牛肉 すき家に関するニュース

【衝撃事実】吉野家で「牛丼の肉抜き」を注文してみた結果

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年12月03日06時00分

牛肉抜きも対応してくれる? とはいえ、お客さんの要望に何でもかんでも対応するのはさすがに厳しいはず。例えば「牛丼の牛肉抜き」なども対応してもらえるものなのでしょうか。 おそらく、牛肉とタマネギを混ぜて煮込んだ状態で大量に用意しているはずなので、牛肉抜きで注文されるのは相当な手間がかかってしまうはず。僕が店員さんなら断りたいです。でもせっかくなので試してみ [全文を読む]

牛丼が奪われるのはいつ? 豚食文化だった中国が牛肉も世界中から“爆買い”

週プレNEWS / 2015年07月14日06時00分

中国の食欲が止まらない! 中間層の所得増加に伴って食材の世界規模での“爆買い”が横行、特に牛肉のがっつきには目を見張るものがある。ミートジャーナリストの高橋寛氏が解説する。 「かつては豚肉を好み、牛肉を食べる文化があまりなかった中国ですが、ここ4、5年で牛肉の消費量が爆発的に増え、輸入量は5年前の6倍にまで伸びてきています」 そんな中国が、旺盛な需要に応え [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

店舗が増え、米国産の牛肉が不足し価格が高騰してしまった。そして値上げをして、一部にフリーズドライという研究中の、いわば乾燥冷凍加工肉を使うようになった。それで味が落ちて、それまでのお客様が離れてしまったのです。 【弘兼】吉野家のキャッチフレーズである、「うまい」「やすい」「はやい」のうち、先の2つが崩れてしまった。 【安部】簡単に言えばそういうことです。私 [全文を読む]

ファストフード業界で“チキン戦争”勃発の理由

週プレNEWS / 2013年02月23日07時00分

そう、まさに“チキン戦争”の様相を呈しているのである! でも、なぜ今、鶏肉を使った商品が次々と登場しているのか? 日本フードアナリスト協会所属のフードアナリスト広報委員、重盛高雄氏は「各チェーンの主力の牛肉メニューが抱える問題が要因」だと語る。 「まず円安や穀物価格上昇の影響で、今年度の平均牛肉輸入価格は昨年度より6.8%も上昇。この2月から牛肉の輸入規 [全文を読む]

「すき家」の人手不足がストライキ騒動にまで拡大した理由

週プレNEWS / 2014年06月10日11時00分

結果的に、職務をボイコットし、ストを実行したのは、すき家の牛肉を製造するゼンショー傘下のGFF船橋工場にアルバイト勤務する男性ひとりだけであった。 大騒動にならなかったとはいえ、過酷な労働に悲鳴を上げてアルバイト店員が辞めてしまったために、一時閉店や短縮営業に追い込まれている店舗が続出しているのも事実。その数は、すき家の全国約2000店舗のうち、3月のピー [全文を読む]

【最強グルメ】本物の牛肉の味を堪能できる本物すぎる牛丼屋! 秋葉原「サンボ」が激ウマ! 携帯禁止

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年05月25日06時00分

パッと見た感じ、具の大半が牛肉で、タマネギの比率が極端に低くなっていることをご確認いただけるだろうか。 もちろん、サンボの牛丼にもタマネギは使用されている。かなりじっくりと煮込まれているため、溶けて原型をほとんどとどめていないだけなのだ。タマネギの姿を確認できても、かなりドロドロに柔らかくなっている。 本物の牛丼の味 気になる味の方だが、ひと口食べればチェ [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

デフレ回帰、輸入牛肉の価格低下といった経営環境を考えれば、牛丼チェーンは再び“低価格競争”に突入してもおかしくないのだが、いまは様子見といったところ。一体なぜなのか。外食ジャーナリストの中村芳平氏がいう。 「頻繁に牛丼を食べる若年層が減っていることに加え、ステーキ人気に象徴されるように高品質の肉を食べる文化が定着していることが大きい。いつまでも外国産の安 [全文を読む]

吉野家「松茸牛丼」vsすき家「アボカド牛丼」秋の新作牛丼対決

しらべぇ / 2016年09月16日06時30分

牛肉の上に松茸が5切れ鎮座している。眼前に置かれるだけでほのかに松茸の香りが鼻に届いた。ほどよい弾力と香りが口に広がる。中国産でも高級食材の松茸と庶民の味の代表格である牛丼だがおどろくほど違和感はない。想像以上にバランスの良い牛丼に仕上がっていた。発売当日、Twitterでも多くの人が実食・感想を述べていたが好意的な意見が多い。飯テロ忘れた。まあいいや。松 [全文を読む]

すき家に“ロカボ”が新登場!「ロカボ牛麺」と「ロカボ牛ビビン麺」

Walkerplus / 2017年03月28日18時46分

すき家自慢の牛肉、トッピングしたお揚げと揚げ玉のコクがつゆに溶け込み、奥深い味わいになる。 「ロカボ牛ビビン麺」は1食あたりの糖質量28.5g。ピリッとした辛さがクセになるねぎキムチと、たっぷりの野菜、すき家自慢の牛肉を豪快にまぜて食べる一品。コチュジャンダレを入れることで、さらに旨辛な味わいでクセになる。米粉入りのコンニャク麺のモチモチや、野菜のシャキシ [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

さらに、「これまでの“牛肉信仰”が崩れ去っている」と指摘するのは、外食ジャーナリストの中村芳平氏である。 「TPP(環太平洋経済連携協定)を先取りする形で、米国産や豪州産牛肉の輸入が拡大し、食品スーパーに行けば大型のステーキ肉が安く買えるようになりました。国産牛でも300g~500gクラスが閉店間際に行けば500円以内で投げ売りされている。 これだけ家庭で [全文を読む]

牛丼、500円時代突入か 吉野家の仕掛けた鍋戦争、すき家を“瀕死”に追い込む

Business Journal / 2014年12月08日06時00分

牛肉を熟成させて赤身のおいしさを引き出したほか、タレのうまみを増すといった改良を加えた。輸入牛肉の値上がりを受け「並盛」の税込価格を第1弾より40円高い630円とした。 昨年12月に売り出した第1弾は、今年5月末までの6カ月間に1400万食を売る大ヒット商品となったが、同社の業績改善の立役者となっただけではない。ライバルであるゼンショーホールディングス傘下 [全文を読む]

牛丼が「三社三様」の変革期に突入 過去の常識は通用せず?

NEWSポストセブン / 2014年08月13日16時00分

ところが7月に使用する牛肉を冷凍肉からチルド肉に切り替えた「プレミアム牛めし」を発売。「究極の牛めし」「社運をかける」という緑川源治社長は意気込んだ。ちなみに現場のスタッフからは「確かに好評だけど、きちんと作ると牛めしだけでこれまでの何倍も手がかかる。正直、現場の負担は増えるばかり」との声も聞こえてくる。 吉野家は今年4月、味の改善を狙って、牛肉のカット厚 [全文を読む]

牛丼業界に新顔が参戦! 東京・新橋で話題の「肉めし」の実力とは?

週プレNEWS / 2013年11月20日06時00分

牛肉を主体とした具がご飯の上にのる、という点では3大チェーンが提供する牛丼と同じだが、実は見た目も味もレシピもまったく異なる。特製ダレでタマネギ、こんにゃくとともにやわらかく煮込まれた牛角切り肉がゴロゴロ盛られ、さらに、同じタレで煮込まれた4分の1丁分の豆腐が、牛肉に張り合うかのようにデーンと横たわっているのである。 具の材料となる角切り肉は、国産牛(!) [全文を読む]

すき家が外食の業界団体に電撃加盟した理由 「孤高主義」も寄る年波には勝てなかった?

東洋経済オンライン / 2017年07月03日08時00分

「(加盟する)吉野家HDとの輸入牛肉をめぐる見解の相違から加盟を避けていた」(業界関係者)との見方もある。 今回のジェフ加盟についてゼンショーは、「業界首位の企業が入っていないのはどうなのかという外部の声が強かった」と説明する。ただ、連結売上高で日本マクドナルドHDを抜いて首位に立ったのは2010年度のこと。もっと早くに加盟していてもおかしくはなかった。 [全文を読む]

スシローを超えた「はま寿司」が、過去最高益で全国に店舗拡大中

まぐまぐニュース! / 2017年06月26日05時00分

また、ゼンショーは牛丼店やハンバーグ・ステーキ店、焼肉店、しゃぶしゃぶ店といった「牛肉」を扱う店舗も多数展開しています。牛肉を共通で使用する形で、はま寿司ではローストビーフや牛カルビ、ハンバーグといった牛肉をネタにした握りが充実しています。牛肉でもコストを抑えることができます。 サイドメニューも同様です。はま寿司ではラーメンやうどんを提供していますが、ゼ [全文を読む]

ソフトバンクユーザーは10月の金曜日に牛丼が無料 ネット上に吉野家アルバイトの怨嗟の声!?

ガジェット通信 / 2016年10月11日23時00分

「想像以上にキツくてこれがあと3回もあるのかと思うと無断欠勤したくなる」 「21時代で牛肉完売。もうアホかと。この会社はすき家みたいな反乱をまた起こしてほしいのか?鍋も可能とかすき家よりもひどい」 といった書き込みが続く。 以前、 すき家で「もう無理です…!うう」という悲鳴 店員さんが倒れていたというツイートが話題に http://getnews.jp/ [全文を読む]

深夜営業は止めて正解?飲食店苦境の背景

JIJICO / 2015年08月12日16時00分

会見での値上げ理由は、一つが原材料である牛肉の高騰と人件費、電気料の値上がりにあるとしています。メニュー構成を変え、従来よりも牛肉や玉ねぎを20%増量することで50円の値上げを吸収しようとしていますが、過去の例からも客数減を避けることは難しそうです。 負のイメージの原因を探り、的確な対応策を講じる もしも、外食チェーンが深夜営業を続けたいのであれば、次の3 [全文を読む]

「すき家」運営のゼンショー、上場後初めての「赤字」――人件費や食材高騰など響く

弁護士ドットコムニュース / 2015年05月12日18時52分

また、「すき家」の深夜時間の一人勤務「ワンオペ」を解消するために人件費が増えたことや、牛肉など食材価格の高騰などによるコストの増加も響いたという。 「すき家」では4月中旬、牛丼の具材をボリュームアップするとともに、並盛りを291円から350円に値上げした。東京・兜町の東京証券取引所で記者会見を開いたゼンショーホールディングスの金子武美グループ財経本部長は [全文を読む]

なか卯の「牛すき丼」 割安感あり和風牛丼を超える売れ行き

NEWSポストセブン / 2014年02月24日11時00分

メインは、従来の「和風牛丼」で使われていたものよりも厚めに切られた牛肉。やや脂身が多いが、これは豪州産牛肉から、脂身の多い米国産牛肉に変わったためだという。 この肉に加え、焼き豆腐、白ネギ、白滝、エリンギといった具材が、やや甘めの濃いタレですき焼き風に煮込まれている。具材には味がよく染み込んでいて、食が進む。アクセントに三つ葉がトッピングされているあたりが [全文を読む]

すき家『雑巾混入』について被害報告を認める。近く発表か

秒刊SUNDAY / 2013年05月16日21時42分

従って少なくとも牛肉と一緒に煮込んでしまったという可能性は低いのかもしれない。また発生した場所は奈良県の店舗と言う事で詳しいことは明確にされていない。―電話で問い合わせてみました事件後当社では電話で取材を試み、事件が本当に起きていた事を問い合わせたところ「被害者の方と連絡が取れた、今後は検討中」とのことで、今後何らかの形で発表がある模様だ。現段階ではどのよ [全文を読む]

フォーカス