原作 美女と野獣に関するニュース

<チョコレートケーキ>味わうチョコパイおとぎ話シリーズ ロッテ 『チョコパイ<ティラミス 晩餐会のデザート仕立て>』2017年3月21日(火)全国で発売!

PR TIMES / 2017年03月16日11時29分

(色を塗ると世界に一つだけの晩餐会場が出来上がります) ■「Beauty &the Beast」(童話「美女と野獣」 )とは 1740年にフランスで原作が発表され世界中の映画や舞台、アニメなどで紹介されている作品です。屋敷での豪華な晩餐会は印象的な場面の一つです。 ■ 人気イラストレーターの中村佑介氏のイラスト [画像2: https://prtimes. [全文を読む]

ジュード・ロウ、2年ぶり7度目の来日。「美しい国、日本にまた来れてうれしい。」

AOLニュース / 2012年02月15日17時17分

でもそれは原作とは違うんだ。僕は今一度原作に立ち戻って、伝統を維持しつつも、自分なりの新しい解釈を加えた。原作のワトソンは軍人でラグビーの選手だったし、アクションにもかなり関わっている。それに彼をスマートで、ホームズと対等なキャラにしたかった。太った動きの鈍い愚か者に見せるのはもったいないと思ったんだ。」とコメント。 また相棒のロバート・ダウニーJr.とは [全文を読む]

「下ネタ全開で最高じゃねぇか!」初登場3位の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が大好評!【週末映画興行成績】

おたぽる / 2017年05月16日18時00分

今週末はアニメ映画『マインド・ゲーム』や『夜は短し歩けよ乙女』で人気を博す湯浅政明監督のオリジナル作品『夜明け告げるルーのうた』や、人気同名マンガ原作の実写版『ピーチガール』の公開が控えているが、『美女と野獣』『コナン』の牙城を崩すことができるか、動向に注目したい。 [全文を読む]

GWも映画が熱い!今すぐ見たい話題の劇場公開映画3選

ハリウッドニュース / 2017年05月05日10時00分

魅力はやはり、美しく原作を完璧に再現した世界感である。実力派英国俳優、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのイアン・マッケラン。『スターウォーズ』シリーズのユアン・マクレガー、『ラブ・アクチュアリー』(03)のエマ・トップソンなどが舞台を盛り上げている。彼らが起用された理由は原作のヨーロッパらしさを出すために発音などにこだわったためのキャスティングであった [全文を読む]

キムタク主演『無限の住人』はまさかの6位発進! 『美女と野獣』が2週連続で首位に【週末映画興行収入】

おたぽる / 2017年05月02日23時00分

ざっとレビューを見てみると、キムタク、メガホンを取った三池崇史監督のファンからはそこそこ高い評価を受けているが、一方で原作ファン、三池監督作をあまり好きでない映画ファンからは酷評と、公開前の予想通りの状況となっている。 褒めるにしてもけなすにしても、大抵のレビューはキムタクについて語られており、その存在感はさすがといわざるを得ないが、あれだけ宣伝であちこち [全文を読む]

10代注目の2017年映画・動画の人気者・写真加工アプリをランキングで発表! 魔法のiらんど「年末年始お年玉アンケート」結果のお知らせ

PR TIMES / 2017年01月25日16時13分

[画像: https://prtimes.jp/i/7006/3010/resize/d7006-3010-764004-0.jpg ]2017年に観たい『映画』はコレ!! 注目の1位はあの大人気少女漫画が原作の『PとJK』!!1位 映画『PとJK』2位 映画『一週間フレンズ。』 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』3位 映画『美女と野獣』4位 映画 [全文を読む]

1位はオペラ座の怪人、本が原作のミュージカル 歴代収益トップ10

Forbes JAPAN / 2016年11月19日15時00分

ミュージカルの人気から原作も注目を集めており、現在までに62万部以上が売れている。そこで今回は、本を原作にしたミュージカルの収益ランキングをご紹介しよう。1位 The Phantom of the Opera /オペラ座の怪人総収益:10億600万ドル原作:ガストン・ルルー著『オペラ座の怪人』販売部数:29万3,000部謎の「天使の声」に導かれて頭角を現す [全文を読む]

サム・メンデス、米ディズニーによる実写版映画『ジャイアント・ピーチ』の監督へ交渉中

ガジェット通信 / 2016年08月31日20時30分

ディズニーにより公開された、ロアルド・ダール原作ヘンリー・セリック監督のアニメ版映画『ジャイアント・ピーチ』から20年が経つ。実写版映画は、ニック・ホーンビィも脚本家として予備交渉中だ。 1961年に出版され、空想的でありながらも恐ろしい内容の原作本は、ジェームズ・ヘンリー・トロッターという4歳の少年が主人公だ。トロッターは、愛情に満ちた両親が動物のサイ [全文を読む]

ジョニー・デップ「リンダの脚本は実に素晴らしいよ」

Smartザテレビジョン / 2016年04月03日01時02分

プロデューサーのスザンヌ・トッドは「『アリス・イン・ワンダーランド』から本作までの間にキャラクターたちに何が起こったのか、彼らの過去にはどんな秘密が隠されているのかを、原作本のプリズムを通して全く新しいストーリーに仕立てたリンダの脚本は本当に素晴らしく、みんな一読で気に入りました」と絶賛。 また、原作者ルイス・キャロルの長年のファンであるジョニー・デップ [全文を読む]

有村昆が“大人ハロウィン”にぴったりな映画を紹介!

Movie Walker / 2015年09月19日16時07分

原作ではあまり触れられていない、なぜ王子は野獣に身を落としたのか?に焦点を当てている」と分析する。自然と人間との共生をテーマにした“大人なファンタジー”で、ハロウィンにピッタリとのこと。「原作とは違う大人なファンタジーと一緒に、『シャルロッテ』のチョコと生チョコの魔法のような組合せを感じて」と、おすすめチョコもアピールしている。 今年は、仮装でワイワイ過ご [全文を読む]

本当は超ダークな「ディズニー映画」の原作5選! 継母殺しのシンデレラから、切断アラジンまで…!

tocana / 2017年06月06日14時00分

しかし、ディズニーがアニメーション化した数多くの作品の中には、口にするのもはばかられるほど悲惨な内容が描かれた原作があることをご存じだろうか。今回は、実は原作が超恐ろしいディズニー映画5本を厳選して紹介しよう。■継母殺しのシンデレラ 小さい頃、ディズニー映画「シンデレラ」に親しんだ人も多いことだろう。その原作であるグリム童話版では、王子はシンデレラを捕まえ [全文を読む]

その人気に陰り? 福士蒼汰主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』が爆死で、7月期ドラマにも暗雲漂う

日刊サイゾー / 2017年06月02日07時00分

原作は70万部を突破するベストセラーとなった北川恵海の同名小説(KADOKAWA)で、漫画化(同)もされており、原作、漫画のファンからは一定の期待感があったはず。福士以外の主要キャストは工藤阿須加、黒木華、吉田鋼太郎、小池栄子、森口瑤子、池田成志で、なかなかの豪華メンバー。これで不振となれば、製作委員会も福士もショックを隠せないだろう。 福士は、13年前期 [全文を読む]

キムタク主演映画「無限の住人」が大コケ寸前の緊急事態!

アサジョ / 2017年04月29日10時14分

「無限の住人」はその3強から離された位置で、同じくコミック原作の実写化、菅田将暉主演「帝一の國」との4位争いがせいぜいだろうと期待値は急降下したという。「それでもGWに公開するメリットは『美女と野獣』などのメガヒット作が完売だった場合に、あふれた難民の受け皿となって、そのおこぼれにあずかれるから。ですから、最終的には興行収入もそこそこの数字は見込めるはずで [全文を読む]

『美女と野獣』でベルがペティコートで馬を駆る!監督が話す撮影秘話

Movie Walker / 2017年04月21日14時24分

原作やジャン・コクトー監督の実写版では、純真さがクローズアップされた描き方だった。本来ベルは美しさよりも善を、すなわち他の人が見落としがちな人の良さをちゃんと見ることができる女性だから、そういう資質をもたせたかった。それに加え、現代ならではの強さや自立心、フェミニストっぽい点を加えたよ。人々を勇気づけられるようなヒロインなんだ」。そういう意味で、エマ・ワ [全文を読む]

『美女と野獣』の原作の意外すぎるテーマに衝撃! 嫁入り前の女性を教育するためのおとぎ話だった!?

tocana / 2017年04月09日07時30分

■『美女と野獣』は結婚生活の実態を説明する教材だった!? 映画や舞台として多くの人を魅了してきた『美女と野獣』の原作は、1740年にヴィルヌーヴ夫人(ガブリエル=スザンヌ・ド・ヴィルヌーヴ)によって執筆された。その後、1756年にボーモン夫人(ジャンヌ=マリー・ルプランス・ド・ボーモン)によって短縮版が出版されると、皮肉にも本家よりこちらのほうが広く読まれ [全文を読む]

Filmarks調べ「4月上映映画 期待度ランキング」発表!第1位は『美女と野獣』

PR TIMES / 2017年03月30日10時43分

乙女が非常に可愛らしく、真っ直ぐ強か」(20代・女性)、「原作読まずとも楽しめますが、読んでおいた方がもっと楽しいかも」(40代・男性)、「ロバート秋山の歌がうまい」(30代・男性)■第3位:『T2 トレインスポッティング』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)【17,067Clip!】[画像4: https://prtimes.jp/i/8641/ [全文を読む]

実写版映画『美女と野獣』、ディズニー初のゲイのキャラクターが登場へ

ガジェット通信 / 2017年03月07日23時00分

原作と僅かに違う点は、ル・フウが、自身のセクシャリティと向き合いながら対応している役柄だということだ。 ビル・コンドン監督はアティチュード誌で、「ル・フウはいつかガストンのようになりたいと思いながら、一方ではガストンにキスをしたいと思っているのです」と語り、「ル・フウは自分の望みに対して混乱しています。自分がそんな気持ちを持っていることに気づいているのです [全文を読む]

映画「美女と野獣」世界で唯一の日本版ポスターが完成

Smartザテレビジョン / 2017年02月07日12時00分

原作を再現した野獣の姿が、よりリアルに感じられる。あえて“赤”をバラのみにして目立たせ、ストーリーの中で重要なものとして認識されるようになっているところもポイントだ。 本作ではメインのエマ・ワトソン(ベル役)やダン・スティーヴンス(野獣役)に加え、ルーク・エヴァンス(ガストン役)、ユアン・マクレガー(ルミエール役)、エマ・トンプソン(ポット夫人役)、イアン [全文を読む]

あなたの常識はもう古い!?10代女子の実態ランキング

Walkerplus / 2017年01月25日15時24分

■ 【映画部門】1位はあの大人気少女漫画が原作の「PとJK」 10代が好きな映画と言えば、やはり恋愛と邦画の組み合わせ。第1位は累計260万部を突破した、大人気恋愛マンガが原作の「PとJK」。警察官(Police)と女子高生(JK)の秘密の恋愛を描いたストーリーが10代女性の心を掴んだようだ。2位は「一週間フレンズ」。“友達のことを一週間で忘れてしまう” [全文を読む]

ウィル・スミス、ティム・バートン監督の実写版映画『ダンボ』に出演交渉中

ガジェット通信 / 2017年01月16日22時00分

原作は、皆の笑い者にされていたサーカスの子象であるダンボが、マウスの助けを得ながら能力を最大限に発揮するというストーリーだ。バートン監督による映画では、実写とアニメーションがミックスされる予定だ。 映画『マレフィセント』と映画『シンデレラ』が成功を収めた後、ディズニーは実写版映画に重点を置いている。実写版映画『美女と野獣』は、既に2017年で最も期待され [全文を読む]

フォーカス