優勝 鹿島アントラーズに関するニュース

超WS編集部選定! J1・1stステージのベスト11はこれだ!

超ワールドサッカー / 2016年07月01日21時00分

▽明治安田生命J1リーグ・1stステージは6月25日、鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じた。鹿島のリーグタイトル獲得は実に7シーズンぶり。ライバルが調子を落とす中、かつての常勝・鹿島の復活を彷彿とさせるような堅実な戦いで、失速することなく順調に勝ち点を拾い続けた。▽そこで、超WS編集部が2ndステージ開幕を前に1stステージのベストイレブンを選出。ステージ優 [全文を読む]

指揮官初陣は広島戦…鹿島を率いる大岩剛新監督のキャリアを写真で振り返る

サッカーキング / 2017年06月02日20時00分

鹿島では史上初のJ1リーグ3連覇や2度の天皇杯優勝など、数々のタイトル獲得に貢献した経験を持つ。 指揮官としての初陣はサンフレッチェ広島とのアウェイゲームとなった。大岩新監督のキャリアを写真とともに振り返っていこう。 ◆名古屋グランパス 筑波大学卒業後の1995年、名古屋に入団。ルーキーイヤーから定位置を掴み、トーレスとともに守備を支えた。名古屋には200 [全文を読む]

Jリーグ鹿島の番記者を直撃。勝ちにこだわるサッカーが「世界一になる日」

週プレNEWS / 2017年05月29日11時00分

柳沢敦を心の師と仰ぎ、少年時代から「モレリアII」を愛用する鹿島サポーターの週プレ編集・オギワラが、『世界一に迫った日 鹿島アントラーズ クラブW杯激闘録』を上梓した田中氏を直撃した! * * * ―鹿島アントラーズの番記者生活10年目を迎える田中さんにとって、Jリーグ下剋上優勝、クラブW杯準優勝、天皇杯優勝を成し遂げた昨季終盤の1ヵ月はどう感じましたか [全文を読む]

浦和2ndステージ制覇なるか!? 年間1位確定の可能性も《J1》

超ワールドサッカー / 2016年10月29日10時00分

残り2節となったJ1の今節では、浦和レッズの2ndステージ優勝、そして年間勝ち点1位決定の可能性がある。 ◆浦和2ndステージ制覇なるか!? ▽今節で浦和が2ndステージ優勝を決めるための条件はいくつかある。浦和は今節、アウェイで残留を争うジュビロ磐田と対戦。どちらにとっても勝ち点3が欲しい試合だ。 ▽浦和が2ndステージ制覇に必要な勝ち点は1。つまり、磐 [全文を読む]

リオ五輪で意外な展開も…セカンドステージは横浜FMと鳥栖に好機!

週プレNEWS / 2016年07月30日06時00分

ファーストステージは鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じ、7月からセカンドステージがスタートした。 とはいえ、このセカンドステージをどう捉え、どこに注目するかはなかなか難しい。 かつて2004年以前に採用されていた2ステージ制は、わかりやすかった。それぞれのステージで優勝したクラブ同士がチャンピオンシップで年間優勝を争う、シンプルなやり方だったからだ。 ところ [全文を読む]

J2降格のC大阪、元鹿島のパウロ・アウトゥオリ監督の就任を発表

ゲキサカ / 2014年12月16日14時53分

以下、監督プロフィール ●パウロ・アウトゥオリ (Pauro Autuori De Mello) ■生年月日 1956年8月25日(58歳) ■国籍 ブラジル(リオ・デ・ジャネイロ州出身) ■指導歴 1991~1995 CSマリティモ/ポルトガル 1995 ボタフォゴFR/ブラジル [ブラジル選手権 優勝] 1996~1997 SLベンフィカ/ポルトガル [全文を読む]

J1監督の年俸 森保一氏やピクシーら優勝しても上昇率低い

NEWSポストセブン / 2013年12月30日07時00分

2年連続でJ1優勝を果たしたサンフレッチェ広島。連覇に導いたのは、「ドーハの悲劇」のメンバーでもある森保一監督だ。森保監督の年俸は3600万円(『Jリーグ全選手名鑑』日刊スポーツグラフ刊より。年俸は推定。以下同)。プロ野球と一概に比較することはできないが、ちなみに今季未勝利に終わった日本ハムの斎藤佑樹投手の年俸は3500万円だった。 そもそも、広島は経営状 [全文を読む]

MVP&リーグタイトルを勝ち取ったFW金崎夢生、PKについては「石井さんのおかげ」《JリーグCS》

超ワールドサッカー / 2016年12月04日12時37分

2戦合計2-2となるもアウェイゴール数で鹿島がリーグ優勝を達成した。 ▽この試合で2得点を奪い鹿島を優勝に導いた日本代表FW金崎夢生が試合後にミックスゾーンで取材に応対。リーグ優勝を喜ぶと共に、PKを決めた瞬間は「最高」と語った。 ◆FW金崎夢生(鹿島アントラーズ) ──優勝したことへの率直な感想は 「凄く嬉しいです」 ──先制された後はどの様な気持ちで戦 [全文を読む]

データから見る「NB CHAMPIONSHIP U-13」ファイナル、シュート精度の高さがFC LAVIDA優勝の要因に

ゲキサカ / 2016年11月01日19時05分

Jクラブ育成組織や中体連、街クラブの強豪24チームが優勝を争った“全国大会級”の新設U-13大会、「newbalance CHAMPIONSHIP U-13/2016」が7月23日から7月25日まで開催され、決勝で鹿島アントラーズつくばジュニアユース(茨城)を2-0で破ったFC LAVIDA(埼玉)が初代王者に輝いた。 この決勝戦をJ1・J2・J3リーグ全 [全文を読む]

日本代表監督は、この法則で岡ちゃんが再登板すべき?

週プレNEWS / 2015年02月25日06時00分

なんと、「白髪メガネ→ハゲの順に優勝」していたのだ! この法則通りにいけば、14年ブラジル大会の優勝監督はズバリ、白髪メガネ。週プレはウルグアイとアルゼンチンを推したが、惜しくも敗戦…。優勝はまさかの黒髪・レーブ監督だった。 この結果を受けて、W杯の優勝監督を再調査した結果、衝撃の新事実が判明した。さかのぼること20年、なんと94年大会で優勝したパレイラ監 [全文を読む]

【ACL2017】悲願のアジアタイトル獲得にJ王者・鹿島が挑む〜グループE〜

超ワールドサッカー / 2017年02月21日14時00分

■グループE鹿島アントラーズ(日本)ムアントン・ユナイテッド(タイ)ブリスベン・ロアー(オーストラリア)蔚山現代(韓国)★鹿島アントラーズ(日本/7回目)【出場資格】Jリーグ2016 優勝、天皇杯2016度 優勝【前回出場】2015年【前回大会】不参加【最高成績】ベスト8(2008)▽2016年の明治安田生命J1リーグで年間勝ち点3位ながら、チャンピオンシ [全文を読む]

ACL王者の全北現代から加入のGKクォン・スンテ、個人の目標は「最少失点」の新記録樹立

超ワールドサッカー / 2017年01月29日18時53分

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)前回王者の全北現代モータースから加入した韓国代表GKクォン・スンテは、チームの優勝に貢献すべく、「最少失点数」の新記録樹立という個人の目標を掲げた。 「ずっと夢見ていた」と語る鹿島加入に喜びのコメントを残しつつ、タイトル獲得に意欲を示した。 GKクォン・スンテ(鹿島アントラーズ) 「2016年のACL優勝王者・全北現 [全文を読む]

【茨城vs栃木vs群馬】もっとも栄えている北関東はどこか決着

しらべぇ / 2016年02月06日16時00分

チームの実績はJリーグ、天皇杯などで複数の優勝経験がある鹿島アントラーズが圧倒的であり、茨城県が他2県をリードしている。(2)野球チームまず、高校野球でみると群馬県は夏の高校野球甲子園大会で桐生第一と前橋育英高校が全国優勝。茨城県は取手二高が夏、常総学院春と夏それぞれ1回優勝。栃木県は作新学院が1962年に春夏連覇を達成。ほぼ、五分である。大学では群馬の上 [全文を読む]

J1優勝クラブは賞金3億円の他に強化配分金として3年間で15億5000万円を獲得

超ワールドサッカー / 2017年02月09日16時00分

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグの優勝賞金は3億円となり、2位は1億2000万円、3位は6000万円を受け取ることが決定した。昨シーズン王者の鹿島アントラーズは、チャンピオンシップ優勝賞金として1億円、年間勝ち点3位として2000万円、1stステージ優勝として5000万円をもらっており、チャンピオンシップでの勝利金として3000万円を受け取って [全文を読む]

ゲキサカ秘蔵写真[2008.12.6]内田篤人(鹿島)

ゲキサカ / 2016年12月06日07時45分

【2008年12月6日】12/6[J1]鹿島優勝特集2 [12.6 J1第34節 札幌0-1鹿島 札幌ド] J1第34節が6日に行われ、鹿島アントラーズがアウェーでコンサドーレ札幌と対戦。前半35分のMF野沢拓也の得点で1-0の勝利を収め、見事に連覇を達成した。 その他の写真はこちらから↓ ▼12/6[J1]鹿島優勝特集2 ▼12/6[J1]鹿島優勝特集1 [全文を読む]

【JリーグCS決勝第2戦プレビュー】10年ぶり2度目か、7年ぶり8度目か《浦和vs鹿島》

超ワールドサッカー / 2016年12月03日10時00分

10年ぶり2度目のJリーグ王者に王手をかけた浦和レッズ(年間1位/2ndステージ優勝)と、逆転で7年ぶり8度目のリーグ優勝を目指す鹿島アントラーズ(年間3位/1stステージ優勝)のタイトルマッチだ。◆0-1の敗戦でも浦和優勝のアドバンテージ▽11月29日(火)に県立カシマサッカースタジアムで行われた第1戦では微妙なPK判定により浦和がアウェイゴールを獲得し [全文を読む]

ゲキサカ秘蔵写真[2007.12.1]鹿島逆転V

ゲキサカ / 2016年12月01日07時45分

【2007年12月1日】12.01 J1第34節 鹿島vs.清水(優勝オメデトウ!!鹿島特集3) [12.1 J1第34節 鹿島3-0清水 カシマ] 鹿島、悲願の10冠目!! 前節終了時点で2位の鹿島アントラーズは、ホームで清水エスパルスに3-0で勝ち、9連勝を達成。勝ち点1差だった首位浦和が横浜FCに0-1で敗れたことで、最終節の大逆転でリーグ制覇を成し [全文を読む]

キャプテンが見せた心遣い…トロフィーを高々と掲げた鹿島DF植田「本当に感謝」

ゲキサカ / 2016年06月26日07時30分

優勝トロフィーは村井満チェアマンからMF小笠原満男へと渡される。すると、小笠原はそのトロフィーをDF植田直通へと手渡し、21歳の若武者がトロフィーを高々と掲げて喜びを爆発させた。優勝トロフィーは通常、キャプテンが掲げるはずだが、そこには小笠原の心遣いがあったようだ。 熊本県宇土市出身の植田は、被災した地元への思いを胸にプレーを続けている――。熊本地震から間 [全文を読む]

【Jリーグ出場停止情報】優勝を目指す鹿島のMFカイオ、DF昌子源が最終節で出場停止

超ワールドサッカー / 2016年06月21日14時29分

▽1stステージの最終節を迎えるJ1では、優勝争いをしている首位の鹿島アントラーズのMFカイオ、DF昌子源が累積警告で出場停止。その他、アビスパ福岡のU-23日本代表DF亀川諒史や大宮アルディージャのMF横谷繁らが出場停止となる。▽J2では、首位浮上を目指すセレッソ大阪のFWブルーノ・メネゲウや5位につける京都サンガF.C.のDF菅沼駿哉が出場停止となって [全文を読む]

ガンバ大阪が、日本国内の三大タイトルを制覇 - パナソニック本社で優勝報告会

PR TIMES / 2014年12月17日09時22分

パナソニック株式会社がスポンサーを務めるサッカークラブチーム「ガンバ大阪」は、2014年12月13日、サッカークラブ日本一を決める伝統あるカップ戦、天皇杯の決勝戦で「モンテディオ山形」を下し、優勝しました。 今年度、ガンバ大阪はすでに、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に参加する18クラブが出場するトーナメント「2014 Jリーグヤマザキナビスコカップ」に [全文を読む]

フォーカス