スターバックス コーヒーメーカーに関するニュース

アメリカで巻き起こった「アイスコーヒー」ブーム。どういうこと?

まぐまぐニュース! / 2016年06月09日04時00分

しかし、今ではすっかりお馴染みとなったスターバックスやタリーズなどの大型コーヒーチェーン店や近年の欧米におけるサードウェーブコーヒーブームの煽りを受け、日本のコーヒー事情も変化しています。 2015年、都内にオープンしたblue bottle coffeeや、ニューヨーク・ブルックリン生まれのGORILLA COFFEEは、今でも連日大行列、大盛況で、お [全文を読む]

<佐藤可士和はデザイナーとは名乗らない>セブンイレブンのコーヒーメーカーを批判することの無意味さ

メディアゴン / 2014年11月23日01時21分

(日経新聞より)2020年の東京オリンピックへ向け世界基準・スターバックスと同じ「略表記されたコーヒーメーカー」に消費者も慣れてゆくでしょう。結果でクライアントに応える。 これが今のデザインであり「デザイナーの仕事」なのです。[メディアゴン主筆・高橋のコメント]放送作家で名刺に放送作家と肩書を刷り込んでいる奴は、大体がろくなもんではありません。 [メディア [全文を読む]

本格派のおいしいコーヒーを自宅で堪能!手頃な高機能マシン続々

Business Journal / 2015年08月22日06時00分

1990年代にスターバックスコーヒーが日本に上陸し、シアトル系に代表されるエスプレッソベースのコーヒーが人気となり、本格的なコーヒーを楽しむ層が増え始めた。2000年代に入ると高品質な「スペシャルティコーヒー」が日本に本格参入し、専門店も増加して店頭での焙煎も広がった。インターネットが爆発的に普及した時期にもあたり、通信販売などでの豆の入手も以前に比べて [全文を読む]

【本日発売】スタバ新作ドリンクは限定カスタム「シュースティック」で美味しさ倍増!

&GP / 2016年09月01日19時00分

スターバックスから「ゴールデン メイプル フラペチーノ with キャンディーウォルナッツ」と「ゴールデン メイプル ラテ」が9月1日から期間限定で発売となりました。 毎回楽しみなスタバの季節限定ドリンク。今回は、日本進出20周年を記念して「シュー スティック」がフラペチーノ専用カスタマイズとして登場です! [関連記事]家でもスタバ!フローズンドリンクメー [全文を読む]

見た目はビール、中身は……ドラフトコーヒーってなんだ?

&GP / 2016年07月26日07時00分

アイスコーヒーの一種で、発祥の地アメリカでは既にスターバックスに導入されるなど、大流行しているのだそう。通をも唸らせるその味とは、いったいどんなものなのだろう? おいしいかも!クリーミーで甘みのある口当たり 関連記事 予算1万円から!後悔しないコーヒーメーカー選び キャンプでもコーヒー!外でもハンドドリップが楽しめるグッズ3選 紅茶のような味わいの水出しコ [全文を読む]

キャンプでもコーヒー!外でもハンドドリップが楽しめるグッズ3選

&GP / 2016年07月10日12時01分

ミニプレッソ公式オンラインショップ https://www.wacaco.com/collections/shop タンブラーにドリップできるお手軽グッズ ハンドドリップも楽しみたいけれど、普段はスターバックスにカップ持参で淹れてもらうという人にオススメなのが、タンブラーと専用ドリッパー。 「WALLMUG SLEEK」は軽くて割れにくい、リユース型のタ [全文を読む]

ユニクロ×MoMA新企画・SPRZ NY始動。ウォーホル、バスキア等アートアイテム発売

FASHION HEADLINE / 2014年03月05日10時00分

斬新な商品を提供するSPRZ NYストアとして3月28日にオープンし、スターバックスがユニクロ店内に世界初出店する。 第1弾の商品ラインアップでは、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)、キース・へリング(Keith Haring)、ジャック・ピアソン(Jack Pierson [全文を読む]

スターバックスがニューヨークに「お茶バー」をオープン

えん食べ / 2013年10月24日19時30分

スターバックスは米国時間の10月24日、ニューヨークにお茶とお菓子を楽しめる「お茶バー」をオープンします。これは、米国にお茶文化を復活させるきっかけになるかもしれません。 お茶バーの店名は「Teavana Fine Teas & Tea Bar(ティーバナ ファイン ティーズ&ティーバー)」。スターバックスが昨年買収したお茶専門店「Teavana(ティー [全文を読む]

神棚からドローンまで、蔦屋家電が凄い! アップルウォッチ、ukaのサロンも

FASHION HEADLINE / 2015年05月02日08時45分

1階のエントランスに家電店のイメージはなく、スターバックスを配した蔦屋書店を思わせる書店の顔ながら、店内は本棚と雑誌や書籍をガイドラインにライフスタイルごとに空間を配置したトライブ集合型ストア。各売り場にはコンシェルジュと呼ばれる専任スタッフが置かれ、各分野のスペシャリストの視点で集積された商品とヴィンテージと呼ばれる古書、アンティーク家電、アンティーク [全文を読む]

ドーナツ戦争仕掛けたセブンの脅威 ミスドの戦略は?コーヒー戦争で惨敗のマックの蹉跌

Business Journal / 2014年12月05日06時00分

一方で、セブンの攻勢をものともせずに、共にコーヒーブームを牽引したのがスターバックスなどのコーヒー専門店。コンビニコーヒーの爆発的なヒットに伴い、コーヒー市場の裾野が広がり、より本格的なコーヒーが飲みたいという顧客のニーズの高まりに応えることによって成長につなげてきた。 このような13年から起こったコーヒー戦争と同じような展開が、今度はドーナツ市場で繰り [全文を読む]

【まとめ】カフェで出るような「コーヒー」を作るのにわかりやすい一覧表

秒刊SUNDAY / 2013年12月13日22時56分

―コーヒーのレシピエスプレッソ→エスプレッソ(特になし)エスプレッソ・マキアート→ エスプレッソ + ミルクフォームエスプレッソ・コン・パンナ→ エスプレッソ + ホイップクリームカフェ・ラテ→ エスプレッソ + スチームミルク + ミルクフォームフラット・ホワイト→ エスプレッソ + スチームミルクカフェ・ブラベ→ エスプレッソ + スチームミルク(ハー [全文を読む]

エスプレッソが再ブーム 家庭用マシンと「本場の味」が牽引

NEWSポストセブン / 2013年06月15日07時00分

だが、日本で爆発的に広がったのは、90年代後半、スターバックスの上陸によってだろう。そのエスプレッソ人気が、最近、さらに高まっているようだ。家庭用エスプレッソマシンの売れ行きは絶好調。一方、スタバなどのいわゆるシアトル系とは一線を画す、エスプレッソ専門店も増えつつある。 昨年の家電市場は、前年比11%減の7兆4800億円の見込みだ(ジーエフケー・マーケティ [全文を読む]

フォーカス