監督 鹿島アントラーズに関するニュース

Jリーグプレスカンファレンスの参加監督・選手決定!

ゲキサカ / 2015年02月12日18時53分

Jリーグは12日、今月19日に都内で開催される「2015Jリーグプレスカンファレンス」に参加する監督および選手を発表した。浦和レッズのペトロヴィッチ監督はチーム事情により欠席するとしている。 毎年、開幕前に開催している「Jリーグプレスカンファレンス」では、監督とチーム代表選手が一堂に集い、開幕するシーズンへの抱負を語る。 以下、参加監督・選手 ■明治安田生 [全文を読む]

日本代表監督は、この法則で岡ちゃんが再登板すべき?

週プレNEWS / 2015年02月25日06時00分

国際舞台で活躍する大物監督が候補に挙がっているが、そんなに高望みもしていられない。2018年ロシアW杯のアジア予選が、もう4ヵ月後に迫っているのだ。 こうなったら実力や実績なんて一切無視して法則だけで監督を選んでみてはどうだろう? 『週刊プレイボーイ』本誌では、昨年のW杯特集で驚愕(きょうがく)の法則を発見した。目をつけたのは直近4大会の監督の髪型だ。98 [全文を読む]

J1監督の年俸 森保一氏やピクシーら優勝しても上昇率低い

NEWSポストセブン / 2013年12月30日07時00分

連覇に導いたのは、「ドーハの悲劇」のメンバーでもある森保一監督だ。森保監督の年俸は3600万円(『Jリーグ全選手名鑑』日刊スポーツグラフ刊より。年俸は推定。以下同)。プロ野球と一概に比較することはできないが、ちなみに今季未勝利に終わった日本ハムの斎藤佑樹投手の年俸は3500万円だった。 そもそも、広島は経営状況悪化のため、前任者であるペドロヴィッチ監督への [全文を読む]

セレッソ大阪、まさかのJ2降格! 今季だけで監督交代3回の異常事態は「明らかに経営側の判断ミス」

日刊サイゾー / 2014年12月02日15時00分

昨シーズン限りで退任したレヴィー・クルピ前監督は多くを語らなかったが、「明らかに経営側との軋轢があった」とサッカー関係者は話す。 「多くのメディアが、『クルピ監督がセレッソ大阪の若手育成に寄与している』と評価しました。監督自身もそういった評価を喜んでいましたが、セレッソ大阪側からすれば、選手を育て、スカウトしてきたのは自分たちだという自負がある。育成がう [全文を読む]

ナビスコ杯決勝前日…対照的な両監督「緊張感」「時々ボケようと」

ゲキサカ / 2015年10月30日20時27分

3年ぶり史上最多6度目の優勝を狙う鹿島アントラーズは公式練習後、石井正忠監督とMF柴崎岳が会見に出席。今年7月、トニーニョ・セレーゾ前監督の解任に伴い、コーチから昇格した石井監督は「埼玉スタジアムに入ってピッチの上に立って、最高の舞台で戦えることを思うと、少しずつ緊張感も増してきた」と、決戦を翌日に控えた心境を述べた。 2年連続3度目の優勝を目指すガンバ大 [全文を読む]

昨季は弟、今季は兄…C大阪、大熊兄弟で2年連続“代打指揮”

ゲキサカ / 2015年11月17日17時17分

セレッソ大阪は17日、パウロ・アウトゥオリ監督が退任し、強化部長の大熊清氏が新監督に就任する人事を発表した。J2リーグ戦残り1節となったこの時期の異例の監督交代劇。J1昇格プレーオフ圏内の4位に付けながら、ここ2か月でわずか1勝と最悪にあるチーム状態を表す人事発表となった。 残りシーズンを指揮する大熊氏は1964年6月21日生まれ、埼玉県出身の51歳。世代 [全文を読む]

元日本代表選手の不満爆発で広がる、チーム内の不協和音 セレッソ大阪J1昇格に黄色信号?

日刊サイゾー / 2015年11月10日19時30分

身長183㎝というパワー、さらにスピードとテクニックも兼ね備えているので、パウロ・アウトゥオリ監督は重宝しているようですが、本調子にはほど遠い。“旬”が過ぎた選手にも見えてしまい、実際に12試合出場で2得点と振るわない。玉田や関口の怒りも、もっともです」(サッカーライター) アウトゥオリ監督はサンパウロFC監督時にFIFAクラブワールドカップを制し、200 [全文を読む]

指揮官初陣は広島戦…鹿島を率いる大岩剛新監督のキャリアを写真で振り返る

サッカーキング / 2017年06月02日20時00分

鹿島アントラーズは5月31日、石井正忠監督の退任と大岩剛コーチの新監督就任を発表した。大岩新監督は名古屋グランパスでキャリアをスタートさせ、ジュビロ磐田、鹿島に在籍。鹿島では史上初のJ1リーグ3連覇や2度の天皇杯優勝など、数々のタイトル獲得に貢献した経験を持つ。 指揮官としての初陣はサンフレッチェ広島とのアウェイゲームとなった。大岩新監督のキャリアを写真と [全文を読む]

大好評の「鹿島アントラーズサポーターズ限定ファーム」いばらきゴールドおいも株&お米オーナー様募集を開始!

@Press / 2017年05月09日11時00分

普段は見ることのできない麦わら帽に長靴姿の監督やコーチ陣と一緒に汗を流し協力して農業体験はなめがたファーマーズヴィレッジでしかできない体験です。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/127894/img_127894_1.jpg第1回苗植え会集合写真URL: https://www.shirohato.com/■鹿 [全文を読む]

データから見る「NB CHAMPIONSHIP U-13」ファイナル、シュート精度の高さがFC LAVIDA優勝の要因に

ゲキサカ / 2016年11月01日19時05分

10月中旬にFC LAVIDAの村松明人監督や系列チームである昌平高の藤島崇之監督らを交えて説明会が行われた。 決勝戦は前半7分にMF須賀葵のラストパスからFW栃久保海汰が決めてFC LAVIDAが先制。FC LAVIDAはさらに17分にもMF島村隆汰がループ気味に出したラストパスが相手GKの判断ミスを誘って加点し、優位な状況に立った。 データによるとその [全文を読む]

ブラック企業並み!? “Jリーグ過密試合日程”の功罪とは――2015年のサッカー界を振り返る

日刊サイゾー / 2016年01月04日19時00分

■名将・アギーレ監督解任 AFCアジアカップ2015で見事な戦いを見せたものの、ベスト8で姿を消すこととなったハビエル・アギーレ監督率いる日本代表。決して良い結果ではなかったが、選手交代などで才を見せたアギーレ監督に対するジャーナリストからの批判は少なく、今後への期待の声も上がっていた。そんな矢先の2月、日本サッカー協会(JFA)はアギーレ監督がスペインの [全文を読む]

鹿島がトニーニョ・セレーゾ監督の解任を発表

ゲキサカ / 2015年07月21日18時10分

鹿島アントラーズは21日、トニーニョ・セレーゾ監督の解任を発表した。クラブは公式サイトで「今季の成績を総合的に考慮したうえで」契約を解除することを決めたとしている。後任には石井正忠コーチが新監督に昇格する。 トニーニョ・セレーゾ監督は2000年から05年まで鹿島の監督を務め、就任1年目の2000年に史上初となるJリーグ、ナビスコ杯、天皇杯の3冠を達成。指揮 [全文を読む]

【原ゆみこのマドリッド】ようやく休暇が終わった…

超ワールドサッカー / 2017年01月01日09時44分

▽「まったく年の瀬だっていうのに忙しい」そんな風に私が首を振っていたのは金曜日、バレンシのプランデッリ監督辞任の報を知った時のことでした。いやあ、クリスマスのparon(パロン/休止期間)が始まって早々にはマラガのファンデ・ラモス監督が、コパ・デル・レイ32強対戦で2部のコルドバに2連敗、総合スコア3-6で敗退してしまったせいだったんでしょうかね。いきなり [全文を読む]

カズW杯メンバー落選から19年…1998年フランスW杯出場22人の現在

サッカーキング / 2017年06月02日07時00分

岡田武史監督が発した「外れるのはカズ、三浦カズ」が伝えられると、日本中に衝撃が走った。 あれからちょうど19年。スーパースター・三浦知良(当時・ヴェルディ川崎)が置いてきた“魂”を胸に秘めて、ヒノキ舞台に立つ権利を得た戦士たちはの今現在を追った。(所属クラブは当時のもの)■GK 1 小島伸幸(ベルマーレ平塚)2005シーズンを最後に、J2ザスパ草津(現ザス [全文を読む]

ACL決勝トーナメントで鹿島と対戦する広州恒大、中国主要メディアの論調は?

サッカーキング / 2017年05月12日14時55分

「騰訊体育」と「捜狐体育」は、広州恒大と対戦する鹿島アントラーズの石井正忠監督と鈴木優磨の、ムアントン・ユナイテッド戦後の勝利インタビューの内容を紹介している。 石井正忠監督のコメントとして、「16強に駒を進めたクラブはどこも強敵であり、我々は良い準備をする必要がある。今季の広州恒大は、依然として鋭い攻撃力を発揮している反面、守備に明らかな抜け穴を見出し [全文を読む]

走ることの重要性を語った浦和・ペトロビッチ監督「ロナウドでも空を飛ぶことはできない」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

超ワールドサッカー / 2017年02月17日18時27分

会見に出席した浦和のミハイロ・ペトロビッチ監督がコメント。2006年以来の勝利を誓うとともに、走ることの重要性を説いた。 ◆ミハイロ・ペトロビッチ監督(浦和レッズ) 「浦和レッズとしてゼロックス・スーパーカップに出られることは名誉であり、嬉しく思います。もちろん我々浦和レッズもこの鹿島という素晴らしい相手と対戦し、素晴らしいゲームをして、このカップを我々の [全文を読む]

打倒レアル誓う柴崎岳「夢を追わない姿、勝利を追わない姿は見せたくない」

ゲキサカ / 2016年12月17日19時57分

クラブW杯決勝を翌日に控えた17日、試合会場の横浜国際総合競技場で公式会見が行われ、初出場でアジア勢初の決勝進出を決めた鹿島アントラーズの石井正忠監督とMF柴崎岳が出席した。 世界各国のメディアが詰めかけた公式会見。石井監督が「こういう素晴らしい舞台に立てて本当にうれしく思っているし、ワクワクしている」と言えば、柴崎も「アジア勢では初めての決勝ということで [全文を読む]

鹿島アントラーズ監督はなぜ、電撃解任されたのか? サッカー誌が書かない裏事情

日刊サイゾー / 2017年06月02日22時00分

5月31日、昨年のクラブワールドカップでレアルマドリードを追い詰め、鹿島アントラーズを世界2位に導いた石井正忠監督が突然解任されたのだ。鹿島は、その前日にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝セカンドレグで中国の金満クラブである広州恒大に2-1で勝利したものの、ファーストレグを0-1で落としていたため、アウエイゴールルールで敗退していた。 試合内容自 [全文を読む]

【2017 J1チーム診断】知将&エースが退団も適材適所の補強で魅惑のパスサッカーは新章へ《川崎フロンターレ》

超ワールドサッカー / 2017年02月21日20時01分

▽雪辱に燃える今シーズンは、4年半にわたって指揮を執った風間八宏監督とチームの絶対的エースであったFW大久保嘉人が退団。知将とエースを失った川崎Fだが、ストーブリーグでは元日本代表MF家長昭博やガンバ大阪で3冠に貢献したMF阿部浩之、ブラジル人FWハイネルなど経験豊富なアタッカーを獲得。新監督には風間監督の下で4年半コーチを務めた鬼木達氏が昇格。風間監督[全文を読む]

2013年から続く停滞ムードを払拭! 鹿島アントラーズの躍進で、17年のサッカー界は「開けた」!?

日刊サイゾー / 2017年01月06日19時00分

「リオデジャネイロ五輪に出場できるかも微妙」と各サッカーライターに酷評されていた手倉森誠監督率いるU-23日本代表だが、AFC U-23選手権2016兼リオデジャネイロ五輪・アジア地区男子最終予選を見事な戦いぶりで勝ち抜き、見事に出場権を獲得する。その一方で、日本女子代表のなでしこジャパンは、アジア予選でまさかの敗退。選手同士のコミュニケーション不足から [全文を読む]

フォーカス