大学 坂口健太郎に関するニュース

涙の卒業、そして職業婦人へ…3分で分かる「とと姉ちゃん」まとめ【第8週】

WEB女性自身 / 2016年05月29日00時00分

一方、鞠子(相楽樹)は、母・君子(木村多江)に大学へ進学したいと告白する。君子は経済的な理由から反対するが、鞠子は、「大学で文学を勉強し、平塚らいてうのように、女性の生き方を後押しできるような文章を書きたいと訴える。常子は、初めてやりたいことを見つけたという鞠子に共感。「私からもお願いします。鞠ちゃんの夢を叶えさせてあげてください」と懇願する。君子は、常 [全文を読む]

男ウケ狙いでアンチ急増?miwaのMステ出演が”反感”買ったワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月30日10時06分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

miwa×坂口健太郎W主演作に竜星涼、泉澤祐希ら

Smartザテレビジョン / 2016年05月12日06時00分

同作は、miwa演じる大学生の葵海を事故から救うため、坂口演じる幼なじみの陸が全てをかけて何度もタイムリープするオリジナルストーリー。 今回発表された追加キャストは、葵海と陸と同じ大学に通い、一緒に組むバンドでベースを担当する松田直哉役に竜星涼、ドラムを担当し仲間内でのムードメーカーでもある中村鉄太役に泉澤祐希、葵海の親友だが直哉へひそかに思いを寄せる相 [全文を読む]

松本潤・有村架純・坂口健太郎が繰り広げる、禁断の“三角”関係

NeoL / 2017年03月22日07時29分

2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の小説『ナラタージュ』を、松本潤主演、行定勲監督で映画化! 大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から「演劇部の後輩のために、卒業公演に参加してくれないか」との連絡が入る。高校時代の思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、1年ぶりに再会しタコとで押さえていた気持ちが募っ [全文を読む]

映画「君と100回目の恋」とリットーミュージックの楽器教則がコラボレーション!miwa、坂口健太郎の劇中使用モデルのギター(直筆サイン入り)が抽選で当たる[3月10日迄]

PR TIMES / 2017年01月26日19時20分

主人公2人が大学の仲間とともにバンドを結成し、音楽が物語を紡ぐ上で重要な要素として描かれている本作品と、音楽出版社のリットーミュージックの楽器教則タイトルがコラボし、全国の書店・楽器店にて「君と100回目の恋×リットーミュージック 一途なバンドマンキャンペーン」を展開します。 2017年3月10日までの間、コラボキャンペーンのオビが巻かれたキャンペーン対象 [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『君と100回目の恋』コラボ企画 あなた好みの“○○男子”を教えて下さい!

PR TIMES / 2017年01月26日17時08分

大学生の葵海は事故にあってしまう。しかし、気が付くと葵海は大学の教室にいた。日付は事故から1週間前、7月24日―。動揺する葵海に、陸は告げる。自分が葵海の運命を変えるために、時を巻き戻したのだと。想いが通じ合った二人は幸せな日々を送るが、葵海の運命を変えるためのタイムリープには、陸の重大な秘密が隠されていた―。 ■映画『君と100回目の恋』公式Webサイト [全文を読む]

『とと姉ちゃん』十週目で描かれた妹たちとの対立と、常子の複雑な心境

リアルサウンド / 2016年06月13日10時19分

参考:高畑充希演じる常子、男社会の厳しい現実にどう向き合う? 一方、大学に進学した鞠子(相楽樹)は文学研究会での活動が忙しく、三女の美子(杉咲花)は、常子に黙って祖母の青柳滝子(大地真央)の裁縫の仕事を手伝っており、家族第一と考える常子のことを鬱陶しく思い始めていた。それぞれの居場所ができたことで、三姉妹の意識は少しずつズレていく。そのズレは、お出掛けの日 [全文を読む]

プロポーズに涙の決断!3分で分かる「とと姉ちゃん」まとめ【第10週】

WEB女性自身 / 2016年06月12日06時00分

寒空の下で待つ常子と君子に、大学の詩の朗読会に参加していた鞠子が遅れて合流する。しかし、美子はいつまでたっても現れない。心配になって森田屋に戻ってみても、まだ見てないと言われる。宗吉(ピエール瀧)たちも探しに行こうと表に出ると、美子が帰ってくる。嘘がバレ、駄賃が欲しさに家訓を破ったのかと詰め寄る常子に、「家訓なんて止めればいいのに」と反論する美子。竹蔵が亡 [全文を読む]

【ウラ芸能】高畑充希、朝ヒロインの不安

NewsCafe / 2016年03月29日15時00分

芸能人も通う八雲学園高に行ったんだよね」記者「高校時代はパッとしなかったのが幸いしたのか、ちゃんと大学も法政に合格するなど、地アタマはかなりよさそう」デスク「大学を卒業したっていう話は聞かないけどね(笑)」記者「この3年は仕事も順調ですからね…」デスク「で、男のほうはどうよ?」記者「今年1月、シンガーソングライターの高橋優(32)と渋谷でデートしているのを [全文を読む]

嫌われる女の汚名返上か?二階堂ふみの”半同棲”に周囲も安堵

デイリーニュースオンライン / 2017年03月14日11時46分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

星野源ファンが歓喜?”半同棲報道”の二階堂ふみが嫌われるワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日07時00分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

miwaが坂口健太郎に寄り添う胸キュンポスターが解禁!

Smartザテレビジョン / 2016年10月14日07時00分

本作は、miwa演じる大学生の葵海(あおい)を事故から救うため、坂口演じる幼なじみの陸(りく)を全てを懸けて何度もタイムリープする物語。 彼女の運命を変えるために100回人生をささげようとしたいちず男子を坂口が、彼の1回の未来を守るために自分の運命を決めた切なさと強さを併せ持つ彼女をmiwaが演じる。 また脇を固めるのは、葵海や陸と同じ大学に通い一緒に組 [全文を読む]

相楽樹『とと姉ちゃん』次女役でシンデレラガールへ 伊藤淳史との瑞々しい恋模様を振り返る

リアルサウンド / 2016年08月15日06時30分

大学まで行かせてもらったのに、作家にもなれず、流されるように生きている自分の生き方に鞠子は負い目を感じていた。学生の時に「青鞜」の平塚らいてう(真野響子)の序文を読んで鼓舞され、男性にも負けない仕事をしたいという想いもあった。 ある日、鞠子は平塚らいてうに「あなたの暮し」の原稿依頼をすることになる。鞠子は「青鞜」の序文のような力強い文章を依頼するが、平塚 [全文を読む]

「最強に可愛い」miwaの新CMに絶賛の嵐! 若者支持の高さで“男ウケ特化型“の批判封殺

メンズサイゾー / 2016年06月26日18時00分

同CMは「やいちゃってんじゃないの篇」と題され、大学のキャンパスで男子学生たちと楽しそうに談笑しているmiwaをこっそり見つめる男子の目線で展開。周囲に笑顔をふりまく姿に「ちょっと仲良くしすぎじゃないか...」とヤキモキしている彼の気持ちを見透かすかのようにmiwaがイタズラっぽい表情で「焼いちゃってんじゃないの?」と語り掛けるという内容だ。バックにはm [全文を読む]

miwa「誰? この人」最近やきもちを焼いた相手とは……?

Entame Plex / 2016年06月24日13時05分

でも、これならバッチリです」――CMの撮影はいかがでしたか?「現場が大学での撮影ということで、学生気分を思い出しながら楽しんで参加できました。BAKEを食べているシーンは、本当においしかったので自然にできましたが、『やいちゃってんじゃないの?』というセリフが少し固かったかも……(笑)」――セリフが難しかったですか?「『やいちゃってんじゃないの?』なんて小悪 [全文を読む]

女子社員から嫌がらせ!3分で分かる「とと姉ちゃん」まとめ【第9週】

WEB女性自身 / 2016年06月05日06時00分

鞠子(相楽樹)は大学に無事合格。美子(杉咲花)も女学生になった。三姉妹はそれぞれ新たな道を歩き始めることになる。 [全文を読む]

黒木華主演『重版出来!』が高評価 「かわいく見えてきた」の声も

しらべぇ / 2016年04月21日18時00分

大学在学中に、舞台演出家・野田秀樹の作品にヒロインとして抜擢されて以降、着実にキャリアを積んでいる。一方で、その和風な顔立ちは、正統派の美人というわけではなく、むしろ好みが分かれそうだが...黒木が今なぜ支持を集めつつあるのか。脚本家の経験のあるY氏(30代・男性)は次のように語る。(1)ウザさを感じさせない卓越した演技力「黒木さんは本作品で、体育会出身の [全文を読む]

『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

星野は大阪の大学での勤務が決まると、常子に結婚を申し込む。 「星野と結婚するか、今まで通り働いて家族を支えるか、常子は悩みます。しかし、妹の美子(杉咲花)が常子のために編んでくれたマフラーがきっかけで、家族と一緒にいる道を選ぶ。史実では鎭子は一生独身を貫きますが、ヒロインが生涯独身を貫くとなれば、朝ドラ史上初です」(NHK関係者) 常子がタイピストをクビに [全文を読む]

miwa、歌手業では話題にならず?今後は”ビジュアル仕事”を優先か

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日14時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

桐谷美玲、キュートなレトロファッションで登場するも、「朝の私には触れないで」

Woman Insight / 2015年10月21日13時08分

(平山正子) オフィシャルサイト: http://www.isetanguide.com/20151021/rune/ 【あわせて読みたい】 ※山﨑賢人と坂口健太郎、イマドキ男子も恋は“狩り”に行くタイプ?【写真満載&詳細レポ】 ※【詳報】「丸2日プレイしてたら母に電源を切られた」松坂桃李、ドラクエ愛を語る! ※【続報】山本美月・大学卒業式密着!「会場の広 [全文を読む]

フォーカス