10番 鹿島アントラーズに関するニュース

背番号10は中島翔哉、矢島慎也は9番! リオ五輪に臨むU-23日本代表の背番号が決定!《リオ五輪》

超ワールドサッカー / 2016年07月05日19時04分

▽注目されていた背番号10は、これまでこの世代で10番を背負い続けてきたMF中島翔哉(FC東京)が着用。中島が負傷で離脱していた直近の試合で10番をつけていたMF矢島慎也(ファジアーノ岡山)は9番をつけることとなった。▽また、オーバーエイジ枠で選出されたDF塩谷司(サンフレッチェ広島)は6番、DF藤春廣輝(ガンバ大阪)は4番、FW興梠慎三(浦和レッズ)は1 [全文を読む]

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第11節】止まぬ柏守護神の輝き! 大宮に今季2勝目を呼び込んだ新10番も選出!

超ワールドサッカー / 2017年05月15日14時00分

多彩な攻撃バリエーションで味方の得点チャンスも作り出す [全文を読む]

反町体制6年目を迎える松本が背番号を発表! 復帰のGK村山智彦は「16」、完全移籍加入のFW高崎寛之は「9」

超ワールドサッカー / 2017年01月13日19時48分

▽その他、桃山学院大学から加入のFW岡佳樹が26番を付けるほか、MF工藤浩平が23番から10番に背番号変更。FW三島康平も11番に変更となった。鹿島アントラーズから完全移籍での加入となったFW高崎寛之も9番をつける。 ◆2017シーズン選手背番号 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 GK 1.藤嶋栄介☆←(サガン鳥栖)※期限付き移籍 16.村山智彦☆←(湘 [全文を読む]

今年の東福岡10番は磐田へ!藤川虎太朗の入団が内定

ゲキサカ / 2016年11月10日17時06分

●2017年Jリーグ移籍情報 ●[高校・ユース]Jクラブ17年加入内定者一覧 [全文を読む]

「日本人は、スペインリーグでは通用しない!?」柴崎の2部移籍と、清武のJ復帰が意味するもの

日刊サイゾー / 2017年02月06日19時00分

長きにわたり日本代表のエースに君臨していた本田圭佑は、ACミランの10番をつけているものの、試合にまったく出場できず。一方、香川真司も、一時期はマンチェスター・ユナイテッドのスターティングメンバーに名を連ねていたが、現在はドイツ・ブンデスリーガに出戻っている。しかも、以前のような輝きを見せられていない。沈む2人と同様、昨季、プレミアリーグをレギュラーメン [全文を読む]

ヴィッセル神戸「ポドルスキ10億円オファー」に見る、“守銭奴”三木谷オーナーの狙いとは?

日刊サイゾー / 2017年01月20日19時00分

以降、ヴィッセルが大物外国人を獲得することはなくなったのだが、2017年シーズン開幕を前にして、「元ドイツ代表の10番である、FWルーカス・ポドルスキを獲得」という報道が流れている。ポドルスキは31歳ではあるが、昨年までドイツ代表としてプレーしており、昨季もトルコリーグで13得点を奪っている。報道によると、年俸約10億円のオファーらしいが、なぜ、ヴィッセ [全文を読む]

ゲキつよっ!!vol.5「際立った鹿島の完成度。憲剛はレジェンドの境地へ」

ゲキサカ / 2016年12月31日11時20分

鹿島の10番からは、そんな気概も感じることができた。「世界に向けた選手育成」という観点が必要だ。たとえば、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)だけでなく、韓国との交流戦をやってみたり。鹿島の活躍は、アジアのチームにも刺激になったと思う。ACLに出られるのは最大で4チームしかない。国内のクラブに所属しながら、選手を成長させる手段が、代表の強化にもつながるはず [全文を読む]

高校サッカー選手権が開幕! 今大会出場のJリーグ内定選手をピックアップ《第95回全国高校サッカー選手権》

超ワールドサッカー / 2016年12月30日13時50分

◆MF高橋壱晟(青森山田/ジェフユナイテッド千葉内定)▽名門の10番を背負う高橋は、ジェフへの入団が内定。今年はプレミアリーグEASTを制すと、チャンピオンシップも制し、ユース年代の王者に輝いた。抜群のボールキープ力を見せ、プレーメーカーとしてチームを牽引。青森山田の軸として選手権初優勝を目指す。 [全文を読む]

<サッカー>リアル「キャプテン翼」柴崎岳、レアルの16年間無失点の記録を破る―中国メディア

Record China / 2016年12月19日12時10分

その中でも世界を驚かせたのが10番の柴崎岳。スーパーなミドルシュートを含めた2得点を決め、その才能を世界に示した。レアル・マドリードは過去16年、クラブワールドカップで失点していない。その記録を打ち破ったのが日本の天才だ。 柴崎は92年生まれの若手選手。高校サッカーで名を上げ、Jリーグで頭角を示し、すでに日本代表歴もある。近い将来の欧州移籍も有力視されて [全文を読む]

「シバサキの視線はすでにリーガへ」…スペイン『マルカ』、マドリー戦2発の鹿島MF柴崎岳を特集

超ワールドサッカー / 2016年12月19日09時00分

2012年にJリーグ新人王を受賞した鹿島の10番は、来年1月にフリーで移籍可能な状況であり、クラブW杯の活躍で多くのチームが関心を示す可能性があるという。 ▽さらに、リーガエスパニョーラ挑戦を夢見る柴崎には今夏、ラージョやヘタフェが獲得オファーを打診していたとのこと。しかし、本人はあくまで1部でのプレーを希望していることから、いずれの移籍も実現しなかったよ [全文を読む]

鹿島が新シーズンの背番号を発表! 柴崎が10番を背負う!

超ワールドサッカー / 2016年01月12日14時05分

▽所属選手の背番号変更は1名のみで、日本代表MF柴崎岳が北九州へと移籍したMF本山雅志がつけていた10番を着用することが決定した。また、新加入選手に関しては、清水から期限付き移籍で加入したU-23日本代表GK櫛引政敏が1番、湘南から加入したMF永木亮太が6番、清水から加入したDFブエノが17番、東京Vから加入したU-23日本代表MF三竿健斗が柴崎がつけてい [全文を読む]

フォーカス