所属事務所 土屋太鳳に関するニュース

能年玲奈の復活が小泉今日子のサポートあっても困難なワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年05月31日08時00分

「そもそも能年の所属事務所の高圧的な対応は話題になっており、時にはスポンサーサイドの意向にさえ反する行為に出ることもあるようです。そういったところが、じわじわと所属タレントが精神的に追い詰められている部分があるのではないでしょうか」(芸能関係者) 関係者はこの点を踏まえて、事務所の態度に嫌気がさした能年が、独立という行為に出てもなんら不思議なことではない [全文を読む]

清水富美加“幸福の科学信者の両親”に反発していた高校時代

WEB女性自身 / 2017年02月14日00時00分

「これまで所属事務所にも伏せていたそうですが、清水さんが幸福の科学の信者であることは幹部の間でも知られていました。ご両親ともに幸福の科学の信者で、幼いころから教えを固く信じていたそうです。そして彼女は今回、『女優よりもやりたいことが見つかった。これからは、幸福の科学のためだけに働いていきたい』と漏らしているそうです」 最近では仕事現場をドタキャンするなど [全文を読む]

清水富美加、ベッキー不在の『にじいろジーン』新加入! 朝用の新キャラを用意!?

メンズサイゾー / 2016年03月20日12時00分

昨年放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に登場した際には、所属事務所のオーディションを振り返って「(当時)中学2年生のわりには計算して挑んだ」と本音を明かした。そのオーディション会場にはキレイな女性がたくさんおり、自分のことを「垢だらけのブス」だと感じたため、「キャラクターを作って前に出していこう」と決意したという。そんな彼女の気取らない発言に、視聴 [全文を読む]

土屋太鳳の“グランクラス・ショット”に「売れっ子は違うな~」と羨望の声! 長澤まさみは、たけしからAV出演オファー?

おたぽる / 2016年03月07日19時00分

』(日本テレビ系)ではヒロイン役を演じることが決まっている、所属事務所内のみならず若手女優の中でも成長株の筆頭に挙げられる土屋だからこそ許される特権なのではないでしょうか。また、土屋は先月8日、優秀なブロガーに贈られる『BLOG of the year 2015』を受賞したのですが、ブログに綴る芝居への意識の高さや役への理解度は、ネット上でも『プロ意識が高 [全文を読む]

清純派美女10人の“清廉性”をチェック「能年玲奈は浮いた話がない」

アサ芸プラス / 2015年08月14日09時57分

最近では、所属事務所からの独立騒動や洗脳疑惑などで話題を振りまいているが、まず映画雑誌編集者が口火を切る。「ファッション誌のモデル時代から、浮いた話は一切聞こえてきません。あれだけの注目を集めながら、男性との親密な写真がネットなどに流出することもなかった。スポーツ紙や雑誌の取材を受けた際には、インタビュアーが男性だと、それだけで極度の緊張から視線をそらした [全文を読む]

ポスト藤原竜也&妻夫木聡に!竹内涼真の異例の急成長ぶり

WEB女性自身 / 2017年06月04日10時00分

コツコツと実績を積み重ね芸能活動5年目でブレークしました」(映画関係者) 所属事務所は老舗の「ホリプロ」。竹内のブレークは同事務所にとっても願ったり叶ったりだったという。 「所属女優は優香(36)、深田恭子(34)、綾瀬はるか(32)、石原さとみ(30)、高畑充希(25)と年代ごとにバランス良くブレークしている。ところが所属俳優は藤原竜也(35)と妻夫木聡 [全文を読む]

桐谷美玲、不自然な激やせぶりが波紋…堀北真希引退のとばっちりで激務か

Business Journal / 2017年05月18日20時00分

所属事務所のスタッフも、本人がネットの声をチェックしていて『痩せすぎ』と言われていることを気にしているみたい、と話していました」(スポーツ紙記者)。 また、大手PR会社の関係者は言う。 「気にするのも仕方がありません。1990年代、女性たちは『ガリガリ』なほどのスリムな体形に憧れていました。でも、広瀬すず、土屋太鳳、石原さとみ、北川景子など、最近の人気タレ [全文を読む]

なぜアンチ大増殖? 土屋太鳳に「あざとい」「ぶりっ子」の非難轟々

messy / 2017年03月27日23時30分

ちなみに所属事務所は二階堂ふみや倉科カナと同じソニーミュージックアーティスツだ。 短期的に多くの作品に出演すればするほど、“ゴリ押し”と呼ばれて毛嫌いされる風潮があるのは今に始まったことではない。土屋も例に漏れず、アンチが日々増殖中であることがネット上の評判から見てとれる。特に、トークバラエティ番組への出演のたびに、アンチが増えていく傾向にあるようだ。なぜ [全文を読む]

まるで奴隷契約!? 出家騒動の清水富美加“月給5万円”は、本当に少ないの!?

日刊サイゾー / 2017年02月15日07時00分

清水サイドは所属事務所・レプロエンタテインメント側が“月給5万円”という契約を迫ってきたとし、丸一カ月働いても月給5万円は変わらずで、仕事が忙しくなっても事務所による送り迎えがなかったと、告白。ところで、この“月給5万円”は清水と同年代のタレントと比べて少ないのだろうか? 関係者が語る。 「特別、少ない金額とは言えないですね。“月給5万円”というと、一見 [全文を読む]

清水富美加の出家騒動、損害額は10億円超えになる可能性も

WEB女性自身 / 2017年02月14日00時00分

所属事務所はいきなり弁護士から連絡を受け、一方的に彼女の 出家 を告げられたそうです。しかもその日から本人とはいっさい連絡が取れず、この件で一度もきちんと話し合いができていない状態。事務所はきつねにつままれたようになっており、完全にお手上げ。契約は夏ごろまで残っているそうですが、彼女は『出家のためなら途中で仕事を投げ出すことも構わない』という気持ちのよ [全文を読む]

嵐・松本潤とAV女優の二股熱愛、マスコミ総無視の異常さ…ジャニーズの圧力が進化

Business Journal / 2016年12月31日12時00分

いずにせよ、土屋の所属事務所をはじめとした関係各所が非常に迷惑したのは間違いありません」(同) 取材する側の人間である記者を使っての“遠隔圧力”など前代未聞だが、これもジャニーズの豪腕がなせるワザということか。 (文=編集部) [全文を読む]

土村芳、山崎紘菜、武田玲奈、川津明日香…秋ドラマで注目の次世代ブレイク女優たち

日本タレント名鑑 / 2016年11月04日11時55分

武田さんは、特に今年に入り、テレビ番組や雑誌グラビアなどで露出が増えていますが、もともとは2013年、所属事務所が主催した『第2のくみっきー!発掘オーディション』でグランプリを受賞したことがデビューのきっかけ。翌年、雑誌『Popteen』のモデルとしてデビューし、今年からは『non-no』の専属モデルに。そして今年から本格的に演技にも進出しています。 桜 [全文を読む]

織田裕二、『感謝祭』で土屋太鳳を介抱――感動シーンのウラで「スタッフが凍りついた」ワケ

サイゾーウーマン / 2016年10月22日16時00分

あまりにも機敏な行動に、現場では『一瞬、土屋のマネジャーが飛び出してきたのかと思った』との声が出ていたほどです」(同) この織田の行動は、局や共演タレントの所属事務所関係者などからも称賛されていたそうで、「一般人だけでなく業界関係者の間でも、織田の評価が急上昇した」(同)という。 ところがその裏で、一部関係者が凍りついていたという。別のテレビ局スタッフは次 [全文を読む]

福士蒼汰『お迎えデス。』、打ち切り決定!? 6%台連発で「連ドラ主演はもう望めない」の声

サイゾーウーマン / 2016年06月09日12時45分

それ以前に、所属事務所の研音が、これ以上傷口を広げないために、メインどころのオファーを避けるのでは」(同) なお、『お迎えデス。』最終回は2時間のスペシャル版で放送されることになるという。 「バブル期は、放送時間が2倍になると、ギャラも2倍近くになっていたものですが、この不景気だけに1.5倍にでもなれば御の字といったところ。ちなみに、最終回ゲストは観月あり [全文を読む]

土屋太鳳のバックにつく“ステージママ”に業界騒然――山崎賢人との交際報道でも暗躍か?

サイゾーウーマン / 2016年06月05日12時45分

しかし、土屋が“確認”を取る相手は、山崎や所属事務所関係者ではなく、自身の母親だったそうなんです。自らブログで、母親への愛情やリスペクトをたびたび書き込み仲の良い親子というイメージの土屋ですが、山崎との交際については報告をしていなかったとか」(芸能プロ関係者) 土屋の母は一般人であるものの、関係者の間では俗にいう“ステージママ”として知られた存在になりつつ [全文を読む]

女優の裏の顔…石原さとみは琴奏者、深田恭子は書道特一段、榮倉奈々は三味線師範

Business Journal / 2016年05月10日07時00分

そのため、大半の若手女優は、『オファーやオーディションの幅を広げるために、何か一芸を身につけたい』と考えていますし、所属事務所もそのためのアドバイスをしています。 [全文を読む]

惨敗・香里奈の「後継者」になる女優とは?

messy / 2015年12月10日16時00分

そんな中条の所属事務所は、彼女に大きな期待をかけているという。 彼女の所属するテンカラットの、かつてのエースは香里奈(31)だった。同じモデル兼女優ということで、中条も香里奈を“憧れの先輩”と位置付けていたようだ。ところが香里奈は昨年3月、写真週刊誌にプライベートの大股開きベッド写真が流出し、一時休業せざるを得ない状況に追い込まれた。稼ぎ頭の仕事がなくな [全文を読む]

能年玲奈に田畑智子…朝ドラヒロインの“幸せ番付”

デイリーニュースオンライン / 2015年11月24日12時30分

大竹しのぶ、斉藤由貴、松嶋菜々子……錚々たる顔ぶれが 波瀾万丈の横綱は“あまロス”という社会現象まで生み出しながら、所属事務所とのトラブルから現在、ほとんどテレビから姿を消した『あまちゃん』の能年玲奈(22)。続いて、先日、自殺疑惑騒動を起こした田畑智子(34)がランクイン。 「幸せ」番付では、横綱から、大竹しのぶ(58)、田中裕子(60)、斉藤由貴(4 [全文を読む]

川栄李奈、勝ち組への名乗り

NewsCafe / 2015年11月20日16時00分

「業界では、所属事務所を移籍したことも運気急上昇の一因と言われています」 川栄は今年、AKB48らを仕切るAKSからエイベックス・ヴァンガードに移籍した。 「川栄は当初、目標にしていると公言していた大島をはじめ、仲良しの横山由依(22)や入山杏奈(19)が所属している太田プロに移るのではないかとウワサされていたんですが、フタを開けてみるとエイベックス・ヴ [全文を読む]

【ウラ芸能】山崎賢人、失速「朝ドラ」が代表作になる?

NewsCafe / 2015年10月01日15時00分

それとは別に来年公開予定の映画が2本控えるという売れっ子ぶりですよ」デスク「この数年、朝ドラでブレークした若手俳優というと、『ごちそうさん』(2013年度下期)の東出昌大(27)や『あまちゃん』(同上期)の福士蒼汰(22)なんかが思い浮かぶけど、山崎は何と言ってもイケメンだし、引っ張りだこなのは分かる」記者「いやいや、それには所属事務所・スターダストプロモ [全文を読む]

フォーカス