母親 大島優子に関するニュース

ブログで謝罪のAKB48高橋みなみ 母淫行事件"被害"少年Aに逮捕の可能性も!?

日刊サイゾー / 2012年02月20日08時00分

9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の記事には、高橋みなみの母親がヤンキー少年Aと関係を持った経緯について詳細が記されている。高橋の弟と親しかった少年Aは、弟との関係を盾に母親へ迫ったとされ、母親は息子可愛さのあまりに断ることができず、数回に渡って少年Aと関係を持ち、東京都青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された。すでに略式起訴され、50万円の罰金刑が確定して [全文を読む]

大島優子、25歳での卒業理由は「基盤を固めるため」

Smartザテレビジョン / 2016年11月22日12時27分

バンドマンだった父親の影響で、15歳の時から200曲以上のオリジナルソングを作ってきたさらさんだったが、両親が離婚すると母親は音楽を禁止するように。 家を出て、母親と絶縁状態を続けていたさらさんだったが、妹の働き掛けによりわだかまりが解け、ことし9年ぶりに家族と暮し始めている。 そんな中、26歳の誕生日を前に“夢の限界”も感じているさらさん。現在残っている [全文を読む]

AKB48高橋みなみ母の淫行逮捕 時事・共同以外の大手マスコミは"事務所の意向"でスルー

日刊サイゾー / 2012年02月10日08時00分

グループ全体のリーダー格でもある高橋みなみの母親が15歳の少年との淫行容疑で逮捕され、書類送検されていたというこのスクープ。この事件は昨年10月、傷害事件で3人の少年が逮捕された際に、そのうちのひとりが、高橋の母親と性的関係にあったことを告白したことで発覚したというのだ。 高橋の母親は八王子署の事情聴取に対し、「長男の先輩にしつこく迫られ、仕方なく関係を [全文を読む]

“女優”大島優子「ファンが減るんじゃないかって……」、そんな不安を取り除いたのは……

Entame Plex / 2014年10月02日20時16分

この『ミノン』のCMは連続ドラマになっており、大島演じるOLが都会にもまれるなか、地方の母親から送られてきた荷物には……というストーリーである今回の『○○編』が10月3日から、12月には『帰省編』、来年の3月にはカレシの引っ越しを手伝う『彼の引っ越し編』が全国公開される予定だという。 「第4弾、第5弾と続いていくと、麻子(大島が演じるOL)の結婚なんてこ [全文を読む]

大島優子、初恋の相手に“塩対応”をとっていた!?

日刊大衆 / 2017年01月09日15時00分

その後、「何か引っかかるな」と感じた大島が母親に聞いたところ、「“あんたの初恋の人だよ”って言われて」と母親が覚えていたと話すと、後藤は「お母さん覚えてんたや」と感心していた。 「AKB時代の大島は、握手会ではファンの話をちゃんと聞く“神対応”で評判でした。この男性も大島ならいいリアクションをしてくれると思って話しかけたんだと思いますが、残念な結果に終わっ [全文を読む]

大島優子のウエディング姿に坂口健太郎「すごくきれい」

Smartザテレビジョン / 2016年11月29日17時45分

母親との掛け合いでは、方言を指導する先生のアドバイスの下、大島が流ちょうな阿波弁を披露すると、方言の持つ独特の温かみが彼女の柔らかい雰囲気と相まって母と娘の強い絆を感じさせる感動的なシーンを演出した。撮影終了後、大島と坂口がインタビューに応じた。――今作の見どころを教えてください。大島:遼ちゃんと、ついに結婚しました!坂口:結婚しましたね。これからもよろし [全文を読む]

大島優子に宮崎あおい、子役で活躍していた有名女優たち

日刊大衆 / 2016年09月26日13時30分

元AKB48の大島優子(27)は、卒業後は女優としてテレビドラマや映画、舞台などで活躍しているが、7歳頃から母親の勧めで芸能事務所に所属していて、1996年に昼ドラマ「花王 愛の劇場」シリーズ『ひよこたちの天使』(TBS系)に出演。翌1997年にはドラマ『バージンロード』(フジテレビ系)で、主人公の和久井映見(45)の幼少期、『D×D』(日本テレビ系)で [全文を読む]

女児に爆発的人気!「ちいさなプリンセス ソフィア」、あのメリダが登場するエピソードをオンエア!

PR TIMES / 2016年02月09日19時40分

普通の女の子だったソフィアがある日、母親の結婚をきっかけにプリンセスとなります。お城での華やかな新生活は、ワクワクと戸惑いでいっぱい。かわいい動物に助けられながら、本物のプリンセスになっていくソフィアの毎日を描いた人気テレビアニメーションです。ぜひ、ご家族でお楽しみください! ディズニー・チャンネルの最新情報は、公式サイトDisneyChannel.jp、 [全文を読む]

AKB48“卒業”を労う秋元康の例え話が悪かった?「淫行の母を思い出す」とファン皮肉

デイリーニュースオンライン / 2015年11月30日16時00分

また、高橋といえば2012年に母親が未成年と関係を持ったとして淫行容疑で逮捕され、世間に衝撃を与えた。そのような背景があったにも関わらず、秋元氏が高橋への労いに「お母さん」という言葉を使用したため、 「秋元さん、高橋みなみの話で『お母さんが…』というのはマズイんじゃない?」 「淫行の母がいるのに…例えが良くない」 など皮肉めいた指摘も。 「高橋の母親が淫行 [全文を読む]

卒業後初センター!大島優子『ロマンス』ケーキを絶賛

Movie Walker / 2015年08月29日13時07分

早速、駅の事務所に連行するが、その最中に、もう何年も会っていない母親から届いた手紙を読まれてしまう。こうして鉢子は、桜庭に後押しされる形で、母親捜しの旅に出ることになり…。 本作でAKB48卒業後、映画初センター(初主演)を果たした大島は、撮影現場の感想を聞かれ、「監督とは、CMの撮影でもご一緒させていただいたことがあるので、すごくリラックスして、取り組ま [全文を読む]

母を捜すための、新宿⇔箱根間のプチトリップ・ムービー!

NeoL / 2015年08月27日21時30分

ある日、鉢子は映画プロデューサーを名乗る怪しい中年男・桜庭と出会い、何年も会っていない母親からの手紙を読まれてしまう。怒る鉢子だったが、手紙の内容から桜庭は「この手紙の主は、死のうとしているのでは?」と指摘。桜庭に背中を押され、何年も会っていない母親を探す小さな旅に出ることに――。 小田急グループの全面協力を受け、ロマンスカー車内や駅構内での撮影が実現。ク [全文を読む]

大島優子主演映画「ロマンス」と“小さな旅”を提供する『ことりっぷ』コラボキャンペーン開催!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月30日17時30分

その日もつつがなく業務をこなしていたが、ひょんなことから映画プロデューサーを名乗る怪しい中年男客・桜庭(大倉孝二)に“母親からの手紙”を読まれてしまう。桜庭に背中を押され、もう何年も会っていない母親を捜すことになった鉢子。 かつて家族で訪れた箱根の景勝地を巡る“私とおっさん”の小さな旅が始まった。 大島ファンも鉄道ファンも期待を寄せる同映画の公開を記念し、 [全文を読む]

“妻役ならこの女優” 断トツ1位の人気は上戸彩、やっぱりあの胸に包容されたい?

週プレNEWS / 2015年05月04日17時50分

そこでアイドル評論家の北川昌弘さんに総評を聞いたところ、 「この中でドラマの影響を受けていないのは、イメージとして妻もしくは母親役を確立している黒木瞳さん。石原さとみさんは週プレ読者的に旬の好きな女優という感じでしょう。この時期に、この質問というのは上戸さんの1位にしたくて聞いたアンケートですか?」 …と疑われバッサリ切られましたが、偶然です(キッパリ)。 [全文を読む]

【AKB48×ナツイチ直筆読書感想文集】田中慎弥×大島優子・ディープな“共喰い”対談!

週プレNEWS / 2013年09月24日12時00分

大島 父親の円、母親の仁子さん、そして高校生の遠馬という3人が、「事件」の前後でそれぞれどんな感情になったかは、確かに小説の中には書かれてないですね。でもきっと、「やってしまった」とか「あのとき、ああしていれば」と思ってるんじゃないかなって。 田中 実は、私はこの母親は自分のしたことをそれほど後悔してないんじゃないかと、どこかでそんなふうに思いながら書い [全文を読む]

「出入り業者に強引に売りつける」J-POPカリスマ歌姫の母親がマルチ商法にドップリ関与

日刊サイゾー / 2012年10月31日08時00分

J-POP人気歌姫の母親に、マルチ商法への関与がささやかれている。「事務所のスタッフに唐突に健康食品を薦められたので、おかしいなと思ったら代理店契約を結んでいるらしいんですよ」 こう証言するのは、女性歌手の個人事務所と付き合いのある出入り業者で、事務所から仕事を発注されている手前、仕方なく約2万円分の栄養ドリンクを購入したのだという。 このドリンクはネット [全文を読む]

松井珠理奈、20歳誕生日へのカウントダウンが豪華

dwango.jp news / 2017年03月08日23時58分

公式のツイッターにて、母親と共に誕生日を祝った報告をし、多くの「おめでとうコメント」が書き込まれている。そんな中、ツイッターにて松井珠理奈自身が行っていたカウントダウンが豪華だと話題に。「20歳の誕生日まであと10日」として、大島優子とのツーショットを掲載。 その後は、「あと9日」で秋元才加、「あと8日」では板野友美とのツーショット。「あと7日」では、「こ [全文を読む]

大島優子演じるメリダも登場! ディズニー・チャンネルテレビアニメ「ちいさなプリンセス ソフィア」最新作

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月10日17時30分

ある日母親の結婚をきっかけにプリンセスになることに。お城での華やかな新生活に、ワクワクしたり、ときには戸惑ったり…。かわいい動物に助けられながら、本物のプリンセスになっていくソフィアの毎日を描いた人気テレビアニメだ。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 日本初公開の最新エピソード「ひみつのとしょしつ」は、“ひみつ”がキーワード。叔母のティリーからも [全文を読む]

脱法ハーブ吸引、未成年淫行、AV移籍……大島優子公式発表の「AKB黒歴史」が的外れすぎ

日刊サイゾー / 2015年12月07日20時30分

AKBの「親族」では、なんといってもAKB総監督・高橋みなみの母親が「15歳少年と淫行した」という耳を疑うような話。この淫行によって逮捕までされたというのだから、そのインパクトは計り知れないものだった。この報道によって高橋の弟が地元で有名なヤンキーであることなども明らかになってしまう。これだけのことが白日のもとにさらされても芸能活動を継続するのだから、高 [全文を読む]

映画の撮影舞台となった「ロマンスカー・MSE」タイアップパンを発売

PR TIMES / 2015年08月17日11時41分

仕事の成績は常にトップで、その日も小田急線・新宿駅を出発したロマンスカーでつつがなく業務をこなしていたが、ひょんなことから大倉孝二扮する映画プロデューサーを名乗る怪しい中年男・桜庭と出会い“母親からの手紙” を読まれてしまう。桜庭に背中を押され、もう何年も会ってない母親を捜すことになった鉢子。かつて家族で訪れた箱根の景勝地をめぐる“私とおっさん”の小さな旅 [全文を読む]

大島優子 女優業について「正解も不正解もないから難しい」

NEWSポストセブン / 2015年08月16日07時00分

ひょんなことから映画プロデューサーの桜庭(大倉孝二)と一緒に、音信不通になった母親を探すことになった26才の鉢子を等身大に演じている。役者として一歩一歩地歩を固めている彼女に、撮影秘話やこれからのことを語ってもらった――映画『ロマンス』では大島さん演じる鉢子の表情が豊かでとても魅力的でした。大倉さんとの相性もバッチリでしたね。 大島:ありがとうございます。 [全文を読む]

フォーカス