実家 土屋太鳳に関するニュース

2016秋のドラマ美女「TVには映らない桃色オフレコ行状」を一挙公開!(3)土屋太鳳が頑張りすぎた“赤坂5丁目ミニマラソン”

アサ芸プラス / 2016年10月30日09時57分

実家の前をお姉さんと一緒にジョギングしている姿を何度か見かけたことがあります」 体を動かすことが好きな土屋だが、実は太りやすい体質だそうで、「まれ」の撮影中に製菓指導を受けていたパティシエのスイーツを食べすぎて「激太り」が報じられた。それでも9月に迎えた本作のクランクインには、シュッとした顔つきで参加していたという。「今年3月に『まれ』で共演した俳優の山 [全文を読む]

映画打ち上げで最後までの土屋太鳳に「さすが体育会系!」

NEWSポストセブン / 2016年10月26日16時00分

「太鳳ちゃんは、今も実家暮らしでご両親と一緒に住んでいるんです。彼女は3人きょうだいの真ん中の5人家族。3人の子育てにご両親が金銭的に苦労したこともあったみたいですが、子供たちの夢を叶えるためにと頑張ってくれたという話を聞いたことがあります。特にお母さんは“女優になりたい”という太鳳ちゃんに滑舌を改善するレッスンを受けさせたり、全面的にバックアップしてく [全文を読む]

女優・土屋太鳳が意外すぎる「肉食ぶり」を披露し話題に 「肉食すぎてビビった」「太鳳ちゃんにシメられたいw」

AOLニュース / 2015年12月22日12時00分

さらには実家に伝わるという、すき焼きの後のシメ料理"土屋家特製グラタン"を紹介したが、すき焼きの鍋に濃厚なクリームシチューのルーを入れ、さらにその上から餅と大量のチーズを入れるなど、主食のようなシメ料理であることが明らかに。こうした土屋の旺盛な食欲とその肉食ぶりに対し、男性視聴者からは「すき焼きのシメでまさかのグラタンwww」「すげえなおいw」「ホントに食 [全文を読む]

今クールもっともアツいドラマ『下町ロケット』!! ネットでは土屋太鳳の肉感的ボディにも熱視線

メンズサイゾー / 2015年11月10日10時00分

宇宙科学開発機構の元研究員で、実家の町工場・佃製作所を継いだ主人公の佃航平を阿部寛(51)が演じる。ロケット開発への情熱を捨てきれない航平が、大口取引先を失ったり、ライバル会社から特許侵害で訴えられたりするなど、いくつもの苦難に直面しながらも、それを乗り越えていく物語だ。 放送前から注目を集めた同作は、脇を固めるキャストも豪華。特に男性陣には、大御所俳優の [全文を読む]

土屋太鳳「菜穂はマシュマロみたいな女の子」

Movie Walker / 2015年11月03日21時53分

村坂あずさ役の清水くるみも「子供の頃実家では毎年イルミネーションの飾り付けをやってました。ご近所さんもそういう家が多くて、お互い競い合ってるような雰囲気があったかも」とイルミネーションの思い出を語った。 また、イルミネーションデートについて「“誘って欲しいな”という雰囲気を察して男性側からアクションを起こして欲しい」という女性キャストの意見に、竜星が「“イ [全文を読む]

広瀬すずだけじゃない!朝ドラ女優・土屋太鳳が語った“一家赤貧”時代

アサ芸プラス / 2015年05月14日17時59分

「最近では女優の広瀬ずずの実家が、借金苦で家も土地も手放して一家で引っ越ししたと報じられていましたが、まさか土屋までもが。土屋はこれまでもトーク番組に出演することが少なく、プライベートについてあまり語ったことがなかったので、ちょっと意外でしたね」 奇しくも土屋と広瀬すずの姉・アリスが二十歳で同世代。不況長引く“失われた20年”を過ごした世代が、芸能界に限ら [全文を読む]

石田ゆり子、土屋太鳳が抱く“意外な夢”とは?

アサジョ / 2017年06月01日18時15分

女優・土屋太鳳さんは、自身が出演した映画「PとJK」の主人公の本谷カコの実家を訪れて、「函館の港と海が本当に素敵。空や海の見える家に住みたい」と夢を語っていました。 また、タレントの酒井若菜さんは、ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公キャリーの「ネイビー色のキラキラとした着物ガウンを羽織って、煙草片手にMacBookを叩く姿」に心から憧れたこと [全文を読む]

仮面ライダー俳優・竹内涼真が“子供の夢を壊す”キャラでブレイク中!

アサジョ / 2016年02月28日09時59分

「モテたでしょ?」と聞かれれば「はい、モテました」と素直に答え、実家でのロケでは7歳年下の弟と毛布の取り合いをする姿を見せるなど、「面白くて可愛い」と、視聴者にも番組スタッフにも評判上々だとか。「お店ロケでは女性店員さんの胸元をついガン見したり、ライダー時代は給料制だったことを告白するなど、そのあけすけな姿に『子供の夢を壊すぞ!』とツッコまれていますが、そ [全文を読む]

三上博史「下町ロケット」がTBS効果で緊急再放送!

Smartザテレビジョン / 2015年12月18日12時02分

かつて研究者としてロケット開発に携わりながら、今は実家の小さな町工場を経営する主人公・佃航平に三上博史、ロケットエンジンの特許技術をめぐって主人公と相対する大企業の宇宙航空部部長・財前道生に渡部篤郎、特許裁判のスペシャリストとして佃を支える弁護士・神谷涼子に寺島しのぶ、ほか、池内博之、綾野剛、原田夏希、眞島秀和、光石研、小市慢太郎、水野真紀、古谷一行ら実 [全文を読む]

2010年の岡村隆史の休養 病院診察を勧めたのは大泉洋だった

NEWSポストセブン / 2015年05月24日07時00分

しかし、デビュー当時は北海道の実家で暮らし、出稼ぎ感覚で東京で仕事をしていたという。かつて大泉は女性セブンの取材に対してこう語っている。 「なんですか? ぼくがマザコンだとでも言いたいんですか? なんだかんだ言って男はみんなマザコンなんですよ。なぜ、年頃になったら家を出なきゃならないんですか! 確かに、ぼくのことを自立できない男というヤカラは多いですよ。 [全文を読む]

フォーカス