値段 吉野家に関するニュース

【吉野家の謎】幻の「牛タン定食」が実在した! 吉野家本部も隠したがる秘密の裏メニュー

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年04月23日06時00分

唐辛子味噌につけて食べる 気になるお値段は820円(税込)。吉野家のなかでも高額な定食「牛すき焼膳」が730円なので、それを踏まえて考えると高額メニューといえる。牛丼の並盛が約2杯も食べられる価格である。 定食の内容は牛タン、唐辛子味噌、ライス、味噌汁、キャベツのマリネ。牛タンを唐辛子味噌につけて食べるようだ。 大ヒットメニューになりえる? 牛タンにはパ [全文を読む]

牛丼はかっこいい!インドネシアの若者に浸透する「YOSHINOYA」

FUTURUS / 2015年10月18日23時00分

■ 日本の味を手頃な値段で ここで敢えて矛盾しているかのようなことを書くが、インドネシアの吉野家は“手頃な価格の店”である。 だがそれは、“単に値段の安い店”というニュアンスではない。インドネシアでは、“日系飲食チェーン店”という事柄自体にブランド性がある。「メイド・イン・ジャパン」と書かれた家電製品が消費者から信頼を得ているのと同じことだ。 吉野家は、 [全文を読む]

米国 Apple 本社に一番近い日本食レストランは「吉野家」

えん食べ / 2014年06月14日19時00分

吉野家の牛丼は値段が安く、甘辛い味付けがラティーノの人たちの口にあったためです。でも、現在では状況は違っているようです。その理由は、価格にありました。牛丼並盛りの価格は4ドル79セント。味噌汁の価格は1ドル79セント。これに税金(9%)を足せば、なんと7ドル15セント(約728円)です。日本で同じものを注文すると、その価格は360円。吉野家 Cuperti [全文を読む]

吉野家の居酒屋新業態「吉呑み」の実力! 実験店舗が大好評で全国400店がオープン?

週プレNEWS / 2014年09月04日06時00分

うん、値段も安いし、確かにアリだ! 「おつまみメニューの単価を100円~300円程度に抑えているので吉呑みの平均的な客単価は1000円~1500円。ちょい飲みには最適ですよね?」(前出・吉村氏) その安さの理由について、吉村氏がこう続ける。 「吉呑みの食材は、どれも吉野家のグループ企業から仕入れているので新規の調達先を開拓する必要がありませんでした。例えば [全文を読む]

「アタマの大盛」御用達人気声優“あやち”こと竹達彩奈 “アニメの聖地”秋葉原で「アタマの大盛」を熱烈PR

PR TIMES / 2013年10月21日12時27分

これまでは「大盛のごはん少なめ」(440円)として承っておりましたが、新たに380円にお値段を設定し、定番商品として発売いたしました。 そんな中、アニメ「けいおん!」や「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」などで人気な声優・竹達彩奈さんが、「アタマの大盛」が正式なメニューとなったことについて、「『牛丼大盛、ご飯少なめ、つゆだくで』と長い注文をしなくてもよくな [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

牛丼大手3社の値段(並盛)は吉野家、すき家、松屋が280円。低価格競争が激しい牛丼の安売り競争から離脱して、牛丼は同じゼンショーグループの「すき家」に一本化する。 なか卯は牛丼以外の丼物やうどんに集中。牛丼に代わり、新たに「牛すき丼」を全店で売り出した。価格は並盛で350円とこれまでの牛丼より60円高く、高価格設定で収益力を高める。 ゼンショーHDの14年 [全文を読む]

吉野家を食べ尽くす!こだわりの食べ方①【マッキー牧元の世界味しらべぇ】

しらべぇ / 2014年11月27日11時30分

値段を告げる店員に1000円札を2枚渡し、釣りをもらう。そのとき、牛丼を黙々と食べる諸氏を睥睨しながら、「僕ってお金持ち」と、鼻を高くしてみせる。いやらしいが、人間これぐらいの高慢は許されてもいいのではないか。なにしろ1000円強でセレブ気分になれるのは、この場所だけなのだから。 ■「つゆ」「しろ」「とろ」「葱」…etc 吉野家が会社更生法から立ち直った平 [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

牛丼単品の儲けは出なくてもいいという捨て身の作戦を取ったのだろうが、逆に牛丼1杯の値段はその程度のレベルだと売る側が認めてしまったようなもの」 こう話すのは、ファストフード業界のコンサルタント。確かに、すき家を展開するゼンショーホールディングスの台所事情をみると、「なか卯」を含めた牛丼店の客数減に歯止めがかからず、2014年3月期には「はま寿司」など寿司部 [全文を読む]

俺らの「吉野家」はタイではタイ米なの?早速食べに行ってきた!

秒刊SUNDAY / 2015年03月05日12時13分

日系の小売・外食チェーンはバンコク内でも沢山出店しています(ミスドや大戸屋なんかも見かけました)が値段が高いので現地の人はセブンイレブンくらいしか利用しないんだとか。 客層ですが、私が行った時には日本人は他にいなかったもののやはり外国人観光客しかいなかったです。むしろ日本人ならまだしもアジア圏の観光客はなんでバンコクまで来て牛丼食べてるんだろ、と疑問に思い [全文を読む]

【真の贅沢?】吉野家、なか卯…チェーン店で1000円分食べると超絶楽しい!

しらべぇ / 2015年01月01日11時00分

松屋には各種定食に“Wサイズ”があり、定食に付く肉が倍になることで、値段が800円台~900円台になります。つまり、1000円程度のメニューは既にあるというわけですね。 それらWサイズ定食がオススメなのはもちろんですが、今回は“シングル”でサイドメニューやトッピングメニューと合わせてみました。 メニューは、「牛焼肉定食+ライス大盛り」(590円+60円) [全文を読む]

松屋「プレミアム牛めし」で“脱・安売りバトル”の火蓋が切られた!

週プレNEWS / 2014年07月31日06時00分

値段は牛めしが290円(並盛。以下同様)だったのに対し、なんと大幅90円アップの380円。将来的にはチェーン全店で、牛めしからプレミアム牛めしへの完全切り替えを行なう予定だ。 しかし、松屋は4月の消費増税時、以前の280円から290円へと値上げしたばかり。それから4ヵ月弱で、あえて看板商品の再値上げとリニューアルに踏み切った意図は、どこにあるのだろう? フ [全文を読む]

すき家の激安「たまごかけごはん朝食」登場で“朝メシ200円戦争”勃発?

週プレNEWS / 2012年05月24日06時00分

外食で200円という値段も驚きだが、まさかTKG(たまごかけごはん)を持ってくるとは! すき家も思い切ったもの。 「朝食メニューは今までも販売しておりました。これまでで一番安かったのが、『朝食セット』で280円という商品でした。それをブラッシュアップした商品として、たまごかけごはん朝食を出しました」(ゼンショー・広報) 早速、初日の朝イチにすき家に駆け込み [全文を読む]

「最低賃金を3割アップしても雇用は減少しない」労働弁護団の増田弁護士が「試算」

弁護士ドットコムニュース / 2015年08月04日15時03分

厳密にいえば、日本にも食費に困る層は存在していて、食料品の値段が上がったら、食べる量を抑える方は現実にいます。ただ、そういった層はむしろ最低賃金上昇の恩恵を受ける層ですので、影響は相殺されるはずです。これが、通常の材料費の高騰の影響による値上げ(例えば、コメや牛肉が高騰した)であれば、そばとかハンバーガーとか別の食材がメインのファストフードに客が逃げるとい [全文を読む]

エイプリルフール2017まとめ(公式)

ガジェット通信 / 2017年04月01日00時00分

■魚の転職(DODA) https://doda.jp/promo/20170401ap_ajifurai.html 人間の「年収査定」よろしく魚の「値段査定」をリリースし、魚の転職をサポート。 ■Audi Adaptive tsukkomi control(アウディ) http://www.audi.jp/technology/adaptive_tsu [全文を読む]

【注意!】プレミアムフライデー限定の吉野家「半丼」は「半額丼」ではありません!

ガジェット通信 / 2017年02月24日11時50分

ちなみに、こちらの「半丼」というネーミングゆえに、お値段が”半額”だと思っていた方も実際いたようですが、お値段はアタマの大盛で450円です。牛丼のアタマの大盛480円、豚丼のアタマの大盛が430円ですから5円オトクと考えていいのでしょうか。なんともプレミアムです。皆さんも食べてみてはいかがでしょう。 [全文を読む]

牛丼店が牛丼離れする背景 値下げの過熱で業界全体が限界に

NEWSポストセブン / 2014年02月26日16時00分

客はすぐにその値段に慣れてしまい、目新しさを失ってしまう。 一方で店側は、一度下げてしまった値段は、なかなか上げることができない。そこへ昨今の食材価格高騰が追い討ちをかけ、結局、自分たちの首を絞めてしまう結果に繋がった。 直近の決算では各社とも赤字に転落。唯一、『松屋』を展開する「松屋フーズ」だけが増収だったが、主因は出店抑制のコスト削減によるものだった。 [全文を読む]

日本と中国の吉野家はどこが違うのか?=「中国では玉ネギの方が牛肉より多い」「どんなものでも中国に来たら駄目になる」―中国ネット

Record China / 2017年05月17日12時30分

他にも、「値段を見ると、国内のセットメニューとほぼ同じだ。でも日本人の平均収入はわれわれの何倍だ?俺たちは生活が大変だなあ」とのコメントもあり、中国の物価からすると中国の吉野家は高めのようである。(翻訳・編集/山中) [全文を読む]

中国撤退も、餃子の王将が「グルメ天国」台湾で愛される歴史的背景

まぐまぐニュース! / 2017年01月26日05時00分

日本の外食チェーンは、台湾の食堂の値段と比べると2~3割増しと少し高めの価格設定です。 例えば、ランチは水餃子の店など台湾の食堂で食べれば高くても100台湾元以内で食べられるのに比べて、日本の吉野家などの外食チェーンで食べると140台湾元前後と割高です。それでも需要があるのは、やはり日本の企業だからです。 台湾での日本ブランドの信頼感は根強く、それは製品や [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

来年1月ごろまでの期間限定で、1店あたり1日20食程度と数量も決まっているとはいえ、消費者からは〈普通の牛丼より脂身が少ない割に肉は柔らかく、値段通りの高級感が味わえた〉との感想が聞かれた。 すき家のライバル、「吉野家」も、すでに国会議事堂店と羽田空港国際ターミナルビル店の店舗限定で1240円の『牛重』を出して、普段あまり牛丼を食べないシニア層の注文を伸 [全文を読む]

【最強】牛丼屋「なか卯」史上最高金額1,190円のローストビーフ重が激ウマすぎる件

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年11月11日06時00分

結論! 高額なローストビーフ重だが、その値段以上の感動が得られるメニューであることは間違いない。食うしかない! ■執筆・監修:Mr. Fox 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_ [全文を読む]

フォーカス