ハガレン 山田涼介に関するニュース

ジャニーズ山田涼介が「鋼の錬金術師」の主役に噂されるポイントが2つあった!

アサ芸プラス / 2016年03月30日17時59分

累計6000万部超の人気漫画「鋼の錬金術師」(ハガレン)が実写化されるとの報道が伝わり、原作ファンを混乱させている。一部のニュースサイトが報じたところによると、主役の青年エドワード・エルリックを演じるのはHey!Say!JUMPの山田涼介。この人選にはファンから失望と落胆のオンパレードだ。 いわく「ハガレンを汚さないでくれ!」「山田って誰だよ‥‥」「ジャニ [全文を読む]

「『進撃』を超えそう」…『ハガレン』実写化で当然吹き荒れる批判の声! 何がそんなに気に喰わないのか、ざっくりとまとめてみた

おたぽる / 2016年05月25日14時00分

荒川弘の大ヒットマンガ『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)の実写映画化が決定した。主人公のエドワード・エルリック役(以下、「エド」)はHey! Say! JUMPの山田涼介が務め、2017年冬に全国公開される。『鋼の錬金術師』はスクウェア・エニックスの「月刊少年ガンガン」にて、2001年8月号から2010年7月号までにかけて連載。コミックス全27巻で [全文を読む]

実写映画『鋼の錬金術師』新PV公開も「走り方ダサすぎ」

しらべぇ / 2017年04月07日16時30分

(画像はYouTubeのスクリーンショット)7日、映画『鋼の錬金術師(以下、ハガレン)』の新しいPVが公開された。亡くなった母親に会いたくて幼い兄弟が犯してしまう、錬金術師にとって最大の禁忌「人体錬成」シーンや弟・アルの戦闘シーン、主人公であるエドが武器を錬成するシーンなど見どころを集めているのだが...微妙な声も多いという。■予告公開しただけなのに... [全文を読む]

「CGはすごいと思った(小並感)」実写版『鋼の錬金術師』に期待の声!? 一方、『銀魂』『ジョジョ』を心配する声も

おたぽる / 2016年11月16日21時00分

ハガレン意外に観たい」「なんか想像より楽しみな感じ!」と徐々に興味をそそられている人も見受けられた。 中には、「ハガレン実写より銀魂の特報まだ??」「ぶっちゃけハガレンよりジョジョの方が心配」と声をあげる人も。 空知英秋の人気マンガ『銀魂』(集英社)は、今年7月に、小栗旬主演で実写映画化が発表。その後、菅田将暉、長澤まさみ、橋本環奈、岡田将生、堂本剛、菜 [全文を読む]

大人気の子猫が『鋼の錬金術師』に出演!?

Movie Walker / 2017年04月01日00時00分

エドワード役・山田涼介が審査員となって、原作コミック「鋼の錬金術師」の連載が開始した7月12日の“ハガレン記念日”に、子猫の役名を発表するという。【Movie Walker】 [全文を読む]

Hey!Say!JUMP・山田涼介、大批判のウラ

NewsCafe / 2016年04月05日16時00分

人気漫画でアニメ化もされた「鋼の錬金術師」(通称ハガレン)が2017年の夏に実写化されることが決まった。 主役の青年エドワード・エルリックを演じるのはHey!Say!JUMPの山田涼介(22)だが、ファンたちは激怒し「山田なんてイメージに合うわけない」「原作が汚される」と大反発しているのだ。 人気アニメの実写化に伴う毎度の騒ぎともいえるが、「意外にハマり役 [全文を読む]

映画「鋼の錬金術師」特報映像に「ここまで雰囲気出せるのか」と興奮の声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月21日17時30分

それに対しファンからは「曽利監督の本気か…そりゃCG凄い訳だ」「ハガレンの監督ピンポンの人か! あのすごいCGにも納得」との声が。公開はまだ先であるが、続報を待ちながら公開を楽しみにしていよう。 ■映画「鋼の錬金術師」 原作:荒川弘 監督:曽利文彦 出演:山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカ 他 製作:映画「鋼の錬金術師」製作委員会 制作プロダクション:O [全文を読む]

Hey!Say!JUMP山田涼介のファン対応がやさしすぎる? ジャニーズにおける「神対応」「塩対応」とは

messy / 2016年06月25日00時10分

実際に山田を目にしたファンからは「ハガレンのエドの恰好してるんだけど!」と大興奮する声が続出。「さらに現場ではロケ車が通った際、山田がファンに手を振ってサービスしていたようですね。これには『山田くんのお手振りほんとかわいい』『ロケ車もゆっくり動いてくれたし、山田くんの対応も神だ……』と有頂天の声が多数上がり、『今すぐ行くので場所を教えてください!』と懇願す [全文を読む]

松本人志も「実写化は賛成じゃない」…実写映画『鋼の錬金術師』は『進撃』『テラフォ』に続く爆死映画になってしまうのか!?

おたぽる / 2016年05月31日21時00分

ハガレン』と呼び親しまれている『鋼の錬金術師』。単行本の累計発行部数は6,100万部を超え、これまでに2度アニメ化された人気作だ。日本だけでなく、海外からの人気も高い。そんな本作の実写版のメガホンを取るのは、松本大洋の同名マンガ(小学館)が原作の映画『ピンポン』の監督で知られる曽利文彦。すでにメインキャラクターの配役も発表されており、主人公のエドワード [全文を読む]

『鋼の錬金術師』実写化に猛ブーイングの中……賛成される&反対されるキャスティングは?

サイゾーウーマン / 2016年05月29日16時00分

『テラフォーマーズ』でも、西洋人キャラを強引に日本人キャラに設定変更し、『そこまでして実写化する必要があるのか?』『世界観がメチャクチャになった』などと批判され、興行失敗の要因の1つともなっていただけに、『ハガレンでも同じ愚を犯すつもり?』『設定変更してもしなくても悪夢』などと、原作ファンは怒りすら覚えてしまっています」(同) 実写化決定の一報からすでに物 [全文を読む]

フォーカス