豊臣秀吉 真田丸に関するニュース

真田丸『第20話』解説。秀吉の最後の敵、北条氏はこの時何を企んでた?

まぐまぐニュース! / 2016年05月22日13時00分

昔から豊臣秀吉を冷たい人だと看破し、土壇場の所で石田三成を救う。というか石田三成が北政所に頭が上がらないという伏線は、後の関ヶ原に続いていくんたせろうなあ、と。あと、お兄ちゃんはなにげにハーレム築いていないかという疑惑。#真田丸 — 地雷魚『越天の空』イカロス出版より発売中 (@Jiraygyo) 2016年5月22日 寧様がお辛い一番辛い…#真田丸#丸絵 [全文を読む]

真田丸『第26話』裏解説。朝鮮出兵の裏で起きていた奥羽の反乱

まぐまぐニュース! / 2016年07月03日13時00分

彼は豊臣秀吉の考えている事を敏感に感じることができる上に、豊臣家を守るという使命感を持っている。だが、秀頼の生まれた今、その聡さこそが仇となる。彼はその運命に気づいている。 — 地雷魚『越天の空』7/9 新潮社より発売 (@Jiraygyo) 2016年7月3日 大河最強の死神、あの信長すらナレ殺しにした有働アナの死亡宣告さえも「まだ早い」の一言でキャンセ [全文を読む]

「真田丸」公式サイト終了に悲しみの声多数 台湾では今月放映開始

しらべぇ / 2017年02月03日21時00分

まずは小日向文世演じる豊臣秀吉の死。真田丸での太閤は、すっかり固定イメージが定着したと思われた豊臣秀吉に新たな「可能性」を与えた。普段は陽気で笑っているが、本気になると目から殺気が走る秀吉。これに戦慄を覚えた視聴者は少なくないだろう。また、石田三成(山本耕史)や真田昌幸(草刈正雄)が命を落とした時も、「告別式」と言うべき騒ぎがネット界隈で発生した。そして大 [全文を読む]

主役不在?ツイッターで見る『真田丸』人気キャラランキング

しらべぇ / 2016年07月10日06時00分

L字ワイプの教えに従い水浴びをする石田三成の図 #真田丸 pic.twitter.com/5rVMbDSPvc — びっちー (@bicchee) 2016年7月2日■1位豊臣秀吉(31,259ツイート)朝鮮出兵で、大変な思いで戦っている裏番組で秀吉が開催した大名対抗仮装大会について、史実を調べてツイートした投稿が大量にリツイートされた。仮装パーティーの記 [全文を読む]

ドラマ『真田丸』をもっと楽しめるようになるイベントが滋賀にあるらしい!

マイナビ進学U17 / 2016年09月01日12時01分

■石田三成という武将の魅力を再発見させてくれる『真田丸』皆さんは大河ドラマ『真田丸』を見ていますか? 主人公の真田信繁も、お父さんの昌幸も、豊臣秀吉も徳川家康も、みんな生き生きとしていて個性が豊かですね。『真田丸』を見て、日本史に興味を持った人も増えているのではないでしょうか。そんな中で、ひときわ注目を集めているのが石田三成です。言うまでもなく、戦国時代の [全文を読む]

NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

HANJO HANJO / 2016年12月16日08時01分

群雄割拠の戦国時代、豊臣秀吉の天下統一、秀吉の死後に起きた関ヶ原の戦いや大阪夏の陣といった天下分け目の大いくさと、その渦中で翻弄される真田家。描かれる物語は今まで大河ドラマを筆頭とする時代劇で何度も描かれてきたものだ。しかし見慣れたはずの物語が三谷の手にかかると、とても魅力的だ。 物語は史実通りに進むため、幸村はもちろんのこと豊臣秀吉(小日向文世)や徳川家 [全文を読む]

『真田丸』ロスvs『逃げ恥』ロス 喪失感が大きいのはどっち?

しらべぇ / 2016年12月11日11時00分

また、高畑淳子が演じた母・薫や、豊臣秀吉(小日向文世)、本多忠勝(藤岡弘、)など、名演が話題を呼んだ俳優・女優の役が、すでに世を去っている。中には「ナレ死(死去するシーンがなく、ナレーションで語られる)」もあったが、こうした名優たちがすでにドラマを離れたたびに、ファンは何度も「ロス」を感じていた可能性もある。いずれにせよ、残された放送を存分に楽しみたい。・ [全文を読む]

『真田丸』が一瞬『リーガル・ハイ』に!? 『古畑任三郎』も登場の自由過ぎる大河ドラマ

messy / 2016年06月08日14時00分

明るさの裏に狂気を孕んだ小日向文世演じる豊臣秀吉や、腹黒さ全開の笑顔が印象的な高嶋政伸演じる北条氏政など、個性的な武将たちに囲まれながら戦国時代を生き抜く真田信繁を堺が好演している。脚本は三谷幸喜が手がけ、時代劇でありながらコミカルな演出も光る“三谷演出”には「時代劇が苦手な人でも楽しめる作り!」「三谷テイストが炸裂してて面白いなあ」と絶賛の声が続出中だ。 [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

真田信繁(幸村)を演じた堺雅人さんはもちろん、その父親・昌幸役の草刈正雄さん、豊臣秀吉役の小日向文世さんらの多くの“真田丸俳優”が話題になりましたが、そんな芸達者ぞろいのキャスト陣の中で、キラッと光った3人の若手キャストに注目しました。 “注目の若手イケメン”から成長 「秀頼」役で幅広い層に支持を広げた中川大志まず『真田丸』終盤のストーリーで強い印象を残し [全文を読む]

NHK『真田丸』の配役に張り巡らされた、俳優たちのリアルな「裏」人間関係

Business Journal / 2016年07月14日07時00分

豊臣秀吉の重臣である大谷吉継を演じているのが、藤原紀香との結婚が話題の片岡愛之助。その愛之助の育ての母である高田美和は、89年のドラマ『風雲!真田幸村』(同)で、秀吉の側室である淀の方(茶々)を演じているのだ。『真田丸』では、竹内結子が演じている役だ。 吉継も茶々も、豊臣家を描く上では重要な役割だが、役柄だけでなくリアルな親子関係も『真田丸』には盛り込ま [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

第24回「滅亡」では、豊臣秀吉による惣無事令(私戦の禁止)に違反して攻められた北条氏が滅亡する物語が描かれる。群雄が割拠し、下克上も絶えなかった戦国時代。江戸幕府が開かれ、いちおうの平和が戻るまで、数多くの大名家が攻め滅ぼされ、歴史の表舞台から消えた。しかし、その後はどうなっているのだろうか?代表的なケースをいくつかご紹介しよう。(1)北条家→河内狭山藩1 [全文を読む]

【真田丸】板部岡江雪斎って何て読む?戦国武将の珍名6選

しらべぇ / 2016年06月05日16時15分

・合わせて読みたい→『真田丸』豊臣秀吉も激怒!自分の種でない子を「托卵」される男たち(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト) [全文を読む]

なぜ真田信繁は敗れ、家康は徳川幕府300年の礎を築けたのか

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日02時20分

一拠点に固執しない 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康たち、いわゆる戦国時代の三英傑が天下を取れたのはなぜか、その理由は多くの歴史家に研究されてきました。 その性格、家臣団をまとめる経営術、軍略の巧みさなど、いろいろな理由はあります。でも、全国各地の戦国大名や領主たちと見比べて、なぜ彼ら三英傑が天下を取って、その他の大名や領主たちは天下を取れないのか、という視 [全文を読む]

大坂の陣400年丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち

@Press / 2015年07月30日16時00分

真田幸村をはじめ、豊臣秀吉や徳川家康など名将たちの甲冑レプリカ(全6体)や東京では初となる「真田丸」復元ジオラマを展示します。さらに、丸ビル4階丸の内ロフトによる戦国グッズショップも登場します。 また同期間中、丸ビル1階のMarunouchi Cafe × WIRED CAFEでは、真田幸村をイメージしたオリジナルメニュー「海老とオリーブのペンネ 怒りん坊 [全文を読む]

不調NHK大河…浮上のカギ握るのは…

NewsCafe / 2017年03月05日07時00分

阿部に主役は荷が重かったのかも」 デスク「そう、その意味では脇でのびのびできる大河で、これから阿部の存在は重くなると思うね」 記者「戦国時代を最後まで生き抜いたんですから最終回まで出るでしょうからね」 デスク「『真田丸』では豊臣秀吉を演じた小日向文世(63)が注目されたけど、今回は阿部がそうした評価を受けるような気がする」 記者「不人気の大河に差す光明かも [全文を読む]

【真田丸】数万の軍勢すら敵わなかった「女たちの交渉能力」

しらべぇ / 2016年12月04日10時00分

そしてそうしたことは、織田信長も豊臣秀吉も理解していた。彼らに関わった女は、みんな一定の政治的権限を確保していた。だからこそ、彼女たちの名前がちゃんと記録にも残る。それと真逆なのが、武田信玄だ。彼の場合は実母、正室、継室、側室を含めて女性たちの本名が未だ分かっていない。たとえば武田勝頼の母である「諏訪御料人」の本名は、あれだけドラマチックな人生を送ったにも [全文を読む]

大河ドラマ 山本耕史ら「さらりと脱ぐ男」に注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年08月24日07時00分

* * * 大河ドラマ『真田丸』は、強烈天下人豊臣秀吉(小日向文世)亡き後の混乱期に突入。三谷脚本が得意とする、人間関係ごちゃごちゃドラマとなって目が離せない。しかし、その一方で、もう三成の水垢離(みずごり)シーンはないんだろうなあという声も聞こえる。 思い出せば、秀吉の子鶴松が重病になった際、豊臣ゆかりの加藤清正と福島正則が回復を祈り、井戸端で水垢離を [全文を読む]

竹内結子「真田丸」での小悪魔演技に主演の堺雅人もタジタジ?

アサ芸プラス / 2016年05月29日17時57分

豊臣秀吉の側室でありながら、堺雅人(42)を迫り倒す名艶技を先行公開! 本作で竹内が演じるのは、戦国一の美女との説もある浅井茶々。言わずと知れた豊臣秀吉の側室であり、のちに天下人・豊臣秀頼の母・淀殿となる。「真田丸」の脚本は、時に史実を無視して盛り上げる癖のあるあの三谷幸喜氏。はたして、竹内演じる茶々をどんなふうに「盛り上げ」たのか──番組制作関係者が明か [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中川大志が“真田丸ロス” 堺雅人や竹内結子と別れを惜しみ「父上の陣羽織をこっそり」

TechinsightJapan / 2016年12月21日11時25分

小日向文世の熱演が話題となった豊臣秀吉と竹内結子演じる側室・茶々(淀殿)の第2子として生まれた豊臣秀頼(幼名・拾)役を務めたのが中川大志である。最終回を見た彼は19日、『中川大志オフィシャルブログ』にて「はあ…終わってしまった… 真田丸ロスが始まってます」とため息まじりに切り出した。いちファンとしての喪失感はもちろんながら、自身が撮影に関わっただけに格別 [全文を読む]

真田幸村(信繁)雌伏の地!訪ねてみたい和歌山・高野山周辺の寺社スポット4選

サライ.jp / 2016年09月28日17時00分

織田信長、豊臣秀吉、石田三成、武田信玄、上杉謙信ら名だたる戦国武将の墓碑・供養塔が立ちます。その数は20万基以上。老杉が生い茂る清浄な空間に、敵味方関係なく、静かに眠っています。 [caption id="attachment_92691" align="alignnone" width="500"] 静寂に包まれる高野山・奥之院。[/caption] [ [全文を読む]

フォーカス