値段 ヤマダ電機に関するニュース

46店舗閉鎖のヤマダ電機 中国台湾資本に格好の標的と大前氏

NEWSポストセブン / 2015年06月27日16時00分

もともと家電販売店は、松下電器産業(現パナソニック)が全国津々に地域密着型の特約店「ナショナルショップ」を2万6000店も作って成長した「街の電器屋さん」の時代が、値段の安い量販店の登場によって1980年代に崩壊した。地域電器店でさえ家電メーカーから仕入れるよりも量販店で仕入れたほうが安いという状況になったのだ。 量販店ビジネスは、商品をたくさん売れば売 [全文を読む]

日本最大手の家電量販店 ヤマダ電機で売上NO.1に輝いた販売員・丹羽昭尋の書籍『日本一の売る技術―お客様とつながる販売マニュアル』(きずな出版)発刊のお知らせ

DreamNews / 2016年02月25日15時00分

*****「はじめに」より 今、値段の安さだけなら、実店舗はネットショップには敵いません。しかし、ネットショップにはない付加価値が、お客様と対面して販売する「現場」では、つくり出すことができます。 それをいかに高めていけるかが、販売員の仕事であり、喜びです。 私は「おもてなし」こそが、この付加価値をもっとも高めるものだと確信しています。*****「ノルマを [全文を読む]

白物家電を買うなら9月が狙い目 最終価格は約6割まで下がる

NEWSポストセブン / 2015年09月01日07時00分

まずは値段がどのように下がっていくのかを見ていこう。現役の家電販売員で、白物家電ブログの管理人のAさんはこう解説する。 「家電の多くは、約1年という期間で販売され、最初と最後でビックリするほど値段が違います。 発売当初30万円の冷蔵庫は18万円に、10万円の洗濯機なら6万にと、最終価格は当初の約6割まで下がるんです」 それが秋というわけ。秋に向けては、大 [全文を読む]

格安スマホ市場、プレイヤー出揃い通信高速化&料金低下加速 大手携帯は警戒感強める

Business Journal / 2014年09月25日18時00分

格安スマホブームに火をつけたイオンは、値段を引き下げて防戦に出た。4月に発売した格安スマホは3218円の料金設定だったが、7月発売の第2弾は通信料と端末代金込みで2138円。 ネット通販大手の米アマゾン・ドットコムの日本法人は8月、格安スマホに参入。韓国・LG電子が開発したLTE対応のスマホで利用料金は3218円。契約後3年目からは端末代金を除いた168 [全文を読む]

ヤマダ電機も業績回復 家電量販店の「ネット通販」対抗策は

NEWSポストセブン / 2014年05月09日07時00分

でも、ネット通販も振り込みで支払うと安いけど、クレジットカードで購入する場合は余計な手数料や送料がかかって値段が別なんてことも多い。必ずしもネットで買ったほうがリーズナブルとはいえないのです」(前出・安蔵氏) [全文を読む]

家電量販店再編 2010年から2年で1.5兆円の市場縮小が引き金

NEWSポストセブン / 2012年08月02日07時00分

※週刊ポスト2012年8月10日号 【関連ニュース】家電量販店攻略法 「値段が変わる水曜日の夕方に行け」再編続く家電量販店 巨大化の利点はメーカーからのリベート2011年1月からはリサイクルしないとエコポイントもらえない冷蔵庫、洗濯機などの夏物家電購入は6月中がお勧めと専門家高機能デジカメ 機能開発費かさみ利益出すの難しいと販売店 [全文を読む]

アウトレットものは5月がお得 冷蔵庫も安くなる?

NEWSポストセブン / 2016年05月02日16時00分

一度、開封されたものですから、未使用であるにもかかわらず値段がぐっと下がり、5月頃に、アウトレット価格で販売されます」(坂口さん) アウトレット家電を取り扱う家電量販店にはビックカメラ、ジョーシン、ヤマダ電機などがある。新品より1万~3万円ぐらい安いものが見つかることもあるという。品数はそんなに多くないからこまめにチェックを アウトレットといえば、ファッシ [全文を読む]

そのセキュリティ・ソフト、本当にインストールされていますか?/日沖 博道

INSIGHT NOW! / 2015年04月28日02時29分

値段だけを考えたら、アマゾンをはじめとした通販ショップのほうが明らかに安くて手軽だ。でもPC・周辺機器の購入後の接続、ソフトの更新、ハードに関するトラブルや修理などで様々な相談が生じることを考慮して、安さよりも店舗スタッフの知識の確からしさに軍配を上げ、この店を頼りにしてきたのだ。でも一方で、一部ベンダーのコールセンター対応がレベルアップし、しかも技術進歩 [全文を読む]

国立国会図書館の貴重な古書が「Kindleアーカイブ」で入手可能に、しかし盛り上がらない電子書籍サービス

インターネットコム / 2014年10月31日15時50分

そのなかで「電子書籍/雑誌を読みたくない」人は、「画面では読みにくい」(38.2%)、「紙の書籍/雑誌の方が好き」(38.2%)、「紙の書籍/雑誌で十分満足している」(33.7%)、「そもそも書籍/雑誌を読まない」(23.6%)、「電子書籍/雑誌を読むのに必要な専用リーダーの値段が高い」(15.0%)といった理由を挙げていた。 電子書籍が避けられる理由とし [全文を読む]

ショールーミングの衝撃、分かれる家電量販店の対応〜店に来る“意味”をつくれるか?

Business Journal / 2013年11月16日07時00分

家電は似たような製品の性能比較をしたい、クチコミを確認してから買いたいというようなニーズが多く、比較的ネット知識のあるユーザーも多かったため、早くから価格比較サイト「カカクコム」などで値段を確認してより安価なところで購入する、というようなことがよく行われてきたからだ。 これに価格で真っ向対抗しようという方向へ打って出ているのが、ヤマダ電機だ。仕入れコストや [全文を読む]

夏物家電や食器洗い機「値下がりしていて狙い目」と家電販売員

NEWSポストセブン / 2013年05月21日16時00分

なかでも値段が下がっているのが食器洗い機だ。国内メーカー品で、実勢価格7万円台のものが6万円台にまで下がっているケースも。 「はっきりした理由は不明ですが、インターネットなどでの販売価格が値崩れを起こしていて、連動して実店舗でも値下がりが続いています」(前出・高野さん) ※女性セブン2013年5月30日号 [全文を読む]

節電の影響でエアコン商戦が早期化 真夏に品不足の可能性も

NEWSポストセブン / 2012年03月03日07時00分

2月からはより省電力で使いやすい新製品と、値段の安い旧商品が店頭に並んでいます。暑さが本格的になると、品不足のうえに工事の予定が詰まってしまうので、買い時は2~6月の間。早めなほどいいでしょう」(前出・渡辺氏) ※週刊ポスト2012年3月9日号 【関連ニュース】照明 「こまめに消すと余計電気代かかる」はウソと専門家15%の節電には2000Wh減が目標 ひと [全文を読む]

フォーカス