視聴率 真田丸に関するニュース

『真田丸』第7話をマニアック解説。清洲会議は重役会議ではなかった?

まぐまぐニュース! / 2016年02月21日13時00分

前回の放送で、ドラマの舞台である長野地区における視聴率が再び31%と大躍進を遂げた、NHK大河ドラマ『真田丸』。MAG2 NEWSではナワバリストと呼ばれる城郭研究家たちが、毎回のドラマをさらに楽しむためのワンポイント解説をお送りいたします。今回は、三谷幸喜さんの小説、そして映画でも大きな話題を呼んだ「清洲会議」についてです。織田家の家臣が集まったこの会議 [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

1月18日夜、冒頭7分間にメンバー5人が生出演した回の視聴率は、驚異の31.2%――。この数字、今年の視聴率ランキングで、ほぼNHK『紅白歌合戦』に次ぐことが確定しています。それくらい歴史的出来事であったと。とはいえ、それは派手なセットもCGもない、往年のヒット曲が流れるでも、抱腹絶倒のトークが交わされるでもない、極めて地味な絵面。それに、国民の3割がクギ [全文を読む]

『真田丸』第4話をマニアック解説。幸村の父は元・足軽大将だった!

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日13時00分

視聴率も20%を超え、ますます好調なNHK大河ドラマ『真田丸』。歴史に詳しい人も詳しくない人も、グイグイ引き込まれてあっという間に時間が過ぎてしまいますよね。そんな『真田丸』をもっともっとデイープに楽しみたい……。そんな方のために、MAG2 NEWSではナワバリストと呼ばれる城郭研究家たちが、毎回のドラマをさらに楽しむためのワンポイント解説をお送りいたしま [全文を読む]

NHK大河『真田丸』で“高視聴率男”ぶりを証明した堺雅人 争奪戦にフジテレビも参入か!?

日刊サイゾー / 2016年12月22日11時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』が18日、最終回を迎え、視聴率は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。全話平均は16.7%で、2012年以降の大河では最高視聴率をマーク。主演の堺雅人は、“高視聴率男”ぶりをあらためて示す格好となった。 『真田丸』は初回19.9%でスタート。20%の大台を超えたのは第2話のみだったが、終始安定した視聴率をキープ [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』が自己ワースト視聴率更新も、NHKが慌てないワケ

日刊サイゾー / 2016年10月27日21時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』(堺雅人主演/日曜午後8時~)第42話(10月23日)の視聴率が13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)にとどまり、自己ワーストを更新した。 『真田丸』は初回(1月10日)=19.9%で好発進し、第2話では20.1%と大台を突破。第3話以降、大台超えこそないものの、常時15~19%の高視聴率をキープ。第30話(7月31日 [全文を読む]

出ていてよかった『真田丸』! 山本耕史も“痛感”した『OUR HOUSE』の惨敗とフジの憤死ぶり

日刊サイゾー / 2016年04月28日13時00分

「つい先日、『真田丸』の中打ち上げが行われて、主演の堺雅人さんをはじめ、主要キャストはみなさん参加されていたんですけど、山本耕史さんはかなり酔っていて“爆弾発言”をしていましたよ」(NHK関係者) 24日に放送された第16回「表裏」の視聴率も、BSプレミアムの平均視聴率が自己最高となる5.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録するなど、好調を維 [全文を読む]

『イッテQ!』ベッキー休業にNHK歓喜!? 停滞気味『真田丸』視聴率アップの可能性

サイゾーウーマン / 2016年02月14日12時45分

視聴率が伸び悩み気味だったNHK大河ドラマ『真田丸』(堺雅人主演/日曜午後8時~)に、思わぬ形でチャンスが到来した。 同ドラマは、初回(1月10日)19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の視聴率で好発進し、第2話(同17日)は20.1%と、大河ドラマとしては3年ぶりに20%の大台を突破。だが、第3話(同24日)で18.3%と降下すると、第4話( [全文を読む]

『真田丸』公式サイトも31日で完全終了 ファンからは嘆きの声

しらべぇ / 2017年01月05日06時00分

年間の平均視聴率はここ5年間で最高、最終回の総合視聴率は21.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した。■「さなロス」「丸ロス」が続く多くの人の心を1年間とらえ続けたコンテンツだけに、喪失感から「さなロス」「丸ロス」といった声も聞かれる。最終回(第50回)の放送が終了した翌週日曜25日夜には、ツイッターで「#真田丸第51回」とハッシュタグをつけた二次 [全文を読む]

“戦国アクション”2大ゲーム『戦国無双』&『戦国BASARA』が、“真田幸村”を題材に対決!?

おたぽる / 2016年07月17日14時00分

視聴率も堅調、何より普段は口うるさ…史実と創作物の相違の確認に熱心な歴史好きや歴史小説ファン、普通のドラマファンからも好評を得ている大河ドラマ『真田丸』(NHK)。夏休み直前とあってか、『戦国無双』&『戦国BASARA』というゲーム業界を代表する2大タイトルも、それぞれ『真田丸』および真田幸村(信繁)をテーマに組み込んだ新作の情報を発表したので、まとめて紹 [全文を読む]

『真田丸』はコミカルすぎ?史実に沿わない大河ドラマを検証

しらべぇ / 2016年02月29日16時00分

真田幸村(信繁)という人気の高い武将の一生を描くドラマだけに、視聴率も初回から好調。前回の『花燃ゆ』が低調に終わっただけに関係者は安堵しているだろう。しかしユーモアをまじえた内容については賛否両論で、「コミカルすぎる」、「チャラチャラしている」などの批判や、「本能寺の変のあとに満月から数日後の月を出すのはおかしい」などと細かいツッコミも多いとのこと。ちなみ [全文を読む]

菅野美穂の出産を堺雅人主演のNHKドラマ『真田丸』番宣に利用する蜜月関係

デイリーニュースオンライン / 2015年08月20日12時00分

NHKが『真田丸』にかける思い 現在放送中の大河『花燃ゆ』は、平均視聴率12%前後。一桁台を記録してしまう放送回もあり、大河ドラマとしてはかなり低調だ。ネットでは、 「大河ドラマはすでにオワコンだ」 「もう十分だよ。1日も早く安楽死させてあげて」 と厳しい意見も相次いでいる。 それもあってか、NHKは、次の『真田丸』では巻き返そうと躍起になっている。 「 [全文を読む]

不調NHK大河…浮上のカギ握るのは…

NewsCafe / 2017年03月05日07時00分

放送から2カ月たつけど、視聴率的にはちょい厳しいね」 記者「昨年の『真田丸』と比べるとどうしてもそうなりますよね」 デスク「おととしの『花燃ゆ』も、吉田松陰の末妹がヒロインだった点で主人公の知名度の低さで苦戦した。今回も、よほどの歴史通でないと、彦根藩の藩祖・井伊直政の養母・直虎の存在は知らないだろ」 記者「大河の放送の前には、直虎が女ではないという説も浮 [全文を読む]

新大河“直虎”が孕む「視聴率とカネの大不安」

日刊大衆 / 2017年02月18日11時00分

全50話の平均視聴率は、地上波放送で約16.6%、BS放送で5%弱と、多くの人を夢中にさせたのだから、それも当然のこと。さらに、ドラマの舞台である長野県上田市には多くの観光客が訪れ、日本銀行の発表では、最初の半年だけで、しかも長野県だけで、経済効果が200億円という試算だ。 中でも、多くの人が押し寄せたのが、上田城内に設けられた「信州上田真田丸大河ドラマ館 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

まず、ベッキーを襲った文春砲に始まり、朝ドラ『あさが来た』(NHK)の21世紀の同枠最高視聴率の更新、『報道ステーション』(テレビ朝日系)と『笑点』(日本テレビ系)の主役交代劇に、10月からは「日曜ゴールデン戦争」が勃発。暮れにかけてはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットに、こちらも文春砲に見舞われた『輝く!日本レコード大賞』(TBS系 [全文を読む]

柴咲コウ『おんな城主 直虎』は『真田丸』より期待できる?

しらべぇ / 2016年12月30日10時00分

(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)今年は、視聴率でも話題性においても、大きな成功をおさめたNHK大河ドラマ。三谷幸喜の脚本、堺雅人が主演した『真田丸』は、放送がすでに終わった25日日曜20時にユーザーによる「真田丸第51回」と題した二次創作大会を開かせたほどの人気ぶり。30日の午後0時15分からは、4時間にわたって「総集編」も放送される。■来年 [全文を読む]

最終回にきてまさかのコラボも!? 鹿島の大奮闘で数字は伸び悩むも感動の完結を迎えた『真田丸』第50話「最終回」レビュー!

おたぽる / 2016年12月21日11時00分

最終回だというのに視聴率は10日放送回よりも低い14.7%に終わってしまったが、これは、19時20分~22時9分にかけて放送された『FIFAクラブワールドカップジャパン2016決勝・レアル・マドリード×鹿島アントラーズ』が強すぎたからしょうがない(26.8%)。とはいえ平均視聴率は16.6%とここ5年では一番高い数字だし、NHK BSプレミアムでは5.6 [全文を読む]

NHKが総力を挙げた(多分)“真田丸”が火を噴く! 日の本一の兵・幸村が超絶格好良かった『真田丸』第45話「完封」レビュー!!

おたぽる / 2016年11月17日18時00分

ちなみに視聴率は15.2%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。 合戦シーンの素晴らしさを褒め称える前に、触れるべきことをいくつか。まずは江戸では、福島正則(深水元基)、平野長泰(近藤芳正)という“七本槍”2人の再登場。「秀頼様のために何かしたいんじゃ!」という正則の熱い思い、相変わらず無理難題を押し付けられて困る信之で笑わせてくれた。おこうさん(長野里美)の [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』を自己最低視聴率に追いやった、プロ野球・日本シリーズの“意外な人気”

日刊サイゾー / 2016年10月26日18時00分

視聴率的に、関東地区では苦戦をしいられると思われたが、意外や意外、大健闘しているのだ。 第1戦(10月22日)はTBS系列が放送したが、関東地区で18.5%(ビデオリサーチ調べ、特記なきものは関東地区/以下同)の高い数字を記録。この試合では、大谷翔平投手(日本ハム)が先発したとあって、高視聴率につながった模様。ご当地広島地区では53.8%(第2部)、札幌地 [全文を読む]

有働由美子アナも呆然!「真田丸」真田昌幸の死に大河史上最大級の“ロス”が発生

アサ芸プラス / 2016年09月29日09時59分

視聴率好調のNHK大河ドラマ「真田丸」。9月25日の放送では、主人公・真田信繁の父・昌幸の最期が描かれ、大きな話題を呼んだ。「みずから『俳優人生でナンバーワンの作品、一番最高の役』と言うだけあって、草刈正雄も大変な熱の入れようでした。豪快でひょうひょうとしたラテン系のキャラが視聴者からとても好評でした。その最期ですから、“昌幸ロス”となる視聴者が続出。“大 [全文を読む]

夏ドラマはNHKの一人勝ち?打ち切り最右翼は『神の舌を持つ男』か

しらべぇ / 2016年07月26日17時30分

第1~3回の視聴率が6.4%、6.2%、5.7%と、回を重ねるごとに数値を下げている。局内では、はやくも「打ち切り」の噂が出始めているそうだ。■期待値は高かったものの...本作は主演が向井理、監督は堤幸彦、脚本は『ATARU』(TBS系)で知られる櫻井武晴氏と、いわゆる豪華制作陣。当然、期待の声も大きく、オリジナル脚本ということもあってヒットすれば映画化も [全文を読む]

フォーカス