月9 大野智に関するニュース

ジャニーズドラマ総ざらい! 視聴率番長はSMAPか嵐か!?

サイゾーウーマン / 2013年01月01日13時00分

■ドラマ界もSMAP、嵐が盛り上げた 「視聴率男」の底力を見せつけ、見事1位に輝いたのは、SMAP・木村拓哉主演のフジテレビ月9ドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』。大手企業の中間管理職として活躍していた主人公が身に覚えのない罪で仕事を失い、家もお金もなく食べることもままならないほどの生活へと転落。途方に暮れる中でさまざまな出会いを [全文を読む]

相葉雅紀、ついに松重豊との共演が実現! 残るは櫻井翔のみ!?

Smartザテレビジョン / 2017年04月16日07時00分

いよいよスタートする月9ドラマ「貴族探偵」。相葉雅紀を主演に、武井咲、生瀬勝久、井川遥、仲間由紀恵、滝藤賢一、中山美穂、松重豊ら豪華キャストが集結。30周年を迎える月9を盛り上げる注目作だ。嵐の相葉は月9主演2作目。前作「ようこそ、わが家へ」ではストーカーに狙われる一家の長男を演じ話題となったが、今回は「貴族」という浮世離れした役どころに注目が集まっている [全文を読む]

春の日本ドラマに視聴率伸び悩み、新婚の福山雅治の人気にも陰り―中国メディア

Record China / 2016年05月03日10時50分

日本で「男神」とあがめられている福山雅治が3年ぶりに月9に出演しているほか、現在最も人気のアイドルグループ「嵐」の大野智と松本潤もそれぞれ出演。また、40歳の美魔女・中谷美紀が、アラフォーの独身女性を演じているほか、松田翔太やオダギリジョー、黒木華などが出演するドラマも注目だ。ただ、キャストが豪華な一方で、春の新ドラマの題材はどれもオーソドックスで、ストー [全文を読む]

嵐メンバーでもっとも演技がうまいのは?松潤を超えての圧勝は…

しらべぇ / 2017年03月22日10時00分

2位は、フジテレビ月9『失恋ショコラティエ』やTBS日曜劇場『99.9〜刑事専門弁護士〜』などのヒットドラマに主演した松本潤。およそ2割が支持している。3位以下は、櫻井翔→大野智と1割台で続き、もっとも支持率が低かったのは、相葉雅紀で3.7%だった。ただし、「ニノの演技は凄い」というのは衆目の一致するところで、票が集中した結果とも言える。■次の月9で挽回な [全文を読む]

高視聴率キープの石原さとみ主演『地味にスゴイ!』 好調の要因はフジ“月9”臭さ?

日刊サイゾー / 2016年10月23日12時00分

その好調の要因は、どこにあるのか? 「日テレのドラマなのに、『地味にスゴイ!』はフジ“月9”臭がプンプン漂ってきます。脚本家は石原が主演した『ディア・シスター』をはじめ、数多くのフジのドラマを手掛けた中谷まゆみ氏で、演出的にも“月9”テイストのつくりになっています。初回では、いつもと違う石原に違和感を覚えましたが、第2話以降は、“いつもの石原のドラマ風”に [全文を読む]

打倒“月9”に燃える日テレ火“水10”枠、嵐・大野智『世界一難しい恋』まずまずの好発進!

日刊サイゾー / 2016年04月14日22時00分

ドラマといえば、昔はフジテレビの「月9」が鉄板でしたが、近年では日本テレビの「水10」がその牙城を崩しています。2000年前半の『ごくせん』に始まり、後半には『ホタルノヒカリ』。そして、2011年には『家政婦のミタ』が最終回で視聴率40%を獲得し、そのブランドを確固たるものにしました。 そんな水10の今作は、『死神くん』(テレビ朝日系)以来、2年ぶりの連ド [全文を読む]


石原さとみ 突発「金髪ド派手メイク」になったワケ

アサ芸プラス / 2017年08月14日17時57分

「一部では、山下が主演している月9『コード・ブルー』(フジテレビ系)が終了する9月のタイミングで電撃婚をするという説も浮上しています。石原自身、『30代になったら結婚もしてみたい。その前に一人の女性としてやりたいことは全部しておきたい』と常々周囲に話している。30歳になって彼女自身、心境の変化もあったようで、7月のインタビューで『仕事でやりたいことが思い浮 [全文を読む]

大野智「嵐の振付師」としての顔

日刊大衆 / 2017年07月25日12時05分

ブリュレ [全文を読む]

木村拓哉の凋落が鮮明に?嵐・大野智『忍びの国』好調が波紋

デイリーニュースオンライン / 2017年07月05日08時45分

木村には一時期、月9ドラマ内定のウワサが出回っていた。しかし嵐・相葉雅紀(34)が主演を演じた『貴族探偵』(フジテレビ系)が無残な結果に終わったこと、当時社長だった亀山千広氏(61、現BSフジ社長)が退任に追い込またことでフジテレビ社内の風向きがガラリと変わり、木村の話は頓挫状態に。木村の立場を揺るがす出来事は他にもある。 「一つはSMAPメンバーだった [全文を読む]

ドラマ「貴族探偵」はもはや「嵐検定」?一般視聴者を捨てた苦肉の策

アサ芸プラス / 2017年06月06日09時58分

嵐の相葉雅紀が主役を務める月9ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)。伸び悩む視聴率ばかりが取り沙汰されているが、5月29日放送の第7話は平均視聴率7.8%で、第6話の視聴率7.5%より0.3ポイント上昇した。「フジテレビは『貴族探偵』で視聴率回復ができなければ“月9”ドラマ枠を手放す覚悟を迫られているため、他局のスタッフからは『第7話でとうとう嵐の人気にすが [全文を読む]

相葉雅紀「月9」に「貴族のオーラが全くなし!」のがっかりコメント殺到

アサジョ / 2017年04月19日18時14分

嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)が4月17日にスタートした。だが、初回放送の平均視聴率は11.8%、期待通りの数字とは言えない厳しい船出となった。 相葉演じる自称「貴族」は、名前や年齢、家族構成や学歴、住所などすべてが不明。松重豊演じる執事や中山美穂演じるメイド、滝藤賢一演じる運転手の3人にかしずかれて生活しており、警察に対しては絶 [全文を読む]

『貴族探偵』はヒット要素満載 月9は再び浮上できるか

NEWSポストセブン / 2017年04月05日07時00分

ドラマが放送されるたびにその視聴率がニュースになる月9。その30周年作品として嵐の相葉雅紀が主演する『貴族探偵』に注目が集まっている。コラムニストのペリー荻野さんによれば、同作はヒット要素が満載だという。低迷が続き打ち切り説もささやかれる月9は再浮上できるのか? ペリーさんが過去30年を紐解きながら解説する。 * * * 今年はフジテレビの「月9」が30周 [全文を読む]

フジ月9、なぜ相葉雅紀に賭けた? 『貴族探偵』に漂う“ヒット作”の予感

リアルサウンド / 2017年04月05日06時10分

同局を代表するドラマ枠である“月9”の30周年作であり、視聴率の低迷が指摘される中での起用とあって、相葉に大きな期待が寄せられているのは明白だ。同作にはほかにも、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂など実力派俳優が名を連ねており、フジテレビにとって正真正銘の勝負作と言える。月9が相葉に“賭けた”理由を、改めて考察したい。参考:『カルテット』『オカム [全文を読む]

歓声が激減?嵐の将来を左右しそうな松本潤の”人気急落”ぶり

デイリーニュースオンライン / 2017年02月17日19時00分

嵐・相葉雅紀(34)が4月クールの月9ドラマ『貴族探偵』に主演することで、注目を集めている。相葉雅紀は、昨年の大みそかの『NHK紅白歌合戦』でも白組司会を務めるなど大抜擢が続いており、 「ジャニーズからSMAPが消えた今、事務所は嵐の躍進に全勢力をあげています。月9のプロモーションも盛大に展開されるでしょうね」 と芸能関係者も言うほどだ。 「しかし、嵐にも [全文を読む]

フジ月9で嵐・相葉雅紀『貴族探偵』スタート、フジが「月9ミステリー」なる新語を猛アピール

日刊サイゾー / 2017年02月10日20時30分

フジテレビは10日、4月期の“月9”が、嵐・相葉雅紀主演『貴族探偵』であると発表した。 同作は、フジテレビ現社長・亀山千広氏が企画に関わった1987年4月期放送の岸本加世子主演『アナウンサーぷっつん物語』から続く月9枠の30周年作品。麻耶雄嵩氏の同名推理小説シリーズが原作で、相葉が演じるのは、年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明ながら、己のことを「 [全文を読む]

SMAPの後継は無理だった?嵐・櫻井翔の新春ドラマが大惨敗した要因

デイリーニュースオンライン / 2017年01月06日07時47分

昨年1月期の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)みたいに暗い気持ちになる。障害をモチーフにした感動演出も、一部で指摘されているようにまるで夏の24時間テレビのよう。季節外れ感が否めず、元旦から積極的に観たいと思えるドラマではない。そこが賛否の分かれ目になったのでは」(報道関係者) また酷評を浴びたのが櫻井の演技と体型。「 [全文を読む]

ジャニーズですら数字が取れず大爆死!2016年のフジテレビドラマが酷すぎた

アサ芸プラス / 2017年01月05日17時58分

一方でフジテレビではTOKIO・長瀬智也先の『フラジャイル』ですら2桁割れですし、山田涼介の『カインとアベル』が月9史上の最低視聴率を更新するなど、ジャニーズに恥をかかせたも同然です。これではファンが怒るのも当然でしょう」 この調子では、月9ドラマにジャニーズタレントが戻ってくる可能性はかなり低いのかもしれない。(白根麻子) [全文を読む]

嵐・相葉雅紀、4月期フジ月9主演内定! ストーリーは「原作付きのミステリー」と関係者談

サイゾーウーマン / 2016年12月13日11時45分

嵐・相葉雅紀が、来年4月期のフジテレビ系“月9”で、主演に内定したという。大みそかの『NHK紅白歌合戦』白組司会に続き、またしても大仕事を務めることとなる相葉だが、近頃の月9は、深刻な低視聴率で存続さえ危ぶまれている状況だけに、波乱含みのドラマ主演になりそうだ。 相葉は、2015年4月期の『ようこそ、わが家へ』で、初の月9主演を果たした。当初も視聴率が危ぶ [全文を読む]

SMAP解散で飛躍できず?嵐とHey!Say!JUMPを取り巻く”明暗”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日07時05分

また現在の月9ドラマも同様です」(前出・芸能関係者) 現在の月9ドラマ『カインとアベル』(同)は、山田涼介(23)が主演をつとめている。こちらも自身初のラブストーリーを演じ、同じくサラリーマン役を試みたものの視聴率は散々だ。唯一、伊野尾慧(26)が『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)での演技力が評価されていたが、あくまでも伊野尾の立ち位置は脇役とい [全文を読む]

フォーカス