星野武蔵 坂口健太郎に関するニュース

来週の『とと姉ちゃん』に坂口健太郎が再登場 ファン歓喜

しらべぇ / 2016年08月13日17時30分

作中、さまざまな魅力的なキャラクターが登場するが、とくに坂口健太郎演じる星野武蔵(たけぞう)は視聴者に大きな印象を残した。学ランで丸メガネという出で立ちで、植物学者を目指す帝大生の役どころ。植物のことになると我を忘れてしまう、いわゆる変人なキャラだ。常子にプロポーズを断られて以来姿を消していた武蔵だったが、来週15日からの第20週で再登場するという。坂口は [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高畑充希が投稿 “懐かしの星野っち”に「もう出てこないの?」

TechinsightJapan / 2016年06月30日11時30分

今年の4月4日から始まったHNK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で高畑充希演じるヒロイン・小橋常子がある日、メガネをかけたガリ勉タイプの帝国大学生・星野武蔵(坂口健太郎)に出会う。植物を研究する彼は熱心なあまり常子たちから不審に思われるが、やがて素性が分かり親しくなる。その後大学院へ進学して大阪帝国大学から研究職に呼ばれた星野は常子にプロポーズするが、常子 [全文を読む]

「とと姉ちゃん」脚本・西田征史「坂口健太郎君のおかげで星野武蔵のかわいらしさが増した」

Smartザテレビジョン / 2016年11月16日16時00分

全156回を通じた平均視聴率は22.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、今世紀の作品中、3番目となる高視聴率も記録した連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK総合ほか)。同作の脚本を手掛けた西田征史が第90回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で脚本賞を獲得した。「ようやくこれで、本当に書き終わったんだ、と実感できた気がします」と喜びと安堵が入り混じる表情を [全文を読む]

最終回直前!「とと姉ちゃん」で好演した坂口健太郎に“星野ロス”の声多数!

Smartザテレビジョン / 2016年09月30日08時15分

常子(高畑充希)の初恋の相手・星野武蔵を演じた坂口健太郎の評価が高く、ツイッターではいまだに“星野ロス”の声が叫ばれている。「星野さんもう出てこないの!?」「まだまだ余裕で星野ロス!」という声も多数。最終回を迎え、再び熱が再燃しそうな気配だ。 植物学者を目指す帝大生の星野は、青春時代に常子と出会う。植物に没頭する姿に一度は不審に思う常子だったが、その一途 [全文を読む]

「とと姉ちゃん」星野再び!坂口健太郎にインタビュー

Smartザテレビジョン / 2016年08月13日08時15分

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK総合ほか)で8月17日(水)から再登場する星野武蔵。結婚歴があり、青葉(白鳥玉季)と大樹(荒井雄斗)の父親という驚きの登場を果たす星野。常子(高畑充希)と離れてから15年の月日が流れ、成長した星野を演じる坂口健太郎に、カムバックへの思いを聞いた。 ――作中では15年ぶりの登場ですが、役作りについて何かこだわりはあります [全文を読む]

坂口健太郎 眉毛全剃りに日サロ…高校バレー部時代の意外な姿

WEB女性自身 / 2016年05月12日06時00分

ヒロイン高畑充希(24)の 相手役 として帝大植物学研究室で学ぶ大学生・星野武蔵を熱演し、早くも注目されている。 塩顔男子 ブームの火付け役としても有名で、19歳から『メンズノンノ』のモデルも。そんなマルチな才能はいかにして磨かれたのか。本誌は、彼のルーツに迫った――。 坂口が通っていたのは、東京郊外の私立一貫校。中学から高校までの6年間を過ごしたという。 [全文を読む]

坂口健太郎とキノコ探し!3分で分かる「とと姉ちゃん」まとめ【第5週】

WEB女性自身 / 2016年05月08日06時00分

ある日、以前、遭遇した植物を研究する帝大生・星野武蔵(坂口健太郎)と再会する。突然、星野は常子に抱きしめるように倒れてしまった。研究に夢中でロクに食べていないという星野を森田屋に連れてくる常子。星野が、日本初の発見を目指して、深川で植物を探していることを初めて知る。そして、星野が記録しているノートに、見覚えのあるキノコの絵を見た常子は、青柳に星野を案内する [全文を読む]

ディーン様に続く!?新朝ドラ出演の2人の注目俳優

Movie Walker / 2016年04月03日09時00分

「とと姉ちゃん」では、ヒロイン・常子(高畑)の青春時代を支える青年・星野武蔵を演じる。 そんな坂口が新たに出演するのは、横山秀夫のベストセラー小説を実写化した『64-ロクヨン- 前編』(5月7日公開)、『64-ロクヨン- 後編』(6月11日公開)だ。本作で坂口は、警務部の広報室と対立する記者クラブ所属の記者・手嶋に扮している。気が強く、生真面目な青年という [全文を読む]

『ひよっこ』みね子に、“恋の予感”が到来!?

日刊大衆 / 2017年05月27日08時05分

2016年上半期放送のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、ヒロイン小橋常子(高畑充希・25)は独身を貫いたが、星野武蔵(坂口健太郎・25)との切ない恋愛は大きな見どころの一つだった。では『ひよっこ』ではどうか? みね子は誰と恋をするのか? それは視聴者にとって最注目のトピックスといえるが、ここまでみね子の恋が描かれることはなかった。だがこの放送回では、 [全文を読む]

『とと姉ちゃん』に古田新太が出演、背景に「食品偽装」

NEWSポストセブン / 2016年09月30日16時00分

とにかく個性の強い登場人物が多かったこの作品だが、とくに人気が高かったのはヒロイン・常子(高畑充希)が交際していた帝国大学の学生だった星野武蔵(坂口健太郎)。星野の人気ぶりは、2か月ぶりに再登場した回が番組最高視聴率25.9%を記録したことからもわかる。星野はまじめな青年で、植物の話になるとわれを忘れる学者肌だった。脚本を担当した西田征史さんはこう話す。 [全文を読む]

高畑充希が「無重力系年上キラー」と命名!女子もマネしたい、坂口健太郎の自然体な魅力【イケメン俳優図鑑vol3】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月23日18時30分

そして今回ご紹介する、坂口さんの新たな魅力が開花した朝ドラ『とと姉ちゃん』!坂口さんが演じる帝大生・星野武蔵は植物オタクで変わり者、でもとっても優しい心を持つ純粋な青年。星野くんと主人公・常子の応援せずにはいられないもどかしい恋愛模様は、朝から視聴者の心を鷲掴みにしました! 昭和な丸ブチ眼鏡と七三分けヘアもキュートでまさに「愛すべきキャラ」でした! 坂口さ [全文を読む]

仕事と家庭の両立に悩む『とと姉ちゃん』ーー類型的な人物描写に感じた不満

リアルサウンド / 2016年09月12日06時10分

再会した星野武蔵(坂口健太郎)との別れと、商品試験を妨害しようとするアカバネ電気製造に追い詰められる小橋常子(高畑充希)の姿が描かれた『とと姉ちゃん』22~23週。 参考:サエキけんぞうの『君の名は。』評:アニメだから表現できた、人物と都市描写の“快感” 亡き妻を想う星野と距離を置こうとした常子だったが、子どもたちに求められたことで再び星野家を訪ねるように [全文を読む]

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」に感じる違和感

メディアゴン / 2016年08月19日07時30分

また、常子は、妹の鞠子が結婚することで、かつてプロポーズされた星野武蔵(坂口健太郎)のことを思い返すこともない。結果、過去を思い出す余裕さえ与えずに展開していく話に全くついていけなくなってしまう。【参考】<「とと姉ちゃん」という矛盾>NHKが広告をやらないなんてウソ主人公の生きた時代は、戦争を生き抜いてきた激動の時代である。主人公一家は、東京大空襲で被害の [全文を読む]

相楽樹『とと姉ちゃん』次女役でシンデレラガールへ 伊藤淳史との瑞々しい恋模様を振り返る

リアルサウンド / 2016年08月15日06時30分

それに伴いともない、東堂チヨ(片桐はいり)や森田宗吉(ピエール瀧)といった人々も再登場しており、次週は、かつて常子にプロポーズした星野武蔵(坂口健太郎)が再登場する。星野との再会は、常子に何をもたらすのだろうか。 平塚が言うように、人も時代も着実に変わりつつあった。(成馬零一) [全文を読む]

『とと姉ちゃん』十週目で描かれた妹たちとの対立と、常子の複雑な心境

リアルサウンド / 2016年06月13日10時19分

家族との生活を選ぶのか、星野武蔵(坂口健太郎)と結婚して大阪に行くのか、という常子の葛藤が丁寧に描かれた『とと姉ちゃん』第十週目。小橋常子(高畑充希)がタイピストとして鳥巣商事に入社してから二年半が過ぎた。お給金をもらうようになり、名実ともに小橋家の家長となった常子は父の竹蔵(西島秀俊)が掲げた小橋家の家訓を引き継ぎ、月に一度のお出かけを続けていた。参考: [全文を読む]

有働由美子アナを呆れさせた坂口健太郎&井ノ原快彦の下世話トークとは?

アサジョ / 2016年06月12日17時59分

「とと姉ちゃん」では主人公の常子にプロポーズをした星野武蔵を演じている坂口だが、6月10日にはプロポーズを断られるという展開に。その回の放送後、次の番組である「あさイチ」にゲスト出演。坂口は司会の有働由美子アナとV6・井ノ原快彦から「今、フラれた人ですよ」と紹介された。 10代女性を中心に人気の高い坂口は、一人暮らしの部屋には茶碗はあっても冷蔵庫も炊飯器も [全文を読む]

朝ドラ、映画、宣伝… 高畑充希が忙し過ぎマイルール破り

NEWSポストセブン / 2016年06月09日16時00分

女学校を卒業し、職業婦人としてたくましく働く常子を見守ってきた帝大生の星野武蔵(坂口健太郎・24才)は、ついにプロポーズを決意…! 初回放送から50話連続で視聴率20%超えと絶好調の『とと姉ちゃん』は、ますます目が離せない展開になってきた。ヒロインを務める高畑もまた、目の回るような日々を送っている。 「朝ドラのヒロインは、歴代主演女優たちに“いちばんキツい [全文を読む]

『とと姉ちゃん』七週目は新商売めぐるドタバタ劇に 常子は“婦人解放運動”とどう向き合った?

リアルサウンド / 2016年05月23日09時43分

星野武蔵(坂口健太郎)から教わった方法で、歯槽膿漏を治療するための練り歯磨き粉を作った常子は森田屋の仕出し弁当といっしょに試作品を配ってもらう。歯磨き粉は好評で、叔父の鉄郎(向井理)の提案で大量生産して売りだそうとする。露店での販売は鉄郎の口上の力もあってか大成功したのだが、その姿を鉄郎の借金取りに見つかってしまう。常子たちから歯磨き粉を安く買い叩こうとす [全文を読む]

坂口健太郎 強みは幅広い役柄を演じられる「顔の薄さ」

NEWSポストセブン / 2016年05月22日07時00分

坂口が演じるのは、植物を熱心に研究する帝大生の星野武蔵。丸い眼鏡をかけ、学ランと学帽という出で立ちで主人公の常子(高畑充希)らの前に現れる彼は、「昭和のオタク」といったところか。坂口のことをまだ知らない視聴者が「この俳優、誰?」と気にせずにはいられないような変わり者のキャラクターだ。 坂口の演技は『重版出来』(TBS系)でも好評だ。こちらは現代ドラマだが、 [全文を読む]

坂口健太郎 ジャージに革靴…オシャレじゃなかった高校時代

WEB女性自身 / 2016年05月12日06時00分

ヒロイン高畑充希(24)の 相手役 として帝大植物学研究室で学ぶ大学生・星野武蔵を熱演し、早くも注目が集まっている。 塩顔男子 ブームの火付け役としても知られ、19歳から『メンズノンノ』のモデルとしても活躍。そんなマルチな才能は、いかにして磨かれたのだろうか。そこで本誌は、彼のルーツに迫った――。 ブレイク前の坂口が通っていたのは、東京郊外にある私立一貫校 [全文を読む]

フォーカス