菅田将暉 民王に関するニュース

“菅田将暉史上、最も愛された役”ランキングを発表<1位~10位>

モデルプレス / 2017年09月20日18時17分

菅田将暉/モデルプレス=9月20日】若手俳優“黄金世代”のど真ん中で圧倒的なオーラを放ち、作品ごとに個性豊かな好演を見せる菅田将暉(24)。モデルプレスは「菅田将暉が演じた中で一番好きな役は?」をテーマにウェブアンケートを実施。“菅田将暉史上、最も愛された役”トップ10を発表する。 ◆1位:映画「溺れるナイフ」長谷川航一朗(コウ)役(314票)1位はジョ [全文を読む]

AbemaTV本開局当日に「民王」全話一挙放送!

Smartザテレビジョン / 2016年03月30日16時00分

第1弾として、昨年7月クールにテレビ朝日系で放送された遠藤憲一と菅田将暉のW主演ドラマ「民王」の全話一挙放送が決定した。 「民王」は、累計50万部発行した、ベストセラー作家・池井戸潤による異色の政治エンターテインメント小説が原作。スタート直後からSNSを中心に多くの反響を呼んだ話題作で、内閣総理大臣である父とおバカな息子が入れ替わるという斬新なストーリー [全文を読む]

第86回ドラマアカデミー賞で「民王」が4部門受賞!

Smartザテレビジョン / 2015年10月28日11時00分

本誌で連載中の漫画化・カトリーヌあやこ氏も「オトメンなエンケン(遠藤憲一)に、どSな菅田将暉くん。どちらも甲乙つけがたい素晴らしさで、スミからスミまで面白かった」と、絶賛している。 【主演男優賞】 1位「デスノート」(日本テレビ系)窪田正孝、2位「民王」遠藤憲一、3位「民王」菅田将暉 1位に輝いた窪田は、“眼球の演技”で大きな話題を集めた。デスノートの魔 [全文を読む]

『民王』はなぜ中毒性が高い? おバカとシュール、2重構造の“笑い”

リアルサウンド / 2016年04月22日06時00分

しかし、フタを開けてみれば、コワモテ総理大臣とおバカ大学生が入れ替わる最大限のギャップと、遠藤憲一&菅田将暉の振り切った演技で、すぐに爆笑と絶賛の嵐。各話終盤には、2人が演じる武藤泰山・武藤翔親子が「社会や政治へのモヤモヤやイライラをスカッと晴らしてくれる」、爽快なエンタメ作に仕上がっていた。 『民王』最大の魅力は、徹底して詰め込まれた笑い。脳波ジャック [全文を読む]

菅田将暉、ことしのマニフェストは「菅田ペース」

Smartザテレビジョン / 2016年04月15日07時00分

遠藤憲一と菅田将暉のW主演で好評を博した、昨年7月期の金曜ナイトドラマ「民王」(テレビ朝日系)が、4月15日(金)に続編となる「民王スペシャル~新たなる陰謀~」を放送。本作に主演する菅田が、単発スペシャルで復活することについてや新キャストの印象、プライベートでハマっていることなどを語ってくれた。連ドラから1年置かずに復活することを受け「昨年7月クールでした [全文を読む]

高橋一生、菅田将暉らが『民王SP』で“演技合戦“ どんなカオスな世界を見せるか?

リアルサウンド / 2016年04月15日06時00分

参考:菅田将暉、お団子ヘア&学ラン姿を披露 『ディストラクション・ベイビーズ』場面写真公開へ 2015年の春ドラマとして放送されるや否や、その面白さが話題を呼び、オリコングループが創設したドラマアワード「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」にて、作品賞、主演男優賞、助演男優賞、脚本賞の4冠に輝くなど、一般視聴者だけに留まらず、マスコミ業界人にも大好評だった『 [全文を読む]

「民王」復活で菅田将暉に試練!?「初日の撮影から叫び過ぎてアゴが…」

Smartザテレビジョン / 2016年04月06日11時15分

15日(金)放送の「民王スペシャル~新たなる陰謀~」に出演する菅田将暉にスペシャルドラマの見どころを直撃した! 「民王スペシャル~新たなる陰謀~」では、連続ドラマの“その後”を描く。国民からの信任を得て発足した第二次武藤内閣は人気・期待度ともに上々。内閣総理大臣・泰山(遠藤憲一)は支持を決定的なものにするため、秘書の貝原(高橋一生)と外交先のウズラスキスタ [全文を読む]

遠藤憲一の次なる“初体験”はグラミー賞級のラップ?

Smartザテレビジョン / 2016年04月15日05時00分

それぞれ舞台は連続ドラマの“その後”と“その前”となっており、15日放送の「民王スペシャル~新たなる陰謀~」では、内閣総理大臣・武藤泰山(遠藤憲一)とその息子・翔(菅田将暉)が再び入れ替わりの事態に見舞われたことで起こる大騒動を、そして22日の「民王スピンオフ~恋する総裁選~」では、大人気キャラの総理公設第一秘書・貝原茂平(高橋一生)の知られざる過去が描 [全文を読む]

菅田将暉「民王」SPから連ドラには登場したあの大物俳優が消えた!

アサ芸プラス / 2016年03月28日17時59分

そして放送後は、ドラマアワードやギャラクシー賞を総ナメし、視聴者からも高評価を得たことで、続編となるSPが決定したようです」(テレビ誌記者) そんな「民王」の主演は、遠藤憲一と菅田将暉が務め、連続ドラマでは、お互いの心が入れ替わるという難役に挑戦。両者のコミカルな演技や、笑いあり涙ありの怒涛の展開が視聴者から好評を博し、終了からわずか半年で続編決定となった [全文を読む]

「朝まで民王」で政界を揺るがす?スクープが発覚!

Smartザテレビジョン / 2016年01月01日10時01分

総理大臣の父・武藤泰山(遠藤憲一)と大学生のおばかな息子・翔(菅田将暉)の心と体が入れ替わり、二人が周囲を巻き込みながら政治に外交に、そして就職活動に奮闘する姿を描いた昨年7月期放送の連続ドラマ「民王」(テレビ朝日系)。 個性豊かなキャラクターが人気を博し、SNSでの大きな盛り上がりを見せたり、弊社のドラマアカデミー賞でも「最優秀作品賞」など4部門を受賞す [全文を読む]

『民王』プロデューサー 女性視聴者獲得のためイケメン揃えた

NEWSポストセブン / 2015年07月31日07時00分

遠藤憲一&菅田将暉という2人の演技派俳優がW主演を務めるこの『民王』の裏側について、プロデューサーの飯田爽さんに訊いた。 ──どうして数ある池井戸潤さんの作品の中で、『民王』をドラマ化しようと思ったんですか? 飯田:実は、池井戸先生の提案と言ってもおかしくないと思うんですけど、たまたま5、6年前に、池井戸先生とお会いする機会がありました。私は単純に池井戸小 [全文を読む]

miwaの楽曲「ストレスフリー」がドラマ『民王』の主題歌に決定

okmusic UP's / 2015年07月03日13時30分

今回『民王』では、主演の遠藤憲一、菅田将暉を始め、本仮屋ユイカ、知英、高橋一生、金田明夫らメインキャストたちが「ストレスフリー」に合わせてダンスを踊り、そこにmiwa本人も出演する、というかつてないコラボレーションを実現させることになった。 「ストレスフリー」に合わせ、モーニング姿で軽快でコミカルなダンスを披露する遠藤、菅田らキャスト陣。にこやかで楽しげに [全文を読む]

「民王」貝原スピンオフに続きシットコムの配信が決定

Smartザテレビジョン / 2016年03月23日10時03分

連ドラ「民王」ではおバカな大学生・翔(菅田将暉)が、つつがなく総理大臣を務められるよう陰ながら支え続けた貝原だが、今回は無事に航を一人前の議員として育て、次の選挙でも当選させることができるのか。貝原をはじめ、内閣官房長官・狩屋孝司役の金田明夫といった「民王」おなじみの出演者に加え、宇宙レベルのおバカ2世議員・航役に若手注目株の矢野聖人、航の世話をするお人良 [全文を読む]

miwa新曲ダンス共演に遠藤憲一「Mステ呼ばれたらどうしよう」

dwango.jp news / 2015年07月03日12時17分

今回「民王」では、主演の遠藤憲一、菅田将暉を始め、本仮屋ユイカ、知英、高橋一生、金田明夫らメインキャストたちが『ストレスフリー』に合わせてダンスを踊り、そこにmiwa本人も出演する、というかつてないコラボレーションを実現させることになった。『ストレスフリー』に合わせ、モーニング姿で軽快でコミカルなダンスを披露する遠藤、菅田らキャスト陣。にこやかで楽しげに踊 [全文を読む]

高橋一生が「民王」番外編に本音「貝原が壊れてしまう」

Walkerplus / 2016年04月26日11時30分

2015年7月から放送され、遠藤憲一と菅田将暉がW主演を務めたドラマ「民王」(テレビ朝日)。4月22日の深夜より、番外編として、秘書・貝原茂平が主役の配信限定ショートドラマ「民王 番外編 秘書貝原と6人の怪しい客」の配信が開始された。都内で行なわれた制作発表会では、貝原役の高橋一生らキャストによるオリジナルショート劇が披露され、会場に訪れたファンを沸かせた [全文を読む]

「菅田くんのタケノコ…!」菅田将暉と藤原さくらのイチャつきぶりに悶々!? 「ブサイク系イケメン」といわれる俳優の有り余る魅力に迫る

messy / 2016年04月25日16時00分

月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)に出演中の俳優の菅田将暉が、共演者の藤原さくらに“ドS対応”をしたとのことで、「羨ましい試練」「これを見て思った。菅田将暉はモテる!」「たけのこ……エロいっ…!」「菅田くんのタケノコ……!!」と大反響が起こっている。 今月21日、藤原は自身のTwitter(@MammothSakura)で「ダイエットを宣言した直後に [全文を読む]

「民王」“貝原祭り”スピンオフの見どころをチラ見せ

Smartザテレビジョン / 2016年04月22日15時21分

泰山と出会う前の秘書・貝原の姿に、翔君(菅田将暉)もさぞかし腰を抜かしているに違いない。 [全文を読む]

高橋一生「民王は『アドリブというより“フリースタイル”』」

Smartザテレビジョン / 2016年04月18日21時00分

本作は池井戸潤の同名小説を原作に、遠藤憲一&菅田将暉がW主演を務め、魂が入れ替わってしまった親子の奮闘をコミカルに描く人気作。22日(金)「民王スピンオフ」では、貝原(高橋一生)が泰山(遠藤)の秘書になる5年前の政界が舞台。国土交通大臣・郷田(升毅)の政務秘書官を務める貝原は、郷田の出馬で民政党総裁選の渦中に。そんな中、貝原は民政党の大物議員の秘書で、同 [全文を読む]

「民王」最終話はカリヤン&貝原コンビで副音声を!

Smartザテレビジョン / 2015年09月11日05時00分

9月11日(金)に放送の「民王」(テレビ朝日系)第7話で実施することが発表された、「民王」副音声放送「たみちゃんねる」の収録が行われ、遠藤憲一と菅田将暉が息の合った掛け合いを披露した。 8月末以来となる“武藤泰山&翔親子”の感動の再会から始まり、木村ひさし監督も交えて和気あいあいとした雰囲気で収録は進行。第7話に登場する“三途の川”でのロケの話や冬島一光( [全文を読む]

「民王」EDで遠藤憲一&菅田将暉らがmiwaと踊る

Smartザテレビジョン / 2015年07月03日05時00分

本作は、ある日突然、心と体が入れ替わってしまった内閣総理大臣である父・武藤泰山(遠藤憲一)と、その息子・武藤翔(菅田将暉)が、それぞれの役割を果たしながら真の“民の王”となっていく姿を描くファンタスティック・ドタバタコメディー。'13年、'14年と2年連続でNHK紅白歌合戦に出場し、ことし3月には女性アーティストとして史上初となる“ギター1本弾き語り・日本 [全文を読む]

フォーカス