サービス すき家に関するニュース

全国のすき家店舗で「QUICPay(クイックペイ)」の取扱いがスタート!

PR TIMES / 2015年03月24日11時53分

「QUICPay」とは、ポストペイ(後払い)型の非接触IC決済サービスです。サインや 事前のチャージ(入金)が不要で、ご利用代金は、すでにお持ちのクレジットカードご利用 代金と合わせてのお支払いとなるため、クレジットカードに付帯するポイントサービス等 の特典も受けられます。 「QUICPay」の取扱い開始を記念して、「すき家×QUICPay 導入記念キャ [全文を読む]

バークレーヴァウチャーズ、福利厚生用の電子食事ソリューション 「チケットレストラン タッチ」の提供を開始

DreamNews / 2016年04月20日10時30分

福利厚生ソリューション「チケットレストラン (Ticket Restaurant(R)」の発行代行サービスを提供するバークレーヴァウチャーズはこのたび、食事補助の福利厚生用途で従業員に配布する新しい電子食事カード「Ticket Restaurant(R)Touch」(チケットレストラン タッチ)のサービス提供を、本日より開始したことを発表いたしました。バー [全文を読む]

すき家、ワンオペで強盗被害数断トツ 約3年前に警視庁が一斉調査するも解消せず

Business Journal / 2014年08月16日01時00分

牛丼をサービスするより数段に手間がかかるため、アルバイト店員が次々と辞めていった。 その結果、ゼンショーの労働環境に対する批判が強まり、アルバイト店員を補充できなくなり、今年4月には最大で123店舗が店を開けられない状態となった。このため小川賢太郎会長兼社長は4月28日、第三者委員会を設置し、改善策の提示を求めた。報告書の提出を受け記者会見した小川氏は、深 [全文を読む]

すき家、驚愕の超社員管理体制 細かいすべての動きを秒単位で規定、間違うと叱責

Business Journal / 2014年08月12日01時00分

牛丼をサービスするより数段に手間がかかるため、アルバイト店員が次々と辞めていった。 その結果、ゼンショーの労働環境に対する批判が強まり、アルバイト店員を補充できなくなり、今年4月には最大で123店舗が店を開けられない状態となった。このため小川賢太郎会長兼社長は4月28日、第三者委員会を設置し、改善策の提示を求めた。報告書の提出を受け記者会見した小川氏は、深 [全文を読む]

スシローを超えた「はま寿司」が、過去最高益で全国に店舗拡大中

まぐまぐニュース! / 2017年06月26日05時00分

無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、同社を展開するゼンショーホールディングスの業態に注目し、同業他社に比べ圧倒的に勝っている「はま寿司」のバックボーンについて分析を試みています。 ゼンショーHDの利益が5割増加。はま寿司が大きく貢献 かっぱ寿司が行なっている、70分間の「食べ放題 [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

なぜ、吉野家を選択していただいているかというと、今までの吉野家の味、サービスの蓄積があるからです。その期待を裏切ることは最もよくない。 【弘兼】他の牛丼チェーンは、アメリカ以外の国から牛肉を調達して牛丼の提供を続けたところもありました。 【安部】ほかでできているんだから、吉野家でもできるだろうという意見はたくさんいただきました。お客様は出せ、出せとおっしゃ [全文を読む]

スガシカオが満足する「牛丼の紅しょうが」 20袋必要と判明

しらべぇ / 2016年04月12日17時00分

松屋とすき家であれば、スガシカオもスタッフも安心のサービスをしてくれるとわかった。■スガシカオを満足させるには紅しょうが20袋は必要!では、スガシカオは紅しょうが何袋あれば満足できるのだろうか? 以前、Twitter上で紅しょうがの量についての写真を投稿していたのだが...#かけすぎ部 RT @BluesAcoustic: @shikaosuga 牛丼大盛 [全文を読む]

吉野家が久々大ヒットで牛鍋バトル! 価格競争終焉の裏に思惑が?

週プレNEWS / 2014年12月26日06時00分

(取材・文/井出尚志、渡辺雅史、高山 恵[リーゼント] 鈴木晴美) ■「週刊プレイボーイ」1&2合併号(12月②5日発売)「激突14番勝負! チェーン店&サービスの業界別勢力マップ!」より [全文を読む]

すき家社長、ブラック企業批判に反論「違う。出る杭は打たれる」店員大量退職、閉店続出…

Business Journal / 2014年07月21日01時00分

事業目的に「百貨小売業及びこれに関連する商品の製造・加工・卸売業」「調剤薬局業及び医薬品並びに医薬部外品の販売」「酒類の製造及び販売並びに輸出入」「介護サービス事業」「自然エネルギーによる発電及び売電事業」「ビル並びに一般家屋清掃業、クリーニング業」の6つの新規事業を追加する。 ゼンショーはすき家をはじめ、さまざまな外食チェーンを展開してきた。外食が頭打ち [全文を読む]

ユニクロ、俺の、眼鏡市場…好調の理由を店舗から考える 価格が成功要因の時代の終わり?

Business Journal / 2014年07月01日01時00分

そこでは、あるカードを持っていると購入の有無にかかわらず駐車料金2時間無料のサービスを受けられるということだった。受付がなかったので、ある店舗に立ち寄り聞くと「僕は最近入ったばかりなのでわかりません」と答えられた。別の店では「ちょっとお待ちください」と言ったっきり、5分以上戻ってこなかった。探してみると、いつの間にか別の対応をしていた。ユニクロに行き質問す [全文を読む]

~牛丼チェーンの5000人アンケート~ よく行く牛丼チェーンは1位すき家、2位吉野家、3位松屋! 一方、牛丼チェーンに行かない人は女性50%、男性25%!

PR TIMES / 2013年07月24日17時31分

フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した「レシートで貯める」のアンケートモニターに牛丼チェーンの利用実態調査を行いました。 安さを売りにしてきたファーストフードの代表格牛丼チェーンにお [全文を読む]

最も好まれる牛丼店はどこ? ランキング--1位は「吉野家」、2位は「すき家」

マイナビニュース / 2017年08月22日16時38分

同社は、中には「チェーン店の牛丼は好きだけれど、店内で食べるのは……」と躊躇する声もあったことから、それらの人がチェーン店の持ち帰りサービスを利用しているのだろうと分析する。 最後に、「あなたが最も好きな、牛丼を扱っているお店をお答えください」と質問したところ、1位は吉野家、2位はすき家、3位は松屋となった。「特になし」と、あまり店舗にこだわりのない人もい [全文を読む]

台湾で大成功。日本の外食チェーンが「味を変えず」に成功できる理由

まぐまぐニュース! / 2017年08月03日05時00分

メニューもサービス内容も、敢えてすべて日本と同じものを台湾で提供するスタイルを取っていることで人気を得て、売上は好調。次々と支店を増やしているところです。 ● YAYOI是日本定食餐廳● くら寿司/11~4月は売上高8.8%増、営業利益12.7%減 台湾は外食産業花盛りで、あらゆる飲食店が充実していることはよく知られています。かつて「食は香港にあり」という [全文を読む]

吉野家が牛丼戦争で一人負け、出前サービスで活路を開けるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年06月08日05時00分

売り上げの低迷に悩む牛丼チェーン大手の「吉野家」が、出前・宅配サービスの「出前館」と提携し、本格的にデリバリーに参入する見通しです。無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』の著者でMBAホルダーの安部徹也さんは、吉野家が自前でデリバリーをせずに「出前館」にアウトソースした理由を分析しつつ、同社の今後について考察しています。 売り上げ [全文を読む]

牛丼店多様化 店員の負担重くサービス低下の懸念も

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

「ユニクロ」をはじめ、“デフレの象徴”と呼ばれた企業が軒並み苦戦を強いられている。消費増税や円安による原材料高、人件費高騰などの企業負担を商品の価格に上乗せしようとすると、あっという間に客離れが起きる。多くの経営者が嘆くように、〈消費者の節約志向は続いており、財布のヒモは想像以上に固い〉のが実情だ。 値上げによる客離れの影響をもろに食らっているのがファスト [全文を読む]

すき家、社員の生命に危険を及ぼす状況と認定 その思想と体質の源を創業秘話に探る

Business Journal / 2014年08月10日01時00分

牛丼をサービスするより数段に手間がかかるため、アルバイト店員が次々と辞めていった。 そのため、ゼンショーの労働環境に対する批判が強まり、アルバイト店員を補充できなくなり、今年4月には最大で123店舗が店を開けられない状態となり、同社の小川賢太郎会長兼社長は4月28日、第三者委員会を設置し、改善策の提示を求めた。これを受けゼンショーは8月6日、9月末までにワ [全文を読む]

高須院長「ブラック企業的薄利多売ビジネスは成功しない」

NEWSポストセブン / 2014年07月05日07時00分

サービス残業を強いられるとか、労働条件があまりにも過酷だとか、そういった企業がネット上で激しく批判されています。また、牛丼チェーンのすき家や、居酒屋チェーンのワタミグループでは、勤務がキツイということでアルバイトが集まらず、閉店に追い込まれる店舗もあります。高須:すき家は、消費税が8%になったのに値下げしたんでしょ?──そうですね。吉野家は値上げしたんです [全文を読む]

焼き牛丼ブームを起こした「東京チカラめし」が消滅危機に陥ったワケ

週プレNEWS / 2014年04月25日06時00分

「店舗数を増やすことに力を入れすぎて、いわゆる通常の店舗オペレーションや、三光マーケティングフーズもサイト上で掲げる飲食業の基本『QSC(クオリティー、サービス、クリーンネス)』がまったく追いつかず、結局、お客のリピートにつながらなかったのです」(重盛氏) 重盛氏が、自らの経験に基づいてこう話す。 「人気絶頂だった当時、都内のある店舗を訪れたのですが、肉 [全文を読む]

悪質便乗値上げ店登場 だが消費増税後も値上げをしない店も

NEWSポストセブン / 2014年04月15日07時00分

「“2杯目は100円(税込)”というサービスが、消費税アップ後になんと108円に! 消費税のアップ分は3%ですから、本当なら103円のはず。ちゃっかり5円上乗せしてませんか? これは詐欺ですよ」(40代女性) 消費者庁の「便乗値上げ相談窓口」には、「コーヒー1杯が200円から220円に上がった」「増税前に“1000円+税”だったのが、増税後に“1050円 [全文を読む]

牛丼一杯の原価 牛肉が80gで80円など合計175.4円との試算

NEWSポストセブン / 2013年11月01日16時00分

各社とも原価ぎりぎりで限界に近いサービス競争を展開していることがわかる。『牛丼一杯の儲けは9円』(幻冬舎新書)著者で経営評論家の坂口孝則氏が語る。 「チェーンによって違いはありますが、牛丼一杯にかかるおおよその食材コストは牛肉80g=80円、玉ねぎ10~20g=5.4円、タレ30g=30円、ご飯250g=40円程度と考えられます。これにお茶・紅ショウガ・紙 [全文を読む]

フォーカス