脚本 真田丸に関するニュース

真田丸『第45話』解説。敵に余計な一手間をかけさせる築城のセオリー

まぐまぐニュース! / 2016年11月13日22時00分

#真田丸 — ぬえ (@yosinotennin) 2016年11月13日 これは茶々が茶々を入れるという高度なギ(ry #真田丸 — まとめ管理人 (@1059kanri) 2016年11月13日 脚本の三谷さんは #真田丸 で真田源次郎を徹底的に「軍人」として、真田源三郎を「政治家」として描きたいんだろうなあ。当時の武将が持つ二つの側面を、この兄弟を通 [全文を読む]

真田丸『最終回』解説。死して400年後も視聴者を翻弄した真田の生き様

まぐまぐニュース! / 2016年12月18日22時00分

その時点で決まっていたのは、タイトルが『真田丸』、脚本が三谷幸喜さん、主演が堺雅人さん、というくらいの事。丸島さんと局に呼ばれて、プロデューサーさんや主だったスタッフさんたちとのブレーンストーミングに臨んだあと、渋谷までの道すがら「ずいぶん厳しい箝口令を敷かれたものですね」などと、丸島さんと話していたのが、つい昨日のことのようにも、遠い昔のようにも感じられ [全文を読む]

真田丸『第48話』解説。馬上筒は考証的にはアウトだけど許せるワケ

まぐまぐニュース! / 2016年12月04日22時00分

#真田丸 pic.twitter.com/h0SMUVwSUW — 678 (@678mpth) 2016年12月4日 家康が秀忠には任せられん!て言うのは、これからも将軍として全国統治を続ける秀忠ちゃんに余計な責任を負わせたくなかった親心があったと信じてるよ…戦国の負の遺産でもある豊臣討伐、上方で豊臣を討つことは民衆の反発を買うことでもあり、その汚名を着 [全文を読む]

真田丸『第43話』裏解説。「籠城」作戦は本当に愚策といえるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月30日22時00分

#真田丸 — 碧也ぴんく (@pinkjyoudai) 2016年10月30日 #真田丸 脚本の重層的な巧みさはさすが三谷幸喜である。大阪方といっても茶々、大蔵卿一派、織田有楽斎、後藤又兵衛、左衛門佐、その他牢人武将。見事に重層的多面的にバラバラなのだ。こんなん戦争やれるわけないですやん(笑) それを上手く誤魔化して話を進めているあたりさすが三谷脚本である [全文を読む]

真田丸『第20話』解説。秀吉の最後の敵、北条氏はこの時何を企んでた?

まぐまぐニュース! / 2016年05月22日13時00分

若い頃から秀吉がサイコパス説を正面切って採用するのは初めての大河じゃないだろか #真田丸 — fujii h (@fujiih) 2016年5月22日 ここは史実の秀吉をちゃんと知っていないと書けない脚本ですね→「昔から怖い人」 #真田丸 — まとめ管理人 (@1059kanri) 2016年5月22日 史書には「犯人を探索し7人を鼻削ぎ耳切りにした上で倒 [全文を読む]

真田丸『第26話』裏解説。朝鮮出兵の裏で起きていた奥羽の反乱

まぐまぐニュース! / 2016年07月03日13時00分

— 俗人朽侘外羽の憂鬱 (@Rotten_Stupa) 2016年7月3日 ちらばった家族がばばさまのもとに集まってるこのシーンがサマーウォーズに見えてしかたなかった #真田丸 — おじょー (@o_jo_3) 2016年7月3日 コント仕立てのお笑い満載の中に、物語後半の伏線を随所に散りばめた秀逸の脚本。天下人秀吉の苦悩、家康の野心、板挟みの信幸、秀次 [全文を読む]

真田丸『第34話』裏解説。なぜ上杉景勝は家康に反旗を翻したのか?

まぐまぐニュース! / 2016年08月28日22時00分

徳川に仕える選択肢は信繫の中には元々無いんだな#nhk #真田丸 — くろま@おいでよ真田丸の沼 (@kuroma_9) 2016年8月28日 凄い脚本だよなと思うのは、三成さんは一生懸命なのにそれが空回りしまくっててとても可哀想で見ていて切ないけれど、天下を治める器かと言われるとそうではないなと明確に思わせるところ。 #真田丸 — いが(たろに) (@i [全文を読む]

『真田丸』第4話をマニアック解説。幸村の父は元・足軽大将だった!

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日13時00分

今回は、キャストの個性に合わせて絶妙に脚本を描き分ける「アテ書き」の名手、三谷幸喜さんの凄さと、真田幸村の父・昌幸のエピソードについてです。 今週のワンポイント(1月 31 日) 今回のワンポイントはキャスト。別に三谷さんをヨイショしたからといって、仕事が回ってくるわけで はないので、ヨイショするつもりはないのだけれど、実際に自分が感じていることなので、正 [全文を読む]

真田丸『第40話』裏解説。大坂と江戸に権力が並ぶ「二重公儀体制」

まぐまぐニュース! / 2016年10月09日22時00分

#真田丸 — ぬえ (@yosinotennin) 2016年10月9日 関ヶ原を45秒で終わらせて浮いた経費が、今ここで爆発する! #真田丸 — 各務原 夕@向上心のないゾンビは馬鹿だ (@nekoguruma) 2016年10月9日 クラスタさんたちがずっと言っていた、信繁って実は小さな策を弄しているだけで成功してないよね、裏目にしか出てないよねという [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

『ちりとてちん』の藤本有紀サンの脚本で、同ドラマで向田邦子賞を受賞。まさに、時代劇の新たな可能性を見せてくれましたね。主演の松尾スズキさんの演技も光りました。6位(1票)■『重版出来!』(TBS系)「古風な役柄がピカイチの黒木華さんが現代劇でもあの可愛らしさ!低迷する出版業界が枠組みを取っ払って番組に協力した背景も好感。」小学館の人気コミックを名人・野木亜 [全文を読む]

主役不在?ツイッターで見る『真田丸』人気キャラランキング

しらべぇ / 2016年07月10日06時00分

それは三谷脚本と、個性派俳優たちによって創り上げられた脇役の魅力にあると言っても良さそうだ。【調査概要】 2016年6月25日午前0時から2016年7月3日23時59分までのハッシュタグ「#真田丸」付きでつぶやかれたツイート29万8,353件について、ツイートに含まれ ていたトップ5の人物名を集計し、ランキングを作成。 (取材・文/かっこ株式会社・成田武雄 [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

同ドラマの何が面白いって、やはり脚本。そう、ドラマの8割は脚本なのだ。朝ドラの基本フォーマット「女性の一代記」を踏襲し、朝ドラの大先輩『おはなはん』(1966年)へのオマージュシーンも入れつつ、一方で初の“江戸時代スタート”というチャレンジも。さすが、史上最年少で向田邦子賞を受賞した大森美香サンの面目躍如である。加えて、主役の波留は天真爛漫で打算なく、夫役 [全文を読む]

『珍遊記』まさかの実写化で関係者が暴露する、超問題作の舞台裏「松山さん…なんで出たんだろ?」

週プレNEWS / 2016年03月05日09時00分

1990年から93年に『週刊少年ジャンプ』に連載された伝説のギャグ漫画『珍遊記』がまさかの実写映画化! 日本映画界の常識を覆(くつがえ)す、この“超問題作”の脚本を担当した、お笑いトリオ・鬼ヶ島のおおかわらとトンデモな経緯で出演することになった役者・今野浩喜がその裏側を語り尽くした! ―予告動画が公開されるやいなや、「倉科カナが『ち○こ』と連呼してるゾ!」 [全文を読む]

「真田丸跡地でない」と判明した神社の宮司の意外な反応

NEWSポストセブン / 2016年03月03日16時00分

三谷幸喜・脚本で話題の『真田丸』の主人公・真田幸村(堺雅人)の終焉の地である大阪に、早くも観光客が集まっているのだ。 三光神社の境内には、軍配を振りかざす真田幸村像がそびえ立ち、「真田丸跡」と書かれた顔ハメ看板や真っ赤なのぼりが並ぶ。 ところが、である。最新の調査によるとこの神社は「真田丸跡地ではない」というのだ。調査した城郭研究家の千田嘉博・奈良大学学 [全文を読む]

『真田丸』ロスvs『逃げ恥』ロス 喪失感が大きいのはどっち?

しらべぇ / 2016年12月11日11時00分

(画像はTBS公式サイトのスクリーンショット)三谷幸喜が脚本を務め、放送のたびにツイッターが「#真田丸」祭り状態となるNHK大河ドラマ『真田丸』。そして、エンディングの「恋ダンス」や、二人の恋の行方が注目を集める大ヒットドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』(TBS系)。いずれも、間もなくフィナーレを迎える。11日放送の『真田丸』の舞台は、真田幸村最後の戦いであ [全文を読む]

ドラマ『真田丸』をもっと楽しめるようになるイベントが滋賀にあるらしい!

マイナビ進学U17 / 2016年09月01日12時01分

でも、脚本を書いている三谷幸喜さんはそんな評価をガラッとくつがえして、魅力たっぷりの石田三成像を作ってくれました。普段はクールで口数も少なく、理路整然と振る舞っていますが、何かの拍子にい熱い心が抑えられずに吹き出すシーンが垣間見られます。そのあたりに注意してみてもおもしろいかもしれませんね。■『真田丸』の衣装も見ることができる「MEET三成展」ところで、石 [全文を読む]

時代劇なのにお笑いのコントみたい!? 映画やドラマの面白さを左右する、言葉にまつわる仕事って?

マイナビ進学U17 / 2016年04月04日12時02分

一体どのような仕事なのでしょうか?■ドラマがヒットするかどうかは脚本家しだい!?みなさんはどんなドラマや映画が好きですか? ハラハラドキドキのミステリー、胸キュンのラヴコメ、アイドルが演じる学園もの……。ドラマというと、まず真っ先に気になるのが、出演者です。自分の好きな俳優が出ていたら、どんな作品でも一度は見てみたいと思うのではないでしょうか。しかし、どん [全文を読む]

今、誰も意見が言えない大物脚本家とは?

tocana / 2016年03月08日09時00分

現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』の脚本を務め、これまでも『振り返れば奴がいる』『警部補・古畑任三郎』(ともにフジテレビ系)などの人気作品を手掛け、監督を務める映画作品も数多く輩出している人気脚本家の三谷幸喜。 自分自身もタレントのように前に出て宣伝活動に勤しむことも多いため、脚本家の中でも知名度が高いが、現場ではどのような評判の人物なのか。関係者をあ [全文を読む]

真田丸 一番の仕掛けは「毎回、最終回を見せていた」演出

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

スペシャルムービーの企画・脚本・監督は博多華丸主演の傑作ドラマ『めんたいぴりり』を手がけた江口カン。さすがだ。その彼らが、ドラマ本編最終回で憧れの幸村本人から「命を惜しめ」と言われる。なかなかに泣かせる演出だった。 【その2】大事件をあえて見せない 本能寺の変では、定番ともいえる炎の中の信長の舞などは一切なし。関ヶ原の戦いも佐助の報告であっさり決着。となる [全文を読む]

『真田丸』は壮大なラブストーリーだ! 結末を知りながらも見守りたい、三谷脚本の凄さ

リアルサウンド / 2016年12月10日06時10分

若手の脚本家・演出家として活躍する登米裕一が、気になる俳優やドラマ・映画について日常的な視点から考察する連載企画。第15回は、最終回目前となったNHK大河ドラマ『真田丸』について。参考:妻夫木聡と綾野剛、ゲイを正面から演じたことの意義 NHK大河ドラマ『真田丸』が好調なまま終盤を迎えている。本作は普段、大河ドラマを見ない若年層からも人気があるようで、今見て [全文を読む]

フォーカス