ナレーション 小松菜奈に関するニュース

小松菜奈、名画のナレーションで視聴者から大ブーイング

アサ芸プラス / 2016年05月17日09時59分

そのナレーションを女優・小松菜奈が務めたが、批判が殺到したという。スポーツ紙芸能記者が語る。「天才絵師・伊藤若冲の生誕300年を記念し、現在、東京都美術館で『若冲展』が開催されています。連日満員の大盛り上がりで、24日のNHKスペシャルは、遠方で『若冲展』を観に行けなかった人たちからの注目が高い番組でした。ですが、いざ始まってみると、小松さんの棒読みナレー [全文を読む]

【ウラ芸能】NHK特集、大ブーイングは想定内…

NewsCafe / 2016年04月26日15時00分

一時は忘れられた画家だったけど、戦後再評価されて、何度か若冲ブームが起きてる…」記者「で、そのNスペが何か?」デスク「実は、オイラたまたまチャンネル合わせて見た番組なんだけど、ナレーションがどヘタで参ったんだ」記者「普通は局アナとか美術に関心があるような俳優とかがしそうなもんですが…」デスク「小松菜奈(20)っていう女がやってて…」記者「ああ、モデル上がり [全文を読む]

山崎賢人、“ジョジョ酷評”に同情の声 「実写やりすぎじゃね?」の自虐ナレーションに期待高まる

おたぽる / 2017年05月05日09時00分

なぜなら僕は超能力者だから』という自虐的なナレーションを吹き込み、笑いを誘っていました。また、そのナレーション以上にインパクト大なのが、頭にピンク色のカツラとアンテナを付け、緑色のレンズの眼鏡をかけた独特のビジュアル。原作は抱腹絶倒のギャグマンガで、監督を務めるのは人気ドラマ『勇者ヨシヒコシリーズ』(テレビ東京系)の脚本&演出担当で知られる福田雄一というこ [全文を読む]

原作ファン必見!小松菜奈&菅田将暉主演『溺れるナイフ』コミック第1話のシーンを実写化したプロローグ映像解禁

AOLニュース / 2016年10月26日18時00分

この描写は原作の単行本1巻の第1話の1シーンであり、読誦も冒頭のナレーションを引用、原作のタイトルロゴがまるで溺れるかのように、繊細かつ鮮烈に展開されてゆく。 原作は、2004年から2013年まで講談社「別冊フレンド」に連載され、洗練された世界観とリアルな心理描写で熱狂的に愛され続けるジョージ朝倉の同名コミック。全17巻の単行本は現在までに累計発行部数17 [全文を読む]

小松菜奈&菅田将暉が海に飛び込み…“溺れる”!?

Smartザテレビジョン / 2016年10月26日12時00分

この描写は原作の単行本1巻の第1話の1シーンであり、読誦も冒頭のナレーションを引用、原作のタイトルロゴがまるで溺れるかのように、繊細かつ鮮烈に展開されていく。 原作は、'04年から'13年までの長きにわたって「別冊フレンド」(講談社)にて連載され、洗練された世界観とリアルな心理描写で熱狂的に愛され続けるジョージ朝倉の同名漫画。 全17巻の単行本は現在までに [全文を読む]

ついに冒頭13分も公開! 映画『ジョジョ』本編映像を見せ過ぎで「原作フォロワーならだいたい物語が分かる」説

ガジェット通信 / 2017年08月18日18時30分

広瀬康一(神木隆之介)は杜王町に引っ越してきたばかりで、ナレーション(心の声)も駆使し、狂言回し的な立ち位置となっている。 町で起こる連続変死事件をチラつかせつつ、不良相手に“不思議な能力”を発動する東方仗助(山﨑賢人)、康一を特別に気に掛ける山岸由花子(小松菜奈)、スタンドの存在や仗助の出自を説明する空条承太郎(伊勢谷友介)が登場。最後にはスタープラチナ [全文を読む]

窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

ガジェット通信 / 2017年01月13日07時30分

台本では“讃美歌が聴こえたそうだ―”というナレーションが入る場面で、塚本さんは“讃美歌を歌いたい”と申し出たんです。当時歌われていた讃美歌を調べてきて、その場で4つほど歌ってみせて、マーティンは“ほうほう”と聞いている。それで、いざ現場に入ってみると、完璧にそのシーン(塚本案)を撮れるセッティングがしてあるわけです。ただ年を取って頑固なワンマンのタイプとは [全文を読む]

フォーカス