逆手に取って『私は性的対象で見てもらってかまいません』と言い放った。アッパレです」 脊山は、お尻がしっかりハミ肉状態の悩ましい下着姿で、イベントに集まった男たちを瞬殺した。 こうした熟女の奮闘ぶりは写真集業界における今年の傾向で、元フィギュア選手の村主章枝(36)が「月光」(講談社)で初ヌードになり、タレントのLiLiCo(46) [全文を読む]

満島ひかり、綾瀬はるか、新垣結衣の成功。アイドル路線の下積み経験が必要とされるのはなぜ?

messy / 2017年05月03日16時00分

先日、芸能界を引退した清水富美加(22)は、拒否したにもかかわらず水着になる仕事をやらざるを得なくなり、苦しい思いをしたと去り際に明かした。今や押しも押されぬトップ女優である綾瀬はるか(32)も、デビュー当初は豊かな胸を露出した水着でのアイドル仕事が多かった。そして綾瀬もまた、清水同様、そのことを望んではいなかったという。 あまりに有名な話だが、綾瀬は16 [全文を読む]

川口春奈、“たまに爆発する”で「出家しないよね?」 “すっぴん&女の子の特権”顔に絶賛の嵐!

おたぽる / 2017年04月17日09時00分

今年2月に突如として所属事務所から退所し、幸福の科学に出家した清水富美加が、水着仕事を嫌がっていたと報じられていただけに、『まさか、春奈ちゃんも水着仕事を無理やりやらされていた?』『清水富美加と同い年だし、不満が爆発しちゃう年齢なんじゃないかと心配』などと危惧する声は少なくないようです」(芸能関係者) その一方で、今月7日から始めたばかりのインスタグラムで [全文を読む]

内田理央、“プリケツ写真集”重版決定で「生尻披露は?」 女優業快調で新垣結衣を猛追!

おたぽる / 2017年03月16日19時00分

またレプロとしても、昨年7月に能年玲奈、先月11日に清水富美加と、売れっ子女優が立て続けに去ってしまっただけに、その穴を埋めるべく、内田を積極的にプッシュしていく意向なのでしょう。今後は新垣のように数字が獲れる主演女優としての活躍が期待されます」(同) 内田は、来月から始まるドラマと年内公開予定の映画2本、合わせて全3部作で構成される『トモダチゲーム』でヒ [全文を読む]

篠田麻里子、写真集ランキング1位で証明した根強い人気...「麻里子様」封印で謙虚さにも高評価

メンズサイゾー / 2016年04月29日12時00分

さらにヒャダイン(35)と共に出演していた『オトナヘノベル』(NHK Eテレ)の司会の座も、4月から人気女優の清水富美加(21)に奪われてしまった。残るレギュラーは日曜朝の動物番組『ペットの王国 ワンだランド』(テレビ朝日系)の1本だけという寂しい状況だ。「グループ卒業当初は『女性の憧れ』を目指してモデル業やファッションビジネスを主軸にしていましたが、自身 [全文を読む]

川島海荷、『ZIP!』で超ミニスカショット! スレンダー美脚に絶賛の声

メンズサイゾー / 2016年12月08日17時00分

レプロといえば、主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が絶好調の新垣結衣(28)をはじめ、先日写真集を2冊同時リリースした"だーりお"こと内田理央(25)や、現在放送中の連続ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)でレギュラーキャストを務める清水富美加(22)など注目株も多い。小学生時代から芸能活動を始めた川島にとって、内田は年上の後輩ともい [全文を読む]

表紙&巻頭グラビアはAKB48からの卒業を発表したばかりの島崎遥香!

PR TIMES / 2016年11月16日16時44分

'16) 太田夢莉(NMB48) 朝長美桜(HKT48) 新木さくら(LinQ) 吉岡里帆 清水富美加 ◆特典 1.島崎遥香の特大ポスター全3種を全員にプレゼント! 2.QUOカードや直筆サインチェキも抽選で当たります。 ◆商品概要 blt graph. vol.13 ●発売日 : 2016年11月16日(水) ※一部、発売日が異なる地域がございます ●定 [全文を読む]

「のん」能年玲奈が久々にメディア出演も「かつての輝きは色あせた」の声

アサ芸プラス / 2016年11月12日09時59分

現在は新垣結衣を始め、清水富美加や中村蒼が好調ですし、マギーや大川藍が写真集や広告で多くの稼ぎを事務所にもたらしています。そのような状況で、これ以上のんさんに時間を割くのは無駄だと判断したのでしょう。それに、NHK朝ドラ『あまちゃん』に出演していた20歳のときはフレッシュ感たっぷりでしたが、今や23歳になり輝きも色あせている。彼女のキャラクターを考えると『 [全文を読む]

“水着封印“中の篠田麻里子、久々のビキニショットにファン歓喜

メンズサイゾー / 2016年08月19日10時00分

さらにヒャダイン(36)と共に出演していた『オトナヘノベル』(NHK Eテレ)の司会の座も、若手注目タレントの清水富美加(21)に奪われてしまった。現在のレギュラーは日曜朝の動物番組『ペットの王国 ワンだランド』(テレビ朝日系)だけという寂しい状況だ。 そのため水着封印宣言は早すぎたとの声もあるが、年齢的なことを考えても篠田の決断は不思議ではない。それに、 [全文を読む]

坂口恭平の新作原稿67枚を無料で一挙公開

PR TIMES / 2016年06月15日16時49分

WEBマガジンの執筆は会田誠、アケミン、東浩紀、いとうあさこ、清水富美加、辛酸なめ子、壇蜜、はあちゅう、「バイリンガルニュース」のMami、橋本治、藤田晋、益田ミリほか話題の著名人。無料の会員登録で約5000本の記事が読み放題に。 電子書店は専用アプリ不要の、すぐ読めるブラウザ型なので電子書籍を気軽に試し読みできます。 ここでしか買えない音声コンテンツや [全文を読む]

新「オヤジ殺し女優」吉岡里帆VS相楽樹のひんむき対決!

アサ芸プラス / 2016年06月13日05時57分

芸能事務所も主演がダメでも今度は脇役でと、5回、6回と続けてオーディションに応募するほど朝ドラが過熱人気となっているのです」 振り返れば「あまちゃん」の有村架純(23)、「マッサン」の柳ゆり菜(22)、「まれ」の清水富美加(21)‥‥かつてヒロインこそ若手女優の登竜門だった「朝ドラ」は、今や「ワキ」こそ躍進のきっかけ。放送中の「とと姉ちゃん」の主演・高畑充 [全文を読む]

NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』次女役・相楽樹の「15歳スク水DVD」が“お宝”に……

日刊サイゾー / 2016年04月25日21時00分

『あまちゃん』(13年度前期)の松岡茉優、『まれ』(15年度前期)の清水富美加、『あさが来た』の小芝風花、清原果耶のように、朝ドラの脇役から一気にブレークを果たす可能性も十分だ。 (文=森田英雄) [全文を読む]

「鈴木奈々のエロ話うるさい」「こじるりはゲス」もう飽きた売れっ子女性タレントランキング

サイゾーウーマン / 2016年04月10日16時00分

ベッキーが不倫騒動で姿を消したり、ぺことりゅうちぇる、藤田ニコル、清水富美加といった新しいバラエティタレントが台頭したり、若槻千夏が復帰したりと、テレビでは目まぐるしく出演する芸能人が変わっていく。そこで今回は、ニホンモニターが発表した「2015テレビ番組出演タイトル本数ランキング」を元に、「『もう飽きた!』テレビに出すぎだと思う女性タレント」を男女100 [全文を読む]

フォーカス