販売 すき家に関するニュース

吉野家は二度救われた。代打の「豚丼」がもたらした奇跡の復活劇

まぐまぐニュース! / 2016年06月12日20時00分

今年4月に復活販売が開始された吉野家の「豚丼」がたった2カ月で1,000万食を突破、実に33億円もの売上高を記録しています。2004年の登場当時はアメリカ産牛肉禁輸措置に伴う牛肉不足を補うための「代打」的な位置づけだった豚丼の、まさかのホームラン。2014年の値上げ以来、苦しい戦いを強いられていた吉野家の救世主となるのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の [全文を読む]

「すき家」の人手不足がストライキ騒動にまで拡大した理由

週プレNEWS / 2014年06月10日11時00分

しかし、牛鍋系のメニューは吉野家や松屋に追随する形で販売されたもの。なぜ、すき家の店員だけ“パンク”してしまったのか? 「すき家は深夜1時から朝7時までの営業をアルバイトひとりがすべて担う“ワンオペレーション(ワンオペ)”体制の店が多いんです。終電直後や朝の通勤時間は会社員や建設作業員が押し寄せますし、客が少ない時間帯も、店内の清掃から在庫確認、仕込み、 [全文を読む]

おしゃれで都会的な戸板女子短期大学の女子大生が「すき家」とタイアップ!思わずスマホでSNSにポストしたくなるような「フォトジェニックな牛丼」を共同開発!

PR TIMES / 2017年07月10日13時20分

また8月20日(日)に開催される神宮外苑花火大会(神宮軟式球場)に出店を予定しているすき家のキッチンカーにおいても限定200食で販売いたします。■目的すき家が今まで培ってきた商品開発に関するノウハウに、食物栄養科に通う女子学生の新たな目線を取り入れることで、牛丼の新たな魅力を発見する。■開発プロセス女子学生とすき家で商品開発チームを立ち上げ、レシピの考案や [全文を読む]

疑問噴出のすき家・ヘルシー&こんにゃく麺の「牛麺」を実食!予想に反し激ウマ&満腹だぞ!

Business Journal / 2017年04月08日17時00分

これまで、「きのこペペロンチーノ牛丼」「アボカド牛丼」などのオリジナリティあふれるメニューを販売、インターネットを中心に話題になってきたすき家だが、ついに「低糖質」に取り組み始めた。 こんにゃく麺を使用した「ロカボ牛麺」(490円)と「ロカボ牛ビビン麺」(590円)が、4月5日から全国1952店舗で販売開始されたのだ。「ロカボ」とは、すき家の公式サイトに [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

回転寿司の「くら寿司」が、“牛丼を超えた『牛丼』(税込み399円)”を販売して話題を呼んでいる。 ネット上では、〈魚介類を使ったダシで牛丼の甘みが増し、クセになりそう〉との声があがるなど評判は上々だが、本家の牛丼専門店では、定番メニューの脇で1000円を超える高価格商品にも力を入れ、新たな顧客ニーズを満たそうという動きが広がっている。 11月17日より10 [全文を読む]

吉野家「松茸牛丼」vsすき家「アボカド牛丼」秋の新作牛丼対決

しらべぇ / 2016年09月16日06時30分

そこで、松茸の初セリがあった際に販売していた「松茸牛丼」が50数年の時を超え、9月15日から期間・数量限定で復活することとなった。季節は食欲の秋。吉野家の「松茸牛丼」と同時期に発売されたすき家の「アボカド牛丼」による秋の新作牛丼対決をしらべぇ取材班が独自に行ってみた。■吉野家「松茸牛丼」を実食発売当日、正午すぎに店舗に到着。店員さんに話を聞くと、11時30 [全文を読む]

戸板女子短期大学とすき家が共同開発 SNSにポストしたくなるような「フォトジェニックな牛丼」がついに完成!

PR TIMES / 2017年08月09日11時00分

また、8月20日(日)に開催される神宮外苑花火大会(神宮軟式球場)に出店するすき家キッチンカー横のすき家ブースでも限定200食で販売いたします。[画像1: https://prtimes.jp/i/23533/7/resize/d23533-7-659548-3.jpg ]■目的すき家が今まで培ってきた商品開発に関するノウハウに、食物栄養科に通う女子学生の [全文を読む]

すき家が”ブラック化”加速させた「牛すき鍋定食」復活のウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2014年12月02日09時00分

そんなすき家が、11月27日にあの「牛すき鍋定食」の販売を再開した(一部の店舗で先行して試験販売され、27日より本格的に販売を再開)。ネット上では、「懲りないな」「またバイトが逃げ出すぞ」などの声が上がっているが、実際はどうなのか。東北地方の某店舗で店長を務める青木英夫さん(仮名・39)は、現場の様子をこう証言する。 「正直、またか……。というのが、本音 [全文を読む]

すき家から限定の「夏だ!トコナッツ丼」が登場!思わずSNSにポストしたくなるようなフォトジェニックな牛丼

Walkerplus / 2017年08月13日18時51分

すき家が、戸板女子短期大学と共同開発し、SNSにポストしたくなるようなフォトジェニックな牛丼、「夏だ!トコナッツ丼」を限定販売する。8月19日(土)の戸板女子短期大学オープンキャンパスにて先着300人がゲットできる。また、 8月20日(日)に開催される神宮外苑花火大会に出店する、すき家キッチンカー横のすき家ブースでも限定200食で販売される。 「夏だ!トコ [全文を読む]

女子大生が考案、SNS映えする「フォトジェニックな牛丼」8/19・20限定販売

リセマム / 2017年08月09日11時35分

8月19日のオープンキャンパスと、8月20日の神宮外苑花火大会に出店するすき家ブースで限定販売する。 「夏だ!!トコナッツ牛丼」は、ミックスナッツと色とりどりの野菜を使った、見た目が鮮やかなナッツサラダ牛丼。ナッツはマヨネーズ、カレーパウダー、ポン酢で和えており、フタを開けるとカレーの香りがただようスパイシーさが特徴。 「ベトナム風パクチリタマ牛丼」「新感 [全文を読む]

すき家に“ロカボ”が新登場!「ロカボ牛麺」と「ロカボ牛ビビン麺」

Walkerplus / 2017年03月28日18時46分

株式会社すき家本部が展開する牛丼チェーン「すき家」は、全国に展開する外食チェーン店としては初となる“ロカボ”商品である「ロカボ牛麺」(490円)と「ロカボ牛ビビン麺」(590円)を1952店舗で4月5日(水)から販売する。 生活習慣病予防や体に負担をかけないダイエットとして注目を集めている“ロカボ”。一般社団法人 食・楽・健康協会が提唱している「緩やかな [全文を読む]

すき家が強気に出た。1080円の高級弁当に隠された3つの意図

まぐまぐニュース! / 2016年12月06日05時00分

そんな中、同店は突如1杯1,080円という「黒毛和牛弁当」の販売を始めました。ここに来て「超高級牛丼」を提供する思惑とは? 無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』の著者・安部徹也さんが、MBAの視線で分析します。 すき家が1,000円を超える「高級牛丼」で狙う3つの意図とは? すき家は、11月17日から期間限定で、1個1,080円 [全文を読む]

牛丼価格 乱高下の末にいよいよ「一杯500円時代」が到来か

NEWSポストセブン / 2014年12月07日16時00分

2月になか卯が牛丼の販売を終了し、4月の消費税増税時には吉野家、松屋、すき家3社とも一杯280円だった並盛を吉野家は300円、松屋は290円に値上げ、すき家は270円に値下げを。価格戦略の違いが鮮明になった……ところが夏場に松屋が380円でプレミアム牛めしを発売。店舗の来客傾向などによってノーマルとプレミアム、ふたつの牛めしを店ごとに使い分けるようになり、 [全文を読む]

牛丼チェーン 人員確保の目処立たなければ低価格路線修正も

NEWSポストセブン / 2014年10月09日11時00分

7月からの「プレミアム牛めし」(380円)発売に伴って、導入店舗では従来の「牛めし」(290円)の販売を終了し、事実上の値上げを始めている。前出・中村氏が指摘する。 「すき家を襲った人手不足に端を発し、各社とも人件費の上昇に悲鳴を上げています。そこで、松屋は牛丼のクオリティーを上げながら、利益を出しやすい価格に戻しました。今後、すき家や吉野家も人件費を抑え [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

●牛丼低価格戦争の終焉 昨年後半から「牛すき鍋膳」(並盛580円)を中心とした高価格帯商品を販売し、業績や株価が回復基調にある吉野家。すき家やなか卯などとの牛丼低価格戦争、焼牛丼という新たなジャンルで切り込んできた東京チカラめしとの争いに自ら終止符を打ったかたちだ。吉野家の好調ぶりを見て、売り上げ不振が著しい東京チカラめし以外の競合他社はさっそく動き始めた [全文を読む]

すき家「カレー南蛮牛丼」、2013年以来の復活!―「牛あいがけチーズカレー おんたま付き」も同時発売

インターネットコム / 2017年09月19日11時30分

「カレー南蛮牛丼」がすき家で9月22日から販売される。2013年に販売されたメニューの期間限定での復活。 この商品は、かつおと昆布がベースの和風だしのカレー南蛮を牛丼にかけたもの。カレー南蛮には、長ねぎ、にんじん、油あげが入っている。 価格は並盛が490円、中盛&大盛610円など。販売終了予定は10月中旬。 すき家では、「牛あいがけチーズカレー おんたま付 [全文を読む]

幸楽苑の290円中華そば 経営圧迫しても止められない事情

NEWSポストセブン / 2014年12月09日07時00分

10月に岡山でオープンした店舗で地域限定販売した「醤油らーめん」(520円)の売れ行きが好調なことから、全国に販売エリアを拡大すると報告。 その一方で、290円の「中華そば」は人件費や光熱費が高騰している現状では「限界に来ている」として、今後は試験的に販売しない店舗を導入するなど販売中止も視野に入れていることを明らかにしたのだ。これが「290円ラーメンが消 [全文を読む]

なか卯の「牛すき丼」 割安感あり和風牛丼を超える売れ行き

NEWSポストセブン / 2014年02月24日11時00分

2月12日、業界4位の『なか卯』が、主力商品「和風牛丼」の販売を中止し、新たに「牛すき丼」を導入すると発表したのだ。 『なか卯』が牛丼の販売を開始したのは1974年。歴史は業界1位の『すき家』よりも古く、これまで『なか卯』の丼メニュー販売の3割を占めていた主力商品だった。 そんな“目玉”を捨ててまで、今回、「牛すき丼」の導入に踏み切ったのだ。いったい何が起 [全文を読む]

すき家の「カレー南蛮牛丼」限定復活! 「おんたま付きカレー」も特別価格に

マイナビニュース / 2017年09月21日12時41分

「すき家」は9月22日~10月中旬、「カレー南蛮牛丼」を期間限定で販売する。2013年に販売した同メニューが好評だったことを受け、寒くなり始めるこの季節に温かいトッピングをという思いから、今回期間限定で復活することとなった。 同メニューは、かつおと昆布がベースの和風だしに、長ねぎ、にんじん、油あげが入った、ほどよくとろみの効いたカレー南蛮を牛丼にかけたもの [全文を読む]

スシローを超えた「はま寿司」が、過去最高益で全国に店舗拡大中

まぐまぐニュース! / 2017年06月26日05時00分

くら寿司ではラーメンやうどん、カレー、うな丼、天丼などを販売しています。はま寿司やスシロー、かっぱ寿司でも、くら寿司ほどではありませんが、サイドメニューの充実化を進めています。消費者の嗜好の多様化が進んでいることもあり、寿司だけでは生き残れない事情があります。 そこで回転寿司各社はサイドメニューを充実させているのですが、サイドメニューはあくまで脇役のため、 [全文を読む]

フォーカス